Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
最新の記事
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
シカの群れに遭遇
at 2017-07-12 23:42
大山(ダイセン)記念日
at 2017-07-03 23:55
初夏の山にて
at 2017-06-26 07:37
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
この場所は入山規制で入れ..
by ダンダラ at 16:29
Hemlenさん、こんば..
by dragonbutter at 23:25
ひゃー、いいところですね..
by HemlenK at 03:25
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 09:48
タグ
(140)
(126)
(112)
(70)
(62)
(57)
(57)
(56)
(52)
(38)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:シジミチョウ科 ( 140 ) タグの人気記事
Top▲ |
東信で秋の蝶とトンボ
日曜日はHさんをお誘いして東信へ出かけた。目的はマダラヤンマ。
8時頃現地に着いたが、日が射す気配がないので、街の真ん中に移動した。真田家ゆかりの寺の石垣にツメレンゲが生えていた。一時に比べると見る影もないようだが、それでもクロツバメシジミが2匹だけ飛んでいた。うち1匹はとても新鮮だった。
e0167571_22461190.jpg
e0167571_22463172.jpg
これほど貧弱な環境で生き延びているとは逞しい。街中ということがわかる写真を1枚。
e0167571_2246461.jpg

池に戻るとガマの繁みをマダラヤンマが時々飛んだ。時々近くにとまるので静止写真は撮れたが、今回飛翔写真は難しかった。
e0167571_22523221.jpg
腹部の方が高い位置で止まるのは初めて見た。
e0167571_22484076.jpg
長いホバリングは必ず向こう向きだった(泣)。これは真横からに近い数少ない1枚。
e0167571_22495955.jpg

マダラヤンマを別の池で探したとき近くで撮ったウラナミシジミの交尾写真(初)。
e0167571_22502196.jpg
e0167571_22504535.jpg

至る所にマツタケ料理の看板があったが、これくらいの成果で財布の紐を緩めるわけにはいかなかった(笑)。
Hさん、メス、交尾、産卵は撮れませんでしたが、また挑戦しましょうね。ありがとうございました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-10-04 22:54 | チョウとトンボ | Comments(6)
北関東へ -蝶編-
場所を変えて秋の蝶を追いかけた。
先ず行ったポイントは、4年前banyanさんに案内していただいた場所だが、その時は残念ながらシルビアシジミには会えなかった。
今年は歩き始めるとすぐ、あちこちで飛び交っていた。
e0167571_22474616.jpg
しばらくするとダンダラさんご夫妻も来られ、しばらく一緒に撮影を楽しんだ。
念願のミヤコグサでの吸蜜シーン(ちょっと花がくたびれているが)。
e0167571_2248621.jpg

開翅シーンは擦れた個体のものしかなかったのでうれしい。
e0167571_22483626.jpg

メスの開翅も何とか撮れた。
e0167571_2249061.jpg

産卵はもちろん初。
e0167571_22492169.jpg

次の場所に連れて行っていただくと、そこはツマグロキチョウとミヤマシジミの楽園だった。
ミヤマシジミは新鮮なものが多かった。
e0167571_2250185.jpg
e0167571_22501819.jpg

ツマグロキチョウは夏型と秋型が混飛していた。
e0167571_22511455.jpg

求愛と交尾。
e0167571_22512744.jpg
e0167571_22513833.jpg
交尾のオスは若干羽化不全気味なので広角で(笑)。
皆様、ありがとうございました。楽しい1日でした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-09-28 22:55 | チョウ | Comments(10)
杉並公園日記
100mmマクロレンズは使い始めて40年になる。3代目のフォーカスリングが大分ギスギスしてきた。随分前にサービスセンターに見せたら「これは重症ですね」と言われた。写りは悪くないので使い続けていたが、下取りに出すと新型の新品がYカメラよりだいぶ安く手に入るので、思い切って新調した。もう1月も前になるだろうか。忙しいうえに天候不順でそのままになっていた。
今日は曇りのち雨という予報であったので朝ゆっくり起きると思ったより明るいので、近場の公園に100mmマクロをもって散歩がてら自転車で行ってみることにした。
ヒガンバナが所々に数株ずつ咲いていた。遠くの株に黒っぽいアゲハが来ていたので慌てて近づくとカラスアゲハのメスだった。
e0167571_13195829.jpg
e0167571_13251511.jpg
e0167571_13204419.jpg
きれいな第3化だった。
ヤマトシジミはLEDライトに反応して開翅してくれた。
e0167571_1321133.jpg

芙蓉の花にチャバネセセリが入り込んでいた。
e0167571_13211738.jpg

ホシミスジもいた。
e0167571_1321327.jpg
e0167571_13214389.jpg
多摩東部では2010年頃から移入個体が増えている。この公園にもいるとは聞いていたが、個人的には東京都区部初撮影となった(じつは我が家の玄関先でそれらしい個体を目撃済みだ)。
少し飛んでユキヤナギで産卵した。
e0167571_1322242.jpg
葉の裏には小さな卵があった。
e0167571_13221899.jpg
いずれも初撮影。
100mmマクロは近づかないと撮れないので、じっくり撮れる相手に限られるが、さすがにシャープだし、現行品は防滴構造なので雨が降りそうでも安心して使える。
2時間ほどの散歩だったが予想外のシーンが撮れてよかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-09-24 13:28 | チョウ | Comments(2)
信州高原紀行 – チョウ編 -
2泊3日で信州(一部岐阜県)の高原を訪れた。
3年ぶりのゴマシジミポイント。渋滞を避けて3時半過ぎに出発したが、途中で仮眠をとったりしたため、現地着が9時前。手入れの行き届いた環境で、今年もゴマはまあまあの数発生していた。
e0167571_1148139.jpg
珍しいゲンノショウコでの吸蜜。
e0167571_11483682.jpg

晴れて気温も上がってしまい、開翅は望めない。ひたすら飛翔を撮ることになった。
e0167571_11485914.jpg
e0167571_11494236.jpg
e0167571_11495254.jpg

前回はほとんどが黒ゴマだった記憶があるが、今年はうれしいことに大半が青ゴマだった。同じ場所なのに年によってこうも違うものなのだろうか。
美女によれよれのオスが絡んでいた。
e0167571_11501021.jpg
e0167571_11502127.jpg

4km近く離れた別の場所に初めて立ち寄る。広角写真のうち差しさわりのないものを。背景はソバ畑。
e0167571_11503340.jpg

今回はデジタル未撮影の蝶3種が撮れる可能性がある場所だった。うち2種類はかすりもしなかった。もう1種類はカラスシジミ。特別珍しいわけではないのになぜか未撮影。去年の北海道でも鉄板と思ったのになぜか空振り、相性が悪いのだ。
2日目に家内が「そういえばきのうこんな蝶がいたよ。」とボンネットにとまった蝶の写真を見せてくれた。
e0167571_1151172.jpg
見るとなんとカラスシジミ!その時僕は遠くでエゾトンボを撮っていたので声をかけなかったらしい。同じ場所を探すけど見つけたのはモンキチョウの交尾だけ。
e0167571_11513573.jpg
やっぱりボロでもいいから自分で撮りたい。最終日に小雨の中、スモモの枝を叩くと褐色のシジミが飛び出した。やっと会えたカラスシジミ(メス)だった。
e0167571_1152182.jpg
新鮮ではないけど尾状突起も2本残っていた。この後土砂降りの雨となったのでランチを食べて山を下りた。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-08-16 11:54 | チョウ | Comments(4)
キリシマルリシジミ?初撮影
長年の憧れであったキリシマミドリシジミを撮りに出かけた。実は今日は2度目の挑戦。1回目は曇天の中、エメラルドグリーンのまばゆい輝きを目の当たりにしてその美しさに驚いただけで終わった。
2度目はいい天気だった。人の数も多くてとまった場所などを教え合い、チャンスも多かった。でもいかんせん遠い!300mm+1.4テレコンという自分では最高倍率で臨んだのであるが。そして好天に加えて光線の角度が良くなくて開いても青く光ってしまうのだ。直射日光を浴びると緑に輝いてくれないようだ。日陰を飛ぶと緑に輝くので鮮度の問題ではなさそうだった。
そんなわけで撮れた写真の満足度はかなり低いものであったが、撮影の難易度は最高レベルの蝶であろうからまずは良しとしないと・・・。短尾型も長尾型も一応撮れたことだし。メスも宿題として残った。
e0167571_23171238.jpg
e0167571_23172433.jpg
e0167571_23173974.jpg
e0167571_23175274.jpg
e0167571_2318581.jpg

すべてトリミングしてます。
ご同行頂いたヘムレンさんbanyanさんみき♂さん、ありがとうございました。現地でお会いしたdaronさん、Sさん、お世話になりました。じっと待つ単調な撮影ですが、おかげさまで楽しく過ごせました。
このポイントをIさんがメールで教えていただいたのが7月4日と5日のことでした。
それから2週間余り後、突然帰らぬ人となられるなんて、今でも信じられません。
あの人懐こい笑顔は決して忘れません。
心からご冥福をお祈りいたします。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-07-31 23:20 | チョウ | Comments(10)
早くもメスばかり
先週末、見たかった蝶は(予想はしていたが)フライング。
クロシジミもまだだろうと思いながら立ち寄ってみたら発生していた。最も早い観察日となった。
それなのに目にするのはメスばかり。オスはこの1匹だけだった。
e0167571_222633100.jpg

なぜだろう。いる場所が違うのかな。
というわけで今回もオスの開翅は撮れなかった。スリスリ始めたので期待したが飛ばれた。
メスは開いてくれたが早くも擦り傷や破損のあるものも多かった。これが最も傷の少なかったメス。
e0167571_22265695.jpg
e0167571_22272423.jpg

好奇心のあるアリが近づいてきた。クロシジミはちょっといやがって向きを変えたが、アリは間もなく歩き去った。
e0167571_22281222.jpg
e0167571_2228211.jpg
e0167571_22282842.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-07-14 22:29 | チョウ | Comments(4)
カシワ林の宝石たち
Hさんをお誘いして去年雨の中ハヤシミドリシジミの証拠写真を撮ったカシワ林に出かけた。
8時前に着くと青いゼフィルスが巴飛翔していた。多分オオミドリシジミだろうと思いながら撮影開始。低い位置にもよくとまってくれた。やはりすべてオオミドリだった。オオミドリには遅いと思っていたが、新鮮な個体もいた。
e0167571_22101899.jpg
e0167571_22103153.jpg
e0167571_2211935.jpg
オオミドリは何度か撮ったことがあるが、今回の出来がいちばんだと思う。
久喜のHさんと八王子のSさんにお会いして情報交換。少し先に進んだカシワ林に移動した。ここでようやくハヤシを見つけた。といってもその場では自信がなかった。ここで撮れたのはオスだった。
e0167571_22115120.jpg
残念ながら翅表はこんなカットだけだった。
e0167571_2212577.jpg
しっかりその場で鑑別できるよう準備していけば、もう少し特定の個体を集中して撮れたのだが・・・。
最初の場所に戻ると、Hさんの足元から今日羽化したばかりと思われるハヤシのメスが力なく飛び出した。飛ぶのが嫌なのか、飛びあがってもすぐにとまってくれたので、思う存分撮ることができた。
e0167571_22122793.jpg
e0167571_22124172.jpg

オスの開翅がうまく撮れなかったし、実はカシワ林を代表するゼフのもう2種類も掲載できるレベルの写真が撮れなかったので宿題も残ったけど、思った以上に良いポイントなので、来年以降機会を見つけて行ってみたい。
同行頂いたHさん、現地でお会いしたHさん、Sさん、お世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-27 22:14 | チョウ | Comments(4)
会津の瑠璃達 –蝶編-
恒例のドライブインで昼ご飯を頂いた後、キマルリタイムまで時間があったので近くでポイント探し。2か所ほどよさげな場所を見つけた。1か所はbanyanさんがだいぶ前に来た場所のようだった。栗の花でピカピカのメスグロヒョウモンが吸蜜していた。
e0167571_2229895.jpg

有名ポイントではTさんのお話では昨日より1時間以上前からテリ張りが始まった。曇ってしまったためだ。
e0167571_22313792.jpg
ここでの撮影は4年ぶりであるが、飛び回る面積が狭まっているようだった。桐が切り倒された影響なのかたまたまなのか。そのせいもあって、以前にも増して1匹に撮影者が集中して取り囲み、蝶の背景が撮影者の服といった状態(笑)。
そこで思い切ってさっき回った場所に移動。そこでも活動が始まっていた。多くが高い枝の周りを飛び回っていたが、1-2匹が低い位置によくとまってくれた。
e0167571_22321796.jpg
少し山手のせいか、有名ポイントよりさらに新鮮だった。
e0167571_22324321.jpg
e0167571_2233122.jpg
e0167571_22332122.jpg
撮ろうとするとしばしばタテハに邪魔された。「うるさいキタテハめ」と思ってよく見るとシータテハ。
e0167571_22333253.jpg
シータテハの縄張り行動は初めて見た。
撮影終了を見極めるように雨が降り始めた。
メスを撮りたかった、交尾を撮りたかった、なんて欲を出したらきりがない。静かなキマルリ天国だった。
同行のお二人、また現地でお会いした方々にはお世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-22 22:35 | チョウ | Comments(6)
森の妖精
今週末は日曜日だけの休みだったが、このところ週末の天気がいいのでうれしい。
どこに行こうか迷ったけどmaximiechanさんのブログでミドリシジミが発生したようだったので朝は埼玉のポイントに行った。現地にはmaximiechanさん、ヘムレンさんbanyanさんyodaさん他、多くの方が見えていた。
e0167571_22545369.jpg
e0167571_2255688.jpg

メスも発生していてO型とB型(A型の斑紋も少し出ている)に会えた。
e0167571_22553066.jpg
e0167571_22554625.jpg

地面から上がって来た羽化直と思われる個体もいた。
e0167571_22574221.jpg

ミドリシジミをこれほどじっくり撮ったのは初めてだった。
皆さんお疲れ様でした。特にほとんどを見つけていただいたmaximiechanさん、お世話になりました。
その後行った場所ではニホンカワトンボ、羽化したてのアオイトトンボがいた。
e0167571_22575616.jpg
e0167571_22581570.jpg

そしてこれはコバネアオイトトンボのヤゴ(ヤゴは初見)。
e0167571_22583235.jpg
短い下唇と腹部の斑点が特徴。ここではまだ成虫を見てないが、まだ発生していることはわかったので、秋時間がとれたらまた来てみたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-05-29 23:00 | チョウとトンボ | Comments(6)
北アのオレンジと安曇野のブルー
クモマツマキチョウ(クモツキ)は南アでは2回撮影済みであるが数は多くなく、1日に数回チャンスがあるくらいだった。毎年送っていただくNさんのビデオを拝見すると、北アでは数も多そうなのでチャレンジしてみたが、そう甘いものではなかった。
現地に着いたのが8時半頃。車を降りるとすぐにオレンジが横切る。ハタザオにとまったが生憎カメラには100mmマクロを付けていたため、十分近づくのに時間がかかり飛ばれてしまった(泣)。ハタザオの吸蜜が短いのは南アと同じだ。9時にFさんが到着した。ご挨拶していた時2頭目のオスがやって来た。今度はヤマガラシの花にとまった。足場の悪いがれ地の斜面を駆け下りて撮影。
e0167571_11213814.jpg
この花の吸蜜時間は長かった。1分ほどあったかもしれない。オレンジの中の黒斑が南ア産と違って点状。
e0167571_11215850.jpg
何度見てもクモツキの美しさは色褪せない。この時点ではこの調子で何度も撮影チャンスは訪れると思っていたが、この後が続かなかった。だいぶ歩き回ったが、メスを1回目撃しただけ。他の撮影者たちも1,2回のチャンスしかないらしく成果は芳しくないよう。びっくりしたのはウラギンヒョウモンがもう発生していたこと。しかもメス。
e0167571_11223269.jpg
e0167571_1122464.jpg
低地から上がって来たのだろうか。それにしても早い!
結局車を止めた周囲で粘ることにした。お昼を過ぎたころ霧島緑さんも到着された。
午後のポイントには今日羽化したてかと思われるオスがいた。少し飛んでは長いことお休みする。
e0167571_11232050.jpg
撮り放題ではあるが、花で吸蜜してくれない。だから翅も開かない。しかしこいつがいなかったら午後は悲惨なことになっていたので感謝しないといけない。1週間遅かったのかな。ちょっと遠いけどまた来る理由もできた。
いくつか撮った花の写真からFさんが見つけたノウゴウイチゴ。
e0167571_11235014.jpg
実はとても美味しいらしい。
2時を回って霧島緑さんとは逆コースでA公園のオオルリシジミの保護区に向かった。池の周りでは沢山のオオルリが乱れ飛んでいた。メスは大体新鮮、オスは擦れた個体が多かった。
e0167571_11241768.jpg
オオルリも今年は発生が早いようだ。疲れが出てきてあまりテンションが上がらなかったけど、次に来るのがいつになるかわからないので頑張って撮影。
e0167571_11244337.jpg
e0167571_11245997.jpg
e0167571_11251160.jpg
産卵のポーズはよく見せるけど実際産卵に至ったシーンはなかった。これは4匹が絡んでいるようだが、どうなっているのかわからない(笑)。
e0167571_11252585.jpg

Fさん、霧島緑さん、他の皆さまお疲れ様でした。
長くなってしまいすみません。
ポイントを詳しく教えていただいたtheclaさん、ありがとうございました。せっかくの情報が長いこと箪笥の肥やしになっていましたが、今年行く機会ができました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-05-22 11:31 | チョウ | Comments(8)
| ページトップ |