Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
晩秋の房総
関東地方は今日までは暖かいという。今日は蝶と山・てくてく写日記のbanyanさんに誘っていただいてルーミスシジミを見に出かけた。2年ぶりなので楽しみだ。ポイントに付くとまだ9時前。既にフィールドノートのtheclaさんとEさん達が到着されている。とても暖かい。たくさんいたオオアオイトトンボの1匹が空中でチョウのような虫の捕獲に成功。まさかルーミスでは、と駆け寄ったが蛾のようである。
e0167571_20445666.jpg
この季節に信じられない活力と食欲だ。つかまった蛾は晩秋に羽化するミノウスバのメスのようだ。樹上をチラチラと白っぽいルーミスが飛んでいる。幸先がよさそうだ。その予感は的中。待つことしばし、複数の個体が次々と低い枝や落ち葉に飛来した。
e0167571_2050185.jpg
e0167571_20503062.jpg
後から蝶鳥ウォッチングのyodaさんら何人も到着して撮影会のようになった。なかでも黄色く色づいた落ち葉にとまったところが美しかった。
e0167571_20462950.jpg
最高の日に水を差したのが数人の採集者たちだったが、多くは書くまい。
その後、以前から地図を眺めては気になっていた場所にbanyanさん、yodaさんと移動。ルーミスはいなかったが、足場の悪い林の中で、小さなマテバシイと思われる葉に押しくら饅頭のようにひしめくムラサキツバメの越冬をyodaさんが発見。
e0167571_20465654.jpg
何頭いるんだろう。帰宅後拡大してみると正確にはわからないが20頭以上いることは確実のかたまりだった。
e0167571_20473168.jpg
集団越冬を見るのすら初めての上に、これほどの数の集まりを撮れて大興奮だった。因みに1頭だとこんな感じです。
e0167571_20475076.jpg
e0167571_2048227.jpg

皆様お疲れ様でした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-28 20:55 | チョウ | Comments(12)
榎の幹で冬越し
朝起きると雨が降っていたので、のんびりと朝食をとってテレビを見ていたら日が射し始めた。午後から自転車で5分ほどのところにある不燃ゴミ圧縮施設の上に作られた公園へ出かけた。
ここにはエノキの大木があり、去年は落ち葉の葉っぱめくりをしたらゴマダラチョウの幼虫が見つかったけれど、今日は不発に終わった。園内を歩くと、幼木とも大木ともいえない高さが10mほどのエノキが何本かあった。そのうちの一本の幹の細い枝が分かれている場所のすぐ下にアカボシゴマダラの幼虫がいた。
e0167571_21252511.jpg
褐色がかった色合いで、すでに越冬体勢に入っているようだ。それにしても見事な保護色である。
e0167571_21254529.jpg
e0167571_21261239.jpg
ゴマダラチョウと違ってアカボシゴマダラは枝にとまって越冬することが多いようだ。果たして無事春を迎えることが出来るだろうか。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-23 21:27 | チョウ | Comments(2)
唐辛子とナツアカネ
杉並区から加齢黄斑変性の検診をしてもらえるというので、近くの眼科を受診した。そちらは異常なしということだったが、「右目に軽い白内障がありますが、目がかすんだりしませんか」と言われてしまった。加齢に伴う変化で、すぐどうということはないそうだが結構ショック。これからいろいろガタが見つかってくるのだろう。
今日は神奈川西部に行く。
e0167571_1832696.jpg
e0167571_18323117.jpg
みかんの葉にクダマキモドキ(ですよね)がとまっていた。
e0167571_1833323.jpg
まだまだアキアカネは元気である。
e0167571_18332678.jpg
畦に唐辛子をみつけた。
e0167571_18334479.jpg
蕉門十哲の宝井其角が「あかとんぼ はねをとったら とうがらし」と詠んだところ、師匠の芭蕉は「とうがらし はねをつけたら あかとんぼ」とやり返したという。確かにナツアカネと同じ色だった。唐辛子にとまってくれると良かったのだが。
e0167571_183475.jpg
トンボはいつまで見られるのか?せいぜい週一の頻度で、場所も変えて観察しているのでほとんど意味がないが、去年が11月21日(ナツアカネ)、一昨年が12月20日(アキアカネ)であった。さて今年はどこまでがんばってくれるかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-21 18:38 | トンボ | Comments(2)
いたずら坊主?
このいたずら坊主が笑ったような模様の持ち主は何でしょう?
e0167571_2032646.jpg

最近真っ青な秋晴れがない。今日も雲が多い上に季節外れの黄砂がやってきて、ぱっとしない天気だった。
小金井市にある公園へ行った。このあたりは調布市、府中市が複雑に入り組んでいるが、写真を撮った所は小金井市。ビジターセンターの情報では、今年このあたりでホシミスジが発生して話題になったとか。
リンドウが一株咲いていたが、自生かどうかは判らない。
e0167571_2072524.jpg
蝶の多い一角があった。キチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミのまだ新鮮な個体が多数飛んでいた。
e0167571_2011433.jpg
e0167571_20112181.jpg
e0167571_2012178.jpg
e0167571_20124682.jpg
e0167571_2013062.jpg
ベニシジミは青い鱗粉がのった美人にくたびれたオスが言い寄っていたが当然ふられてしまった。
e0167571_20132062.jpg
エノキの枝で(アカボシ)ゴマダラの幼虫を探したがみつからず。そのかわりこんな美しいカメムシがいた。
e0167571_20134960.jpg
e0167571_20135972.jpg
アカスジキンカメムシの5齢幼虫のようだ(もし違っていたら教えてください)。成虫は「歩く宝石」ともいわれるほど美しいカメムシであるが、幼虫も虹色に光ってなかなか渋い美しさがある。栴檀は二葉より芳し、である。このまま越冬して来春成虫になるようだ。別の枝では3匹集まっていた。集団越冬するのかな。
e0167571_20143351.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-13 20:21 | その他の昆虫 | Comments(4)
晩秋のトンボ池にて
月曜日は年に二度あるウィークデイの休日。しかしいつもは出来ない仕事を片付けに職場へ。早めに切り上げて、2時過ぎから町田の緑地に行ってみた。町田も駅前は新宿顔負けの人ごみであるが、駅から離れれば田園風景も結構残っているし、小さな山もたくさんある。
狭い坂道を対向車が来ないよう祈りながら200メートルほど進むとトンボ池がある。ここのトンボ相は貧弱であるが、この季節に来たのは初めてだ。コノシメトンボが木道にとまっている。あとはナツアカネとアキアカネ。
池に枝が張り出した樹木がある。サクラの仲間だろうか(自信なし)。その付近を連結したオオアオイトトンボが飛んでいる。枝にとまって交尾を始めた。
e0167571_22122636.jpg
近くに産卵しているペアーがいた。
e0167571_2213245.jpg
オオアオイトトンボは北海道の一部を除き最も普通に見られるトンボだ。トンボの写真を始めたら真っ先に撮れる種類だ。しかし交尾や、特に産卵はそれほど遭遇する場面ではない。私も産卵をちゃんと見るのは初めてだ。理由は二つ。ひとつは季節と時間帯。産卵は晩秋、日が傾く頃から始まり夜まで続くという。もうひとつは場所。アオイトトンボは池に生えている植物の茎に産卵するが、オオアオイトは樹木!に産む。それも結構高い所に。今回も2-3mの高さでよく見られた。なかにはどう見ても5m以上の高枝で産んでいるペアーもいる。同じ枝でも下が水面でない所には全然産もうとしない(下写真の矢印のあたりで産んでいた)。
e0167571_22142091.jpg
水面の反射を見ているのだろうか、不思議だ。羽化したヤゴは水面に落下するというが、見た人はいるんだろうか。まるでモリアオガエルだね。
強烈な逆光で撮影は難しい。ストロボを使い、かなり露出をプラス補正してやっとトンボの姿が浮かびあがる。
e0167571_22144269.jpg
人気の枝があるようで、並んで産卵しているペアーも。
e0167571_22151312.jpg
e0167571_22152868.jpg
時に大集団を形成するという。
まだまだ産卵は続きそうであったが、だいぶ影法師が伸びてきたので撤収することにする。帰る時、木道にいたアカネは固まったようになっていて、指でつつかないと飛び立たなかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-09 22:20 | トンボ | Comments(4)
晩秋の里山と赤トンボ
今日は雲間から時々日が射す天気。横浜に残された里山を見に行ってきた。今年はCOP10の影響か、「里山」という言葉がマスコミでよく取り上げられた。そのせいもあってか、また紅葉が始まったこともあってか、お弁当を広げる親子連れで大変賑わっていた。
e0167571_20817.jpg
とっくに稲刈りの済んだ田んぼには稲の新芽が伸びて、一見田植えの後のよう。雨もよく降ったので湿田のような状態になっている。
日が射すとどこから現れるのか赤とんぼがたくさん飛び始める。思いのほかいろんなアカネを観察できた。今日は主に広角かコンデジで環境を入れて撮影した。でもこの時期になると体温を上げるためだろうか、童謡「赤とんぼ」のように竿の先には止まらず、コンクリートや板といった平面に好んでとまるので、風情のある写真は撮れない。まずはナツアカネ。顔まで赤くなる。
e0167571_2083260.jpg
次はリスアカネ。数は少なかった。
e0167571_2084945.jpg
去年ほとんど見なかったコノシメトンボがたくさんいた。
e0167571_2094295.jpg
e0167571_2095755.jpg
趣向を変えて背景にフォーカスして撮ってみた。
e0167571_20101894.jpg
ツーショットも撮れた。
e0167571_20103431.jpg

雲が多かったからか、去年ほどではなかったが、アキアカネが産卵していた。
e0167571_20105988.jpg
そのなかに翅の先が黒いペアーをみつけた。コノシメトンボの産卵だった。
e0167571_20113712.jpg
e0167571_20115095.jpg
初めて観察できてうれしかった。産卵自体はアキアカネと変わらないものだった。ワンチャンスだったため2匹ともピントが合ったものは撮れなかった。まだ少なくとも1-2週間はアカトンボの季節は終わらないだろう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-07 20:25 | トンボ | Comments(6)
ヒメアカネ受難
先週末は台風一過の晴天というわけにはいかず、曇天だった。日曜日に少しだけ近くの公園を散歩したが、コクサギの葉にカラスアゲハの若齢幼虫を見つけたぐらいだった。
e0167571_2025232.jpg
そして今日はしばらくぶりに晴天になったので、狭山丘陵へ行ってみた。まだアカトンボの仲間は元気だ。一番多かったのがヒメアカネ。ほかにアキアカネ、コノシメトンボを確認した。ヒメアカネの交尾態が飛んできた。
e0167571_20254571.jpg
産卵場所を捜しているのだろうか、水がたまって湿地のようになっているあたりを低く飛んでいたらクモの巣に引っかかってしまった。
e0167571_2026998.jpg
すぐに巣の主であるナガコガネグモがやってきたが、ちょっとの間抱え込んだだけで、もとの場所に戻ってしまった。
e0167571_20263422.jpg
この巣にはバッタの仲間も捕まっていたので、満腹だったのかもしれない。今日は何ペアも交尾を観察できた。メス単独で打水産卵をしていたが、残念ながら草でごちゃごちゃしていて写真には撮れなかった。2時頃から曇って気温が下がりトンボも蝶もほとんど飛ばなくなった。稲はぜをバックにアキアカネを撮って終わりとする。
e0167571_20292437.jpg
今日は近くの自衛隊基地で航空祭をやっていたらしく、ブルーインパルスの編隊が上空を通過した。
e0167571_20293999.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2010-11-03 20:31 | トンボ | Comments(6)
| ページトップ |