Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-03-30 23:03
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
大寒でも
at 2017-01-30 23:24
落胆と安堵
at 2017-01-29 19:39
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:19
春の妖精「コツバメ」やっ..
by himeoo27 at 17:43
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:46
ダンダラさん、昨日はお会..
by dragonbutter at 21:43
タグ
(135)
(116)
(107)
(68)
(61)
(54)
(53)
(53)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2015年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
奥多摩の山ゼフ
去年のこと、奥多摩のある山から下りる途中「下の橋でこんな写真を撮りました。」といってきれいなアイノミドリシジミの写真を見せてくれた方がいた。さっそくその場所に行ってみたが、残念ながらテリ張りの時間が終了してみることができなかった。
そこで昨日再度チャレンジした。当初は一日一人で行動する予定であったが、偶然にも多くの方とご一緒できて有意義な一日となった。
その場所に着くと、そこには既にmaximiechanさんがスタンバイ中だった。すぐにcactussさんも見えられた。アイノミドリシジミは確かに発生していたが、いい位置にとまってくれなくてせいぜいこんな写真が撮れただけだった。
e0167571_21563398.jpg

そうこうするうち少し上に行っておられたmaximiechanさんがもっと近くにアイノがとまるポイントがあるということで移動した。ここはやはり偶然お会いしたSさんが見つけておられたものだった。残念ながら私が着いた時にはアイノのテリ張り時間がほとんど終了していた。しかしここで想定外にフジミドリシジミが降臨した。口吻を伸ばしているカットもあったので、吸水にやって来たのだろうが、なんとここで開翅のサービス。
e0167571_2157999.jpg
e0167571_21572337.jpg

まさかこんな近くでゼフを撮れるとは思いもよらず、300mm+1.4Xテレコンの装備だったが、テレコンは画質が落ちるだけで余分だった。
Sさんは何度もここに通われているそうで、メスアカミドリシジミのポイントなどたくさんの情報を教えて頂いた。
駐車場まで下る途中アイノが飛んで来て散策路に敷かれたウッドチップで吸汁。
e0167571_21574966.jpg
この後低い葉にとまって半開翅。
e0167571_2158263.jpg

この後お二人をお誘いしてポイントを移動した。
お会いした皆様、お世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-06-29 22:00 | チョウ | Comments(10)
イトトンボの楽園
ちょっと遠いけどお気に入りの池。
e0167571_9245858.jpg
最後の人家から数百メートル先にある。誰もいない中で、ウグイス、サンコウチョウ、ハチクマの声を聴きながらのんびりと撮影できる。今回初めてモートンイトトンボを見つけた。それもたくさん!写真はやや未熟なオス。
e0167571_9252482.jpg
今までもごく少数いたのか、それとも新たに飛来したのか。あまりモートンに適した環境ではなさそうであるが。
オゼイトトンボも相変わらず健在。
e0167571_927124.jpg
交尾まではすぐ撮れるが、産卵シーンの撮影は高難度。産卵中は無防備だから茂みに入り込んでしまって撮りづらいったらない。
e0167571_9291221.jpg
e0167571_929327.jpg
何とか初撮影できたがいつか撮り直したいところ。
この池には他にも数多くのイトトンボが飛び回っている。久しぶりにゆっくりと遊んでもらった。
まずクロイトトンボ。
e0167571_9303067.jpg
e0167571_9305135.jpg

次がオオイトトンボ。
e0167571_9311439.jpg
e0167571_9312623.jpg
e0167571_9314036.jpg

最後にモノサシトンボ。
e0167571_93252.jpg
e0167571_9321967.jpg

この他にホソミオツネントンボ、クロスジギンヤンマ、コオニヤンマ、ミヤマカワトンボを見た。
近くの川で撮った写真を添えて終了。
e0167571_932388.jpg
e0167571_9324914.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-06-21 09:34 | トンボ | Comments(0)
最小のトンボは顕微鏡モードで
僕の父親は小学校の教諭であった。僕が小学校1年のとき、上級生が「先生、こんなトンボを捕まえたけど、何て言うトンボ?」といって、びっくりするほど小さなトンボを持って父親のところにやって来た。当時僕たちは飯田市の三穂という山あいにある教員住宅に住んでいた。父は蝶と違ってトンボは詳しくなかったようだ。図鑑を見ながらショウジョウトンボだと教えていたのをよく覚えている。しかし今思えば明らかにそれはハッチョウトンボだった。
この思い出からわかることは、当時は小学生でも見つけることができるほどハッチョウトンボは身近なトンボであったということだ。
先週末の最後は南信でそのハッチョウトンボを観察した。
e0167571_23415311.jpg
見るのが6年ぶりとなるこのトンボを夢中になって撮影していたら、近くの農家の奥さんがやって来た。ハッチョウトンボを教えてあげると今年初めて見るといって喜んでいた。この方がここに嫁に来た頃、ここは林だった。何年も前のこと、林を切り開き、土砂も採掘して牧場にした。しかし水が湧き出して湿地になってしまい、牧場は短期間で閉鎖になった。そのままにしておいたらどこからともなくハッチョウトンボが住み着くようになったのだという。
メスは赤くはならばいが、虎模様がきれいだ。
e0167571_23411578.jpg

マクロレンズで等倍に撮ってもこれが限界。そこでTG3の顕微鏡モードを試してみた。暗い所だとノイズがとても気になるが、明るいとなかなかきれいに撮れる。
e0167571_23422785.jpg
e0167571_23423952.jpg

未熟オスと成熟オス。
その中間の成熟度のオス。
e0167571_23425754.jpg
赤とんぼと違ってまだら模様に赤くなっていく。
ざるで湿地を掬うとちっちゃなヤゴが沢山採れた。ハッチョウトンボのヤゴだ!と喜んだが、メガネをはずしてよくよく見ると赤とんぼヤゴの若齢だった(泣)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-06-11 23:45 | トンボ | Comments(4)
美蝶誕生
週末は信州をぶらついていた。
ダメもとのポイントや、ロケハンだったりして大した収穫はなかったが、スジボソヤマキチョウの羽化直が撮れた。自然状態での羽化の観察は偶然が重ならないと会えないと思うのでうれしかった。山に入るとよく見かける美しい蝶だ。ストロボを使うと空になった羽化殻も黄色に染まった。
e0167571_23364173.jpg
e0167571_23365442.jpg

もう少し早く気付けば誕生の瞬間も撮れたかもしれないが・・・。
2枚の写真は位置を少しずらして背景を違えて撮ったもので撮影条件はほとんど同じ。上の方がきれいであるが、現場の薄暗い雰囲気は下の方が再現されている。
同じ木についていたヒョウモン類の蛹。
e0167571_23371729.jpg
e0167571_23372895.jpg
メスグロヒョウモンかと思うがいかがでしょう。お持ち帰りすればよかったな。金属をはめ込んだような輝きは敵を威嚇するためなのかな。
新鮮なキタキチョウが交尾中。2度飛んで撮れる位置にとまった。
e0167571_23375044.jpg

橋の上で吸汁中のオオミスジ♂。
e0167571_2338786.jpg
前翅がとんがり帽子みたい。アゲハの一部を除けば最も背高のっぽかもしれない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-06-08 23:39 | チョウ | Comments(4)
| ページトップ |