Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
陽だまりの中で
週末は法事があって信州に帰った。土日とも晴れて小春日和だった。帰りの初狩PAからは真っ白な富士山が間近に見えた。
e0167571_22351970.jpg
手前にリニアの試験線と中央本線が見える。リニアが東京と飯田を結ぶ頃、まだ元気でいられるだろうか。
諏訪で中央道を降りて、山を越えて伊那谷を目指した。道路の脇に積もったカラマツの葉には霜が降りていた。途中で寄り道した山の湖はとても静かだった。水面は一部氷結していた。
e0167571_22354136.jpg
湖畔の茂みを散策すると次々と小さな虫が飛び立った。成虫で越冬するオツネン(越年)トンボだった。
e0167571_2236379.jpg
気温が上がってきたので活動を始めたようだ。2匹が追飛するのも見られた。このトンボは日本で最も地味なトンボではないだろうか。春になって成熟しても褐色のままだ。その上小さいので飛ぶのを目で追ってもすぐに見失ってしまう。枝にとまることもあるが、主に木の幹にピタッととまって日向ぼっこをしていた。
e0167571_22371435.jpg
複数匹集まっている場所もあった。
e0167571_22375582.jpg
意外と敏感で近づくのが難しかった。
山を下り、高遠の奥の集落で車をとめた。
e0167571_22381336.jpg
ここでも至る所でオツネントンボが飛んでいた。
e0167571_22383518.jpg
今年は当たり年なのかもしれない。私の肘やズボンにとまって日光浴を始めたオスもいた(笑)。
e0167571_22385269.jpg

高い山の雪の量は例年より多そうだった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-11-25 22:45 | トンボ | Comments(2)
ヤゴ写真の加工に初挑戦
フィールドで撮った蝶やトンボの成虫の生態写真を大きく加工しようと思ったことはない。しかしヤゴはごく一部を除いて生態写真の撮影は困難である(羽化の時を除いて)。従って捕獲して撮影することになる。
真横や真上から撮ればそこそこの写真が撮れるし、鑑別にも有効であるが面白みがない。
e0167571_2140389.jpg
e0167571_21405088.jpg
斜めからの写真は動きがあって魅力的だが体の全てをシャープにとることは不可能だ。ヤゴは案外立体的なのだ。
どうせ人工的な状態で撮るのだからちょっと加工に挑戦してみた。
先ずはピントを少しずつずらして斜め前方から数枚撮影。今回は三脚を使った。そして深度合成を行い頭から尾鰓までピントの合った写真を合成。合成したとは思えない写真が出来上がるから驚きだ。多少のずれは修正してくれる。
e0167571_21411273.jpg
e0167571_21412175.jpg
ここからヤゴの部分を切り出す。最後にうすく影を付けてみた。
e0167571_21413954.jpg
e0167571_21414875.jpg

撮影で困るのがヤゴがなかなかじっとしていてくれないこと。動かれて何回も取り直すこととなった。今回はすべてフォトショップで行ったが、切り出しにはまだまだ改良の余地が残った。切り出し用にはもっと白バックで撮らないとダメかな。また暇なときにでも練習してみようと思う。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-11-17 21:46 | その他 | Comments(0)
3年ぶりのルー様
火曜日は職場の創立記念日で休みだった。元々この連休は家内と旅行の計画を立てていたが、ちょっと事情が生じてしまい中止せざるを得なくなった。そのかわり近場で房総に行くことにした。
3年ぶりにルーミスシジミのポイントに寄った。周りの木が随分伸びて以前のように日が射さなくなっている。ルーミスは高い所をチラチラと飛んでいるがなかなか下りてこなかった。今までと外れた場所を歩いていたら足元から飛ばれてしまい、背より高い所に止まった。
e0167571_2381293.jpg
もう1回低い葉にとまりかけたが、そこにいた赤とんぼに追い払われてしまった(泣)。
e0167571_2384062.jpg
こちらは前翅の先端が欠けた個体だった。
ムラサキシジミとウラギンシジミは見かけたが、ムラサキツバメは見られなかった。
e0167571_23142866.jpg

別の場所で車1台やっと通れる狭い道を進んでいったらよさげな泥沢地があった。イノシシと思われる足跡がたくさん!泥を掬うとびっくりするほど高密度でヤゴが採れた。残念ながらシオカラトンボの仲間とショウジョウトンボのヤゴばかりで、期待したヤンマは見つからなかった。
e0167571_23121162.jpg
上左からシオヤトンボ、ショウジョウトンボ、オオシオカラトンボ。下の小さいやつはたぶんオオシオカラトンボと思うが・・・
この日は前日が雨であたりが濡れており、あまり下りてこない日なのかもしれなかった。また、撮影者が他に誰もいなくて、私と家内だけでは見つける効率も悪かったのだろうが、ルーミスシジミは行く度に撮れる写真のクオリティーが落ちていく(笑)。いいポイントを探さないとダメかな。
家内と行ったので観光もしたが、高い所はどうも苦手だ(野島崎灯台にて、家内がガラケーで撮影)。
e0167571_23123545.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-11-06 23:18 | チョウとトンボ | Comments(6)
| ページトップ |