Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
黄金色のヤゴ
今年も残りわずか。ここにきて風邪をひいてしまいダウンしていたが、昨夜からようやく食欲が出てきた。というわけで野外には出かけていないので・・・。

ヤゴは何回脱皮してトンボになるのだろうか。調べてみると種によって異なり、10回弱から十数回のようである。しかし同じ種でも環境によって脱皮回数は異なるらしい。
最後の脱皮(すなわち羽化)以外の脱皮中の写真は探してもほとんど見つからない。飼育しないと観察が実質不可能であることと、脱皮にかかる時間が短いせいだろう。
私も正に脱皮中の写真はないが、現在飼育中のヤンマ(オオルリボシヤンマ?)の脱皮直後の写真を紹介する。数日間絶食状態になった後で脱皮した。たまたま休日だったので、脱皮直後と思われる写真が撮れた。
e0167571_22243492.jpg
e0167571_22245550.jpg
e0167571_2225845.jpg
脱皮後まもなくはどのヤゴも白っぽくて透明感のある色調であるが、この個体は黄金色の美しい姿だった(上の写真は脱皮前、その下は脱皮殻と一緒に撮ったもの)。体長は脱皮前の36mmから40mmに大きくなっていた。これでもまだ終齢ではないようだ。
ヤゴにはまだまだ知らない魅力があるようだ。

それでは皆様、よいお年を。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-12-29 22:28 | トンボ | Comments(4)
TG-3とイトトンボのヤゴ
イトトンボのヤゴは小さいのでTG-3が重宝する。なんといっても軽くていい。しかし専用のLEDライトだとこんな具合に水面に反射してしまう。
e0167571_18105663.jpg
別のLEDライトを斜めからあてて撮った。
e0167571_1811924.jpg

アジアイトトンボだと思うが、アオモンイトトンボの可能性もある。水中のヤゴを横からホワイトバックできれいに撮る方法を知らないが、それにこだわらなければプラケースで簡単に撮れる。
e0167571_18113291.jpg
もちろんもっと拡大して表情?を撮ることも。
e0167571_18114947.jpg

すべて深度合成モードで手持ち撮影。それでもここまで拡大して撮ると全ての足にはピントが合わない。
いずれTG3でトンボの潜水産卵の撮影に挑戦したい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-12-14 18:22 | トンボ | Comments(2)
意外な場所に
土曜日は一日仕事。今日は天気が良かったが家の仕事に充てた。風呂掃除で腰が痛い(泣)。
先週末はもう一か所廻った。
秋にルリボシヤンマの産卵が見られた水域は暗くて小さな池で、ずっと以前は水田だったと思われる場所。ルリボシヤンマのヤゴを期待して掬ってみると間もなくヤンマのヤゴ(亜終齢かな)が採れた。
e0167571_13312391.jpg
e0167571_13315187.jpg
e0167571_1332269.jpg
当然ルリボシと思ったがよく見るとおかしい。後頭縁にある黄色条、中肢基部後縁に届く長めの下唇。どうもオオルリボシヤンマに見える。ルリボシとオオルリボシは結構すみ分けているはずだが、こんな小さな池にオオルリボシもやってくるのだろうか。

そろそろ年賀状が気になる頃になった。数年前に年賀状は今後一切出さないと宣言した友人がいる。だいぶ年末が気楽になると思うのだが、なかなかそこまで踏み切れない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-12-07 13:34 | トンボ | Comments(0)
小さな池にも
早くも師走。今年もあっという間に終わろうとしている。
蝶やトンボの季節も終わって、しばらくはヤゴでも探して歩きまわろうかと思う。
ここは神奈川県西部の標高約100mの地点。カエデの紅葉が美しい。
e0167571_233387.jpg
キチョウが複数飛んでいたが、紅葉との組み合わせは撮れなかった。
e0167571_2332016.jpg
この小さな池はすっかり落ち葉に覆われて水面が見えない。周りは完全にコンクリートで固められている。何のための池かよくわからないが、ヤブヤンマは野壺のような小さな水域にも発生するというので掬ってみると、すぐに亜終齢のヤゴが見つかった。
e0167571_2324329.jpg
e0167571_2334680.jpg
e0167571_2335820.jpg
環境からはヤブヤンマだがマルタンヤンマにも似ていて同定は保留。何であれ、ヤンマは成虫だけでなくヤゴもカッコいいでしょ。最後の写真はプラ容器にいれて下から撮影した(首が痛くなる)。
いずれにしても大きなトンボのヤゴは大きな池にいるとは限らないのだ。
そういえば日本一大きなトンボであるオニヤンマのヤゴも、ちょろちょろ流れる小川にいたりする。

ところで最近外付けHDDの調子が悪い。PCで認識されたりされなかったり。仕方ないので完全に逝ってしまう前に、もう一つHDDを買ってバックアップをとった。データの保存方法はいろいろあるが、どれも完璧ではないので悩ましい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-12-02 23:09 | トンボ | Comments(2)
| ページトップ |