Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-03-30 23:03
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
大寒でも
at 2017-01-30 23:24
落胆と安堵
at 2017-01-29 19:39
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:19
春の妖精「コツバメ」やっ..
by himeoo27 at 17:43
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:46
ダンダラさん、昨日はお会..
by dragonbutter at 21:43
タグ
(135)
(116)
(107)
(68)
(61)
(54)
(53)
(53)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
春のトンボが続々と
ムカシトンボの羽化を撮るラストチャンスと思い出かけた。羽化殻は何個か見つかったがトンボはいなかった。
e0167571_2153024.jpg
予想通り少し遅かったようだ。先週末悪天候だったのが痛かったな。途中蝶の玉手箱のcactussさんご一行にお会いした。見つけた羽化不全のメスを撮らせていただいたが、痛々しいので載せません。cactussさん達はこのあと1匹見つけられたようだ。
この後少し場所を移動。ウスバシロチョウが飛び始めていた。
e0167571_21533116.jpg

小さな整備された池でクロスジギンヤンマの羽化が始まっていた。既に羽化殻が多数見つかる中、翅を伸ばしているオスがいた。
e0167571_21535775.jpg
自由に入れない池なのでいい角度では撮れず、いつもなら没写真だが、後でよく見ると背後に翌日羽化すると思われる順番待ち(?)のヤゴが写っていた(笑)。
近くにいい感じの休耕田があったので寄ってみた。シオヤトンボが産卵している。
e0167571_2154559.jpg
e0167571_2155348.jpg
e0167571_21551849.jpg
ホバリングは容易に撮れるが、打水の瞬間を捉えるのは難しい。打水する場所に見当をつけて数多くシャッターを押すがピントの見当がつけづらく、2000/1でもぶれてしまう(泣)。
e0167571_21553871.jpg

茂みの中にトンボを見つけた。当然シオヤと思ってファインダーを覗くと胸に太くて黒い筋がない。
e0167571_2156293.jpg
ハラビロトンボだ。うかうかしてたらもうこんな季節になってしまった。
最後にもう一回クロギンの羽化(メス)をみつけた。
e0167571_21562267.jpg
既に午後1時近くになっており、撮影後すぐに処女飛行に飛び立った。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-28 22:02 | チョウとトンボ | Comments(6)
スギタニの開翅がとれたけど・・・
春だけ出現するスギタニルリシジミ。なかなか翅を開いてくれない。
この春ようやく開翅写真が撮れた。
e0167571_23144953.jpg

ルリシジミ(上写真、08年4月撮影)の翅表が明るいルリ色であるのに対してスギタニは暗い紫色。
e0167571_23151151.jpg
e0167571_23151941.jpg
e0167571_23152627.jpg
派手さはないが、いぶし銀のような味のある色だ。翅を開く条件には明るさや気温が関係することは確かだろうが、個体によっても異なる。ここには多数のスギタニが飛んでいたが、翅を開いたのはこの個体のみ。しかも興味あることに、この個体はとまるたびにすぐ開翅した。でもこんなに擦れたやつではなあ。あっ、チョウもこっちを見てこんなに擦れたやつに撮られたくないといっているかも(笑)。
挑戦は続くことに。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-23 23:17 | チョウ | Comments(6)
エレガントなヤゴ
今週末は寒かったですね。
ヤゴはトンボ(成虫)に劣らず多様性に富み、抜群の個性を持つものがいる。そんな中、モノサシトンボのヤゴは見てみたいものの一つだった。
家の近くにモノサシトンボのいる公園がある(下写真は昨年7月撮影)。
e0167571_18212491.jpg
連結を何度か目撃した場所で掬うとあっさり笊に入ってきた。特徴はなんと言っても腹部と同じくらい長い尾鰓である。
e0167571_18121020.jpg
均翅類には3枚の尾鰓と呼ばれる構造があり、鰓呼吸に貢献している。欠落しても再生するし、そもそもなくても生きてはいけるらしいのだが。長い尾鰓を持つヤゴは1枚欠けていたり、1枚再生中で小さかったりすることも多いが、この子達は3枚ともインタクト。この柳の葉のような3枚の尾鰓を広げるとまるで羽のようで実にエレガントで、ゆっくりと姿勢を変える様子はまるでダンサーの様。
e0167571_18124753.jpg
e0167571_18125536.jpg
e0167571_1813389.jpg

参考までにイトトンボ(アオモンイトトンボ?)のヤゴ。
e0167571_18132190.jpg
モノサシトンボの尾鰓がいかに大きいかお分かりと思う。
ただ、エレガントと感じるかは人それぞれだろう(笑)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-21 18:24 | トンボ | Comments(6)
新潟のギフ(その2)
先日載せたイエローテイルと言えそうな個体、その後写真を整理したら10:29から11:44にかけて何回か飛来しており、拡大すると同一個体であった(まあそんなにいるはずがない)。
e0167571_2336072.jpg
e0167571_2336995.jpg
この日はある程度カタクリへの飛来が撮れたので、途中から広角と飛翔に挑戦することにしたわけだが、どれも中途半端な結果に終わった。何と広角写真に挑戦した相手が全てイエローテイルだったのだ。
e0167571_23362536.jpg
e0167571_23363444.jpg
気付いていたらマクロでもっと真剣に撮ったのに。
飛翔は全てノーマル個体のうえに打率もきわめて低かった。
e0167571_23365110.jpg
e0167571_2337242.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-17 23:38 | チョウ | Comments(6)
新潟のギフ
3週間ぶりの好天に恵まれた週末。もう表日本のギフには遅いだろうと考え、新潟に向かった。国境の長いトンネルを抜けるとそこは・・・
e0167571_16394030.jpg
雪景色!その先も残雪がたっぷり残っている。
e0167571_16395897.jpg
更に北上すると予想通り雪は消えた。目的地は3度目である。しかし前回の2度目は1匹も目撃すらできなかった。遅すぎたのだ。
到着は9時前。寒い。青空は見えるが雲が太陽にまとわり付いて日が射してもすぐ曇ってしまう。山道を登り、尾根から少し外れたところにあるカタクリの群落で雲がとれて気温が上がるのを気長に待つ。しばらくすると上越市のNさんが別ルートで登ってこられた。専らビデオ撮影をされているという。下で既にカタクリに来たギフを撮影されたとのこと。10時半頃から申し合わせたかのようにギフチョウが次々と飛来した。3匹目くらいで何とかカタクリの吸蜜を撮ることができた。
e0167571_16405627.jpg
e0167571_1641677.jpg
スミレサイシンでの吸蜜はピンボケ。
e0167571_16442011.jpg
いつもスミレには短時間しかとまらないので苦労する。でも裏日本ならではのシーンだろうか。
去年は神奈川と南信のギフを見ただけなので、さすが新潟のギフは白っぽいなあと思ったが、後で液晶を覗いていたらどうも違和感のある個体が出てきた。
e0167571_1645885.jpg
何故だろうとよく見ると後翅の赤斑がオレンジ色に置き換わっている(この個体は周辺部に赤い鱗粉がわずかに残っている)。
e0167571_16452636.jpg
こういう個体をイエローテールというらしい。家に帰ってネットで調べるとオレンジのものから黄色に近いものなど程度は様々なようだ。通常個体をはさんで何度も登場したが、複数いたかは不明だ。
e0167571_16454845.jpg
この個体は上ほどではないが少しオレンジに近い赤に見える。ここでは赤い鱗粉ができない変異した遺伝子の頻度が高いのだろうか。撮った時点で気付けばもっと真剣に探したのだが。
実は恥ずかしながらカタクリに来たギフは証拠写真しかなかった。完璧とはいえないが何とか撮れてよかった。
Nさん、楽しいひと時をありがとうございました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-14 16:48 | チョウ | Comments(10)
タナゴ誕生
我が家ではもう10年以上も前からタナゴを飼っている。私の昆虫写真熱が再発するずっと前から。
タナゴは二枚貝に産卵する。今までに一度だけ繁殖に成功したことがある。もう10年以上前のこと、タイリクバラタナゴだった。
ここ1-2年はニホンバラタナゴを飼っていた。この春先にアブラボテをペアで買った。アブラボテは気が荒いということで他のタナゴとの混泳には向かないと考えて飼ったことがなかったが、近くの店で見たオスが見事な婚姻色(尻鰭が真っ黒に色づいていた)をだしていたのでつい買ってしまった。
ニホンバラタナゴのオスも今までみたことのないほど美しい薔薇色が現れている。しばらく水槽に入れていたカラスガイをサブタンクに移して1月近く経つだろうか(そのままにしておくと孵化して貝から泳ぎ出た稚魚はあっという間に親達に食べられてしまう)、何気なくのぞいたら稚魚が3匹泳いでいた。
e0167571_2350967.jpg
e0167571_23501796.jpg

さてこの稚魚はアブラボテかニホンバラタナゴか、楽しみである。ただ混泳水槽だと雑種が産まれる可能性があるらしいが、それはそれでどんな色、形か興味がある。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-09 23:51 | その他の動物 | Comments(0)
嵐の翌日
今週末の天気は少なくとも日曜日午前中までは悪天候とのことだった。しかし朝起きてみると晴れている。うーん、今からいけるところは、と考えながらパンと牛乳で朝飯を済ませて去年3月に行った林道へ。着いたら既に11時近かった。
気温は20℃ほど。風が強い。雲が速い動きで時々太陽を隠す。昨日かなりの降水があったので林道の至る所で小さな流れができている。
ここでは2年ぶりに見るスギタニルリシジミ。
e0167571_21483056.jpg
少ないながら時々チラチラと飛んでいる。
ルリシジミが飛んできた。ファインダーを覗くと横に蟹がいた(笑)。
e0167571_21492588.jpg
e0167571_21493726.jpg
蟹はいかにも生きているようだったが、蝶が飛び去った後で触ってみると力尽きていた。
飛翔は全滅。結構人が通るので思いっきり飛翔写真に挑戦できない。
テングチョウの求愛は去年に告ぐ目撃。
e0167571_21502658.jpg
メスが閉じていた翅を開いたので期待したが、間もなく高く飛び去った。
最後にウラシマソウとタカオスミレ。
e0167571_21505563.jpg
e0167571_2151254.jpg

特にどうということのない成果ではあったが、春の林道はとても気持ちよかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-07 21:55 | チョウ | Comments(6)
| ページトップ |