Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
山原遠征 その1
at 2017-05-07 20:04
チャマの里再訪
at 2017-05-02 16:32
潜水産卵、他
at 2017-04-30 17:53
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:52
アオバセセリの求愛が見事..
by ダンダラ at 06:09
ヘムレンさん、こんばんは..
by dragonbutter at 23:28
交尾拒否?そうなんですか..
by HemlenK at 05:26
タグ
(138)
(122)
(108)
(69)
(62)
(55)
(55)
(54)
(51)
(37)
(34)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:サナエトンボ科 ( 54 ) タグの人気記事
Top▲ |
ヤゴの水中写真
年末と年始に胃腸と喉の風邪を二度びきしてしまった。成人の日にはだいぶ回復したので、久しぶりに流水域のヤゴを見に出かけた。冷たい空っ風がビュンビュンふいていたが、胴長が防寒具にもなって、川の中でもそれほど寒くはない。
ここは一級河川の中流域。冬だから水量は少なめ。河原が整備されており、ヤゴには若干暮らしにくくなったようで心配だ。サナエトンボの仲間のヤゴを撮るときは大きめの石を足でひっくり返す。この時すぐ下流にタモ網を構えて、流れてくるヤゴを掬うのだ。
今日の収穫はオナガサナエが4匹とミヤマサナエ(?)1匹と少なめ。
e0167571_23132596.jpg
e0167571_2313414.jpg

オナガサナエのヤゴはここでは初見だが、いて不思議はない。アオサナエに似るが側棘と触覚の形態からオナガサナエだ。上から見ると笑っているようにも見える。しかし横や前から見ると間が抜けて滑稽で情けない顔だ。
e0167571_2314428.jpg
e0167571_23142115.jpg

リリースする前にTG3での水中撮影にトライした。
e0167571_2315545.jpg
e0167571_23151692.jpg
e0167571_23152791.jpg
天気が良かったので自然光でいい感じに撮れた。もちろん清流でなければできない撮影だ。フィッシュアイコンバーターも水中写真で試してみたかったが、手が冷たくてそこまで考える余裕がなかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-01-13 23:21 | トンボ | Comments(2)
ルリモンハナバチには会えたけど
コシボソヤンマがどうしても諦めきれずに今年最後の訪問をした。
着いて間もなく「幸せを呼ぶ青い蜂」と言われるルリモンハナバチがキツネノマゴで吸蜜していた。
e0167571_22275885.jpg
e0167571_22281044.jpg
地域によっては絶滅危惧種に指定されているらしい。初見かどうかは覚えていないが撮影は初めて。ミツバチの仲間なのに実はとっても怠け者で他のハナバチに労働寄生(他のハチの巣に侵入して卵を産み付けて育ててもらう)するという。
さて目的のコシボソヤンマであるが、相変わらず現れるのはオスばかりでメスは確認できた限り1回飛来したのみ。それも産卵の気配はなかった。その代りコオニヤンマが1度だけ産卵に来た。30秒程の出来事で、いい写真は撮れなかった。
e0167571_22284679.jpg
e0167571_22285773.jpg
コオニヤンマは本当にいろんな環境に適応している。よく見るのは中規模河川の中流域であるが、このような薄暗い小川にも生息する。以前この小川でじっととまっているオスをよく見かけたが、ちゃんとメスを待っていたのだ。
e0167571_22291427.jpg

結局コシボソは今回もオスの写真を撮るしかなかった。愚痴になるけど暗い環境でホバリングすることなく憑かれたように飛び回るオスはとっても撮りづらい。ブレたりピントが来ていないなかでもマシなものを載せておく。
e0167571_22292867.jpg
e0167571_22293649.jpg

あたりが薄暗くなってもコシボソは益々元気に飛び回っていた。涼しい風も吹いて来て、秋の気配を感じた。コオニの産卵とコシボソの飛翔で多少でも進歩があったのはルリモンハナバチの効用だったと信じよう(笑)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-08-24 22:31 | Comments(2)
食うか食われるか
草むらにとまったホンサナエがいたので近づくと食事中だった。ヒメバチの仲間をバリバリ食っていた。
e0167571_083363.jpg
トンボが蜂を食べるところは初撮影かもしれない。
一方で初夏のハスの葉はイトトンボ天国。しかし危険な敵もいる。オオイトトンボの翅と胸部だけになった無残な死骸を葉の上に見つけた。スジブトハシリグモが横にいたのできっとこいつの犠牲になったのだろうと思って1枚撮影しておいた。
e0167571_0101143.jpg
帰ってから見ると口に胴体を咥えているではないか。現行犯だ。しかも体の下にはどうみても別個体の腹部が下敷きになっている。最低2匹はこの葉の上で犠牲になっていることがわかる。隣の葉にはメダカの死骸が乗っていた。狭いハスの葉の上でも数々のドラマが繰り広げられているのだ。
因みにこのクモは以前モートンイトトンボの交尾体を見つけた時、あっという間にメスだけ咥えて逃げ去った憎きクモである。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-03 00:13 | トンボ | Comments(10)
6月初日は暑かった
週末は早くも真夏の暑さ。長期予報で今年の夏は冷夏だといっているが本当だろうか。
日曜に行った北関東も各地で猛暑日に!体が慣れていないので意識的に水分を多めにとりながらトンボの観察。朝まだ気温が上がらないうちがトンボの観察に適していた。
アオハダトンボの美しさはどうしても写真にするとちょっと違ってしまう。
e0167571_232442.jpg
e0167571_233182.jpg
e0167571_2332920.jpg
産卵中も旦那さんが警護飛翔していた。
e0167571_2335112.jpg

ホンサナエがいっぱいいた。
e0167571_2354384.jpg
レンズにまでとまるほど。
e0167571_236271.jpg
しかし気温が上がるとどこかに飛び去り、残ったオスは小枝で休んでいた。砂にとまったらやけどするもんね(笑)。
クロアゲハも吸水に来た。
e0167571_2365094.jpg

コヤマトンボは暑い中でも縄張りを巡回していた。
e0167571_236301.jpg
飛翔写真は去年よりは少しだけ進歩した。
次のポイントは去年と比べ水が濁っていてトンボが住みにくそうになっていた。アメリカザリガニが侵入したのだろうか。池にトラップがあった。でもオゼイトトンボはまあまあ発生していた。
e0167571_2371584.jpg
不思議なことに隣の下流の池はオゼイトはいなくてオオイトトンボがほとんどだった。
e0167571_237332.jpg
オゼイトのヤゴを撮りたかったが掬えたのはモノサシトンボとクロイトばかり。もう全部羽化し終わったのだろう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-06-01 23:09 | トンボ | Comments(0)
コサナエ発生
ムカシトンボの撮影の後移動した先は休耕田だった。去年はクロスジギンヤンマやハラビロトンボが羽化していたが、今年は少し早かったのか両方とも見られず、シオヤトンボが元気に飛び回っていた。
そして去年は全く見ることのなかったコサナエのオスがたくさん発生していた。
e0167571_22383210.jpg
まだ羽化後間もないため、斑紋が黄色できれいだった。翅もピカピカ輝いていた。
e0167571_22385041.jpg
とても敏感で背景を生かした広角写真はおあずけ。1回だけ産卵を撮る機会があった。
e0167571_22391779.jpg
植物を保護する?鉄柵の上から枯草に産卵していたが、放卵の瞬間は写せなかった。第10節を下方に曲げているのは産卵シーンの特徴なのだろうか。
コサナエをまともに撮影するのは3年ぶり、産卵は実に6年ぶりだった。とても撮影しやすい場所なので今後羽化や交尾写真など狙えそうな場所だ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-04-28 22:40 | トンボ | Comments(0)
南信で五目撮り
山に入る最終バスまで時間があったので山の湖に寄った。
ここを訪れるのは2回目。前回と同じくオオルリボシヤンマが産卵していた。
e0167571_21523590.jpg
ここは水辺へのアプローチが容易で産卵場面は撮りやすいのだが、青色型のメスがいないのが残念だ。真っ赤なネキトンボもまだまだ元気だった。
e0167571_21531740.jpg
バス乗り場にある大きな駐車場はほぼ満車。あたりにはブットレアが野生化して溢れており、蝶が集まっていた。一番多かったのはミドリヒョウモン。
e0167571_21553935.jpg
このメスはかなり暗化が顕著なようだが、新鮮なものを撮りたいものだ。
山から下りた翌日はトンボの新ポイントを探索したが、目当ての大物は発見できず。河川敷の堤防を歩いていると中型のサナエが飛び立った。ミヤマサナエだ。数はかなり多く、歩くと次々と舞い上がった。このトンボは人の気配にとても敏感で近づくのが難しい。しかし慣れてくると気配を消しながら近づくコツがなんとなくつかめてくる。
e0167571_21562485.jpg
最後はもっと接近して広角撮影もできた。
e0167571_21564434.jpg
中信にミヤマサナエが多いポイントがあることは知っていたが、南信にもこんな良いポイントがあるとは知らなかった。
最後に地元研究者から教えていただいたミヤマシジミの里へ。ミヤマシジミはまだ各所で見られるが、そのほとんどが河川敷であり、農耕地に残る産地はとても貴重である。以前(といっても50年以上前だろうが)は採集する気もおこらなくなるほどヒョウモンモドキがいた場所らしい。
e0167571_21572748.jpg
環境写真は自粛するが、農耕地である証拠に稲穂の脇を飛ぶ雄の写真を載せておこう。
e0167571_21574985.jpg
草刈りが適度に行われてコマツナギもよく残っている。いつまでもミヤマシジミの飛び交う里であって欲しい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-09-26 22:04 | チョウとトンボ | Comments(2)
台風の前に
今週末は日、月が台風で荒れ模様の予報。土曜日は何とかもちそうなので北関東にナゴヤサナエを見に行くことにした。ナゴヤサナエは今まで羽化シーンを見ただけである。サナエトンボの仲間は「早苗」からわかるように、一般的には春から初夏のトンボであるが、主に盛夏から秋口に見られる種類がある。関東ではミヤマサナエとこのナゴヤサナエがそう。
いると思われる川には8時前に着いた。近くの田んぼでは既に稲刈りが始まっている。ここからが問題だ。川に下りる場所を捜さないといけない。こんな場所なのだ(これは川に下りた後撮ったもの)。
e0167571_22434952.jpg
前もって国土地理院の地図やグーグルマップでよさげな場所にチェックを入れていったが、実際見るのとは大分違うので全然役に立たなかった。最初に車を止めた場所はちょっと厳しそう。そこで歩いて捜すことにする。先ず橋の上から眺めるとずっと上流の川岸が開けている。実際空身で偵察するとビンゴ。それらしいトンボも飛んでいる。急いで車を近くに移動させウェイダーを履いて出撃。
水深は膝前後。しばらく雨が降っていないためか、幸い流れも緩やかだ。あちこちで飛んでいるかと思うとピタッといなくなったりを繰り返す。飛翔がなかなか撮れないでいると、しばらくして川岸の枝にとまるところを目撃した。1回目は逃げられたが、よく見ているうちにどのナゴヤサナエも頻回に水面に突き出た枝にとまることがわかった。それも水面から50 cmほどの低い位置だ。お気に入りの場所がいくつかあるようで、しばらくして戻ってくると、またとまっていたりする。
e0167571_22445781.jpg
e0167571_22451119.jpg
うれしいことにあまり人を恐れない。○○湖のメガネサナエよりずっとフレンドリーだ。顔のアップや広角写真もいくらでも撮れる。
e0167571_22494730.jpg
e0167571_22501333.jpg

黄色っぽいやつが飛んできたと思ったら、とまっていたオスがスクランブル発進。あっという間に交尾成立。「近くにとまってくれ」と祈ったが、岸の高木に消えていった(泣)。他にもメスが2-3度産卵に来たが、数回打水するとさっと飛び去った。
十分撮った後もう一回飛翔写真に挑戦。ホバリングはしないのでそう簡単ではないが、ゆっくりと直線状に飛んでいるときがチャンス。他のオスがちょっかいを出すとあっという間に追飛が始まり手が出なくなる。遠いけどピントが合っているものをトリミングして載せておく。
e0167571_22505273.jpg

撮影者も採集者も釣り人もいない。川は音をたてずゆったり流れている。暑いけれど静かな時間を過ごせた。
もう一ヶ所寄ったが空振りだったので省略(笑)。そこではアジアイトトンボ、ノシメトンボ連結のぶら下り、そしてチョウトンボを見ることができた。
e0167571_22513049.jpg
e0167571_22523946.jpg
e0167571_225258.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-09-14 23:02 | トンボ | Comments(8)
君も里帰り?
東京への帰路はどっちみち渋滞に巻き込まれるのはわかっていたので1箇所道草。流れる水はきれいだがコンクリートで固められた町中の川。こんな所に面白いトンボがいるはずもなさそうだが、そうでもないらしい。ここに通うのは3回目だろうか。ハグロトンボがたくさんいた。
e0167571_2238342.jpg
産卵のまともな写真は初めてかも。
e0167571_22381560.jpg
金色に輝く翅脈が美しい。
家内がオナガサナエを2回見つけてくれた。
e0167571_2238307.jpg
なぜか2匹とも川よりずっと高い所にいた。
e0167571_22384114.jpg

目的のミヤマサナエの撮影はワンチャンスしかなかった。
e0167571_22391188.jpg
ヤゴは撮影済みであるが、成虫は何十年も前に高原で撮ったきりでデジタル初撮影だった。このトンボは羽化すると故郷を遠く離れた標高の高い所に移動して成熟するまで過ごす。そして夏後半になると生まれた川に戻ってくるということだが、本当に生まれた川に戻るのか、どこでもいいから気に入った川に戻るのかはまだ判っていないのではないだろうか。
光線の具合が良くなくて、しかもあまり近づけなかったので証拠写真に近いがとりあえず撮れた。
目的のもう1種類はより分布が限られるトンボであったが、目撃すらできなかった。
気温は32度あったが、富山や東京の暑さに比べたら爽やかささえ感じた。中央道は19kmの渋滞。想定範囲内ってとこかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-08-21 22:42 | トンボ | Comments(0)
初夏のトンボ(流水編)
関東地方は平年より随分早く梅雨入りした。
ここ3週末連続で土日のどちらかに仕事が入ってしまった。しかし今週末で休める土曜日は好天の予報だったので茨城方面にトンボの観察に出かけた。
この川は木曜の夜から翌朝にかけて降った雨で増水していた。川で見かけたトンボを種毎にまとめて紹介する。
先ずはアオハダトンボから。時々羽を開くが輝きをうまく捉えるのはむずかしい。
e0167571_21265222.jpg
このトンボは求愛の時しきりにメスの周りを飛び回る。このときは一定の場所で飛ぶので飛翔写真のチャンス。
e0167571_21272640.jpg
e0167571_21273558.jpg
時には川面に浮かんで流されて見せるらしい。まるで女の子の気を引こうといろいろふざけてみせる男の子のようだ。下の写真は流されて見せようとしたところのようだが、草が邪魔して流れなかった。
e0167571_21275417.jpg
失敗したせいか交尾には至らなかった。
ミヤマカワトンボは強い金属光沢をもち、個人的には日本で最も美しいトンボの1つだと思う。とても敏感で近づきにくい。
e0167571_21282553.jpg

この川では初めてアオサナエをみた。こいつもきれいだ。
e0167571_21284345.jpg
増水で倒された草にとまっていると保護色で認識しづらい。他にも何度か見かけたが、激流の向こう側にとまることが多くて、流されそうで近づけなかった。アオハダトンボのオスじゃないからね。
ホンサナエもいた。小さくてずんぐりしたサナエだ。
e0167571_21331818.jpg
コヤマトンボは今年も飛翔しかチャンスが無くてトライしたが出来はいまいち。
e0167571_212971.jpg
メスが産卵に2回ほど飛んできたがほぼ全滅。これはかなり悔しかった。
e0167571_21293075.jpg
トンボ飛翔写真の法則「ピントが合った写真は後ろ向きである。」(泣)
おまけはウラギンヒョウモン。
e0167571_21294648.jpg

親水公園という標識が気になって、水田を見回りに来た方に聞いてみた。「親水公園ですか。この道を進めばすぐですよ。ホタルの里にしようとしたんだけどマムシの里になっちゃってね。子供だけでは危なくて行かせられないよ。」マムシのいそうな所ばかり歩いている僕は気にせず行ってみることにした(続く)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-06-01 21:38 | トンボ | Comments(4)
シーズン・イン -ミヤマセセリ初見-
今日もぐんぐん気温が上がった。
息子は春休み。部活もしばらくないらしく、部屋にこもって寝てばかり。体によくないぞ!とたたき起こして多摩西部に連れて行った。免許を取ったのにそれほど運転したがらない。最近の若者は車に興味をもたなくなっているというけれど。
着いた場所は、一昨年震災の2日後にミヤマセセリを観察できた「実績」のある場所。この気温ならひょっとして、と期待したわけ。さっそくキタテハ、テングチョウ、ルリタテハといった越冬組みが飛んでいる。暖かいためなかなか止まらず、止まってもあまり翅を開こうとしなかった。
e0167571_18391694.jpg
e0167571_18414790.jpg
10分ほど経ったとき、水量の減った渓流を黒っぽい小さな蝶が飛びまわるのを見つけた。息子がこっちに止まったというので急いで近づこうとしたら・・・、コケが生えた岩で長靴が滑って転んでしまった!無意識にカメラは水に漬からないように持ち上げたが、右半身はしっかり濡れてしまった。幸いかすり傷もなかったが、これからもムカシトンボを捜して渓流を歩くことがあるだろうから気をつけないとね。気温も高く、濡れてかえって気持ちいいくらいだった(負け惜しみ)。
肝心のミヤマセセリはなかなか止まらず、止まっても敏感で苦労したが結局撮ることができた。my recordを3日更新することができた。
e0167571_1842957.jpg
後翅が心もち緑色に輝いてきれいだ。
e0167571_18422446.jpg

帰りに寄った里山で他の蝶を捜したが新蝶は飛ばなかった。チョロチョロと流れる小川でコシボソヤンマとヤマサナエのヤゴが掬えた。若齢のオジロサナエと思われるヤゴも。東京都でコシボソヤゴは初めて。夏来れば見られるかも。
e0167571_18424733.jpg

写真はヤマサナエのヤゴ。もちろんやらせ写真ですよ。ヤゴをきれいに洗って泥をとってからリリースしたもの。
息子は車から出ると花粉症がひどくてかわいそうだった。私は子供の頃、寄生虫を2種類飼った(笑)ことがあるためか、アレルギーとは今のところ無縁だ。
帰る途中、急に空が薄茶色になって視界が悪くなった。黄砂とPM2.5と花粉のトリプル攻撃だと思っていたが、風で地表のほこりが巻き上がった「煙霧」という現象らしい。ちゃんと天気図の記号まである「天気」のひとつである。東京の最高気温は25.3℃!観測史上最も早い夏日となった。今年の春はこの後どうなっていくんだろう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-03-10 18:46 | チョウとトンボ | Comments(14)
| ページトップ |