Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
標高の高い湿原の様子、涼..
by yurinBD at 06:15
タグ
(140)
(126)
(111)
(69)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
これは大きい!
今年もあと1週間あまり。年齢を重ねるにつれて1年経つのが恐ろしく早くなってきた。この調子でいくと残りの人生あっという間に終わってしまいそうであるが、こればかりは開き直るしかないだろうね(笑)。誰にも平等に時は過ぎていくわけだから。
まだ暮れの大掃除に手をつけていないし年賀状もこれから。だからフィールドにでるのもこれで今年の最後とする。日曜日は日は射さずとても寒かった。何も出てきそうもないが、それでいいのだ。今日はヤゴ探しだから。今まで止水性のヤゴはあまり見てこなかったので今日は休耕田に出来たと思われる小さな池に行った。清流でがさ入れするのは気分いいものだが、泥田はどうも気分が乗らない。しかしここのヤゴ密度は半端でなかった。小さな金属のざる(調理で使うやつ)ですくうたびにヤゴが採れた。特にまだ小さいイトトンボのヤゴはいやというほど採れる。そんななか驚くほど大きいヤゴが2匹採れた。
e0167571_947346.jpg
何度ヤゴをすくっても泥や砂の中にヤゴを見つけたときのどっきり感がたまらないんだよなこれが(特にサイズが大きいときは)。
シーズン中の観察から判断してクロスジギンヤンマ(クロギン)のヤゴだろう。クロギンは春のトンボなので、越冬するときは既に終齢になっている。だからこんなに大きいのだ。
e0167571_9473026.jpg
e0167571_9473979.jpg
流水性のミルンヤンマやコシボソヤンマは反っくり返って死んだふりをするが、クロギンの1匹は実に堂々としていた。つかんでも死んだふりをして硬直したりしないし、暴れもしない。プラケースに移してもちょこまかとは動き回らずじっと構えている。もう1匹は体をだらんとしたままで動かない。いっしょに来てくれた家内はこれを見て死んでいるんじゃないの、と言ったが、そんな筈はないと様子を見ていたらやはり生きていた。同じヤゴでも性格の違いがあるんだろうかね。生息地から言ってギンヤンマの可能性は低いが、とても似ているという。慣れた人は体型から区別がつくようであるが、私は自信がない。そこで嫌がる家内に頼み込んで手でつかんだヤゴの下唇(下顎のようなもの)を前方にずらしてもらって腹側から写真を撮る。
e0167571_9483874.jpg
ヤゴの下唇は普段大きく折り畳まれている。獲物が近づくと電光石火の早業で下唇を伸ばして捕獲するのだ。その下唇にある側片(赤丸)の先端が斜めに曲がっていればクロギン。ギンヤンマは直角に鋭くカーブしている。ということで2匹ともクロギンに間違いない。さすがにこれには怒って先端の鉤のような動鉤を時々パクっと開いた。
e0167571_949339.jpg
このほかにもトンボ科やイトトンボ科のヤゴが採れたが、また折を見てアップする。こいつらはすぐに同定できないので家で飼うことにした。
さて、今年最後というのにあまり趣味のよくない写真ばかりで失礼しました。今年も拙いブログを訪問頂きありがとうございました。来年もマイペースで蝶とトンボを中心に写真を撮っていきたいと思います。お暇なときには開けてみてください。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-12-24 10:01 | トンボ | Comments(4)
最後のアカネ
今年は冬の訪れが早く、既に真冬並みの寒波が日本を襲った。しかし今日は穏やかな晴天となり気温もぐんぐん上がったので、実績のある里山へ冬の赤トンボを見に出かけた。
目的地について、何と1眼レフを忘れてきたことに気付く。レンズは3種類も持ってきたのに!昨日スナップ写真を撮った後居間に置いたままだったので、出かける前にカメラザックに入れようと思って忘れたのだ。こうなるとカシオのコンデジしかない。
キタテハが飛んできた。
e0167571_21544693.jpg
やはりこのカメラでは思いっきり近づかなくてはならない。冬でなければお手上げだったろう。ここは2年前にアキアカネの終見12月23日という実績のあるポイントであるが全く飛んでいない。少し場所を移動する。ベニシジミが何とかみつかった。フユシャク?の飛ぶのが目につくがなかなか止まらない。やっと撮ったけど種類は不明。判る方、教えてください。→クロオビフユナミシャクではないかというご指摘をいただきました。ありがとうございました。
e0167571_2155148.jpg

この時期になると赤トンボは決して童謡のように竿の先にはとまらない。地面、横に積んだ竹竿、ビニールシートなどにペタっととまって熱を吸収している。田んぼの畦に積まれた竹竿を遠目に見ると、いたっ!アキアカネのオスだ。何度か飛ばれた後、何とか証拠写真をゲット。
e0167571_21554694.jpg
e0167571_2156334.jpg
最後は恒例の(?)腕時計を添えての記念撮影(笑)。
e0167571_21562762.jpg

ここでちょうどバッテリー切れとなる。何度かアキアカネは目撃したが、どうも同一個体のようだ。このあたりの生き残りの最後の一匹だったのかもしれない。2年前は12月23日に複数個体を見ている。そこで2010年と今年の気温を比べてみてびっくり(横浜の記録)。
e0167571_215718100.jpg
最低気温が今年は4℃近く低い。ここは既に氷点下になった朝もあっただろう。そう考えると、今日目撃できたのは2年前の12月23日よりすごい事かも知れない。暖かいとはいうものの、一度飛び立ってもすぐに日当たりの良い場所に戻ってきて止まった。ここにはアカネは他にもいるが、最後に見るのはいつもアキアカネのオスである。競い合うオスも、ペアーを組むメスも既に去り、あとは人生の最後の日を待つばかりという状況を思うとちょっと哀れではある。もう一度寒波が来るまでは頑張れ!
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-12-16 22:01 | チョウとトンボ | Comments(2)
普通種といえど・・・
中央道で起きてはならない事故が起きました。犠牲になられた方には心よりご冥福をお祈りいたします。
笹子トンネルは東京と信州のふるさとを繋ぐトンネル、また甲州や信州の蝶の楽園への入り口なので、数え切れないほど通過していただけにショックです。バブル期に建設されたトンネルや橋梁の老朽化が進んでいるようです。新規の建設は一時止めるくらいしてでも、二度とこのような事故がおこらないよう修復を急いで欲しいものです。

さて、土曜日は仕事、日曜日は蝶類保全協会の写真展のお手伝いだった(下の写真は携帯で撮った講演するtheclaさん)。
e0167571_21532082.jpg

よって今回も過去画像から。
モノサシトンボとコシアキトンボ。いずれも普通種である。だから本命が出現しないときにしかなかなか撮影する機会はない。
モノサシトンボとは付き合いが浅く、初見が4年前である。それ以来連結や交尾は撮れたが、産卵の場面はこの夏が初めてだった。このトンボは薄暗い池で見かけることが多いが、産卵していたのもかなり暗い場所。何とか低い位置に構えてストロボで撮影したが褒められた出来ではない。暗い池という雰囲気だけはでているかも(汗)。
e0167571_2154292.jpg
e0167571_21541196.jpg
コシアキトンボこそはどんな都会の池でも見かける超普通種。飛翔力抜群で、撮ろうとしてもそう簡単には叶わないので、他のトンボが不発のときでないとなかなか撮る気にならない。年一回あるかないかの飛翔写真が撮れた。
e0167571_21544475.jpg

産卵もとても気ぜわしくて撮影難度は高い。このトンボはシオカラトンボなどのように単なる打水産卵ではないようだ。後でPCのモニターで確認した所、水面から突き出た植物の茎に腹端を叩きつけている所が撮れていた。
e0167571_21551216.jpg
e0167571_21551853.jpg
e0167571_21552532.jpg
最後の2枚は連続写真である。飛びながらこんな芸当ができるなんて素晴らしい運動神経(?)の持ち主だ!
うーん、早くも過去画像が底をついてきた。まだシーズンオフは長いこと続くというのに。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-12-03 22:11 | トンボ | Comments(6)
| ページトップ |