Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
山原遠征 その1
at 2017-05-07 20:04
チャマの里再訪
at 2017-05-02 16:32
潜水産卵、他
at 2017-04-30 17:53
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:52
アオバセセリの求愛が見事..
by ダンダラ at 06:09
ヘムレンさん、こんばんは..
by dragonbutter at 23:28
交尾拒否?そうなんですか..
by HemlenK at 05:26
タグ
(138)
(122)
(108)
(69)
(62)
(55)
(55)
(54)
(51)
(37)
(34)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
コツバメと遊んだ陽だまり
昨日は飲み会があって今朝はちょっときつかったが、明日は虫を撮るような陽気ではなさそうなので、ゆっくり起きて埼玉県の公園に出かけた。ここはかれこれ約3年ぶりである。今使っているK10Dを買ったのがシーズンオフで、初めて撮った新生蝶がここのミヤマセセリだった。
着いたのが11時過ぎ、気温は10度。ちょっと寒いが、天気がいいのでそこそこ気温は上がりそうだ。散策を始めるがなかなか蝶は飛ばない。6月にサラサヤンマがいっぱい飛んでいた草地も虫の気配がしない。しかたなく早春の花を撮り始める。ここはこの時期かわいい花がいっぱい咲いているが、どこまでが自生種かよくわからない。上から順にニオイタチツボスミレ、キジムシロ、トキワイカリソウ、ミヤマウグイスカグラ、ヒトリシズカ(違っていたらご指摘を)。
e0167571_2228339.jpg
e0167571_22284434.jpg
e0167571_22293184.jpg
e0167571_2229436.jpg
e0167571_22295755.jpg
3年前蓮華に来たミヤマセセリを撮った草地にいく。蓮華はほとんどなくなっており、ミヤマセセリもいなかった。スイセンが見事に咲いている。
e0167571_22301632.jpg
歩くうち、小さな青っぽい蝶が飛ぶ。コツバメだ。
e0167571_22304565.jpg
以前裏高尾で新鮮なコツバメの翅裏が緑色に光るところを見てから、なんとかそれを撮りたいと思っていた。羽化して間もないからか、気温が低いからか、一度とまるとめったに飛ばないし、飛んでも遠くには行かない。複数いて、時に巴飛翔をしている。狭い一角であるが、正にコツバメの楽園で、新鮮なコツバメが撮り放題だった。かすかではあるけど、後翅の基部が緑に輝くところも撮れた。
e0167571_22312292.jpg
上の写真を這いつくばって撮っていたら、上の道を歩いていた小さな女の子に「あそこに誰か寝てるーっ!」って言われてしまった。かなり恥ずかしかったけど、聞こえないふりをしてそのまま撮影を続けた(汗)。子供って本当に正直だ。大きくなるにつれて、なぜか思ったことを素直に口に出来なくなるんだよね。
カシオで飛翔写真を撮ってみると、全て前翅前縁に性標のあるオスだった。
e0167571_22314424.jpg
ルリシジミのメスもやってきて落ちた椿の花にストローを伸ばしていた。
e0167571_22321039.jpg

散策したのは3時間ほどだったが、コツバメと遊べた楽しい日だった。蝶の写真を撮って一番幸せな気分になれるのはもしかしたら早春の今の季節かもしれない。
来週から6月まで仕事が忙しくなるが、土日が全部つぶれることは少ないので、懲りもせず出かけると思う。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-03-27 22:41 | チョウ | Comments(10)
初蝶はルリシジミ
3連休だったが、仕事関連の集まり等あって、フィールドに出られたのは今日だけだった。晴天のお出かけ日和だったが、気温はやや低めだった。今日は裏高尾方面へ出かけた。
昨日の嵐で、歩き始めにある梅林の枝がたくさん折れていた。しばらくはテングチョウばかりだ。春の花も咲き始めている。上からユリワサビ、アズマイチゲ、エイザンスミレ、カタクリ、ハシリドコロ(葉は美味しそうだが猛毒がある)。
e0167571_1940328.jpg
e0167571_19405770.jpg
e0167571_19411392.jpg
e0167571_19413168.jpg
e0167571_194149100.jpg
林道をかなり入ったところでテングの飛翔を撮っていたらヒメオオさんに声をかけていただいた。もう少し先にコツバメがいたといわれて行ってみたが現れなかった。普段の行ないの違いだろうね。
戻り始めるとアカタテハが飛んでいる。ちょっと様子がおかしい。斜面の低いところをゆっくり何か探すように飛んではとまる。
e0167571_19423336.jpg
産卵のようだ。二人で決定的瞬間を撮ろうとしたが草木が邪魔してダメだった(下の写真、実は産卵中です)。
e0167571_19425275.jpg
でも、確かに腹部を曲げて産卵したヤブマオと思われる葉をみるとちゃんと卵が見つかった。とっても小さい。
e0167571_19431350.jpg

このあとようやくルリシジミが現れた。
e0167571_19434175.jpg
ということで今年の越冬蝶以外の初撮影はルリシジミということになった。
ミヤマセセリとかトラフシジミとか、出てきてもよさそうな蝶で会えないものもいたけど、天気が良くて気持ちよかった。ヒメオオさん、ありがとうございました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-03-22 19:46 | チョウ | Comments(8)
冬眠から覚めて
今日は昨日の強風も収まって晴天だ。
そろそろ初蝶もみられるかな、ということで狭山丘陵へ。
先ずはテングチョウが迎えてくれる。
e0167571_1644511.jpg
まだ気温が低いからか数は少ない。
田んぼの脇のギシギシの葉裏を探すと丸々と太ったベニシジミの幼虫が見つかる。
e0167571_16453768.jpg
背中と脇腹がピンクに色付いてとてもきれいだ。さすが「ベニ」シジミの幼虫、といいたいが、このように色付くのは越冬幼虫だけらしい。どっちが頭か分かりづらいが左に動いたので左が頭。ギシギシにはコガタルリハムシがすごい数いて、多くが交尾していた。卵も葉裏にいっぱい産み付けられていた。しかしベニシジミの幼虫はこの1匹しか見つけられなかった。
林に戻るとルリタテハがいる。秋に買ったカシオEX-FC150の試し撮りにもってこいの被写体だ。何度かパスト連写で撮ったが何とか見られるものは1回だけだった。まだまだ練習が必要だ。
e0167571_1646019.jpg
e0167571_16461790.jpg
e0167571_16465584.jpg
e0167571_164731.jpg
e0167571_16471117.jpg
e0167571_16472172.jpg
e0167571_16473639.jpg
e0167571_164745100.jpg

野外の蝶の初めての連射だったので調子に乗ってたくさんUPしてしまった。40fpsなので8/40秒、つまり0.2秒ぶんの連写である。それにしてもEX-FC150はずいぶん値が下がったねえ。発売間もなく衝動買いするんじゃなかった。
というわけで越冬蝶以外はお預けとなった一日でした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-03-14 16:55 | チョウ | Comments(8)
春よ、来い
春はそこまで来ているはずなのに、この週末は冷たい雨。
こんな日に浮かんでくるのが松任谷由実の「春よ、来い」。
曲には人それぞれの思い出がある・・・・
私は1995年アメリカにいた。帰国直前だった。当時インターネットなど普及しておらず、日本のニュースを知るすべは週1回地元のケーブルテレビから流れる30分ほどの日本語ニュースだけだった。この年の初め、日本では悲しい大事件がたて続きに2つおきた。阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件である。
この時私はアメリカという国の暖かさを感じる出来事を経験した。地元のケーブルテレビが震災直後から日本の番組を臨時で一日何時間にもわたって流してくれたのだ。わざわざそこに住む少数の日本人のためにである。果たして海外で大地震が起きたとき、その国の放送を日本のテレビは流しただろうか。流れた番組はほとんどがNHKだったので、大部分が地震の臨時ニュースだった。義理の弟が大阪に住んでいたのでとってもありがたかった。臨時ニュースの合間に朝ドラも流れた。それが「春よ、来い」だった。松任谷由実の主題歌が毎日テレビから流れた。だから私はこの曲を聞くと一見競争至上主義と思われがちなアメリカという国の暖かさを思い出すのだ。
昔話は年取った証拠かな。
一応虫の写真を・・・・
といっても何とか見られる写真はほとんどブログに掲載済みである。これはオニヤンマの産卵シーン。ピントはそこそこ決まっているんだが、背景に人工物があるため載せなかったもの(似たような写真は掲載済み)。
e0167571_2125744.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-03-06 21:28 | トンボ | Comments(0)
| ページトップ |