Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
初観劇と初新蝶
土曜日は家内とシアタークリエに「幻蝶」を観にいった。
e0167571_1817826.jpg
この年になると自分の人生に関して忘れてしまった部分が多くなって情けないのだが、多分観劇は初めての経験だったと思う。
e0167571_1819668.jpg

幻の蝶に魅せられた男2人とそれに絡む女2人の悲喜劇である。主人公(内野聖陽と田中圭)の体をはった(見れば意味がわかります)演技で、劇としてもとても楽しく魅力的なものになっているが、蝶屋としてみてもなかなか面白いものだった。記録したわけではないが、覚えているだけでも11種類の蝶の名前が出てきた(学名まで登場)。映画に比べれば値は張りますがお勧めです。観客は8割以上が女性でしたが。
日曜日は埼玉の公園へ行った。ここでは2年前3月27日にコツバメをみている。2年ぶりに訪れたこの公園ではまだ梅が盛りで、カタクリ、ミスミソウも満開だった(ミスミソウは自生ではないと思う)。
e0167571_18205561.jpg
e0167571_18211033.jpg
晴れたり曇ったりの天気で、曇って北風が吹くととても寒い。キタテハはいくらでも飛んだがそれ以外の蝶はなかなか姿を見せなかった。
e0167571_18215496.jpg
スジグロシロチョウとルリタテハが1度ずつ飛び去った。最後にまわった枯野でようやくモンキチョウが飛んだ。晴れている間は元気に飛び回ってとまってもとても敏感だったが、曇るとあっという間に飛べなくなった。
e0167571_18222460.jpg
最後はおとなしく指に乗ってくれた。
e0167571_18224384.jpg
新鮮ではあるが縁毛が完全でないので何日か前に羽化したものだろう。
これで今年もようやくマイ蝶シーズンが始まった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-03-25 18:26 | チョウ | Comments(4)
新生蝶飛ばず
今日は待ちに待った晴天の休日だった。
わがブログを紐解くと新生蝶の初記録は去年は3月13日にミヤマセセリ、一昨年は3月22日にルリシジミ、2009年は3月15日にモンキチョウといった具合である。今年もそろそろだろうかと期待しながら八王子の林道へ出向いた。
すぐに気付いたが季節の進み方が極端に遅い!林道入り口の梅林がまだ3分咲き、全然咲いてない株もたくさんある。一昨年の今頃咲いていたアズマイチゲ、エイザンスミレ、カタクリ、ハシリドコロなどが全く見当たらない。ユリワサビとハナネコノメがかろうじて咲き始めている。
e0167571_21514635.jpg
テングチョウは乱舞しているがそれ以外の蝶がいない。
e0167571_2152574.jpg
アカタテハ、ルリタテハも飛ばなかった。仕方なくテングのパスト連写を撮っていたら目の前にヒメオオさんがいるではないか!2年前の今頃にもここでお会いしている。しばらくお話したあとヒメオオさんは林道の奥に進まれた。私は諦めて戻ることにする。
2匹絡んで飛んでいたテングチョウが地面に下りたので近寄ると重なっていたのがほぐれてこんな感じに。
e0167571_21522639.jpg
右の開翅がオス、左の閉翅がメスかな。この状態で数分間じっとしていた。今日見たテングチョウはどれもとまれば必ず短時間で開翅したので、左の閉翅には意味がありそうだ。もしかしたら交尾拒否かもしれない。このあと一瞬オスと思しき方が翅をバタつかせて近寄ったが相手にされず飛び去った。
e0167571_21525242.jpg

もう一箇所公園によったが、いちばん気温が高い時間帯にファミレスで食事を取っていたのが痛かった。ここでも蝶は見られなかった。
近所の梅はようやく8-9分咲き、いつもなら3月15日から22日にかけて咲くはずの玄関先のスイセンもまだ蕾が色づいてさえいない。果たして東京の桜も予想通り3月30日に咲くんだろうか。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-03-20 21:56 | チョウ | Comments(6)
イトトンボのヤゴと遊ぶ
春はすぐそこまで来ているはずなのに今週末も雨。
そこで今日は仕方なく家でイトトンボのヤゴに遊んでもらった。
日本では「トンボ」とひとくくりで呼んでいるが、英語でイトトンボの仲間はdamselflyといってdragonflyとは別名称が与えられている。dragonは竜といっても悪魔としてのドラゴンのニュアンスがあるそうだ。一方でdamselは「乙女」の意だそうだから、同じ「トンボ」でも英語では随分意味合いが異なる(正確に区別されて使われているかは疑わしいけど)。
ヤゴもイトトンボのヤゴは他のヤゴとは大分雰囲気が違う(大きさだけでなく)。
e0167571_16324561.jpg
先ず、急いで移動するとき足で走ったり尻から水流をジェットのように噴出したりはしない。体をくねらせてすばやく移動する。形態的には尾端にある3枚の鰓(尾鰓)が特徴だ。
e0167571_163387.jpg
こんな所で鰓呼吸している。その証拠にほら、毛細血管(ある図鑑には「気管分枝」とある)が木の枝のように細かく分布している。
e0167571_1634644.jpg
この分枝パターンが分類の鍵になるというがほとんど顕微鏡の世界だね。
トンボのヤゴ全体の特徴は折りたたまれた長い下顎だ(下唇腮というらしい)。
e0167571_1634387.jpg
これを一気に腕のように前方に伸ばして獲物を捕まえるのだ。
今日は前玉外しの高倍率マクロレンズでイトトンボのヤゴがブラインシュリンプの幼生を捕食する所を動画で撮ってみた。ヤゴの頭部はせいぜい2-3mmの大きさだ。


さすが捕食スピードは日本の水生昆虫のなかで屈指であるだけに、毎秒30コマで採った動画でも捕食の瞬間は多くて1-2コマ。画面を止めてもボケていて絵にならない(泣)。ストロボで撮るしかなさそうであるが、その瞬間を捉えるのは至難の技だろう。食後にゆっくりと顔の掃除をしているところが笑える。
[追記]
羽化した後で、このヤゴはオオイトトンボのヤゴであることがわかった。

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-03-18 16:56 | トンボ | Comments(2)
ツートンカラーのヤゴ
今週末も雨が降ったり寒くなったりで生憎の日和だった。
それでも今日は懲りずにまたまた渓流に行ってきた。
e0167571_21353361.jpg
初めての沢だがすくったとたんにムカシトンボのヤゴ!
e0167571_213684.jpg
これはすごいぞ、とテンションが上がったがそうは問屋が卸さない。それ以降空振りが続く。それでもクロサナエと思われるヤゴが2匹。
e0167571_21363296.jpg
側方に張り出した肛上片からクロサナエと判断したが. . .。
e0167571_2136509.jpg
もう一度スタート地点付近で捜したらムカシトンボがあと2匹採れた。若齢幼虫はツートンカラーだと聞いていたが、今まで見たものは皆単なる褐色だった。しかし今日は見事な2色のやつが採れた。
e0167571_21372450.jpg
同じ大きさでもツートンカラーとそうでないのといるから不思議だ。
e0167571_2139365.jpg
前回うまく撮れなかったわき腹にある発音やすりを撮った。死んだふりをされると縮こまった足に隠れてしまう。そこで肢をちょっと脇にずらして撮影。
e0167571_214057.jpg
正にやすりだね。
e0167571_21402182.jpg
午後になり小雪がちらつき始めた。もう一箇所チェックしたい沢があったが、前回の体調をくずした経験から無理をせず山を下りた。
帰る途中里山によった。時々日が差したが蝶は飛ばなかった。ここで網を使うのは憚られたので100円ショップで買った取手付きの金属のザルを使って池をすくった。積もっている枯葉ごとすくったらこんな2匹が採れた。
e0167571_21404647.jpg
e0167571_2141887.jpg
上はイモリにしては大きいからひょっとして、と思っていたら鳥撮影の二人連れがやって来た。やはりトウキョウサンショウウオだということ。産卵のため池に下りてきたようだ。もう1匹はホトケドジョウ。絶滅危惧種2種類がひとすくいで採れるなんて感激。ここではイトトンボのヤゴも何匹か採れた。
e0167571_21413484.jpg
尾鰓の模様からアジアイトとクロイトと決め打ちしたが全く自信なし(笑)。
遠くでサイレンが鳴った。時計を見ると2時45分をまわったところだった。虫の事は忘れて手を合わせた。帰りのラジオで流れた追悼式典の遺族の言葉には涙をこらえきれなかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-03-11 21:47 | トンボ | Comments(4)
The king of ヤゴ
先週の雪が冬の終わりのきざしだったのだろうか。翌日から随分暖かくなった。今日は多摩丘陵の里山に出かけた。シオヤトンボのヤゴでもいないかなと思って。池の泥をすくってみるがなかなかヤゴは見つからない。仕方なく脇を流れる小川を捜すとすぐに1匹みつかった。
e0167571_103753.jpg
しかしこれは体型からオニヤンマの弱齢幼虫だ。この後すぐにすくった泥がゴソゴソ動いた。エビかザリガニでも採れたのかと思ってよく見ると、つまむのも勇気がいるようなばかでかいヤゴだった。オニヤンマのヤゴは何度もすくったが、その年羽化する大きなヤゴは初めてだった。オニヤンマは日本最大のトンボだからヤゴだって大きいのは当たり前ではある。こいつは度胸が据わっていてつかんでも死んだふりなんぞはせず堂々としている(笑)。顔もいかにもふてぶてしい。
e0167571_1043455.jpg

弱齢ヤゴや100円玉と比較してみた。
e0167571_1045048.jpg
e0167571_105066.jpg
最後にすくった池の泥からようやくトンボ科のヤゴが見つかった。
e0167571_1052179.jpg
まだ1cm弱の小さなヤゴだ。
e0167571_1054817.jpg
一生懸命怖い顔をしているが幼さの抜けない憎めない顔だ。以上の写真はまだ残っている雪の上にプラケースを置いて撮影した。
シオカラかオオシオカラと思うが、これだけ小さいと何ともいえないので飼ってみることにした。
予報以上に曇りがちで、残念ながら蝶は飛ばなかった。
ところでヤゴといえば小学生でも大体はトンボの赤ちゃんだということくらいは知っている。しかしヤゴに相当する英語はない(a larva of a dragonflyとでも言うしかない)。いかに日本人がトンボと親しく接してきたかがわかる。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-03-04 10:08 | トンボ | Comments(4)
| ページトップ |