Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
一足早い遅咲きのサクラ
息子に一年遅れのサクラが咲いた。国公立の発表はまだだが、自分の納得がいく私立に合格がもらえたので二浪は免れた。
親として素直にうれしいのはもちろんだが、今後の教育費の目処が立ってほっとしたというのも本音である。そこで言い訳が出来たので(ちょっと無理があるけど)以前から欲しかった300mm望遠レンズを物色した。あるカメラ店で3本限定の新品が中古美品とそう変わらない値段で売られているのを見つけた。価格.comの最安値よりずっと安い。気がついたらレンズの箱のはいった袋をぶら下げて新宿駅のホームに立っている自分がいた(笑)。私が買っても、何日たっても、限定3本は相変わらずというおちがあるわけだが・・・
今日は曇りという予報なので家でのんびり過ごそうと思っていたが、雲ひとつない春の陽気に誘われて新しいレンズの試写に近くの大きな公園にやって来た。
人出がすごい。バード・サンクチュアリーはいつもどおり鳥が遠すぎて300mmでも手が出ない。蝶も飛ばないし、帰ろうとして林の中の道を歩いていたら梅の木にメジロが吸蜜に来ていた。
e0167571_23274055.jpg
e0167571_23275478.jpg
早春らしい写真が撮れた。
少し行くと感じのいい陽だまりがあった。誰もいなくてとても静かだ。去年シジュウカラが水浴びに来たりミソサザイがいたりしたのは確かこのあたりだったろうか。しばらく待っていたら案の定シジュウカラの声が近づいてきた。目の前にとまる勇敢なやつもいる。
e0167571_23282268.jpg
間もなく水浴びを始めた。頭を横に向けて水に突っ込んでいる。
e0167571_23284642.jpg

さらにヤマガラがやって来た。
e0167571_2330514.jpg
そして何とマヒワも!
e0167571_2330291.jpg
シメの声がするが警戒心が強く水場にはなかなか降りて来ない。
e0167571_23312255.jpg
少し離れてみると、あっという間にシジュウカラを追い払って水を飲み始めた。
当然ではあるが180mmマクロでの鳥撮よりはずっとよい画質だ(ほとんどがトリミングしてます)。最短距離近くでの昆虫の写りを試すにはもう少し暖かくなるのを待たねばならないようだ。
最後にべっぴんさんの写真を一枚。
e0167571_23315655.jpg
近くにいた方によれば「チビ」という名のメス猫。この公園で生まれて6歳になるという。チャームポイントは青い瞳だそうだ。人見知りが激しいらしいが300mmなら平気だ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-02-27 23:37 | | Comments(12)
死んだふり
19日(土)は小田原の日本蝶類保全協会の集いに参加した。講演はとても勉強になったし、懇親会で多くの方と歓談できて楽しかった。
今日も2日目があったんだけれど失礼した。何人かから「ヤゴを採りに行くんでしょう」と今日の行動を読まれてしまった(笑)。
今日は曇天の1日だったがそれほど寒くはなかった。今日やって来た場所は夏になるとたくさんのコシボソヤンマの他にミルンヤンマ、コオニヤンマを目撃している。コシボソヤンマのヤゴがするという独特の擬死(死んだふり)行動を見たかった。
山際の小さな流れでガサ入れを始める。
e0167571_2230784.jpg
大きめの石をどかしてみると、石の下に薄茶色の大きなヤゴが2匹いた。
e0167571_22303419.jpg
いつもそうだが、特定の石の下に複数のヤゴが見つかるから不思議だ。これはヤマサナエだ。発生時期に来たことがないが、いて不思議はない。
この場所と、更に上流にある池に流れ込む小さな流れで複数の小さなヤゴが何匹も採れた。
e0167571_2231135.jpg
複眼の縞模様が印象的だ。確かに死んだふりをするが個体差がある。コシボソヤンマで言われているように反り返って擬死を装うものと、ほとんどまっすぐなものまである。
e0167571_22311923.jpg
また、すぐに安心して動き出すものから、10分くらい死んだふりのままのものまでいる。コシボソと思って撮ったこれらは、帰宅後調べるとどうもミルンヤンマのようである。詳しい方からもミルンであろうと言われた。成虫の数はコシボソが圧倒的に多いが、今日は全てミルンだった。あんなに見られるコシボソはどんな場所に潜んでいるんだろうか。
ミルンヤンマも個体により反り返った擬死行動をとることがわかったが、ネットで調べるとコシボソの反り返り方はもっと徹底している。いずれ見てみたいものだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-02-20 22:34 | トンボ | Comments(10)
これは立派な
ヤゴネタばかりですみません。
二日間冷たい雨と雪が続いた後、今日はすっきり晴れ渡った。3連休ともごろごろしていると体に良くないので、今日は初ガサ入れをした川の少し下流に行ってみた。北向き斜面に少しだけ雪が残っている。北風がとても冷たい。
ここの水はきれいだが、ごみがちょっと目立つ。夏の川遊びをする人たちのマナーがよろしくないようだ。ここはアオハダトンボの多いところなので期待しながら進む。30分位して今日の初物がすくえた。
e0167571_22102041.jpg
アオハダだとよかったけど、やけに赤味の強いカワトンボのヤゴだった。このあとオジロサナエとダビドサナエが入るが、これらは以前少し上流で採れている。
寒いしそろそろ引き上げようと思い、最後に川底の石をどかしてすくってみる。やはり何もいそうもない。網にかかった落ち葉を流そうとしてびっくり。4枚の落ち葉が全てコオニヤンマのヤゴだったのだ。コオニヤンマに限らず大きなヤゴは危険を感じると足をたたんで死んだふりをする。こんなに大きくて平たいヤゴに死んだふりをされると初心者はてっきり落ち葉と思ってしまう。
e0167571_22104457.jpg
一緒に写ったオジロサナエと比較しても大きさがわかると思う。もっとも成虫だってばかデカイから当然といえば当然だ。それにしても1回でこんな大きなヤゴが4匹も入るとは驚きだ。この石の下にはよっぽどコオニヤンマのヤゴが好む条件が揃っていたに違いない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-02-13 22:17 | トンボ | Comments(6)
なかなかいけてるヤゴ
見たかったトンボに会えた場所に行ってそのヤゴを探すのもいいが、私はまだ成虫の写真が目的なので、面白そうなヤゴを見つけることで成虫撮影の新たなポイントを発見したいものだ。
1月30日は千葉の里山に行った。ここは去年の春ホソミイトトンボを捜していて見つけた谷戸。丘陵の間の藪の中を細流が流れ、ところどころ湿地になっている。ホソミイトは空振りだったが、何かがいそうな雰囲気が漂っている。千葉でも内陸ということもあって晴れた昼でもとても寒い。でもピリッとした寒さの中、誰もいない山の中でのがさ入れはやけに落ち着く(見つかったらかなり怪しまれそう)。川と違ってこういった細流をがさ入れすると落ち葉や枯れた植物の茎、そして泥が入ってくるのですくった後の見極めが大変だ。今日は割れた氷も一緒だ。
30分ほどは何も入らなかった。少し奥に進んだらカワトンボが何匹か採れた。随分黒いやつから薄茶色のやつまでいる。
e0167571_19112935.jpg
e0167571_19114576.jpg
それにしても成虫に劣らずかっこいいし、渋い美しさがあると思いません?
1cm余りの小さなヤゴが採れた。
e0167571_19121341.jpg
まだ翅芽もはっきりしない若齢幼虫で何ともいえないがオニヤンマのようだ。オニヤンマは何年もかかって成虫になるというので、こんな小さなヤゴがいておかしくない(でも間違っていたらご指摘ください)。
というわけでこの日は夏が楽しみになるような種類はすくえなかったけど、心落ち着く日だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2011-02-05 19:14 | トンボ | Comments(8)
| ページトップ |