Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2015年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
赤とんぼ終見記録更新
成虫で越冬する種類を除いて、私のトンボの終見記録はアキアカネの2010年12月23日(あまり熱心に観察しているわけではないが)。この年も暖冬だったが、今年はさらに温かい。まだ横浜市での最低気温は4.1℃までしか下がっていない(12月20日)。2010年は12月18日に3.2℃を記録している。
もしかしたら今年は記録を更新できるかもしれない。寒気が関東まで南下する前にいつもの場所(横浜市の里山)に行ってみた。
5年前に観察したのは水田脇の小川の蓋となっているコンクリートだった。しかしそこでは何度か往復したけどいない。やはり無理かな、と思いながら隣の田んぼを覗いてみた。こちらは一部水が残っている。
e0167571_1648168.jpg
すると・・・いた!
e0167571_16482392.jpg
しかも複数。生き残ったアキアカネがこの狭い範囲に集まっているようだ。すべてオス。縄張り意識がまだあるようで、時々追い回す姿も。
e0167571_16493550.jpg

この時期のアカネは意外と敏感だ。何度も飛ばれるが、すぐに近くにとまるのでチャンスは多い。
なんと飛んでいる小さな虫を空中で捕えて食べている。
e0167571_16491130.jpg
すごい生命力だ。
しばらく歩き回ったけど、この場所でしか見られなかった。
関西では年を越してもキトンボやヒメアカネが見られるというが、関東ではどうなんだろう。ここは自宅から30kmあるので今年はこれが最後ですが、今年はこの先まだ見られる可能性もあるのでどこかで見かけた方は教えてくださいね。
このような暖冬が何年も続くと生態系に大きな影響がでそうで、心配ですよね。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-12-26 16:53 | トンボ | Comments(6)
マイホームで冬越し
週末が忙しく、たまに時間がとれる日も雨だったりして、フィールドは3週間ぶりだ。
異常に温かい陽気が続いていたが、この週末ようやくこの時期らしい冷え込みが来た。

ホシミスジは5年ほど前から多摩東部で分布を拡大している。人為的に移入されたものらしくDNA分析からは西日本の個体群だとのこと。公園や個人宅のユキヤナギで発生している。
今年初めだったかな、幼虫の越冬巣を探したが敗退した。今日はそのリベンジ。しかし公園のユキヤナギには葉が随分残っている。こんな状態で、たくさんある株の中から小さな越冬巣を見つけるのは砂浜に落とした指輪を見つけるみたいだ(笑)。でもここでは6月に成虫を複数目撃しているのでどこかにいるはず。指輪は何個もありそう。
集中力が途切れるころ蛹の抜け殻を発見(四角内は今年6月に撮影した成虫)。
e0167571_16193230.jpg
ちょっとやる気がでる。1時間ほどでようやく越冬巣発見。8mmほどの小ささだ。
e0167571_1619548.jpg
一度目を離すと再び見つけるのがしんどい。かなり低い枝だった。
中味を確認したいところであるが、この寒空に命取りになりそうなので移入種とは言え遠慮した。結局越冬巣はこれだけ。蛹の羽化殻は2個だった。
春になったら幼虫が見られることを期待しよう。
今日は季節風も弱まり、ムラサキシジミとヤマトシジミも何回か見た。
e0167571_16202958.jpg
e0167571_16204831.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-12-20 16:22 | チョウ | Comments(6)
多摩川中流域のヤゴ
多摩川中流域に出かけた。
河川敷ではまだミヤマアカネが飛んでいた。
e0167571_18532180.jpg
これが今年最後の出会いとなりそうだ。
しばらくはヤゴが上がらなかったが、移動しながら探すと、ようやく1匹採れた。そこは良いポイントの様で、この後次々と掬えた。
コオニヤンマはトンボになるのに最低でも2年はかかる種類なので、様々なステージのヤゴが採れる。3兄弟(笑)の写真。
e0167571_18534696.jpg
長男は終齢。
e0167571_1854184.jpg
今まで見た中では最も黒っぽい。
e0167571_18541259.jpg
なかなか迫力あるね。
下はダビドサナエの終齢兄弟。
e0167571_18565723.jpg
クロサナエとの区別は難しいが、中流域なので多分ダビド。
これはオジロサナエ。終齢を見るのは初めて。
e0167571_18573078.jpg
黄色い斑点がきれいだ。三角形の触角が特徴で、斜め前から見るとアヒルのくちばしみたい。
e0167571_18575128.jpg

下の2匹はずんぐりむっくりの方がアサヒナカワトンボで細長い方がハグロトンボ。後者はもしかしたらアオハダトンボかもしれない。
e0167571_1858874.jpg

アオサナエとミヤマサナエのヤゴが見たかったけど採れなかった。
羽化の頃面白そうな場所だ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-12-06 19:00 | トンボ | Comments(0)
| ページトップ |