Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
大寒でも
at 2017-01-30 23:24
落胆と安堵
at 2017-01-29 19:39
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
あけましておめでとうございます
at 2017-01-01 00:17
LINK
お気に入りブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:19
春の妖精「コツバメ」やっ..
by himeoo27 at 17:43
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:46
ダンダラさん、昨日はお会..
by dragonbutter at 21:43
タグ
(135)
(115)
(107)
(68)
(61)
(54)
(53)
(53)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
White Christmas in Hokkaido
22-23日は急な出張で北海道に一泊で行ってきた。もっといい季節に行きたかったが業務だから仕方ない。道南とはいえ、冬の北海道は初めてなので楽しみな気持ちもあった。
緩やかな流れのため、ダムやセキの開発から免れ、川本来の自然が多く残されているこの川には、毎年約10万匹ものサケが遡上するという。
e0167571_23384749.jpg
この時期には夥しい数のサケの死骸が見られる。
e0167571_23393323.jpg
冬になるとそれをねらってオオワシやオジロワシが渡ってくる。残念ながら望遠レンズを持っていかなかったので撮ることはできなかった。驚いたことに、この真冬でも遡上中のサケが見られた。
あとは行程の合間に撮った下手な写真をいくつか。天気がよければもう少しましに撮れたのかもしれないが。
e0167571_23451314.jpg
海が見える丘で
e0167571_23402081.jpg
海まで滑っていけそうな坂道
e0167571_23403687.jpg
列車の中から撮った駒ケ岳。緯度が高い北海道では低い標高の山でも威容がある。特に冬は。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-12-24 23:48 | その他の動物 | Comments(8)
冬の雑木林にて
今日は2週間ぶりに1日休みである。6月にエフさんに教えていただいた所沢の雑木林に行ってみる。
天気予報がはずれ、晴れたのは朝だけで、その後は今にも泣き出しそうな寒い日となった。こんな天気ではもし蝶が生き延びていても飛ぶはずもない。
オオミドリシジミを見たあたりにやって来た。オオミドリは比較的卵をみつけやすいというので、コナラの枝を丹念に探してみる。30分以上探してようやくコナラの若木で1卵発見!その後古株の小枝でもう1卵見つけた(白矢印)。
e0167571_221363.jpg
どれも撮ってくださいといわんばかりのちょうどいい高さの分枝部にあった。しかし今日はうっかり小型三脚しか持ってこなかった。100mmマクロの手持ちではこれが限界。
e0167571_2214576.jpg
三脚+クローズアップレンズが必要だ。
実は先日、カシオのFC150も衝動買いしたので、そちらでもぎりぎり寄って撮ってみたが似たようなものだ。
e0167571_22145875.jpg

写真だけからでは私にはオオミドリと判定する自信はないが、ここに産するゼフィルスでこのような細かな針のような突起があるのはオオミドリしかいない。私でも見つけられるということは、相当の数の卵が産み付けられているということ。春になったら幼虫を探しに来ようと思う。
エノキの若木がたくさんあったが、アカボシゴマダラの幼虫はみつからなかった。まだここでは少ないのかもしれない。
最後にクロオビフユナミシャク(多分)という冬に出現する変わった蛾の仲間の写真をとって散策を終える。この虫の食樹もコナラらしい。
e0167571_22151937.jpg

厚い雲に覆われて寒くて暗い日中であったが、のんびり散策できてよかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-12-13 22:25 | チョウ | Comments(2)
またまた葉っぱめくり
今週末は土曜も日曜も仕事。土曜日は雨だったのでむしろラッキー。今日は午前中2時間ばかり時間があったので、すぐ近くの公園を歩いてみた。この都市公園は不燃ゴミ圧縮施設が併設されていて、ゴミ圧縮時に出る排気ガスのためか、近隣の住民の方が目やのどの痛みなどを訴える等の健康被害の問題が出ており、杉並病と呼ばれている。
それはさておき、人工的な公園なのであまり蝶やトンボは期待できず、それほど撮影目的に訪れことはなかった。
今日は時間の関係でここぐらいしか行ける場所がなかったわけだが、エノキの大木がかなりあることに気付いた。もっとも広場周辺のエノキは落ち葉が掃除されており、葉っぱめくりの対象にはならない。公園の周辺や林の中のエノキを調べたがなかなか見つからない。
e0167571_1812933.jpg
時間切れかなと思いつつ最後の大木の落ち葉をめくったらいた!ゴマダラチョウの幼虫だ。
e0167571_1814730.jpg
この木のどこが気に入ったのか、急いでめくっただけで3匹見つかった。そっと日向に移して撮影。思ったより小さい。まだ昨日の雨に濡れてテカテカ光っている。
e0167571_1821733.jpg
色合いも微妙に違っている。
e0167571_1823321.jpg
先日掲載したオオムラサキの幼虫と違って、背中の突起が一見3対にみえる。アカボシゴマダラが優勢になる中、在来種にも是非がんばってもらいたいものだ。
家にエノキがあれば是非飼ってみたいところだが・・・
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2009-12-06 18:06 | チョウ | Comments(4)
| ページトップ |