Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
大寒でも
at 2017-01-30 23:24
落胆と安堵
at 2017-01-29 19:39
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
あけましておめでとうございます
at 2017-01-01 00:17
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:19
春の妖精「コツバメ」やっ..
by himeoo27 at 17:43
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:46
ダンダラさん、昨日はお会..
by dragonbutter at 21:43
タグ
(135)
(115)
(107)
(68)
(61)
(54)
(53)
(53)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
関東平野北部にて
土曜日は関東平野の北部に行った。日曜日は予報より天気が悪かったので土曜日に出かけて正解だった。水門から流れ出る流れに飛び石状に配置されたブロックでシオカラトンボが羽化していた。
e0167571_1031770.jpg
e0167571_10311967.jpg
別のトンボだと良かったんだけど・・・。
河川敷と池の周りの草原にはすごい数のモンシロチョウとベニシジミが飛び交っていた。白っぽいベニシジミを2匹見つけた。
e0167571_1031409.jpg
e0167571_10315253.jpg
新鮮ではないが、擦れてこうなったというより白化型のようだ。拡大すると鱗粉が白いのがわかる。
e0167571_1032522.jpg
撮った写真を改めて拡大してみると、ここのベニシジミは白い鱗粉が混ざった個体が多いように感じたが、どこでもこんなもんかもしれない。
ヒメウラナミジャノメが交尾していた。
e0167571_10322043.jpg
2度ほど飛んだ後、葉が被らない位置にとまってくれた。
e0167571_10323123.jpg

ギンイチモンジセセリも多かった。
e0167571_10324657.jpg
e0167571_10325863.jpg

ツバメシジミメスはもう少し青い鱗粉がのっていると良かった。
e0167571_10331661.jpg

ずっと探していたミヤマチャバネセセリが最後に1匹だけ現れた。
e0167571_10333283.jpg
e0167571_10334331.jpg
残念ながら飛び古した感じの個体で、後翅中央にあるチャームポイントの白斑もうまく撮れなかった。近場でリベンジかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-24 10:36 | チョウとトンボ | Comments(0)
進む春
熊本地震に被災された方々にお見舞い申し上げます。
余震が一刻も早くおさまって、復興が進むことをお祈りいたします。
週末は近場を散策した。
蝶相も急速に移っているようだ。
e0167571_23201295.jpg
e0167571_23202677.jpg
e0167571_23204714.jpg

河川敷でモンシロチョウの交尾を2組見つけた。
e0167571_23205966.jpg

ここでは特定外来生物に指定されているオオカワヂシャの群落が見られた。
e0167571_23211277.jpg

以下はそっと手に乗せて移動してもらったものです(笑)。
e0167571_23212444.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-17 23:22 | チョウ | Comments(4)
新潟でギフと遊ぶ
ギフチョウは毎年撮ってるから今年はパスしてもいいかな・・・なんて思っていたけど、新潟は晴れという天気予報を見て、気が付いたら上越自動車道を走っていた(笑)。
先ずは初めての場所。カタクリには何とか間に合ったみたいだ。しかし気温が高い。着いたときに既に18℃!10時過ぎにカタクリにとまったけど裏面が撮れただけ。後は延々と飛び回るだけ。仕方ないので飛翔を撮る。
e0167571_1151779.jpg
e0167571_1152913.jpg
千葉から来られた撮影の方は去年より少ないと言っておられた。今朝羽化したのだろうか、気温が高いのにしばらくじっととまって動かないメスがいた。
e0167571_1154796.jpg
擦れているわけではないがだいぶ白っぽい。肛角部の赤斑の中に白い鱗粉が混じっている。
ヒオドシチョウが多い。
e0167571_116129.jpg

午後の吸蜜時間までここで待つべきか迷ったが、思い切って移動。少し南に移動して山に入る。
ここのカタクリは最盛期直前といった感じでどれも新鮮。ギフチョウも思ったより多い。ヒオドシチョウもいっぱいいてカサカサと音を立てながら闘争している。
ルリシジミもあちこち飛び回ってカタクリで吸蜜している。
e0167571_1161989.jpg
(ヤマト?)スジグロシロチョウもやって来た。
e0167571_1163128.jpg

2時を過ぎる頃からギフが時々カタクリにとまるようになった。しかし林の中なので灌木の枝を分けて進まなければならない。低い枝に引っかかって転びそうになりながらも何とか数シーン撮ることができた。
e0167571_117922.jpg
e0167571_1171978.jpg
e0167571_1173368.jpg
人っ子一人いないポイントで静かに過ごせた午後だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-10 11:14 | チョウ | Comments(4)
すくすく育つ -2-
狭山丘陵から帰って時間があったので自転車で近くの公園へ。
ここでは1月にヒカゲチョウの越冬幼虫を見つけている。
環境写真は撮っておいたが、さすがにどの葉にいたかまでは覚えていない。
幸い探し始めて5分ほどで幼虫を見つけた。
e0167571_2393154.jpg
枯葉の裏にいることもあるということがわかった(赤丸の裏側にいた)。
e0167571_2394737.jpg
しかし1月に見つけたものと大きさがほとんど同じ。どうも別の個体の可能性が高そう。
どうせなら大きく育った幼虫を見たいのだが・・・。更に5分ほど探したろうか。小さな葉から大きな頭が顔を出しているのがちらっと見えたような気がした。撮影しようと周りの枝をよけていたらどこにいたか見失ってしまった。どうも顔を引っ込めたようだ。もう一度見つけるのにまた5分ほどかかった。赤丸の所に幼虫が半分写っている。
e0167571_23101569.jpg

小さな葉にちょうど収まるほどの大きさ。4齢か5齢だろう。うれしいことに黄色と褐色の斑紋のあるタイプだった。
e0167571_23103444.jpg

撮影が終わるころにはあたりはだいぶ暗くなっていた。LEDライトが役に立った。
e0167571_23104816.jpg

ここは人通りも多い賑やかなエリアであるが、撮影中全く声がかからなかった。よっぽど怪しい人物とみなされたに違いない(笑)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-05 23:15 | チョウ | Comments(2)
すくすく育つ -1-
週末の関東地方は蝶の観察には生憎の天気だった。
そこで今朝はゆっくり起きて、2月にみつけたイチモンジチョウの越冬巣に潜んでいた幼虫がどうなっているか狭山丘陵に見に行くことにした。越冬巣が見つかった枝にはササの葉と小さなストラップで目印を付けておいた。
ウグイスカグラの花は最盛期で、若葉が萌えていた。
e0167571_22162578.jpg

ブログに載せておいた環境写真を参考に、巣のあったウグイスカグラの株をみつけた。家内が目印を発見したので枝の同定もできた。空となった越冬巣はまだそのまま残っていた。
e0167571_2219074.jpg
そして越冬巣から10cmと離れていない枝で幼虫を発見!
e0167571_22172510.jpg
e0167571_22174155.jpg
体全体が緑色なので終齢幼虫と思われるが4齢かもしれない。第7・8節の突起の長さが同等なので予想通りアサマイチモンジではない。
1時間ほどしてから見ても位置は変わっていなかった。摂食するのは夜なのだろうか。枝に糸が吐かれているのでここを休憩所としているのかもしれない。
e0167571_2218343.jpg

しっかり育っていてよかった。
少しだけ薄日が差してヤマトスジグロシロチョウとミヤマセセリが飛んだ。
早く帰宅できたので、今度は一人で自転車でヒカゲチョウの越冬幼虫を見つけた公園に行ってみることにした。(続く)
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-03 22:22 | チョウ | Comments(3)
37年ぶりの林道
最終日は朝石垣へ飛んで夕方まで歩き回った。
e0167571_2311737.jpg
バンナ公園ではジャコウアゲハ、ベニモンアゲハ、マサキウラナミジャノメなどを見ることができた。
ジャコウアゲハオス。本土産に比べ半月状紋の赤みが強くて美しい(毒々しい)。
e0167571_2313575.jpg

ベニモンアゲハメス。なんと腹端にいくつかの卵を付けている!
e0167571_2315475.jpg

マサキウラナミジャノメ。
e0167571_2321182.jpg

前勢岳林道に入ると急に冷たい風が吹いて来てにわか雨になった。今日はこれまでかと思ったが、途中で昼食をとり、於茂登岳の麓に着くと再び青空が戻った。ここでは学生時代の貧乏旅行以来37年ぶりの林道歩きを楽しんだ。林道は春の黒系アゲハのパラダイスだった。
ベニモンアゲハメス。
e0167571_2323438.jpg

クロアゲハオス。
e0167571_2325772.jpg
本土産に比べて尾状突起がだいぶ短い。ただし個体差がありそう。
赤色斑が発達したクロアゲハメスの美しさは圧巻だった。存在感抜群!
e0167571_2331545.jpg

ヤエヤマカラスアゲハオス。
e0167571_2333225.jpg

ナミエシロチョウも飛来した。
e0167571_2335086.jpg

林道脇の明るい斜面を登ると目の前でヤエヤマイチモンジが日光浴をしていた。
e0167571_2341227.jpg
e0167571_2342422.jpg

もっといい角度で撮りたかったけど飛ばれてしまった。
最後に渓流でクロアゲハの吸水を撮り、流水性のヤゴを掬って遠征は終了。
e0167571_2345149.jpg
ヤゴはできれば後日載せる予定。
気温が低くて思うように種類数は伸びなかったが、八重山初心者としてはうれしい出会いが多かった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-01 23:10 | チョウ | Comments(2)
| ページトップ |