Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
最新の記事
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 09:36
「クロモ」に「ツマジロウ..
by himeoo27 at 07:21
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 11:18
Hemlenさん、コメン..
by dragonbutter at 11:17
タグ
(142)
(126)
(112)
(70)
(62)
(58)
(57)
(56)
(52)
(39)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
カシワ林の宝石たち
Hさんをお誘いして去年雨の中ハヤシミドリシジミの証拠写真を撮ったカシワ林に出かけた。
8時前に着くと青いゼフィルスが巴飛翔していた。多分オオミドリシジミだろうと思いながら撮影開始。低い位置にもよくとまってくれた。やはりすべてオオミドリだった。オオミドリには遅いと思っていたが、新鮮な個体もいた。
e0167571_22101899.jpg
e0167571_22103153.jpg
e0167571_2211935.jpg
オオミドリは何度か撮ったことがあるが、今回の出来がいちばんだと思う。
久喜のHさんと八王子のSさんにお会いして情報交換。少し先に進んだカシワ林に移動した。ここでようやくハヤシを見つけた。といってもその場では自信がなかった。ここで撮れたのはオスだった。
e0167571_22115120.jpg
残念ながら翅表はこんなカットだけだった。
e0167571_2212577.jpg
しっかりその場で鑑別できるよう準備していけば、もう少し特定の個体を集中して撮れたのだが・・・。
最初の場所に戻ると、Hさんの足元から今日羽化したばかりと思われるハヤシのメスが力なく飛び出した。飛ぶのが嫌なのか、飛びあがってもすぐにとまってくれたので、思う存分撮ることができた。
e0167571_22122793.jpg
e0167571_22124172.jpg

オスの開翅がうまく撮れなかったし、実はカシワ林を代表するゼフのもう2種類も掲載できるレベルの写真が撮れなかったので宿題も残ったけど、思った以上に良いポイントなので、来年以降機会を見つけて行ってみたい。
同行頂いたHさん、現地でお会いしたHさん、Sさん、お世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-27 22:14 | チョウ | Comments(4)
会津の瑠璃達 –蝶編-
恒例のドライブインで昼ご飯を頂いた後、キマルリタイムまで時間があったので近くでポイント探し。2か所ほどよさげな場所を見つけた。1か所はbanyanさんがだいぶ前に来た場所のようだった。栗の花でピカピカのメスグロヒョウモンが吸蜜していた。
e0167571_2229895.jpg

有名ポイントではTさんのお話では昨日より1時間以上前からテリ張りが始まった。曇ってしまったためだ。
e0167571_22313792.jpg
ここでの撮影は4年ぶりであるが、飛び回る面積が狭まっているようだった。桐が切り倒された影響なのかたまたまなのか。そのせいもあって、以前にも増して1匹に撮影者が集中して取り囲み、蝶の背景が撮影者の服といった状態(笑)。
そこで思い切ってさっき回った場所に移動。そこでも活動が始まっていた。多くが高い枝の周りを飛び回っていたが、1-2匹が低い位置によくとまってくれた。
e0167571_22321796.jpg
少し山手のせいか、有名ポイントよりさらに新鮮だった。
e0167571_22324321.jpg
e0167571_2233122.jpg
e0167571_22332122.jpg
撮ろうとするとしばしばタテハに邪魔された。「うるさいキタテハめ」と思ってよく見るとシータテハ。
e0167571_22333253.jpg
シータテハの縄張り行動は初めて見た。
撮影終了を見極めるように雨が降り始めた。
メスを撮りたかった、交尾を撮りたかった、なんて欲を出したらきりがない。静かなキマルリ天国だった。
同行のお二人、また現地でお会いした方々にはお世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-22 22:35 | チョウ | Comments(6)
会津の瑠璃達 –トンボ編-
キマダラルリツバメとアマゴイルリトンボは瑠璃色が美しい蝶とトンボである。いずれも会津地方に多くの産地が知られる。
日曜日にヘムレンさんbanyanさんのお誘いを受けて会津に出かけた。
午前中は裏磐梯でトンボ観察。ここは2年ぶり、3回目の沼。前回見られなかったアマゴイルリがたくさん見られてよかった。
e0167571_22243746.jpg
e0167571_22251098.jpg

エゾイトトンボはあまり真剣に撮らなかったけど、産卵が(多分)初撮影だった。
e0167571_22252684.jpg

カラカネトンボは前回を超える写真は撮れず残念。
e0167571_22254661.jpg

一番うれしかったのはコサナエの交尾が撮れたことかな。
e0167571_22255899.jpg
e0167571_22261066.jpg

昼近くなってカラカネトンボがヨツボシトンボに追いやられるようになったので、キマルリポイントに移動した。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-20 22:29 | トンボ | Comments(4)
わずかに残る貴重な自然
千葉県にわずかに残る貴重なキイロサナエを見に行った。林に囲まれた小さな流れに沿って歩き始めるとすぐに現れた。
e0167571_18471554.jpg
縄張りを張っているというよりメスが飛来するのを待っているようだった。
e0167571_18472990.jpg
結構敏感なうえ、手前に草が被ったりして撮影は少し難しかった。何回か飛ぶと高い梢に消えた。朝は沢山目撃されたようだが、日中は気温が高くて、あまり活動的でなかったのかもしれない。
薄暗い流れの上でホバリングしているキイロサナエがいた。
e0167571_18475397.jpg
メスの産卵だった。
e0167571_18481624.jpg
初撮影だったが、この時クリップオンストロボを付けていなかったので内蔵ストロボでは高速シャッターが切れなくて残念。最初からいろんなシーンを見越して態勢を整えておくべきだった。ストロボを付けているうちに終了。キイロサナエにはいろんな産卵形式があるようだが、この個体はホバリング中に腹端に卵を貯め、時々打水産卵をする、という産卵方式だった。
e0167571_18483695.jpg

ここにはオビトンボ型コフキトンボがいて初めて近距離からいい角度で撮影できた。
e0167571_18484926.jpg
肢が足りないのはご愛敬(笑)。
この後6年前にキイロサナエを撮った場所に移動した。流れの両側の草に除草剤がまかれたようで、不自然に枯れていた。そして流れにはたくさんのアメリカザリガニ(泣)。予想はしていたが、2010年のキイロサナエの写真は悲しくも貴重なものとなってしまった。それでも水田では何匹もアキアカネが羽化していたのがせめてもの救いだった。
e0167571_1849498.jpg

最後に立ち寄ったのは北総としては自然度の高い草原。ジャノメチョウが発生していた。
e0167571_18491829.jpg
この蝶も東京近郊では減少しており、2008年に教えていただいた所沢のポイントも消えてしまったという。ここがいつまでもジャノメチョウの楽園でいてほしい。
現地で案内していただいたMさんに感謝申し上げます。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-18 18:52 | チョウとトンボ | Comments(4)
迫力満点
週末の蝶探しは空振りだった。
唯一の成果がこれ。
去年オオミスジの成虫がいた梅の木で蛹を探したがどうしても見つからない。
e0167571_23103212.jpg

あんなに成虫はいたのに、と自信を無くしながら枝を探していたら幼虫を見つけた。
e0167571_23105447.jpg

今年は雪も少なく暖冬で、いくつかの蝶の発生は早いようだが、オオミスジはそうでもないようだった。
大きくて存在感もあって色彩もきれいな幼虫だった。
e0167571_23111265.jpg
e0167571_23112481.jpg
e0167571_23113421.jpg

見つけたのは2匹だったが、真剣に探せばもっといたと思う。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-12 23:13 | チョウ | Comments(2)
四国へ
仕事で四国に行く機会があったので、それに絡めて限られた時間内で少し動いてみた。
なかなか時間がとれないので、簡単に撮れた写真を並べる。
分布北限近くで見られるミナミヤンマ無条型♀。
e0167571_03435.jpg
e0167571_032227.jpg
摂食飛翔していた。まだ出始めだった。
シコクトゲオトンボ(上から♂、♂、♀)
滝の近くにいた。
e0167571_034489.jpg
e0167571_03574.jpg
e0167571_04972.jpg

これが今回会いたかったトンボの双璧。
その他に撮った写真。上からクロイトトンボ交尾、アオヤンマ♀
e0167571_045769.jpg
e0167571_051835.jpg

おまけは海辺の駅。
e0167571_055022.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-07 00:07 | トンボ | Comments(4)
| ページトップ |