Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
最新の記事
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
春の渓流と林道
at 2017-04-17 19:09
春爛漫
at 2017-04-15 21:30
ヤゴ飼育のアイテム
at 2017-04-08 19:31
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-03-30 23:03
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
エフさん、コメントありが..
by dragonbutter at 23:40
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:38
ご子息のおひとり立ちお目..
by エフ at 20:35
ムカシトンボの羽化シーン..
by yurinBD at 22:54
タグ
(137)
(117)
(107)
(68)
(61)
(54)
(54)
(53)
(48)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2014年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
日本一大きなヤゴ
日本でいちばん大きなトンボといったらオニヤンマであることは小学生でも知っている子が多いと思うが、いちばん大きなヤゴは何だろうか。何で比較するかによると思うが、普通比べられる体長ではミヤマカワトンボがダントツで日本一なのである。とにかく長―いのだ。ブログでは2回目の紹介となるが、昨日は約3年ぶりにこのヤゴを観察できた。冷たい渓流でガサると、すぐに1匹採れた。こんな大きさかなと思っていたら次に採れたやつはとてつもなく大きかった。
e0167571_22583895.jpg
しばらく見てなかったので大きさを忘れていたのだ。後から採れたアサヒナカワトンボのヤゴと比べてみた。
e0167571_2259926.jpg
100円玉と一緒に撮って計算すると66mm。
e0167571_22592641.jpg
以前計ったオニヤンマが45mmだから圧勝である(体積では負けるかもしれないが)。大きさだけでなく姿のユニークさもコオニヤンマのヤゴと双璧をなす感じだ。渓流の主といった存在感がある。
カワトンボの仲間は飼育しても羽化までもっていくのが難しいらしいので、次回この渓流に行くときリリースしたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-01-27 23:03 | トンボ | Comments(4)
真冬の夜の夢
川崎市の公園でフユシャクの仲間が見られるというので行ってみることにした。教えてくれたHさんも来てくれた。
日が沈む頃になると木の手すりに翅のないメスが何匹か登ってきた。
e0167571_19525159.jpg
e0167571_18574011.jpg
尻を挙げてコーリング(フェロモンを放出してオスを誘うこと)のポーズをとる。
e0167571_1858792.jpg
フユシャクのメスは翅が退化しており羽化した後は餌もとらず、交尾と産卵に専念して死んでいくとのこと。
あたりが暗くなり街灯が灯るとあちこちでオスが飛び始める。
e0167571_18584258.jpg
そしてメスは活発に手すりを歩き始める。

いよいよ宴の始まりだ。交尾は延々と続きその間2匹とも動こうとしない。
e0167571_19492869.jpg
e0167571_19494245.jpg
2匹目のオスがちょっかいを出している場面も見つかった。
e0167571_1950281.jpg
メスは翅が退化し、オスは0℃近くまで冷え込む中活発に相手を求めて活動するフユシャク達。進化の迷路の果てに辿りついた生き方といえるだろう。
繰り広げられるショーに見とれていたらあっという間に2時間が経過した。体がすっかり冷え切ってしまったので公園を後にした。Hさん、たくさん見つけていただきありがとうございました。
交尾ペアは皆ウスバフユシャクと思われます。この他に短い翅がついているメスも複数登ってきましたが、交尾に至らなかったため私には種類は判りません。
e0167571_19531790.jpg
e0167571_19504115.jpg
e0167571_19505335.jpg
間違いやコメントがありましたらお知らせいただければうれしいです。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-01-19 20:04 | その他の昆虫 | Comments(2)
真冬の公園にて
とっても寒くて休眠状態です。ヤゴの写真はちょこちょこ撮ってますが。
近くの公園ではソシンロウバイ(素心蝋梅)が咲いていました。なぜかうれしくなって何枚か写真を撮りました。
e0167571_23312827.jpg
カワセミが魚を捕らえました。その瞬間はカメラの設定がヤゴを撮った時の絞り優先のままだった!獲物を飲み込んだ後まだ得意顔です(笑)。
e0167571_23314820.jpg
もう少しすればセツブンソウが咲き始めるかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-01-14 23:33 | | Comments(0)
クイズの解答
お正月いかがお過ごしでしたか。
前回の答えを掲載します。画像をクリックすると大きな写真が見られます。
e0167571_1154213.jpg

上左から横にオオムラサキ、ホソバセセリ、メスグロヒョウモン(オス)、アカシジミ、ゴマシジミ、クモガタヒョウモン、ツマグロキチョウ、カバマダラ、シータテハでした。メスグロヒョウモンは光線が翅と平行に近いため、いい写真ではないですね。オオムラサキの紫色もあまりよく撮れていません。
近づくシーズンインを楽しみに明日から仕事モードに切り替えたいと思います。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-01-05 11:59 | その他 | Comments(4)
新年のご挨拶
皆様、あけましておめでとうございます。
お正月早々ご訪問頂きありがとうございます。
新年のご挨拶に使える気の利いた未掲載写真は残念ながら残っておりませんので、新春特別企画(笑)として去年撮った写真を使ってクイズを用意しました。
下の写真(趣味のいいものではありませんが)の9つの文字は何という蝶の模様を切り抜いたものでしょう。写真をクリックすると少し大きな画像が見られます。
e0167571_001238.jpg
なるべく特徴のある部分を使いましたので、即答可能なものが多いと思います。「今」がわかりづらいかもしれません。倍率は様々ですので念のため。
何の懸賞も用意しておりませんが(汗)、お時間がある時にでもお考えください。
急いで作ったので褐色系の蝶が多くなってしまいました。
数日後に解答を掲載します。
背景のトンボはエゾトンボです。
今年も皆様に小さな生き物との素敵な出会いがありますように。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-01-01 00:02 | その他 | Comments(26)
| ページトップ |