Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
雨にも負けず クロミ撮影
数ある日本の美蝶の中で、渋い美しさではクロミドリシジミ(クロミ)はトップクラスだと思う。以前より撮りたかったクロミが発生し、小雨でも撮影可能であるとNature Diaryの虫林さんからお誘いいただいた。長靴をはいて雨具を着て出発。虫林さんがクヌギの枝を叩くと雨粒とともに次々とクロミが飛び出す。下りてくれるのはその一部で、下草にとまっても敏感で逃げられることも多い。気温が高いからだという。証拠写真を撮れて一安心。
e0167571_185513.jpg
それでも少しでもいい写真をと欲が出て何度か撮り直した。
e0167571_185329.jpg
それができるほど密度が高い。クロミは閉翅でも長い尾状突起、褐色の地色、口紅を塗ったような大きめの橙色斑と十分魅力的だが・・・。さすがにこの天気では開翅は難しいと判断して、別蝶狙いで場所を変える。雨は止まない。そこでもクロミが飛び出した。超新鮮なオス。
e0167571_186828.jpg
e0167571_1861927.jpg
e0167571_1863189.jpg
試しに傘で雨をよけLEDライトで照らしてじっと待つこと数分。ゆっくりと御開帳!しかしちょうどこの時、虫林さんは狭い道で対向車が来たため車を移動中であった。傘とLEDとカメラをいっぺんに持つことができないので、傘を置いて両手で残り二つを持って撮影しようとしたらチョウに雨が当たり、嫌がって閉じてしまった(泣)。虫林さんが戻ってしばらく待つけどいっこうに再開翅しようとしない。おまけに飛ばれてしまいこれまでと諦めかけたが、運よくもう一度土手の下草にとまった。もう一度LEDで照らして撮れたのが下の写真。
e0167571_1875549.jpg
e0167571_188755.jpg
銅色に輝く翅表は他のチョウにはない独特の魅力がある。天候を考えると本当に運が良かった。(上から2番目の写真だけメスだと思う)
雨の中休んでいるチョウ達をいくつか載せておく(上からウラギンヒョウモン、ウラゴマダラシジミ、アサマシジミ)。
e0167571_1883579.jpg
e0167571_1885046.jpg
e0167571_189319.jpg

虫林さん、雨に中長いことお世話になりました。車の運転から枝叩きまで全てやっていただき恐縮でした。おかげさまで満足いく写真が撮れました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-22 18:16 | チョウ | Comments(8)
マルタンの朝
今朝はこのトンボに会えた。
e0167571_11453530.jpg

マルタンヤンマのメス。羽化直後の個体だ。マルタンヤンマの羽化は普通夜間行われ、夜明け前に飛び去るということなので羽化シーンの撮影はそう簡単ではない。ではどうして撮れたのかというと、このメスは羽化不全だったから。
e0167571_1146426.jpg
e0167571_11461514.jpg
あたりには羽化殻がたくさん見つかった。もっとずっと早く着けば撮れるのだろうが、暗い池の中ヘッドライトでマルタンを探すのはちょっと怖い。盛夏に産卵シーンは狙ってみたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-21 11:54 | トンボ | Comments(2)
会津逍遥 -2-
蝶の研究者としても有名なKさんが営むドライブインで昼飯をとった(タンメンは美味かった!)。キマルリには早過ぎることは承知のうえだった。2年前に訪れた時、チョウセンアカシジミ(チョウアカ)は飛んでいたが、キマルリに夢中だったことと移入種ということが先入観となって撮影意欲が湧かず撮らずじまいだった。しかし自生地は遠くて行くのがいつになるかわからないので、折角の機会なので行ってみることにした。Kさんはお元気でこの日もいろいろ教えていただいた。今年は発生が早く、ちょうど最盛期ということ。先ずはトネリコに産まれた卵塊を教えていただく。最大で14個の卵塊だった。
e0167571_22561294.jpg
まだ日が高くて下草で休んでいる個体が多い。昼間は極めて不活発のようだ。
e0167571_22562713.jpg
e0167571_22564057.jpg

チョウアカは3時過ぎから飛び始めるのでその間キマルリの撮影ポイントを覗いてみた。知ってはいたが愕然とした。あの桐の林がなくなっていたのだ。その事情はKさんのブログに詳しく書かれている。私有地なので伐採も自由ではあるのだが、とても悲しい風景だった。もうすぐ発生するだろうが、今年行かれる方は去年までのような快適な撮影はできないかもしれない。
3時を過ぎる頃、チョウアカは昼見た蝶と同じ種類とは思えないような活発な乱舞を始める。トネリコの葉にとまったメスがゆっくりと葉柄から枝に歩き始めた。産卵が始まるようだ。しかし位置が悪くてどうしてもうまく横から撮れない。後方からの写真を見ると生みたての卵は緑色で、すぐにグレイから白く変色していくことが判る。産んだ順番が指摘できるほどだ。
e0167571_22571964.jpg
高い枝で交尾を見つけた。ステッキを使って枝を手繰り寄せてもまだ位置が悪い。2度飛んだあとやっと理想的な場所にとまってくれた。
e0167571_2257394.jpg
e0167571_22575266.jpg

開翅も撮りたかったが、蒸し暑いときでないと開かないらしい。飛翔もほとんど撮る機会がなかった。1日で何もかもというのは虫が良すぎるのだろう。帰りの電車の時間もあるので4時過ぎにご挨拶して切り上げた。
キマルリのポイントはこのあたりには他に何か所もあるのだろうが、ここのダメージがどれ程かとても気になりながらの帰路となった。[今日1頭発生したようですね]
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-17 23:00 | チョウ | Comments(4)
会津逍遥 -1-
先週は福島に出張があった。用件は土曜日に終わったので日曜日はレンタカーで県内をまわってみた。といってもあまりポイントを知っているわけではないので行ったことのある場所が中心となる。
カラカネトンボは福島以外にも群馬や長野で何回も見ているが、どうも相性が悪くてまともな写真がない。この日もひたすら縄張り飛翔で飛び回り、おまけに密度が高くてすぐバトルが始まる。ホバリングしているところを捉えるしかないが、時間が短くて難しい。それでも今までよりはましなのが何枚か撮れた。
e0167571_23201262.jpg
「ピントの来た写真は後ろ向き」という法則が今回も多くのカットに当てはまった。こんな感じにね(笑)。
e0167571_23205798.jpg

ジュンサイの上ではエゾイトトンボのカップルが沢山見られたが、もう少し低い位置から撮りたかった。
e0167571_23212667.jpg

第二のポイントへ向かう途中ラジオをつけるとサッカーで日本が1対0で勝っていた。「これはひょっとして」と期待した途端あっという間に逆転され、試合終了少し前に目的地に着いた。勝っていたら車の中で最後まで聞こうと思ったけど、まだ先があるのですぐ散策を始めた。未熟なサラサヤンマがあちこちで摂食飛翔をしていた。ヒョウモンの最盛期なうえに、ここでは咲いている花が少ないので撮影には有利だった。
e0167571_23224060.jpg
クモガタヒョウモンの夏眠前の新鮮なメスは初めてかもしれない。オスとのツーショットが撮れたがオスがピンボケで残念。
e0167571_23241833.jpg
湿地には入ることができず目的のトンボは諦め。
ここで12時を回ってしまった。次に行く場所はとても迷った。約100km先の新潟の某所まで行くことも考えていたが、高速代も高いし、初めての場所で空振りしたくなくなって県内でもう一か所まわることにした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-16 23:25 | チョウとトンボ | Comments(6)
細ながーい顎のヤゴ
久しぶりの週末の雨降り(泣)。見たかった蝶があったのだけど、首都圏は8週連続好天の週末だったということだから、たまには週末は休みなさいという天の声かも。
久しぶりのヤゴネタです。トンボはヤゴで越冬するものが多いので、冬にヤゴと遊び始めるとシーズンオフはなくなる。次に多いのが卵での越冬。アカトンボの仲間の大部分とヤンマの一部(カトリヤンマなど)、そしてアオイトトンボの仲間の大部分である。卵越冬だと春孵化した後、急速に成長して初夏にはトンボとなる。若齢の小さなヤゴは見つけるのが難しいので、ヤゴ観察は短い限られた期間となる。この季節はチョウやトンボのハイシーズンなのでなおさらヤゴを撮る機会も少なくなるのだ。プール掃除の際、ヤゴ救出作戦と称して理科教育にヤゴ観察を取り入れている学校もあるようで、その場合はアカトンボのヤゴのことが多い。
今年は4月に里山の休耕田でアオイトトンボのヤゴを見ることができた。アオイトトンボ科のヤゴは尾鰓ですぐわかる。なんと表現していいかわからないが独特の形と模様。
e0167571_18591868.jpg
e0167571_1859498.jpg
大きさはイトトンボのヤゴより明らかに大きい。4月には亜終齢と終齢を見ることができた。終齢になるとオスメスも簡単に区別できるし、成虫同様生殖器の原器の形がオオアオイトトンボとの鑑別に重要となる(左オス、右メス)。
e0167571_1901396.jpg

何といってもアオイトトンボのヤゴの際立った特徴は長―い顎(下唇)である。
e0167571_1904642.jpg
普段は二つに折りたたまれているので獲物を撮るのにこれを伸ばすととてつもなく長くなるのだ。下の写真は腹側から撮った写真であるが、途中で著しく細くなっているのがアオイトトンボの特徴だ。
e0167571_191682.jpg
どうしてこんな形に進化したのだろう。オオアオイトトンボより早めに成長することやヤゴの住む環境(オオアオイトは水面に張り出した木の枝に産卵するのでそういった環境が必要)の違いも鑑別の参考になると思う。
ところで今日は何年ぶりかで映画を見に行った。「夫婦50割引」を使ってね。見たのは家内の希望で「青天の霹靂」。どんな映画か全く予備知識なしで見たのは初めて。雨の週末を過ごすにはおすすめの映画ですよ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-07 19:06 | トンボ | Comments(2)
食うか食われるか
草むらにとまったホンサナエがいたので近づくと食事中だった。ヒメバチの仲間をバリバリ食っていた。
e0167571_083363.jpg
トンボが蜂を食べるところは初撮影かもしれない。
一方で初夏のハスの葉はイトトンボ天国。しかし危険な敵もいる。オオイトトンボの翅と胸部だけになった無残な死骸を葉の上に見つけた。スジブトハシリグモが横にいたのできっとこいつの犠牲になったのだろうと思って1枚撮影しておいた。
e0167571_0101143.jpg
帰ってから見ると口に胴体を咥えているではないか。現行犯だ。しかも体の下にはどうみても別個体の腹部が下敷きになっている。最低2匹はこの葉の上で犠牲になっていることがわかる。隣の葉にはメダカの死骸が乗っていた。狭いハスの葉の上でも数々のドラマが繰り広げられているのだ。
因みにこのクモは以前モートンイトトンボの交尾体を見つけた時、あっという間にメスだけ咥えて逃げ去った憎きクモである。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-03 00:13 | トンボ | Comments(10)
6月初日は暑かった
週末は早くも真夏の暑さ。長期予報で今年の夏は冷夏だといっているが本当だろうか。
日曜に行った北関東も各地で猛暑日に!体が慣れていないので意識的に水分を多めにとりながらトンボの観察。朝まだ気温が上がらないうちがトンボの観察に適していた。
アオハダトンボの美しさはどうしても写真にするとちょっと違ってしまう。
e0167571_232442.jpg
e0167571_233182.jpg
e0167571_2332920.jpg
産卵中も旦那さんが警護飛翔していた。
e0167571_2335112.jpg

ホンサナエがいっぱいいた。
e0167571_2354384.jpg
レンズにまでとまるほど。
e0167571_236271.jpg
しかし気温が上がるとどこかに飛び去り、残ったオスは小枝で休んでいた。砂にとまったらやけどするもんね(笑)。
クロアゲハも吸水に来た。
e0167571_2365094.jpg

コヤマトンボは暑い中でも縄張りを巡回していた。
e0167571_236301.jpg
飛翔写真は去年よりは少しだけ進歩した。
次のポイントは去年と比べ水が濁っていてトンボが住みにくそうになっていた。アメリカザリガニが侵入したのだろうか。池にトラップがあった。でもオゼイトトンボはまあまあ発生していた。
e0167571_2371584.jpg
不思議なことに隣の下流の池はオゼイトはいなくてオオイトトンボがほとんどだった。
e0167571_237332.jpg
オゼイトのヤゴを撮りたかったが掬えたのはモノサシトンボとクロイトばかり。もう全部羽化し終わったのだろう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-01 23:09 | トンボ | Comments(0)
| ページトップ |