Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
上北は秋の気配
青森出張があった。7年前の出張の後はカバイロシジミを探して下北半島の先端まで旅した。今回は既に8月も下旬なので半島の付け根(上北地方)をぶらついた。主として2か所回ったが、成果があったのは最初のポイントだった。
見たかったトンボの一つがマンシュウイトトンボ。北海道の道東を主とする限られた場所にしか生息しない。それがなぜか2000年にブラキストン線を超えて上北で見つかった。前回はだいぶ探したけど見つけられなかった。その後釧路で撮影が叶ったものの、夕方で条件が良くなかったので改めて撮りたかった。
大まかな情報やGoogleマップでめどをつけて行った場所は大きな湖の近くにある小規模の湿地。最初に目に飛び込んできたのは予想外のトンボ。
e0167571_22313143.jpg

どうみてもオオキトンボだ。関東では撮影はほとんど不可能なトンボ。四国の溜池で見て以来5年ぶりである。全く環境の異なるこんな湿地で観察できるとは思ってみなかった。発生数も半端ない。湿地を進むと次々と未熟な個体が飛び出した。
今思えば、時間をかけて注意深く探せば羽化殻につかまっている場面も撮れたのかもしれない。やはり時間が限定されるとうわべをなぞるだけで終わってしまう。飛び出すオオキはメスがほとんど。オスはこんな感じにとまって他のオスがくると排除しようとする。オスの方は羽化が早いようだ。
e0167571_22323413.jpg

見たかったマンシュウもまあまあの数いた。
e0167571_22325776.jpg
これはオス。何だ、アオモンそっくりじゃないかと言われそう。でもオスはアオモンより青っぽい。メスには多型がある。オス型は完璧にオスになりすましており、帰宅後PCで見るまでオスだと思い込んでいた。
e0167571_22333281.jpg

異色型にもピンクのものや褐色のものがいるが、これらは成熟度の違いによるのだろうか。
e0167571_22335588.jpg
e0167571_22341072.jpg

他にはセスジイトトンボとアジアイトトンボを少数確認できた。
e0167571_22342554.jpg
e0167571_22344434.jpg

これも撮影時に気付かなかったが、キトンボも混じっていたようだ(そうですよね)。
e0167571_2235229.jpg

その他はマユタテアカネ、コフキトンボ(メスはオビトンボ型)、モノサシトンボ。
マンシュウの生殖活動を見ることができなかったのは残念であるが、こんな湿地で過ごせただけでもう幸せ!
午後3時過ぎにもう一度立ち寄った時にはオオキトンボは影も形もなかった。最初に立ち寄ってよかった。
他の場所は空振り。撮った蝶はスジボソヤマキチョウ、オオヒカゲ(メス)、エゾミドリシジミ?(♀)(オスも少数飛んだ)といったところ。
e0167571_22353781.jpg
e0167571_22355862.jpg
e0167571_22361399.jpg

吹く風に秋の気配を感じる上北だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-08-27 22:46 | チョウとトンボ | Comments(4)
普通種でも
天候不順の中17日は晴れ間がのぞくということだったのでお盆休みをとって神奈川県のポイントへ。しかし高曇りながら日はほとんど射さなかった。
暗い小川に沿って進む。コオニヤンマが縄張りを張っていた。
e0167571_18392720.jpg
一登りしたところの原っぱにはいつの間にか浅くて大きな池が造成されていた。そこでオオシオカラトンボを捕食中のコオニヤンマを目撃。
e0167571_18400331.jpg
迫力満点。近づいて触っても逃げようともせずひたすら食べ続けていた。遠くで交尾態らしい茶色の蝶に3匹目が絡んで飛んでいた。ペアの方は何とか撮影できるところに降りてくれた。サトキマダラヒカゲだった。
e0167571_18402508.jpg
普通種でも交尾は初撮影なのでうれしかった。上がメスかな。撮影時間は13時30分ころ。成立時も解けたところも見てないので持続時間は不明。ここはなぜかいつも思っても見ないシーンが撮れるので繰り返し来てしまう。
コシボソヤンマは今年も飛び回るオスしか撮れなかった。
e0167571_18404661.jpg
もう一つ、キツネノマゴにやって来たルリモンハナバチ。
e0167571_18410341.jpg
e0167571_18411593.jpg
誰が言いだしたかわからないが、幸せを呼ぶハチと言われている。しかし生態はそれとは裏腹に、他のハナバチの巣に寄生し、幼虫の餌を横取りして成長するんだとか。3年ぶりの撮影だった。そういえば前回の撮影もここだった。吸蜜植物も前回と同じキツネノマゴ。
例年は汗だくになりながらの撮影だが、今年はだいぶ楽だった。でも例年通りの暑さだったら成果はもっとあったのかもしれない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-08-19 18:44 | チョウとトンボ | Comments(2)
ジャノメチョウ亜科の粋なcombo
このところ関東地方の天候が不順で、週間天気予報でも30℃を超える夏日がないという予報。そんな中でFさんからクロヒカゲモドキ(クロモ)のメスを撮りに行きませんかというお誘いを受けて、喜んで同行させていただいた。
現地の天気は曇り時々晴れ。相手がクロモなので問題ない。オスは夕刻のテリ張りが撮影チャンスであるが、メスはどうしたら撮れるかわからない。樹液酒場が見つかればいいのだが、2年前に会った採集者の話では御神木が枯れてしまったらしい。
歩き始めてから1時間ほどでクロモの第1号が登場。
e0167571_18270430.jpg
翅型からいってオスのようだ。更に1時間後に飛び出した第2号。
e0167571_18282349.jpg
これは微妙だがメスではないだろうか。この後にわか雨に見舞われたが、短時間でやんだ後の第3号。
e0167571_18284544.jpg
これはメスだろう。ただし右翅が大きく破損している。目立たないように反対側から撮影。飛んでもすぐとまり、必ず開翅した。
e0167571_18292879.jpg
うれしかったのがツマジロウラジャノメ。数もそこそこいて特にオスが新鮮だった。
e0167571_18295927.jpg
e0167571_18300398.jpg
e0167571_18300702.jpg
次は何とか訪花シーンを撮りたいものだ。
僕の仕事の都合とか天候不順からこの日になったが、時期的には10日ほど遅かったようである。また来なさいということだろう。
Fさん、お世話になりました。一人ではこの半分も撮れなかったでしょう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-08-14 18:33 | チョウ | Comments(2)
北国ならでは

ルリイトトンボは中部地方では際立った青さから識別は容易であるが、北海道に行くと様々な程度に黒化するため慣れないと判定に戸惑ってしまう。以前はエゾルリイトトンボという亜種として扱われていたこともある。

ある湿地状の沼にいた青いイトトンボ。

e0167571_18063501.jpg
↑はセスジイトトンボ。やや緑がかっている。
e0167571_18074430.jpg
↑は見てしばらくはルリイトトンボと思って撮影していた。しかし考えるうちエゾイトトンボのようにも思えてきた。エゾイトだと一通り生態は撮影済みなので少しテンションが下がる。一応交尾と連結を撮る。メスには青色型と緑色型がいた。
e0167571_18125151.jpg
e0167571_18123989.jpg
しかし家でPCに取り込んで確認するとやはりルリイトだった。眼後斑とか腹部第1節の黒斑とかは個体差があってあまり当てにならない。他にいくつか鑑別点はあるが、決定的なのは腹端。
e0167571_18130419.jpg
オスの突き出た下部付属器とメスの第8節のささくれ状の突起。これでルリイトに決定。もっとも北海道のトンボに慣れた方なら全体の印象で即座に同定可能なのだろうけど。

結局出現しなかった他のトンボを探して時間切れになったが、もう少し真剣に産卵シーンも探して撮っておくべきだった。

近くのカシワ林にいた擦れたゼフ。

e0167571_18242641.jpg
ハヤシミドリシジミと思うが自信はない。後翅肛角の橙色斑の中の黒斑が消えているのは北海道ならではだろうか。


[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-08-12 18:33 | チョウとトンボ | Comments(2)
ジョウザンの2化
札幌出張があった。
仕事が終わって少し足をのばしてみた。
ジョウザンシジミは春型に人気があるが、場所によって暑い夏には夏型が発生するという。
崖沿いの廃道を少し進むとまず出会ったのがウラキンシジミだった。
e0167571_22304027.jpg

その先、ジョウザンがたくさん飛び回る場所があった。岩場に生えるキリンソウが食草である。
e0167571_22261110.jpg
飛び回るシジミはほとんどがジョウザン。
e0167571_2228015.jpg
断崖の足場の良くないな場所であるが、ジョウザン天国である。
e0167571_22281152.jpg

夏型は黒いということであるが、真っ黒ではなく青い鱗粉が少しのっている個体が多かった。
e0167571_22284376.jpg
e0167571_2228586.jpg
e0167571_22291348.jpg
e0167571_22292495.jpg
e0167571_22294881.jpg

以前十勝で撮った春型は不活発で撮り放題だったけど、夏型は違った。晴天で気温が高いせいか飛び回ってなかなかとまらない。撮影チャンスは数の割に少なかった。もっと楽しみたかったけど時間切れで撤収。
きれいなベニヒカゲが崖の上から時々舞い降りたが残念ながらとまってくれなかった。
初めてなので比較できないけど、思った以上の数だった。7月の北海道が記録的な暑さだったからだろうか。
しかしそれ以上に多かったのがアブ!。何回も刺されながらの撮影となった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-08-08 22:33 | チョウ | Comments(4)
| ページトップ |