Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:カワトンボ科 ( 36 ) タグの人気記事
Top▲ |
湖のホンサナエなど
海に近い平地を流れる用水路。
もうハグロトンボが飛び交っていた。
羽化を2匹観察。午前7時前後。
これを見に行ったわけではないが、羽化シーンは初めてなので喜んで撮影。
e0167571_17584862.jpg
e0167571_1759131.jpg

目的のトンボはこれ。
e0167571_17592034.jpg

複数の羽化殻が見つかる。ちょっと遅かったかな。川底を掬うと若齢から終齢までものすごい数のハグロトンボノヤゴがいた。この後秋口まで次々に羽化するのだろう。
こんな海も近い平地にアサマイチモンジが複数いた。
e0167571_175938100.jpg

次はどこにしようか迷った末に湖へ。
河川中流域にいるはずのホンサナエがこんなところにたくさん。
e0167571_17595434.jpg
e0167571_180293.jpg

ホンサナエを初めとする何種類かの流水性サナエトンボは波砕湖岸(砕波湖岸と記述されている書物、論文もありどちらが正しいか不明)と呼ばれる常に波が立つ大きな湖にも生息することが知られている。
メスを待ったけど1回それらしいのを見たのみ。
アオサナエがいてもいいのだが・・・。
ここにはカラスアゲハ、テングチョウ、コチャバネセセリも吸水に来ていた。
e0167571_1803096.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-06-11 18:04 | チョウとトンボ | Comments(0)
ひよっこの里にて
朝ドラ「ひよっこ」の舞台は奥茨城村という架空の村であるが、当たらずといえども遠からずの場所にトンボ観察に出かけた。
お目当てのトンボにはふられたが、その他のトンボたちが迎えてくれた。
まずはホンサナエ。
e0167571_23232440.jpg

次はアオサナエ。
e0167571_23233878.jpg

久しぶりに撮った広角写真。
e0167571_23235924.jpg

産卵するミヤマカワトンボ。
e0167571_23241797.jpg
できれば水中産卵を見たかったな。
縄張りを争うアオハダトンボのオス達と産卵しようとするメスにちょっかいを出すオス(右下)。
e0167571_23243888.jpg

連結に至る連続写真。後ろから胸部をつかみ腹端で頸部を確保して連結態となる。
e0167571_2325756.jpg

近くに池では今年もオゼイトトンボが健在だった。
e0167571_23255058.jpg

おまけはチラチラと降りてきたアカシジミ。
e0167571_2326714.jpg

ご同行頂いたHさん、朝早くから本当にお世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-06-06 23:29 | トンボ | Comments(2)
掃き溜めにヒヌマ 他
都内の公園にて。ここのベニイトトンボは移入ではないらしい。
e0167571_2332239.jpg
今年も交尾、産卵といった行動は観察できなかった。
e0167571_23324659.jpg
メスは1匹見たのみ。まだ少し早いのかな。
コフキトンボは沢山いる。
e0167571_2333110.jpg
肢が4本?いやいや、このトンボはとまる時ほぼ必ず前足を頭の横で折りたたむ。
メスの帯型もいた。
e0167571_23331676.jpg
これも同じとまり方だ。
まだアオヤンマが飛び回っていた。
e0167571_23333685.jpg
このトンボはとまっているところを撮ると食事中のことが多い。
いちばん多かったのはチョウトンボ。未熟個体が草原の上をたくさん飛んでいた。
e0167571_23335148.jpg
e0167571_2334381.jpg

次は東京近郊の葦原。暑苦しくて水も汚い。
e0167571_23342056.jpg
それでもこの小さなイトトンボを見たくて去年に続いて通ってしまった。去年は交尾が撮れたので今年は産卵が見たかったが、性別不明の未熟個体1匹を除いてすべてオスだった。今年も健在を確認できたので良しとしよう。蛍光塗料を塗ったような斑点が魅力的。
e0167571_23345641.jpg

最後は埼玉中部の谷戸。猛暑の中生き残ったアサヒナカワトンボが産卵していた。
e0167571_23351188.jpg
次世代に命を繋ぐために、残り少ない生命力のすべてを出し切っているようで感動した。すぐ近くで無色型オスがずっと警護していた。
e0167571_23353592.jpg
無色型オスは橙色翅型オスのように縄張りを持たず、橙色翅型の隙を見てメスを奪うらしい。しかしこの無色型オスは近づいた橙色翅型を追い散らしていた。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-07-04 23:38 | トンボ | Comments(2)
森の妖精
今週末は日曜日だけの休みだったが、このところ週末の天気がいいのでうれしい。
どこに行こうか迷ったけどmaximiechanさんのブログでミドリシジミが発生したようだったので朝は埼玉のポイントに行った。現地にはmaximiechanさん、ヘムレンさんbanyanさんyodaさん他、多くの方が見えていた。
e0167571_22545369.jpg
e0167571_2255688.jpg

メスも発生していてO型とB型(A型の斑紋も少し出ている)に会えた。
e0167571_22553066.jpg
e0167571_22554625.jpg

地面から上がって来た羽化直と思われる個体もいた。
e0167571_22574221.jpg

ミドリシジミをこれほどじっくり撮ったのは初めてだった。
皆さんお疲れ様でした。特にほとんどを見つけていただいたmaximiechanさん、お世話になりました。
その後行った場所ではニホンカワトンボ、羽化したてのアオイトトンボがいた。
e0167571_22575616.jpg
e0167571_22581570.jpg

そしてこれはコバネアオイトトンボのヤゴ(ヤゴは初見)。
e0167571_22583235.jpg
短い下唇と腹部の斑点が特徴。ここではまだ成虫を見てないが、まだ発生していることはわかったので、秋時間がとれたらまた来てみたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-05-29 23:00 | チョウとトンボ | Comments(6)
数を増すイトトンボ
連休初日は仕事の前に立ち寄ってみたいポイントがあったが、武相マラソンとかで大幅な交通禁止区域が設定されていて、行くことができなかった。ものすごい数の警察官が規制に当たっていた。一日中仕事にしてもよかったけど、別の場所に寄ってみた。休耕田の脇の池にはホソミイトトンボ(ホソミ)がいた。
e0167571_10104764.jpg
糸のように細い独特の体型だ。交尾も1回目撃したが逃げられた。やはり数がもっと多くないと生殖活動の撮影は難しそうだった。若いダビドサナエは黄色い斑紋がきれいだった。
e0167571_1011164.jpg

ということで4月最後日は神奈川県西部に向かった。ホソミはここ10年ほどで神奈川西部では急速に個体数を増しているらしい。
予想通りそこの池で見かけるイトトンボのほとんどがホソミ(ごく一部が若いクロイトトンボ)。
9時半頃からそこかしこで交尾が始まり、10時を過ぎると産卵も始まった。
e0167571_10113862.jpg
産卵はすべて連結産卵。
e0167571_1012427.jpg
オスはほとんどの場合直立姿勢をとる。必ず枯れた植物組織に産んでいた。1ペア産卵していると他のペアも近くに飛来して産卵を始める。「隣の芝生は青い」ってやつだろうか。蝶の吸水と同じ心理かもしれない。1ペアでもオスメス両方にフォーカスするのは難しいのに、2ペア以上は至難の業。池に自由に入るわけにもいかないので完璧な方向に回り込めないのだ。
e0167571_10125946.jpg
e0167571_1013925.jpg
バリアングルモニターがなかったら産卵写真はお手上げの場所だった。
ここは伊豆半島ではないが、ここのカワトンボはアサヒナカワトンボとニホンカワトオンボの雑種由来の伊豆個体群らしいので撮っておいた(Bull. Kanagawa prefect. Mus., no.39, pp. 25-34, 2010)。
e0167571_1013313.jpg
雑種由来の個体群がいるなら、素人目にはそもそもアサヒナとニホンはほんとに別種なの?という気もするが・・・。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-05-01 10:18 | トンボ | Comments(2)
多摩川中流域のヤゴ
多摩川中流域に出かけた。
河川敷ではまだミヤマアカネが飛んでいた。
e0167571_18532180.jpg
これが今年最後の出会いとなりそうだ。
しばらくはヤゴが上がらなかったが、移動しながら探すと、ようやく1匹採れた。そこは良いポイントの様で、この後次々と掬えた。
コオニヤンマはトンボになるのに最低でも2年はかかる種類なので、様々なステージのヤゴが採れる。3兄弟(笑)の写真。
e0167571_18534696.jpg
長男は終齢。
e0167571_1854184.jpg
今まで見た中では最も黒っぽい。
e0167571_18541259.jpg
なかなか迫力あるね。
下はダビドサナエの終齢兄弟。
e0167571_18565723.jpg
クロサナエとの区別は難しいが、中流域なので多分ダビド。
これはオジロサナエ。終齢を見るのは初めて。
e0167571_18573078.jpg
黄色い斑点がきれいだ。三角形の触角が特徴で、斜め前から見るとアヒルのくちばしみたい。
e0167571_18575128.jpg

下の2匹はずんぐりむっくりの方がアサヒナカワトンボで細長い方がハグロトンボ。後者はもしかしたらアオハダトンボかもしれない。
e0167571_1858874.jpg

アオサナエとミヤマサナエのヤゴが見たかったけど採れなかった。
羽化の頃面白そうな場所だ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-12-06 19:00 | トンボ | Comments(0)
清流で遊ぶ
東京では8日連続で猛暑日が続き、過去の記録を更新したという。地球はどうなってしまうんだろう、なんて思うほど暑かった。
その暑さも週末はほんの少しだけ和らいだ。
日曜日は埼玉県西部の渓流に出かけた。ここでは午前中は30℃を超えなかったのでまあまあ快適だった。
ある川に沿って上流に向かった。まだ集落がある場所で川に降りた。水はとてもきれいだ。
e0167571_18275796.jpg
コオニヤンマとミヤマカワトンボが岩にとまっていた。
e0167571_182815100.jpg
e0167571_18283296.jpg
目的はヒメサナエだった。30分くらい流れに入っていったり来たりしていたら、小さなサナエが岩にちょこんととまっていた。逃げられるより先に見つけられてよかった。少しずつ近づいて撮影した。
e0167571_18314284.jpg
ヒメサナエと思ったが横から見ると胸にYの字の斑紋。オジロサナエだった。
e0167571_18291629.jpg
オジロも羽化直後の写真しかなかったので同じくらいうれしい。それにしてもスマートなお腹。サナエでもトップクラスの細さ。腹囲を気にする我々には羨望の的だ(笑)。
e0167571_18294479.jpg

もう少し上流でヒメサナエもいたけど、飛んで来て少し高いところにとまったので証拠写真。
e0167571_183022.jpg
いることはわかったのでいずれまた挑戦したい。他にオナガサナエのメスもいた。
車道にスミナガシが飛んで来た。
e0167571_18301630.jpg
夏型は大昔フィルムカメラで撮っただけだ。春型とそう代わり映えしないね。
お盆は南関東からは出ない予定である。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-08-10 18:35 | チョウとトンボ | Comments(0)
イトトンボの楽園
ちょっと遠いけどお気に入りの池。
e0167571_9245858.jpg
最後の人家から数百メートル先にある。誰もいない中で、ウグイス、サンコウチョウ、ハチクマの声を聴きながらのんびりと撮影できる。今回初めてモートンイトトンボを見つけた。それもたくさん!写真はやや未熟なオス。
e0167571_9252482.jpg
今までもごく少数いたのか、それとも新たに飛来したのか。あまりモートンに適した環境ではなさそうであるが。
オゼイトトンボも相変わらず健在。
e0167571_927124.jpg
交尾まではすぐ撮れるが、産卵シーンの撮影は高難度。産卵中は無防備だから茂みに入り込んでしまって撮りづらいったらない。
e0167571_9291221.jpg
e0167571_929327.jpg
何とか初撮影できたがいつか撮り直したいところ。
この池には他にも数多くのイトトンボが飛び回っている。久しぶりにゆっくりと遊んでもらった。
まずクロイトトンボ。
e0167571_9303067.jpg
e0167571_9305135.jpg

次がオオイトトンボ。
e0167571_9311439.jpg
e0167571_9312623.jpg
e0167571_9314036.jpg

最後にモノサシトンボ。
e0167571_93252.jpg
e0167571_9321967.jpg

この他にホソミオツネントンボ、クロスジギンヤンマ、コオニヤンマ、ミヤマカワトンボを見た。
近くの川で撮った写真を添えて終了。
e0167571_932388.jpg
e0167571_9324914.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-06-21 09:34 | トンボ | Comments(0)
初夏の渓流にて
今日はムカシトンボの産卵シーンを目的に北関東に向かった。
途中埼玉県でアオヤンマの羽化が撮れないかと思い、春先にヤゴの採れた湿地に寄った。
3月には湿地全体が見渡され、長靴でどこにでも入って行けたが、わずか2月余りで葦の密林となっていた。葦の生命力はすごい。跳ね返る泥でズボンを汚しながらアオヤンマを探したが羽化殻をひとつ見つけただけ。
e0167571_21561827.jpg
個体数が少ないのか、まだ早いのか・・・
ムカシトンボの渓流に着いたのは9時過ぎころ。林道をゆっくりと登っていく。枝沢に入るとウワバミソウが多い。ここの産卵基質はウワバミソウらしいのでここで待つことにする。ニホンカワトンボがたくさん飛んでいる。翅の一部が白濁したオスが美しい。
e0167571_21565614.jpg
縁紋も白いので未熟なオスのようだ。飛ぶとこの白斑が実に美しいのだがこんな写真しか撮れなかった。
e0167571_21571838.jpg

ムカシトンボは何度か入ってきたが、オスかメスかはっきりしない。11時少し前、上流を飛んでいた影が消えた。とまったことを確信して近づいたがどこにもいない。おかしいなと思って少し回り込んだら苔に産卵していた。
e0167571_21574720.jpg
すぐに飛んで今度はウワバミソウにとまった。
e0167571_21582180.jpg
e0167571_226377.jpg

この後疲れたのか産卵をやめて休息モードになってしまった。ダメもとで指を差し出すと移動してくれた。
e0167571_2222196.jpg
なんかいまいち元気がなかった。老熟個体ではなさそうだったが。
隣の沢ではムカシトンボは飛来しなかったが、ヒメクロサナエとクロサナエが見られた。
e0167571_21584399.jpg
e0167571_21585699.jpg

クモガタヒョウモンのオスもいた。
e0167571_2159131.jpg

第三のポイントではコサナエが目的だったが、撮りにくい雰囲気になっていた。
e0167571_2159338.jpg
静止写真をちょっとだけ撮って退散した。
ちょっと消化不良の感が拭えないけど、一応ムカシトンボの産卵が撮れたので喜ぶべきだろう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-05-17 22:07 | チョウとトンボ | Comments(4)
多摩西部にて
サカハチチョウとアオバセセリ(証拠写真)がウツギに来ていた。
e0167571_23372324.jpg
e0167571_23373835.jpg
e0167571_23434011.jpg

やっとツバメシジミの青メスが撮れた。
e0167571_23432187.jpg
もう少し青い鱗粉が散布されているとうれしかった。
カワトンボの橙色翅型のオスは特にきれいだ。
e0167571_2344035.jpg
e0167571_2344137.jpg
e0167571_2344274.jpg

ハラビロトンボもでていた。
e0167571_23451911.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-04-30 23:45 | チョウとトンボ | Comments(0)
| ページトップ |