Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
スプリング・エフェメラル
日曜日も天気が良かったので野川公園へ出かけた。
蝶はキタテハが飛んでいただけだった。
早春の花が咲いていた。いくつかは移入したものだろうけど、スプリング・エフェメラルは可憐で美しい。
上からセツブンソウ、フクジュソウ、ミスミソウ(2枚)、マンサク。
e0167571_224802.jpg
e0167571_22481841.jpg
e0167571_22483414.jpg
e0167571_22484648.jpg
e0167571_22511441.jpg

これはミチタネツケバナというらしい。
e0167571_22535367.jpg
急速に広がりつつある帰化植物らしい。
スミレのトップバッターであるアオイスミレが咲いていた。
e0167571_22512914.jpg
非常に背丈が短く、TG-3を地面に押し付けるようにして撮ったもの。
ここは開花中の花の情報が掲示されているので、勉強になってうれしい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-02-29 22:56 | 植物 | Comments(2)
マイホームで冬越し -2-
今日は朝からいい天気だった。2日連続の飲み会だったので、ゆっくり起きてどうしようかなと考えた末、ゆっくりと里山でも歩こうかと思って家内と狭山丘陵に向かった。
梅はもう盛りを過ぎていた。山道に入るとウグイスカグラが咲き始めていた。
e0167571_19245053.jpg
e0167571_1925491.jpg
どこかにイチモンジチョウの幼虫が越冬しているかもしれない。ウグイスカグラは山道沿いにたくさん生えている。それらしい越冬巣を探すが、全然見つからない。林の中の樹も探したけどダメ。
晴天だけど風が吹くと少し寒かった。蝶はテングチョウを数回見ただけだった。
e0167571_19255565.jpg
帰ろうと思って駐車場に戻り、近くのウグイスカグラをもう少し見てみることにした。夏になったらヤブヤンマが産卵に来そうな池があった。そのそばの樹でやっと見つけた。2メートルほどの高さだった。
e0167571_19262598.jpg
見たことがなかったのでそれまで見つけられるか自信がなかったが、この時はピンときてきっとそうだと思った。
e0167571_19264087.jpg
枝を手繰り寄せてメガネを外して覗くが中にいるかわからない。TG-3でも暗くてうまく写らない。前玉外しの改造マクロで撮ったら、とげとげの越冬幼虫が写っていた!
e0167571_1927799.jpg
アサマイチモンジとの区別はつかないが、アサマはここにはいないと思う。
春になったらまた見に来ようと思う。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-02-27 19:30 | チョウ | Comments(2)
過去画像から -アオヤンマの羽化ー
これといった写真が撮れていないので、過去の画像を紹介する。
アオヤンマの羽化の様子から。
ヤゴは室内で飼育していても、なかなか羽化の場面には立ち会えないことが多い。
この時は午後8時過ぎに羽化が始まったようだ。気が付いたら既にひっくり返って休止期に入っていた(最初の写真21:17)。
e0167571_2385776.jpg

慌てて三脚を引っ張り出しカメラを固定して動画撮影に切り替えたが、頭を持ち上げる瞬間は逃してしまった(泣)(21:25)。しかし腹部を羽化殻から抜くところは撮れた。この動画は時間を短縮しているわけではないので、この動作はあっという間に終わってしまう。


↓無事に羽化終了(21:36)。
e0167571_2391356.jpg

午後11時頃には翅はほぼ伸びきった。
e0167571_2392456.jpg

夜も明るい屋内で飼育していたため、野外での羽化時刻とはズレがあるかもしれない。
いずれ野外で撮影したいものだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-02-21 23:21 | トンボ | Comments(0)
シーズン始動
久しぶりの休日。快晴で昨日の風も弱まるという予報。
小畔川日記のダンダラさんが初モンキチョウを観察したということなので、さっそく出かけてみた。しばらく探していたらダンダラさんご夫妻とbanyanさんが見えた。
4人で探し始めたがなかなか見つからない。その間ゴマダラチョウ(上)、アカボシゴマダラ(中)、モンシロチョウ、そしてジャコウアゲハ(下)の蛹を教えていただく。
e0167571_2295459.jpg
e0167571_2210925.jpg
e0167571_22102413.jpg

ゴマダラチョウは落ち葉の裏で越冬しているのは何度も見たけど、エノキの幹で冬越しするのは初めてだった。
banyanさんが一時帰られた後、少し下流で探したらようやくメスが飛び出した。うれしい初蝶。
e0167571_22111891.jpg
去年の2月28日の記録を大幅に更新した。しかしここのモンキの発生は毎年非常に早く、1月に飛び出すこともあるというので、今年が特別早いわけではないらしい。
天気がいいのであまり画質が良くないTG-3でもまずまずの広角写真が撮れた。
e0167571_22113148.jpg

もう1月ほどすると気の早いミヤマセセリも飛び始めるかもしれない。
皆さんお世話になりました。久しぶりにお会いできて初蝶を見られたと同じくらいうれしかったです。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-02-11 22:16 | チョウ | Comments(8)
| ページトップ |