Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
最新の記事
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
鍵コメさん、コメントあり..
by dragonbutter at 12:27
yurinさん、今年はナ..
by dragonbutter at 19:51
ナゴヤサナエがたくさんで..
by yurinBD at 22:00
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
タグ
(142)
(127)
(115)
(72)
(62)
(59)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:シロチョウ科 ( 57 ) タグの人気記事
Top▲ |
2月のモンキようやく撮影
各地でモンキチョウの話題が相次いで、蝶の季節が始まったようだ。
実は私はまだ2月のモンキチョウを撮ったことがなかったので、2月7日に出かけて見られなかった川越のポイントを再訪した。今日見られればぎりぎりセーフである。到着が11時前。気温は9℃くらいだったろうか。期待通りモンキチョウは複数飛び始めていた。
e0167571_18313170.jpg

今年初めて見る新生蝶はとても初々しかった。
e0167571_18322692.jpg
e0167571_18325874.jpg
元気が良くて接近するのに苦労した。
しばらくするとメスも発見。こちらはゆっくり飛んですぐにとまった。ホトケノザの吸蜜が撮れた。
e0167571_18332041.jpg
オスに求愛されたが交尾は成立しなかった。
e0167571_1833354.jpg

広角も撮ったけど勝手にクリスタルモードになっていて失敗、何てこった(泣)。
それでも蝶好きにしかわからないであろう何とも心躍る初蝶の撮影だった。
第二ポイントでは成果がなかったのでもう少しここで楽しめばよかった。来年はもう少し早めに撮って記録を更新したい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-02-28 18:34 | チョウ | Comments(8)
今年一番の秋晴れの休日
毎回代わり映えのしない話題ですが・・・。
今日は今年一番の秋晴れの休日だった。
e0167571_21435421.jpg

横浜の里山ではナツアカネが産卵していた。到着した時は複数のペアが産卵にはいっていた。
e0167571_21442040.jpg
e0167571_21443359.jpg

真横からの写真ばかりでは面白くないので斜め前方からの産卵シーン。
e0167571_21445336.jpg
e0167571_2145458.jpg

短時間撮影した後ヒメアカネのポイントへ移動した。結局ヒメアカネはこれといった場面は撮れなかったので、ナツアカネにもっと集中すべきだった。もう一度ここに戻ったらもう産卵はほとんど終わっていた。狙った広角レンズでの撮影は置きピンの位置が合っていなくてほとんど全滅だった(泣)。
モンキチョウの求愛飛翔。
e0167571_21452119.jpg
いつもオスが先を飛んでいる。
3回目のカトリポイント。稲刈りが終わった水田にカトリヤンマがやってきた。なかなか産卵に入らないと思って飛翔を撮ってみたらオスだった。
e0167571_21454655.jpg

一度だけ産卵を撮るチャンスがあった。
e0167571_2146065.jpg

どちらも思いっきり逆光で大幅に加工した苦しい写真だ。どちらも回り込む余裕はないので、やはり秋の午後の撮影は難しい。
3時を回るとほとんど飛来しなくなった。秋も深まると活動時間も早まるようだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-10-18 21:49 | チョウとトンボ | Comments(6)
都下の里山のヤマトスジグロ?
8月下旬、狭山丘陵にある谷戸に出かけた時のこと。標高は約150m、住所は武蔵村山市かな。500m以内に住宅地が迫り、1kmもいくと幹線道路が走る場所。この日は撮るものもなくてヒメジョオンに来るシロチョウを何気なく撮っただけだった。
何日も経ってから写真を整理してみると、どうもヤマトスジグロシロチョウのようである(メスはピンボケで失礼)。
e0167571_23155371.jpg
e0167571_23163818.jpg
e0167571_2316529.jpg
東京都下の平地でも自然が良く残された場所では飛んでいて不思議はないが、私としては比較的近場でポイントが見つかりうれしい。スジグロシロチョウと同所的、同時的に混棲しているかも興味がある。
ただしスジグロシロチョウとの鑑別は難しく自信はあまり(かなり)ない。同定が違っていたら教えてくださいね(ってこんな写真では無理かも知れないが)。改めてしっかり撮りに行きたい。ついでに捕まえて発香鱗の匂いも嗅いでみようかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-09-17 23:20 | チョウ | Comments(2)
ヒガンバナ咲く河川敷
残暑がほとんどなかった今年はヒガンバナの発芽がとても速く、埼玉中部の河川敷は既に5分咲き。
e0167571_23111867.jpg
残念ながら曇天もあってか、湘南の様にアゲハは来てくれなかったが、散歩には快適であった。この季節産卵に勤しむ蝶が多い。キチョウ、モンキチョウ、イチモンジセセリ、ツマグロヒョウモンの卵が撮れた。しかしTG3で撮ったはいいが不注意にも広角端で撮っていることに気付かず、1眼にマクロレンズで撮ったものとほとんど変わらない画質となってしまったので、ほんの一部だけ掲載し次の機会に撮り直すこととする。早く慣れないといけない(汗)。
e0167571_2312450.jpg

全てTG3で撮ったものです。ここの榎の周りを飛ぶのはすべてアカホシコマダラだった。
e0167571_23135791.jpg

ツマグロヒョウモンの産卵は初撮影。
e0167571_23144342.jpg
河川敷の土手の枯草に一卵産み付けた。
e0167571_23145553.jpg
e0167571_23151370.jpg
すぐ近くにはスミレの仲間と思われる株が。賢い!
e0167571_23152627.jpg

ヒメウラナミジャノメの産卵も観察したが葉被りでうまく撮影できず、母蝶を目で追ったら卵も見失い残念だった。やはり枯草に産卵しているようだった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-09-15 23:18 | チョウ | Comments(0)
梅雨空の奄美探訪 1日目
私が初めて南西諸島に行ったのはもう三十数年も前のこと、まだ学生だった頃。出入りしていた研究室にハブの駆除の研究をされている先生がいて、夏休みに学生3人がお手伝いで奄美に渡った。少し旅費も出して頂いた。しかしそのうち2人は蝶キチだったのでハブよりも蝶の採集や撮影が本当の目的だった。貧乏学生だったのでもちろんフェリーで渡った。島に上陸したとたん、あたりを飛び交うカバマダラを見て、南の島に来たことを実感した。
それから何年後だろうか、大学時代の親友(正確にはちょっとだけ先輩)のSHさんが研究者として奄美大島に渡った。「絶対遊びに行くから」と言いながら果たせないまま二十年以上が経った。SHさんもいつまで奄美に住むかわからないし、今年こそはと決心した。天候に恵まれず、特に蝶の撮影は不作だったが、トンボはなんとか合格点の成果があった。
レンタカーで空港を出発するころは激しい雨だった。その後も雨が降ったり止んだりで、この日は全く太陽が覗かなかった。今年は完全に雨男になってしまったようだ。龍郷町で最初に車を降りて集落の周りを歩いてみる。アカボシゴマダラが高いところを飛ぶがとても撮れない。まだ眼が奄美の蝶に慣れないのでシジミがとまると片っ端から近づいてみるが、ほとんどクマソでうんざり。
厚い雲を背景に飛ぶナガサキアゲハやベニトンボを撮りながら名瀬に向かう。
e0167571_2364783.jpg
e0167571_237047.jpg
公園に上るとアマミウラナミシジミが活発にテリを張っていた。まるでゼフィルスのようだった。
e0167571_2372399.jpg
e0167571_2375534.jpg
ここではヒメシルビアシジミとクロセセリも飛んでいた。
e0167571_2381243.jpg
e0167571_238233.jpg
採集者2人と出会った。
SHさんの住む瀬戸内町に行く途中で赤い花にツマベニチョウが集まっている場所を発見し急きょ撮影。次々とツマベニが飛来し、比較的長時間花にとまってくれる良好なツマベニポイントだった。
e0167571_2383919.jpg
e0167571_2385091.jpg
この赤い花は何だろうか。→クマツヅラ科のヒギリのようです。
瀬戸内町への国道は土砂崩れで通行止め。細い迂回路で入った。SHさんの職場で研究用に飼っているハブを箱から出して撮らせていただいた。
e0167571_2393222.jpg
撮影中突然私に向かってアタックした。もちろん安全な距離は確保していたが恐ろしかった!
夜はSHさんとの久しぶりの再会に夜遅くまで話が弾んだ。2件はしごして島の焼酎を飲みすぎたようだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-07-02 23:13 | チョウとトンボ | Comments(4)
4年ぶりのオレンジ
Hさんとbanyanさんをお誘いして4年ぶりにクモマツマキチョウ(クモツキ)を撮りに行った。今回も南アルプスにこだわって、今度は長野県側から入った(前回は静岡県)。
尾根を巻きながら林道を進むもなかなかクモツキは現れない。というかチョウ自体が少なく、ヤマトスジグロが時々飛ぶ程度。1時間以上歩いてもいっこうに現れず、お誘いしておいて「手ぶらで返すわけにはいかない」(どこかで聞いたような)、とちょっと焦り始めた時、初めてオレンジが飛んだ。ちょうど10時だった。久しぶりに見るクモツキはやはりきれいだった。しかし我々の気を持たせるように周囲を行きつ戻りつ飛び回った後、絶対無理という斜面のはるか下にとまった。その約20分後、今度のオスはしばらく飛び回った後高いところにとまった。雪渓の残る急斜面だったが、今度は近づくのが不可能ではない場所だった。ステップを切りながら慎重に登って何とか撮影。
e0167571_10575112.jpg
これで最低限の坊主は回避できた。南ア産を示す黒斑がうれしい。ハタザオもまだ少なく、この先もいいポイントはなさそうなのでゆっくりおり始める。出発地点付近まで戻って休みながら待っていたら3頭目が飛ぶ。これが12時。脈があると考えて待機していると4頭目。これが1時過ぎ。センボンヤリにとまってくれた。
e0167571_1059263.jpg
私がシャッターを押したときはストローを既にしまって風に飛ばされるのを堪えていた。吸蜜の様子はbanyanさんのてくてく写日記に掲載されるでしょう。最後のチャンスは2時前。今度はスミレにとまってくれた。
e0167571_1101869.jpg
せっかくのチャンスだったが頭が花に潜り込んでしまった。
ということで目撃が5回ほど(もう少しあったかも)ですべてオス。少し早かったのかもしれないが、やはり南アルプスのクモツキは難しいなと実感した。
ここでは可憐な花も撮影できた。上からミヤマスミレ、シナノコザクラ、ホテイラン。
e0167571_111714.jpg
e0167571_111474.jpg
e0167571_112518.jpg
最後の2種はうれしい出会いだった。お二人ともお世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-05-25 11:05 | チョウ | Comments(4)
「心」気一転
ブログのテーマから外れるので詳しくは書かないけど、、
しばらくブログをお休みしたのは、昨年秋から苦しめられていた発作性の不整脈に対してカテーテルアブレーション(カテーテル焼灼術)という、心臓内で不整脈を起こす異常な刺激が伝わる場所を焼く治療を受けていたためである。リスクもあるし、1回の治療の成功率も私の不整脈の場合60-80%ということで悩ましい選択だったが、思い切って受けることにした。三浦雄一郎さんがこの治療を4回も受けて80歳でエベレストの頂に立ったという話も背中を押してくれた。この最先端治療の恩恵を受け、術後の経過は今のところ順調、まるで心臓を入れ替えてもらったようだ。
今日は気温が上がるという。まだ穿刺部位が少し痛いので軽く散策できる場所で春を探すことにした。30分以上ぶらぶらしていたらモンキチョウが飛んだ。
e0167571_2211493.jpg
この1匹だけだったのでここではまだまだ出始めのようだ。キタテハはよく飛んでいた。
e0167571_22112244.jpg
新生蝶も撮れたので帰ることにしたが、途中で感じよさそうな川を越えた。小畔川という標識。ダンダラさんもこのあたりをフィールドにいておられるのかな、と思ったら急に寄ってみたくなり、急遽駐車できる場所を見つけて河川敷を歩いてみた。しばらくは何も飛び出さなかったが、歩くうちモンキチョウがいっぱいの一角を見つけた。
e0167571_2213353.jpg
視野の中で常に複数のモンキが飛んでいる感じ。求愛飛翔を見つけたので近づいてみると、白い方はモンキのメスではなくてモンシロチョウだった。
e0167571_22131981.jpg
既に羽が破損したモンキもいくつも見られたのでここの発生はだいぶ前のようだ。
e0167571_22133624.jpg
ワイシャツにセーターだけでも暑いくらいのいい陽気だった。
私の乏しい撮影記録の中では今日のモンキチョウとモンシロチョウは最も早い初見となった。
まだ不整脈は再発の可能性がなくなったわけではないが、それはまたその時考えるとして、これから体と相談しながら少しずつ体力をつけて行きたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-03-16 22:17 | チョウ | Comments(10)
町の中のツマグロキチョウ
日曜日は名古屋に出張があった。土曜日も仕事だったので、夜名古屋入り。午前中2時間ほど時間をつくった。
名古屋では市内でツマグロキチョウが発生しているらしいので見に行くことにした。駅の近くにレンタサイクルがあったので500円で自転車を借りた。正確な場所を知らなかったので自転車は好都合だった。あたりは新興住宅地で似たような場所が続くので、迷わないよう時々iPADで現在位置を確認しながら徘徊した。すぐにアレチケツメイがたくさんある空き地を見つけた。
e0167571_2385386.jpg
ここのツマグロはカワラケツメイではなく、帰化植物のアレチケツメイ食いであるらしい。この植物は現在愛知、岐阜、静岡の各県に侵入しているという。花でも区別可能だが、咲いていなくても蜜腺の形で識別できる。
e0167571_2392253.jpg
アレチケツメイはこのように柄があってきのこの形。カワラケツメイは饅頭形だ。
このあたりは宅地用に区画整理されたものの、宅地化が頓挫しているのか、家が建ってない空き地が島状にたくさん残っており、そんな場所にアレチケツメイが生えている。最初の見事な群落ではなぜかツマグロキチョウは見なかった。その後捜した空き地では飛んではいるのだが少ないし全然とまってくれない。ただほとんどがツマグロキチョウのようだ。仕方なく望遠で撮った飛翔写真はまだ夏型だった。
e0167571_2310542.jpg
なかなかいい場所が見つからずに時間だけが過ぎていく。制限時間が1時間をきって焦り始めた頃、ようやくたくさん飛ぶ空き地を見つけた。そこはツマグロ天国で、草むらを歩くと次々とツマグロキチョウが飛び立った。やっとコセンダングサとセイヨウハッカにとまったところが撮れた。
e0167571_23184681.jpg
e0167571_23333839.jpg
しかしこんなマクロ写真だけ撮ってもわざわざ名古屋で撮る意味がない。環境を入れて撮らないとね。これはアキノノゲシに来たところを少し引いてぐっと絞って撮ったもの。
e0167571_23192599.jpg

これからあとはすべて魚眼ズーム+テレコンで撮った。
e0167571_2320094.jpg

e0167571_23291340.jpg
e0167571_23293129.jpg
短時間だったが、町のツマグロと遊べて満足だった。この一帯は宅地造成に伴い食草と共にツマグロが侵入し、今ではかなり広く分布しているようだ。家が建ってしまえばもちろんおしまいだが、どうなんだろう。人口減少とアベノミクスのバランス次第かな。ともあれこのあたりの家は庭にツマグロキチョウがやって来る贅沢なマイホームだ。
ここは変わったポイントで楽しいが、住宅地なので不審者と間違われて通報されないようにしましょうね。もうひとつ要注意がヌスビトハギ。これが生える空き地に入り込むと悲惨なことになるよ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-10-07 23:33 | チョウ | Comments(4)
南アの林道にて -1-
ミヤマシロチョウは北アルプスでは絶滅したと言われ、他の地域でも減少が激しく、種の存続は保全活動にかかっている。しかし南アルプスにはまだ安定した産地があるという。
そんな産地の一つを目指して林道をぐんぐん登っていく。我が家系を遡るとここの麓の村に辿りつくらしいので、ゆかりのある場所ということになる。
車をとめ、ゲートを越えて先に進む。天気は曇り。まだ8時前ということもあってアサギマダラ以外の蝶は見かけない。ついに林道の行き止まり地点まで来てしまい、ちょっと焦り始めた頃、やっと飛び始めたギンボシヒョウモンを撮っていた時、大きめの白い蝶が舞い降りた。新鮮なミヤマシロチョウ(オス)だった。
e0167571_21334113.jpg
この後撮影者が二人来られて、前後しながらゆっくりと来た道を戻っていく。途中にある広場では次々とミヤマシロが飛来した。
e0167571_2135577.jpg
e0167571_21351472.jpg
まだ花の種類が乏しくて、撮れた吸蜜写真はヒヨドリバナだけだった。飛翔写真も撮れたが、背景がちょっと。
e0167571_21362760.jpg
まだ数は少ないがメスも発生していた。
e0167571_21383580.jpg
メスは白い鱗粉が少なく、翅表の基部が黄色っぽい。
e0167571_21385224.jpg

保全活動に頼らずとも逞しく命を繋ぐ南アのミヤマシロチョウが撮れてよかった(採集は禁止です)。治山治水の観点からは、がけ崩れは好ましくない自然現象であるが、ミヤマシロにとってはそんな跡地に進出する食樹に依存している。林道沿線の崩壊地も発生源であるとのこと。
ここで撮ったその他の蝶は後日。
お会いした京都のAさん、お世話になりました。長い林道歩きでしたが、お陰様で楽しく歩けました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-07-15 21:43 | チョウ | Comments(0)
お久しぶり!ヤマキチョウ
ヤマキチョウはいつ以来見てないだろう。手許に1973年という採集記録がある。これが最後に見た年かは不明だが、私がまだ高校生の頃だ。その頃は家から数キロ山手に行けばよく見られたので特別珍しい蝶という印象はなかったし、ましてや近い将来飯田地方から姿を消すとは夢にも思わなかった。
というわけで40年近くご無沙汰のこの蝶に会いに山梨に出かけた。ここは去年も行ったが見つからなかった場所だ。先ずはヒメシロチョウがお出迎え。なかなかとまらない(上オス、下メス)。
e0167571_22591074.jpg
e0167571_22592153.jpg
これはミヤマシジミ?
e0167571_22594149.jpg
ここでは初見だ。肝心のヤマキはなかなか現れない。いるのはヤマキより多いんじゃないかと思われる採集者だ。3時間ほどうろついた後、諦めて下り始めたら車の前をクリーム色の大きな蝶が飛んだ。あわてて車をとめて行方を追うと路傍のムシトリナデシコにとまった。急いで駆け寄りファインダーをのぞくと確かにヤマキ。赤い縁取りがその証拠だ。しかしシャッターが下りない!いつもマニュアルフォーカスで撮っているんだが、レンズの鏡筒がずれてオートフォーカスになっていた。あわてて直していたら飛ばれてしまった。これでこのままここを離れるわけにはいかなくなった。近くに火山礫にできた疎らな草原があったので入ってみる。最初遠くにいた採集者は私と入れ替わりに移動したようで周りに人はいなくなった。結局ここがヤマキのいいポイントだったようだ。
e0167571_2324711.jpg
e0167571_2331126.jpg
一時はオス2頭が絡んで飛んだり、オスを追いかけたら目の前からメスが飛び出したりした。青白いメスが飛ぶ様は実に美しかった。
e0167571_2332894.jpg
ショータイムは30分余りで終了したらしく、ぱったりいなくなったのでここを離れた。最初に車の前を飛んでくれたヤマキに感謝(笑)。キマダラモドキもたくさんいたが恐ろしく敏感で撮れなかった。去年いたゴマシジミは見つからなかった。「ここは朝来たときはそこそこ飛んでいたんだけど、採られちゃったみたいだね。」と去年言われた言葉を思い出した。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-08-21 23:07 | チョウ | Comments(12)
| ページトップ |