Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
標高の高い湿原の様子、涼..
by yurinBD at 06:15
タグ
(140)
(126)
(111)
(69)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
雪と小鳥
今年に入って二度も風邪で体調を崩してしまった。今日も調子は完全でないので近くに買い物に出かけるだけにした。
いったん体調が回復した先週末は狭山丘陵に行って見たが、虫は見つからず、久しぶりに鳥にカメラを向けた。ルリビタキとオオタカがいたが写真は撮れなかった。
上からカシラダカ、ジョウビタキオス、ジョウビタキメス、セグロセキレイ。
e0167571_22534286.jpg
e0167571_22535747.jpg
e0167571_22541253.jpg
e0167571_22542473.jpg

ヨシの幹を夢中になってたたいていたコゲラはすぐ傍まで近づくことができた。
e0167571_22543642.jpg
e0167571_22544588.jpg

次の週末は土、日とも仕事、その次も私用で遠出がありゆっくり休めるのは3週間先だ。やれやれ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-01-27 22:57 | | Comments(2)
かわいいヤゴ
14日の雪には参った。
雪になるとは思ったがこんなに積もるとは思わず、車で職場へ。今思えば祭日に絶対行かなければならない用件ではなかった。
尋常でない降り方なので午後2時に切り上げて帰路についた。しかしみるみる積雪が増してきた。いつものルートは小さな山を3つほど越えるので、きっとノーマルタイヤの車が立ち往生しているだろうと考え、16号→東名→環八という幹線ルートに変更する。しばらくはゆっくりながらも順調に進むが、町田のIC手前で全く動かなくなった。2時間たってもらちがあかないので、ルートを再検索して再び枝道に入った。もうあたりは暗くなってきた。山道で何度も右折左折をナビに指示される。途中トラックが斜めに道をふさいでいて、ぎりぎり横を通り抜けたりする。むかーし福島にいた頃以来の雪道のスリルを味わった。家の帰ると何と8時過ぎ。40キロ足らずで6時間かかった!でも帰れてよかった。
途中で雪景色を撮る余裕なんかなかったので年末に撮ったヤゴの写真を。
ヤゴは格好よかったり、けったいな格好で笑わせてくれたりするが、かわいい、という感じのものは少ない。強いて言えばこれあたりかわいいといえるかな(いえないか)。
e0167571_2374831.jpg
e0167571_2375922.jpg
e0167571_238363.jpg
夏にどんな池でも見ることができるショウジョウトンボのヤゴ。
こちらはもう少し若いやつだ。
e0167571_238527.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-01-16 23:13 | トンボ | Comments(7)
変わった蛾
今年の冬は厳しいと年末にも書いたが、今朝の東京は随分冷え込んだ。最低気温は東京で-1.4℃、我が家に最も近いアメダススポット練馬では-4.6℃だった。東京では7年ぶり、練馬では何と27年ぶりの冷え込みだった。最近北上が著明な蝶やトンボに今年何か変化があるか興味あるところだ。
昨日は自宅から歩いていける公園に行った。厳しい寒さの中でも梅の蕾は心なしか膨らんでいるような、、
e0167571_23453190.jpg
いつもゴマダラチョウの幼虫のいるエノキの大木の根元は落ち葉が一度掃除されたあとがあったが、残った葉からはすぐに2匹の幼虫が見つかった。
e0167571_23455485.jpg
暖かい日は落ち葉を日なたに移すと動き始め、かわいい顔(?)を持ち上げてくれるのだが、この寒さでは全く動かなかった。
e0167571_2346722.jpg
これだけでは寂しいので去年撮った蛾の写真から。
8月、神奈川の森を歩いていたら茶色の虫が飛んできた。思い当たる蝶はいないなあ、と思いながらとまったあたりを捜すが見つからない。そんなはずがないと思ってよくよく見るとこんな姿が。
e0167571_23462957.jpg
皆さんのブログにも時々登場するアカエグリバだ。飛んでこなかったら絶対見つけられなかったろう。
9月のこと、埼玉県南部の駐車場の脇でとても大きなミノムシが笹の葉の上を歩いていた。
e0167571_23465588.jpg
蓑から出ている姿は接写するとかなり気持ち悪い。
e0167571_23471499.jpg
オオミノガの幼虫らしい。子供の頃よく見た蓑虫はずっと小さかったなあ。あとで調べると、オオミノガは特に西日本で激減し、絶滅に瀕した県も多いという。中国から進入したオオミノガヤドリバエのせいらしい。この蛾の成虫はとても変わっている。メスは成虫になっても足も翅も無い芋虫で、体の大半が卵の詰まった腹部である。そして一生蓑の中で過ごす。オスは一応蛾の形をしているが、口が退化しており、成虫は何も食べないで死んでいく(以上いくつかのウェブページを参照した)。オスもメスも生殖に必要ない器官を徹底的にそぎ落としているのだろうか。
新年にふさわしくない写真だったかもしれないけどお許しを。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-01-06 23:53 | その他の昆虫 | Comments(0)
2013年 新年のご挨拶
e0167571_025812.jpg
e0167571_031568.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-01-01 00:05 | チョウとトンボ | Comments(26)
| ページトップ |