Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
大雪山撮影行-1-
しばらくブログの間隔があいたのは、こんな場所に行ってきたからです。
e0167571_21395015.jpg

大雪山です。以下は6月20日(土)の記録です。
-------------------------------------------------
ずいぶん前からHさんとウスバキチョウを撮るため、この山行を計画していた。
ウスバキは日本では大雪山にだけ生息する高山蝶で、ずっとこの黄金色の蝶に会えるのを夢見てきた。しかしこの蝶、羽化後2、3日で色がうすれて、白っぽくなってしまう。きれいなウスバキに確実に会うには、遅くとも6月20日頃までに登る必要がある。
そこで林道開通直後のこの週末に賭けた!
安い航空券は当然変更が利かないし、仕事の関係からも直前の計画変更は無理。
この日が近づくにつれ悪化する天気予報を横目でにらみながら、玉砕覚悟で19日夜、旭川に飛んだ。
今年の6月の北海道は稀にみる天候不順が続いているらしい。蝦夷梅雨というやつらしい。許された時間は正味3日である。
翌朝、窓から見る空はどんよりと曇っている。でも山は稜線までよく見える。予報からも、今日午前が勝負とみた。
登山口には6時頃着いて、時々薄日が射す中歩きだす。この時期はまだまだ雪が多く、登山道はまだ大部分雪の下だ。緊張を強いられる急な雪渓のトラバースを繰り前しながら徐々に高度を上げる。
8時前に着いたポイントには、既にカメラ片手に初めてお会いする北海道の蝶のアブドゥさんが到着しておられる。気温が低いからか、日差しが弱いからか、ウスバキはたまに飛ぶだけだが、3人で夢中になって撮影した。
e0167571_22282955.jpg
e0167571_22302029.jpg
e0167571_22415964.jpg
新鮮な個体が多いが、もう既に黄色がやや褪せている個体もいた。しばらくするとやはり初対面の四季彩散歩のNoreenさんが登って来られた。Noreenさんが来られた頃からウスバキの出現が俄然増えた。ミネズオウやイワウメで無心に吸蜜をするシーンも撮れた。
e0167571_22433080.jpg
e0167571_22443515.jpg
そのうちもつれ合って飛んでいた2匹が地面に降りた。交尾だ!そこへ別のオスがアタックし、3匹が集まってどうなっているかわからない塊となる。
e0167571_2247493.jpg
e0167571_22491034.jpg
最後のオスがあきらめて飛び去ると2匹はきれいな交尾の姿を見せてくれた。
e0167571_2250745.jpg

皆さんの声で振り向くとキタキツネだ。人を恐れる様子は全くない。
e0167571_22515348.jpg
よく見るとネズミを咥えている。近くに巣穴があって、子供に餌を運ぶ途中だろうか。
Noreenさんの「アサヒ!」という声に走り寄ってアサヒヒョウモンを撮る。
e0167571_22541434.jpg
これも大雪山特産の高山蝶で、撮影チャンスはウスバキより少ないといわれている。残念ながら証拠写真を撮ると飛び去った。アサヒは何度か視界を過ぎったが、カメラにはこれしか収められなかった。
もう一段上の方が多いと聞いて、急な雪渓を登ってみるがアサヒは飛んでいない。
e0167571_22571875.jpg
ここまで来たら、と、更にもう一丁雪渓を越えて頂上まで登り、雄大な残雪の山々を眺めて来た。
e0167571_22584576.jpg

もう1種類撮りたかったダイセツタカネヒカゲの姿は見られなかった。
学生時代に二度登った大雪。当時はひたすら峰から峰へ縦走し、小さな生き物に目を向ける余裕はなかった。今回は雪上の楽園で遊んだ夢のような一日だった。午後からはぽつぽつと雨が降り始める中、下山した。
<山麓の生き物は次回に>
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2009-06-24 21:35 | チョウ | Comments(8)
上州の沼へ
今日の目的地は、学生の頃初めて訪れて以来4回目となる群馬北部の沼だ。
学生時代は上越線の駅から2時間ほど歩いて上り、初めてエゾイトトンボに会った。
今日は近くまで車で行き、「エゾハルゼミの合唱浴」を楽しみながら30分ほど歩いて到着。
e0167571_0131984.jpg

天気は曇りで時々太陽がのぞく。岸辺で先ずはヨツボシトンボの羽化を見つける。
e0167571_0134369.jpg
狭い範囲だがエゾイトトンボも発生していた。メスを見つけるが、種類がわからない。メスは難しいからね。しかしそこにエゾイトのオスがアタックしたから解決。でもこのカップル、なかなか交尾が成立しない。私が見る限りメスの動きが下手なためではないかと思われた。
e0167571_0144929.jpg
5分以上奮闘していたが、アブがちょっかいを出したため、連結したままブッシュに消えた。果たしてこのカップルは結ばれたのだろうか、、
沼の周遊コースで大きな白い固まりを付けた木を見つける。
e0167571_0165186.jpg
「こんな大きな実をつける木ってあったっけ」と思いながら近づくとモリアオガエルの卵塊のようだ。もちろんちゃんと沼に張り出した枝である。下が水面ってどうやって確かめるんだろう。やっぱ目視だろうな。
別の沼に行く途中アサギマダラに会う。2年前に来たときも確かいたな。林の中を木漏れ日を浴びながらゆっくり飛んでいた。
e0167571_0172973.jpg

二つ目の沼は前回はヨツボシだけだったので特に期待はしていなかったが、東京からのトンボやさんが二人来ている。最後に少しお話をしたらオオトラフトンボが狙いのようだった。彼らも一度目撃したのみとのことで、私はもちろん会えなかった。
しばらく岸辺で眺めていると、ヨツボシより細身のトンボがテリを張っている。大きさと色から(場所と時期も考慮して)カラカネトンボの可能性が高い。全くとまりそうもないので飛翔写真に挑戦する。短いホバリングをするので、そこを狙うしかないが、いっぱいいるヨツボシが茶々を入れるのでなかなか落ち着かない。横から何とか見られる写真を1枚だけ撮れた(トリミングあり)。
e0167571_0182971.jpg
写真からカラカネと確認。もっと大きく撮れたものがあったが、後ろからのものばかり。
実は近くの山にトレーニングのため登る予定だったが、途中で「ゴロゴロ」が聞こえたのであっさりとやめてしまった。結局雨はパラパラ来ただけだったが。前々回家族で来たとき大雨となり、家内と息子の機嫌がたいそう悪くなった記憶も影響したかもね。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2009-06-13 23:56 | トンボ | Comments(4)
所沢ゼフ祭り
あっという間に今年もゼフィルス(ゼフ)のシーズンが通り過ぎようとしている。
ゼフィルス(ギリシアの西風の神)とはチョウ仲間で人気の高いシジミチョウの一群である。
昨年雨で機会を逸した所沢の雑木林をF先生に案内していただいた。今年も予報は微妙であったが、前日に急遽好転し、絶好の日和となる。
林の一角に着いたのが9時過ぎ。林の縁を歩き始める。最初に登場したのが派手な模様の蛾であった。交尾中である。帰ってから調べると、キオビゴマダラエダシャクという長ったらしい名前の蛾であった。普通種のようだが、交尾の写真が撮れたので、ちょっと気持ち悪いがUPしておく。
e0167571_2135826.jpg
F先生が枝を叩くとたくさんのウラナミアカシジミが飛び出した。中には下草にとまっているものもいて、撮影のチャンスも多かった。
e0167571_2154265.jpg
アカシジミもそれなりに見かけたが、少しピークを過ぎている感じで、擦れたものが多かった。
e0167571_216286.jpg
林の中の小径を「ちょっと来い」と鳴くコジュケイが横切った。あまり人を怖がっていないようだ。
e0167571_21113712.jpg
ここにいる平地性ゼフはあとミズイロオナガシジミとオオミドリシジミだ。ミズイロは最初に一度見かけただけでずっと飛ばない。
林の中に入ってしばらく行くと大きな白黒の蝶が飛んでいる。イチモンジチョウより明らかに大きい。ミスジチョウだ!下草に止まったところをゆっくりと近づくが、邪魔な葉をよけて、良いアングルを捜していたら飛ばれてしまい二度と見なかった。見ただけでもラッキーなほど珍しいという。悔しい思いをする間もなく、今度は灰色っぽい小さなチョウが飛んだ。近づくとここではやはり少ないというオオミドリだ。2匹目はゆっくりと翅を広げてサービスしてくれた。残念ながらメスなので青緑の光沢はないが、それでも素晴らしく新鮮で、今朝羽化した個体かもしれない。
e0167571_2112515.jpg

林の中の明るい空き地のネムの木ではキチョウが産卵していた。
e0167571_2113988.jpg

一回りしてから、一応近くの別の林も点検することに。ここが大正解で、栗の花にすごい数のゼフが来ていた。枝を叩くたびに数匹ずつ飛び出すほどだ。ここでついにミズイロオナガも撮ることができ、平地性ゼフの四天王がそろった(ちなみにウラゴマダラとミドリシジミはここにはいない)。
e0167571_21134534.jpg
何と、なかなか撮れない完品の開翅写真のおまけつきであった。写真にはうまく現れていないが、翅表は日の光を浴びると虹色に光った、
e0167571_2114011.jpg

雑木林の宝石ともいえる小さな蝶たちのいるこの林、いつまでも健在でいてほしいものだ。
一日がかりでご案内いただいたF先生、ありがとうございました。祝杯のビールも格別でしたね。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2009-06-07 21:23 | チョウ | Comments(4)
ぐずついた週末
あいにく今週末は天気が良くなかった。土曜日と日曜日の写真をまとめてUPしますが、普通種ばかりです。
5月30日(土)
仕事帰りに小山田緑地に寄る。着いたのは既に2時過ぎ。改修された池と小川でヤマサナエがテリを張っている。このオスはお腹にいっぱい土をつけているがどうしたんだろう。
e0167571_17152837.jpg

日が射さないのでどうしてもジャノメチョウの仲間になってしまった。
まずヒメジャノメの開翅写真を撮る。表だけだとコジャノメとの区別が難しい。
e0167571_17161984.jpg

次はヒカゲチョウ。暗かったんでストロボで撮ったらジャノメ模様の周りに青いリングが浮かび上がって幻想的だ。
e0167571_17164678.jpg

最後はクロヒカゲ。翅が丸くて色が薄いのでメスかな。どれもあまり真剣に撮ることのない蝶だ。
e0167571_1717125.jpg
5月31日(日)
雨が降るのは午後からだというので、さいたま緑の森博物館に行く。去年ウラゴマダラシジミのいたイボタノキでしばらく粘ったが結局現れず。もう羽化しているはずだが、曇天だからだろうか。
樹液酒場に白い蝶がひらひら飛んでいる。何だろうと近づくとアカホシゴマダラだ。
e0167571_17181433.jpg
すぐそばにオオスズメバチがいて気にしながら撮ったので、眼にピントが合っていない。10年ほど前に藤沢で発見された大陸亜種で、誰かが放蝶したと考えられている。ここにも進出したか!春型を撮るのは初めてであるが複雑な気分だ。その後アカホシゴマダラは何度か見かけたが、ゴマダラチョウ(在来種)は見なかった。飛び方はゴマダラチョウよりずっと緩慢だ。
近くの茶畑の脇のマーガレットに今年羽化した新鮮なテングチョウが食事に来ていた。そういえば越冬した個体しか撮ってなかったからいい機会だ。
e0167571_17184949.jpg

帰路は土砂降りの雨となった。あっという間に5月が終わってしまった。来週末は好天を期待したい。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2009-05-31 17:24 | チョウ | Comments(2)
カワトンボ3兄弟
明日は天気が崩れるということなので、暑くなりそうだが、今日フィールドに出ることにする。
以前から気になっていた神奈川西部の水田。ここにはしばらく拝んでないMがいるとのこと。ちょっと早いかもしれないが行ってみるか。
車を止めてあぜ道を歩く。農家の方が耕運機で代掻きをしている。子供の頃よく見た風景だ。一部は耕作がされてないようで、休耕田のようになっている。
e0167571_231237.jpg
ハラビロトンボがたくさん飛んでいる。このトンボ、弾丸のように飛んでは短いホバリングをしているが飛翔写真は撮れなかった。オスは成熟するにつれて黄→黒→青白色(粉を纏うため)と変化するが、黒いやつが多かった。
e0167571_2315279.jpg
Mを捜すが、アジアイト♀を一匹見つけただけだった。用水路に移動する。水路に沿った小径に足を踏み入れると、そこには半端じゃない数のミヤマカワトンボが乱舞していた。このトンボはとても大きく、翅は褐色、胴体は金緑色なので、いっせいに舞い上がるとそれは迫力ものだ。目の前をよぎると何と羽音がカサカサと聞こえるくらいだから。今までこいつらは大きな石がゴロゴロしているような河川の中上流域でしか見たことがなかったので、こんなコンクリートで囲まれた用水路にいるとは思わなかった(上が♂、下が♀)。
e0167571_2319418.jpg
e0167571_23223424.jpg

用水路の中で生き物の調査をしている女性がいた。カチカチとカウンターを叩いている。聞くとアメンボの調査だという。このときは聞き流してしまったが、後で調べると大変貴重なアメンボが生息しているらしい。しまった!写真を撮らせてもらうべきだった(後の祭り)。「Mの発生は6月下旬になりますね。」とのこと。やっぱり。フライングだったようだ。
ふたたび水路に沿って歩く。ミヤマカワに混じってただのカワトンボもいる。こいつらはDNAを調べないとほとんど区別不可能な2種より成るので「カワトンボ」ということで最初から種類の同定はあきらめているやつだ。
e0167571_23253684.jpg

更に進むと小さめのミヤマカワがいる、、、うん?違う。羽が黒い。アオハダトンボだ。これも最近数が減っている貴重なトンボだ。去年埼玉で見たときはあまり近寄れなかったが、今日は間近で撮ることができた。翅脈が緑色に光って美しい。
e0167571_23283381.jpg
e0167571_23301792.jpg

今日はM君には会えなかったが、カワトンボ3兄弟に会えてよかった。この3兄弟を同時に見られるところはそうはないんじゃあるまいか。
残念ながら、皆さんまだ未熟だったためか、異性に全く興味を示さなかった。結構面白い求愛行動をするというのだが。先日発表された、動画も撮れるPENTAXの最新機種でも買って撮りに来ようかな。「どこにそんな金があるの!」、っていう声が聞こえてきそうだ。
[PR]
Top▲ | # by dragonbutter | 2009-05-23 23:34 | トンボ | Comments(6)
| ページトップ |