Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-03-30 23:03
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
大寒でも
at 2017-01-30 23:24
落胆と安堵
at 2017-01-29 19:39
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:19
春の妖精「コツバメ」やっ..
by himeoo27 at 17:43
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:46
ダンダラさん、昨日はお会..
by dragonbutter at 21:43
タグ
(135)
(116)
(107)
(68)
(61)
(54)
(53)
(53)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2011年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
祝アジアカップ優勝
日本時間の今朝早く、日本サッカーがいくつもの苦難を乗り越えてアジア杯優勝を遂げた。日本を元気にしてくれるうれしいニュースだった。記念にチームカラーの青で写真を合成した。元旦に青い眼のトンボは掲載したのでもうほとんど手持ちがない。蝶は昨年banyanさんが素晴らしいパネルを作られている。そこでもうすぐ会える春の花を材料にした。春が待ち遠しいな。
e0167571_23114983.jpg

かく言う私は・・・、実は試合の頃爆睡してました(ご免なさい)。
上左から横にホタルカズラ、スミレ、キクザキイチゲ、コケリンドウ、ミスミソウ、ヤマルリソウ、ヤマエンゴサク、キランソウ、ニオイタチツボスミレ、、だと思います。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-01-30 23:21 | 植物 | Comments(4)
初めてのがさ入れ
今回やって来た寒波は近年になく根性が据わっている。東京都心でも2日続いて冬日となり、各地から記録的な大雪の便りが届いている。
こうなると春になるまで冬篭り、と言いたいところだが、寒中のさ中、怪しい川遊びを始めてしまった。
10日にやって来たのがサナエトンボの多い河川の中流域。川に入って初めての「がさ入れ」なるものに挑戦。枯れ草の多い岸辺や砂礫の川底をガサガサやって30分ほど奮闘したらトンボのヤゴが3匹採れた。初めてにしてはまあまあの成果ではないかな。もっともここは素晴らしいサナエトンボの産地だから当たり前の成果かもしれない。
e0167571_23264832.jpg

左は三角の触角が特徴のオジロサナエ。黒い体に黄色い斑点が実に美しい(どこが、という声が聞こえそうだが、笑)。オジロサナエは成虫より先にヤゴと会えてしまった!右は毛深いダビドサナエ。クロサナエとの区別が難しいらしいが、ここで採れればまずダビドだろう。長靴よりちょっと長いヒップウェーダーを履けば意外と冷たくない。しかし水中の石をどかそうとして水に手を入れるとちぎれそう。
これにすっかり味を占めて15日には別の川に。本当は初めてアオハダトンボを見つけた場所に行きたかったんだが、記憶が曖昧で迷ってしまい、適当に川に下りる。
e0167571_23284470.jpg
川底をすくうと緑色の縞模様のこれまた美しい(?)ヤゴが2匹採れた(下左)。
e0167571_2339617.jpg
色からいってアオサナエかと思って写真を撮ったが、腹部の棘の様子からオナガサナエだった。成虫同様なかなか迫力がある。
右は小さなヤゴだがミヤマサナエ。成虫の時期に是非訪れたい場所だ。
ヤゴのガサ入れではいろんな生きものが採れる。そんななかで採れたシマドジョウ2匹。
e0167571_23393456.jpg
これは家にもって帰りタナゴ水槽へ仲間入り。「ときちゃん」と「こまちゃん」と呼ぶことにする。何故かって?わかる人にはわかるよね(笑)。
肝心のヤゴはそれ用の水槽がないのでその場でリリースした。
初めてみると結構はまりそうで怖い。
同定に当たりご教示いただいたYさんに感謝します。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-01-17 23:48 | トンボ | Comments(10)
幻の蝶の記録
私が蝶に興味を持ったのは随分小さい頃からだった。小学校に上がる前、庭に来て開翅したアカタテハの美しさに心躍ったことを鮮明に覚えている。蝶の採集をしていた父親の影響が大きかったと思う。よく父親に連れられて弟と三人で採集に出かけたものだ。その父親がどのような経緯で蝶を集め始めたかはもう知るすべもないが、二十歳代から初めていたことは確かだ。所詮田舎のローカルな採集家であったので、これといった標本はほとんどないが、とても貴重な標本がひとつある。それはオオルリシジミ。
e0167571_11251842.jpg
採集地は長野県上伊那郡七久保村千人塚(現飯島町)。1948年6月18日とあるから今から60年以上前の戦後間もない頃だ。私が知る限りでは長野県での南限(すなわち本州での南限)は上伊那郡宮田村ということなので、それより10km以上南であり、多分本州で最も南の記録ではないかと思う。
e0167571_11253525.jpg
私が生まれた頃にはすでに絶滅していた可能性が高く、子供の頃3人でよく訪れたが影も形もなかった。
これほどではないが、私が採集したものも含め、今は見ることのできなくなったチョウ(ゴマシジミ、チャマダラセセリなど)の標本がいくつかある。しかし両親とも他界し、私達兄弟は採集をしなくなった。標本箱を今の住まいに引き取るスペースもなく、空き家となった実家に置き去りになっていた。
この度Sさんのご好意で、某博物館に寄贈させていただけることとなって安心した。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-01-09 11:32 | チョウ | Comments(12)
謹賀新年
あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします。
e0167571_0215274.jpg

上の写真は去年のFIFAワールドカップの決勝トーナメントで日本が1勝したらアップしようと思い作ったサムライブルーのトンボ版ですが、結局お蔵入りになっていたものです。
正月休みで暇な方は種類を当ててみてください。全問正解者には人気のPENTAX K-5を差し上げます(うそです。私が欲しいだけです)。正解は最後に。
蝶の写真もひとつだけ。琵琶湖の畔で撮りました。
e0167571_0221647.jpg

正解(左上から横に):ムスジイトトンボ、マルタンヤンマ、ホソミオツネントンボ、アマゴイルリトンボ、コバネアオイトトンボ、マダラヤンマ、ヤブヤンマ、ルリイトトンボ、アオイトトンボ
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-01-01 00:28 | チョウとトンボ | Comments(18)
| ページトップ |