Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2017年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
初夏の山にて
山ゼフを狙って登ったけど、いたのは平地でも撮れるオオミドリとアカシジミだけだった。オオミドリはまあまあの鮮度のものが残っていた。
e0167571_7313295.jpg
e0167571_7322329.jpg

他のゼフには早かったのか今年が不作なのか。
次に行きたかったポイント。車を走らせ始めたけど目的地までのキロ数に萎えてしまい近めのポイントに変更(笑)。
この季節には余り来たことがなかったけどメスアカミドリシジミが結構飛んでいた。しかし遠くて高い。
e0167571_733580.jpg
もう少しこまめに歩けば良いテリ張りポイントがあるかも。傷んだ個体が多かった。ここは逆に1週間ほど遅かったようだ。
ミスジチョウが多産。まだ新鮮な個体を近くから撮った覚えがないので何枚も撮る。
e0167571_7332839.jpg
e0167571_7351156.jpg

遠くでコミスジの産卵を見つけた。産んだクズの葉から目を離さないよう気をつけながら近づくと産みたての卵が。ホシミスジやフタスジチョウとそっくり。薄青色が美しい。
e0167571_7334995.jpg

スジグロシロチョウの産卵も。
e0167571_7341593.jpg
近くで吸蜜中のオスを手でそっと捕まえて鼻に近づけると発香鱗の強いにおい。ヤマトスジグロシロチョウではなくてスジグロシロチョウのようだ。
クロサナエのメスが渓流脇の葉にとまっていた。
e0167571_7344734.jpg
一度産卵に降りてきたが、カメラが飛翔用の設定になっていなくて失敗。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-06-26 07:37 | チョウとトンボ | Comments(11)
SF映画にでも
沖縄で見ることのできたヤゴのなかでいちばん迫力があったのがこれ。
e0167571_21244816.jpg
e0167571_2125149.jpg

オオキイロトンボのヤゴだ。長くて尖った側棘と背棘はいかにも強そう!そして日本トンボ科の中では最大級のサイズ。何といっても後方に突き出た複眼は強烈な印象を与える。前から見るとこんな感じ。
e0167571_21253371.jpg
e0167571_21254937.jpg

SF映画にでも出てきそうな何ともメカニカルなヤゴである。
残念ながら成虫はまだ飛んでいなかったけれど、沖縄本島ではそれほど稀ではないようである。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-06-18 21:28 | ヤゴ | Comments(0)
ホシミスジ成長日記20170611など
ホシミスジの幼虫が沢山いたユキヤナギの株。
なぜかどんどん数が減っていった。鳥に食べられたのか寄生されたのか。
5月28日には前蛹と終齢幼虫1匹ずつだけとなった。
e0167571_2311326.jpg
e0167571_23113439.jpg

そして6月3日。その前蛹も消えてしまった。思い返せば上の前蛹もだらーんと体が伸びていて元気がないようではある。5月7日にコデマリで撮ったものはこんな感じに頭部を持ち上げていたっけ。
e0167571_23121768.jpg

結局終齢幼虫1匹だけ。
しかし成虫が飛んでいた。
e0167571_2312594.jpg

6月11日にはその幼虫が蛹にまでこぎつけていた。
e0167571_23132541.jpg
まだ幼虫時代にあった緑の斑紋が残っている。
羽化は20日過ぎになるだろうか。ミキ♂さんが観察した羽化1号は5月21日とのことなので、第1化は1月以上かけてダラダラと発生するのかもしれない。
成虫は数を増しており、ユキヤナギへの産卵も観察できた。
去年の秋キマダラセセリの幼虫がいたオギの株をチェックに行くと成虫がちょこんととまっていた。
e0167571_23134722.jpg
今年もここで幼虫が見られそうだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-06-13 23:15 | チョウ | Comments(0)
湖のホンサナエなど
海に近い平地を流れる用水路。
もうハグロトンボが飛び交っていた。
羽化を2匹観察。午前7時前後。
これを見に行ったわけではないが、羽化シーンは初めてなので喜んで撮影。
e0167571_17584862.jpg
e0167571_1759131.jpg

目的のトンボはこれ。
e0167571_17592034.jpg

複数の羽化殻が見つかる。ちょっと遅かったかな。川底を掬うと若齢から終齢までものすごい数のハグロトンボノヤゴがいた。この後秋口まで次々に羽化するのだろう。
こんな海も近い平地にアサマイチモンジが複数いた。
e0167571_175938100.jpg

次はどこにしようか迷った末に湖へ。
河川中流域にいるはずのホンサナエがこんなところにたくさん。
e0167571_17595434.jpg
e0167571_180293.jpg

ホンサナエを初めとする何種類かの流水性サナエトンボは波砕湖岸(砕波湖岸と記述されている書物、論文もありどちらが正しいか不明)と呼ばれる常に波が立つ大きな湖にも生息することが知られている。
メスを待ったけど1回それらしいのを見たのみ。
アオサナエがいてもいいのだが・・・。
ここにはカラスアゲハ、テングチョウ、コチャバネセセリも吸水に来ていた。
e0167571_1803096.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-06-11 18:04 | チョウとトンボ | Comments(0)
ひよっこの里にて
朝ドラ「ひよっこ」の舞台は奥茨城村という架空の村であるが、当たらずといえども遠からずの場所にトンボ観察に出かけた。
お目当てのトンボにはふられたが、その他のトンボたちが迎えてくれた。
まずはホンサナエ。
e0167571_23232440.jpg

次はアオサナエ。
e0167571_23233878.jpg

久しぶりに撮った広角写真。
e0167571_23235924.jpg

産卵するミヤマカワトンボ。
e0167571_23241797.jpg
できれば水中産卵を見たかったな。
縄張りを争うアオハダトンボのオス達と産卵しようとするメスにちょっかいを出すオス(右下)。
e0167571_23243888.jpg

連結に至る連続写真。後ろから胸部をつかみ腹端で頸部を確保して連結態となる。
e0167571_2325756.jpg

近くに池では今年もオゼイトトンボが健在だった。
e0167571_23255058.jpg

おまけはチラチラと降りてきたアカシジミ。
e0167571_2326714.jpg

ご同行頂いたHさん、朝早くから本当にお世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-06-06 23:29 | トンボ | Comments(2)
| ページトップ |