Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
2月のモンキようやく撮影
各地でモンキチョウの話題が相次いで、蝶の季節が始まったようだ。
実は私はまだ2月のモンキチョウを撮ったことがなかったので、2月7日に出かけて見られなかった川越のポイントを再訪した。今日見られればぎりぎりセーフである。到着が11時前。気温は9℃くらいだったろうか。期待通りモンキチョウは複数飛び始めていた。
e0167571_18313170.jpg

今年初めて見る新生蝶はとても初々しかった。
e0167571_18322692.jpg
e0167571_18325874.jpg
元気が良くて接近するのに苦労した。
しばらくするとメスも発見。こちらはゆっくり飛んですぐにとまった。ホトケノザの吸蜜が撮れた。
e0167571_18332041.jpg
オスに求愛されたが交尾は成立しなかった。
e0167571_1833354.jpg

広角も撮ったけど勝手にクリスタルモードになっていて失敗、何てこった(泣)。
それでも蝶好きにしかわからないであろう何とも心躍る初蝶の撮影だった。
第二ポイントでは成果がなかったのでもう少しここで楽しめばよかった。来年はもう少し早めに撮って記録を更新したい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-02-28 18:34 | チョウ | Comments(8)
キリシマ卵を探しに
土曜日はFさんからキリシマミドリシジミの卵観察に誘っていただき、静岡方面に。朝のうちは富士山がきれいに眺められた。
e0167571_1146072.jpg
ゲートの手前で車を止め、林道を登っていく。まだ雪が少しだけ残っていてサルと思われる足跡がある。
歩き始めるとさっそく卵発見!
e0167571_11462225.jpg
しかしよく見るとキリシマにしては違和感がある。写真がよろしくないが網目状の隆起があり、どうやらムラサキシジミのようだ。去年孵化しなかった卵だろうか。
最初のキリシマ卵は歩き始めて1時間足らずで冬芽の両側に1個ずつ見つかった。なかなか後が続かなかったが、それでも結局、去年産んだもの4卵を見つけた。孵化した後の卵殻も2個。標高500-600mくらいの場所だった。
e0167571_11465942.jpg
e0167571_1147111.jpg
e0167571_11472792.jpg
e0167571_11473970.jpg
上の二つはそれぞれTG3と前玉外しで撮ったもの(いずれもトリミングあり)
卵が見つかったアカガシ。
e0167571_11475797.jpg

上の株があった乾いた沢。
e0167571_11489100.jpg

アカガシの冬芽に産まれたキリシマの卵は撮りたいカットだったのでうれしかった。Fさんありがとうございました。
まだ2月というのに早くもヤマルリソウが半分落ち葉に覆われて咲いていた。
e0167571_11482339.jpg

今度は成虫も撮りたいけど、ここでいい写真を撮るのは難しいかも。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-02-22 11:52 | チョウ | Comments(2)
個性的な面々
建国記念日は暖かくなるという予報だった。
モンキチョウが発生しそうな日であったが、今週末は所用でどこにも出かけられないのでちょっと遠くまでヤゴ探しに出かけた。目新しいヤゴには出会えなかったが、以前掲載済みの個性的なヤゴ達に再会できた。
先ずオニヤンマ。とにかくでっかくて迫力満点。
e0167571_9292133.jpg
小さいヤゴはオニヤンマの若齢。オニヤンマはトンボになるのに3-4年かかるので、同じ場所でいろんな大きさのヤゴが見つかる。摘まむのも怖いくらいだが、実際は摘まんでもヤンマヤゴの様に尻の棘で攻撃したり死んだふりをしたりすることもなく、全く動じない。
e0167571_930621.jpg
100円玉との比較から計算すると体長46mm。しかし尾部を持ち上げているので、腹部をまっすぐにすれば50mmはいきそうである。
e0167571_9304388.jpg
こんな大きなヤゴが餌を捕まえるところはさぞ迫力があるだろう。
次はコヤマトンボ。
e0167571_931947.jpg
肢の長さが半端ない。特に若齢で著しいようだ。
e0167571_9312430.jpg
背棘が立派で、ステゴサウルスみたい。
e0167571_9313819.jpg

最後は死んだふり名人のコシボソヤンマ。
e0167571_9315211.jpg
こんな清流にいるとは思わなかった。プロレス技の逆エビ固めをかけられているようで見ているだけで苦しくなる(笑)。普通の態勢になったらちゃんと撮ろうと思ってみていたが、いっこうに戻らないのであきらめてリリースした。
この他にコオニヤンマとニホンカワトンボのヤゴが見られた。
e0167571_932773.jpg

陽だまりでほっこりしながら撮影できた。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-02-14 09:34 | トンボ | Comments(4)
春を探しに
今日は2週間ぶりの休日。天気がよさそうなのでひょっとしてモンキチョウが飛び始めているのではと期待して、家内と埼玉南部の河川敷に出かけた。去年の春に目を付けたおいた場所だ。
着いておにぎりをほおばりながらモンキチョウを探していたら「小畔川便り」のダンダラさんご夫妻がやって来られた。やはりここは早くからモンキチョウが出現するポイントだそうだ。
キタテハを教えていただき撮影する。
e0167571_21125230.jpg
e0167571_21131298.jpg
痛みが少ないきれいな個体だった。
e0167571_21132648.jpg
なかなかモンキチョウが出てこないので、近くの公園に案内していただきムラサキシジミとウラギンシジミの越冬成虫を教えていただいた。
e0167571_21134477.jpg
e0167571_21141479.jpg
ウラギンシジミは触角を翅の間にしまっていた。
e0167571_211592.jpg

帰りにもう一度モンキチョウを探したけど見つからず。フライングだったようだ。ヤゴも掬おうとしたが坊主だった。
第一目標は達成できなかったが、ダンダラさんとお会いでき、貴重な越冬蝶を撮ることができてうれしかった。大変お世話になりました。
家内を誘っておいてこのまま帰るわけにはいかないので、「小江戸」と呼ばれる川越の街を散策した。
e0167571_21172043.jpg
Lightning Cafeというアンティークで洒落た喫茶店で河越抹茶ラテを頂き、地ビールCOEDOとゆず蜜を買って帰った。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-02-07 21:28 | チョウ | Comments(6)
| ページトップ |