Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
ブナ林の宝石
夏風邪をひいてしまい、喉がだいぶ痛かったけれど、土曜日は天気がよさそうなので出かけることとした。目的は都内の有名ポイントでのフジミドリシジミ。フジはまだメスの閉翅しか撮ったことがない。
麓で早くもNさんに出会う。「昨日雨が降ったので今日は条件がよさそうだよ」などとお話ししながらポイントに着くと、もうすでに10名近くの撮影者が並んでいた。
午前中の調子は芳しくなかった。あまり近くにとまらず、決して翅を開かなかった。しかもやってくるのはオスもメスを翅が欠けたり擦れたりしていた。高温が続き異常に発生が早いようだ。先週末にすでに発生していたという。
今日はこんなもんかなと半分見切りをつけ、気分転換にしばらくあたりをぶらついて戻ってきてしばらくすると、近くにとまっているのを見つけた方がいた。最初がオス、次がメス。
e0167571_102626.jpg
e0167571_1022257.jpg
そこには一時♂1、♀2が集まった。上が♀2匹、下がオス1メス1。
e0167571_1002921.jpg
e0167571_1004359.jpg

メスはその気があるらしくオスの近くで歩き回るものの、オスは皆が声援を送ってもメスに求愛してくれない。
結局別ペアかもしれないが、午後2時過ぎに結ばれたが、葉の下に隠れてしまい誰もうまく写せなかった(と思う)。
e0167571_1012479.jpg
ここはブナの枝を見下ろせる絶好のスポットであるが、葉の下に回られると手も足も出ないのだ。
オスの開翅ショーが始まったのは午後1時過ぎからであった。今日は300mmに1.4Xのテレコンを付けて撮ったので画質は上質ではないが、それでもフジ独特のサファイア・ブルーが何枚か撮れた。しかも食樹であるブナの葉上での開翅なので満足。
e0167571_1033710.jpg
e0167571_1035230.jpg
e0167571_104859.jpg
初めての訪問でこれだけ撮れればラッキーといっていいだろう。
最後はメスの開翅。
e0167571_1042655.jpg
e0167571_1044086.jpg

多くの方にお会いしていろいろお話しできて楽しかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-05-31 10:06 | チョウ | Comments(16)
白磁のような
ゼフィルスの季節になった。
今日は最も早く出現し、擦れやすいウラゴマダラシジミを見に出かけた。考えてみたら去年はこの蝶をここでは撮ってない。2年前には5月26日に撮っているが、今年は高温が続き、晴天の日が多いので、もう数日早めに観察したかったところ。ウィークエンド・ナチュラリストとしては仕方ない。
数はほぼ例年並みといったところ。道から少し逸れたところで新鮮なメスが飛び出した。
e0167571_2051934.jpg
今日羽化した個体かもしれない。翅裏は白磁に例えられるほど白くて美しい(サツマシジミといい勝負かな)。開翅を期待したけど飛ばれてしまった。
やはりオスは擦れが目立つ。飛び疲れたのか、休んでいるオスが何頭かいるが、いっこうに翅を開いてくれない。LEDライトを当てたら嫌がって少し動いた後開いてくれた。
e0167571_2055189.jpg
e0167571_206352.jpg
ここまで翅を開いたショットは初めて。1枚目が自然光、2枚目が内蔵ストロボ使用。撮影時にLEDライトは使っていない。
オスの開翅は初撮影だったことが後でわかった。
その他には新生テングチョウが発生していた。黄色い縁毛がきれいだ。
e0167571_2062550.jpg
e0167571_206356.jpg

ヒメジャノメが長いこと巴飛翔していた。ピントの来ているのがいくつかあった(トリミングしてます)。
e0167571_2065391.jpg
e0167571_207255.jpg

ところで妻のコンデジがあまりに古くてかわいそうなので、私がTG-3を買った後使わなくなったカシオ EXILIMをあげた(これだって古い!)。しかしほどなくしてカードスロットが壊れてカードが入らなくなってしまった。直すのもばかばかしいので何を買おうかと相談のうえ(といってもかなり誘導して)、リコーGRD IVにした。ひとつ古い型であるが、最新モデルのリコーGRはまだ高いうえにマクロ撮影に関しては退化している!結局中古を2万5千ほどで購入したが、私は一度も使っていなかった。今朝TG-3のバッテリーがないことに気付いたのでこのGRD IVを借りて出かけた。
e0167571_2075695.jpg
e0167571_2081067.jpg
ピントを合わせるのにコツがいりそうだけど、さすがに画質はTG-3よりよさそうである。壊したり置き忘れたりしたら怖いことになるのでそう度々は使えないけど(笑)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-05-23 20:16 | チョウ | Comments(4)
初夏の渓流にて
今日はムカシトンボの産卵シーンを目的に北関東に向かった。
途中埼玉県でアオヤンマの羽化が撮れないかと思い、春先にヤゴの採れた湿地に寄った。
3月には湿地全体が見渡され、長靴でどこにでも入って行けたが、わずか2月余りで葦の密林となっていた。葦の生命力はすごい。跳ね返る泥でズボンを汚しながらアオヤンマを探したが羽化殻をひとつ見つけただけ。
e0167571_21561827.jpg
個体数が少ないのか、まだ早いのか・・・
ムカシトンボの渓流に着いたのは9時過ぎころ。林道をゆっくりと登っていく。枝沢に入るとウワバミソウが多い。ここの産卵基質はウワバミソウらしいのでここで待つことにする。ニホンカワトンボがたくさん飛んでいる。翅の一部が白濁したオスが美しい。
e0167571_21565614.jpg
縁紋も白いので未熟なオスのようだ。飛ぶとこの白斑が実に美しいのだがこんな写真しか撮れなかった。
e0167571_21571838.jpg

ムカシトンボは何度か入ってきたが、オスかメスかはっきりしない。11時少し前、上流を飛んでいた影が消えた。とまったことを確信して近づいたがどこにもいない。おかしいなと思って少し回り込んだら苔に産卵していた。
e0167571_21574720.jpg
すぐに飛んで今度はウワバミソウにとまった。
e0167571_21582180.jpg
e0167571_226377.jpg

この後疲れたのか産卵をやめて休息モードになってしまった。ダメもとで指を差し出すと移動してくれた。
e0167571_2222196.jpg
なんかいまいち元気がなかった。老熟個体ではなさそうだったが。
隣の沢ではムカシトンボは飛来しなかったが、ヒメクロサナエとクロサナエが見られた。
e0167571_21584399.jpg
e0167571_21585699.jpg

クモガタヒョウモンのオスもいた。
e0167571_2159131.jpg

第三のポイントではコサナエが目的だったが、撮りにくい雰囲気になっていた。
e0167571_2159338.jpg
静止写真をちょっとだけ撮って退散した。
ちょっと消化不良の感が拭えないけど、一応ムカシトンボの産卵が撮れたので喜ぶべきだろう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-05-17 22:07 | チョウとトンボ | Comments(4)
山頂は蝶達の集会所②
午後になるとやって来るアゲハの数もぐっと減った。気温が上がったからか、飛んで来てもなかなか吸蜜してくれない。
そんな中で午前は見なかったクロアゲハが一度だけ来てくれた。
e0167571_8433889.jpg
e0167571_8435457.jpg

この他にはオナガアゲハ、モンキアゲハ、アオスジアゲハが来たけど撮れなかった。
午後2時半をまわるとお待ちかねのスミナガシの登場だ。少し曇と風が出てきたので少し心配したが、ツツジの周辺でテリ張りを始めた。スミナガシのテリ張りはうれしい初撮影となった。
e0167571_8443696.jpg
e0167571_8444823.jpg
e0167571_84574.jpg

広角は縦に撮るべきだったかな。
Sさんが腕を伸ばすと指先にとまった。
e0167571_8451994.jpg

cactussさんもSさんも2日連続でいらしているとのことであったが、その価値のある素晴らしいポイントだった。
お二人ともお世話になりました。とても楽しかったです。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-05-09 08:47 | チョウ | Comments(8)
山頂は蝶たちの集会所①
連休中は3日間仕事があったりしたため近場をまわっていたが、あまり成果はなかった。
最終日の6日はちょっと遠出をして北関東へ出かけた。
標高500m足らずの山頂に着いたのが午前9時頃だった。
ツツジにアゲハの仲間がたくさん飛来した。
まずキアゲハ。
e0167571_21331158.jpg

アゲハのとまったこの花は何だろう。山吹ではなさそう。
e0167571_2133303.jpg

カラスアゲハ。
e0167571_2134566.jpg
きれいなメスが来たとき広角レンズだったので悔しかった。
e0167571_21345429.jpg

ミヤマカラスアゲハもたくさんやって来た。
e0167571_21371718.jpg
e0167571_2241465.jpg

足場の悪い斜面に咲いたヤマツツジの蜜はミヤマカラスアゲハの好物のようだった。
綺麗なメス(初撮影!)がいたので喜んでとっていたらオスが絡んできた。
e0167571_21374256.jpg
e0167571_2138047.jpg
e0167571_21382486.jpg
e0167571_21384467.jpg

途中からcactussさんとSさんが登って来られ、午後の部に入った。
それにしても黒系アゲハの撮影は難しい。なかなかいい色を出せない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-05-06 21:39 | チョウ | Comments(8)
| ページトップ |