Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
大寒でも
at 2017-01-30 23:24
落胆と安堵
at 2017-01-29 19:39
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
あけましておめでとうございます
at 2017-01-01 00:17
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:19
春の妖精「コツバメ」やっ..
by himeoo27 at 17:43
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:46
ダンダラさん、昨日はお会..
by dragonbutter at 21:43
タグ
(135)
(115)
(107)
(68)
(61)
(54)
(53)
(53)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:ジャノメチョウ科 ( 37 ) タグの人気記事
Top▲ |
秋本番
3連休の最終日は唯一フィールドに出られる日だった。晴れるかもしれないと思って狭山丘陵に行ったのだが、天気予報が外れて全く日が射さなかった。
今年の冬イチモンジチョウの越冬幼虫を見つけた場所から200mほど離れたウグイスカグラでこんな食痕を見つけた。これはひょっとしてと思ってよくみると、中脈上に頭を葉の先端に向けて2齢?と思われるイチモンジチョウの幼虫が見つかった。
e0167571_21523543.jpg
e0167571_21463068.jpg

探し始めてすぐに見つけたので、いくらでも見つかるかと思ったが、結局これだけだった。
これはオオニガナだと思う。
e0167571_21464527.jpg
東京都の絶滅危惧種になっている。キタキチョウとツマグロヒョウモンが飛来した。
e0167571_2147677.jpg
e0167571_21551020.jpg

近くではヤマトシジミメスにツバメシジミオスが求愛していた。
e0167571_21552623.jpg

タカアザミに来たキタキチョウ。
e0167571_21553888.jpg

ウグイスカグラを探して林に入るとクロコノマチョウが飛び出した。
e0167571_2156126.jpg

涼しくなってやっと本格的な秋がやって来た。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-10-10 21:57 | チョウ | Comments(2)
里の蝶しかいなかった山のお花畑
土曜日の写真から。
去年と同じ山梨の林道で撮影したツマジロウラジャノメのメス。
e0167571_2312232.jpg
e0167571_23123882.jpg
ゲートから入って間もなくの地点。今年は随分翅が破れていた。
ヤマハギに来た蝶達。
e0167571_2313268.jpg
e0167571_23131485.jpg

この後標高を上げて峠のお花畑に行ってみた。まだタチフウロやノアザミなど少し花が残っていた。
e0167571_23132838.jpg
曇ってしまったせいもあるかもしれないが、蝶はとても少なかった。シータテハと思って近づいたがキタテハ。
e0167571_23134141.jpg

きれいなツマグロヒョウモンとアカタテハがいた。
e0167571_23135647.jpg
e0167571_2314724.jpg

お会いした撮影者もクジャクを1匹見たがキベリは皆無と言っていた。成果はあまりなかったけど心身ともにリフレッシュできた。歩数は2万1千歩を超えていた。帰りには足を痛めた方のいる山歩きのご一行を麓まで乗せてあげるというおまけがついた。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-09-11 23:16 | チョウ | Comments(4)
猛暑を避けてベニと遊ぶ
金沢に出張があった。家内の実家が富山なので、そこに泊まって日曜日は二人で弥陀ヶ原を歩いた。
e0167571_2345991.jpg

今年は雪が少なかったので周りの山々の残雪もほとんど消えていた。
当然開花も早めに進んでいるようで、少ない花は主として秋の花であった。
e0167571_2352933.jpg

ここの蝶はミヤマモンキチョウ、ベニヒカゲ、コヒョウモンが代表とされるが、ミヤマモンキは減少が著しいようで、時期も遅かったせいか見られなかった。ベニヒカゲはオスの最盛期といった感じ。
e0167571_2354871.jpg
e0167571_2355840.jpg

飛翔でピントが合った個体はベニの帯の中の黒点が退化していた。
e0167571_2361445.jpg
e0167571_2362363.jpg

花には目もくれず、しきりと我々にまとわりついた。
e0167571_2364059.jpg
e0167571_2364928.jpg

コヒョウモンは飛び古したものが多かった。
e0167571_237144.jpg

山に登りたくなったけど、今年は無理かもしれない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-08-08 23:08 | チョウ | Comments(0)
わずかに残る貴重な自然
千葉県にわずかに残る貴重なキイロサナエを見に行った。林に囲まれた小さな流れに沿って歩き始めるとすぐに現れた。
e0167571_18471554.jpg
縄張りを張っているというよりメスが飛来するのを待っているようだった。
e0167571_18472990.jpg
結構敏感なうえ、手前に草が被ったりして撮影は少し難しかった。何回か飛ぶと高い梢に消えた。朝は沢山目撃されたようだが、日中は気温が高くて、あまり活動的でなかったのかもしれない。
薄暗い流れの上でホバリングしているキイロサナエがいた。
e0167571_18475397.jpg
メスの産卵だった。
e0167571_18481624.jpg
初撮影だったが、この時クリップオンストロボを付けていなかったので内蔵ストロボでは高速シャッターが切れなくて残念。最初からいろんなシーンを見越して態勢を整えておくべきだった。ストロボを付けているうちに終了。キイロサナエにはいろんな産卵形式があるようだが、この個体はホバリング中に腹端に卵を貯め、時々打水産卵をする、という産卵方式だった。
e0167571_18483695.jpg

ここにはオビトンボ型コフキトンボがいて初めて近距離からいい角度で撮影できた。
e0167571_18484926.jpg
肢が足りないのはご愛敬(笑)。
この後6年前にキイロサナエを撮った場所に移動した。流れの両側の草に除草剤がまかれたようで、不自然に枯れていた。そして流れにはたくさんのアメリカザリガニ(泣)。予想はしていたが、2010年のキイロサナエの写真は悲しくも貴重なものとなってしまった。それでも水田では何匹もアキアカネが羽化していたのがせめてもの救いだった。
e0167571_1849498.jpg

最後に立ち寄ったのは北総としては自然度の高い草原。ジャノメチョウが発生していた。
e0167571_18491829.jpg
この蝶も東京近郊では減少しており、2008年に教えていただいた所沢のポイントも消えてしまったという。ここがいつまでもジャノメチョウの楽園でいてほしい。
現地で案内していただいたMさんに感謝申し上げます。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-18 18:52 | チョウとトンボ | Comments(4)
関東平野北部にて
土曜日は関東平野の北部に行った。日曜日は予報より天気が悪かったので土曜日に出かけて正解だった。水門から流れ出る流れに飛び石状に配置されたブロックでシオカラトンボが羽化していた。
e0167571_1031770.jpg
e0167571_10311967.jpg
別のトンボだと良かったんだけど・・・。
河川敷と池の周りの草原にはすごい数のモンシロチョウとベニシジミが飛び交っていた。白っぽいベニシジミを2匹見つけた。
e0167571_1031409.jpg
e0167571_10315253.jpg
新鮮ではないが、擦れてこうなったというより白化型のようだ。拡大すると鱗粉が白いのがわかる。
e0167571_1032522.jpg
撮った写真を改めて拡大してみると、ここのベニシジミは白い鱗粉が混ざった個体が多いように感じたが、どこでもこんなもんかもしれない。
ヒメウラナミジャノメが交尾していた。
e0167571_10322043.jpg
2度ほど飛んだ後、葉が被らない位置にとまってくれた。
e0167571_10323123.jpg

ギンイチモンジセセリも多かった。
e0167571_10324657.jpg
e0167571_10325863.jpg

ツバメシジミメスはもう少し青い鱗粉がのっていると良かった。
e0167571_10331661.jpg

ずっと探していたミヤマチャバネセセリが最後に1匹だけ現れた。
e0167571_10333283.jpg
e0167571_10334331.jpg
残念ながら飛び古した感じの個体で、後翅中央にあるチャームポイントの白斑もうまく撮れなかった。近場でリベンジかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-24 10:36 | チョウとトンボ | Comments(0)
すくすく育つ -2-
狭山丘陵から帰って時間があったので自転車で近くの公園へ。
ここでは1月にヒカゲチョウの越冬幼虫を見つけている。
環境写真は撮っておいたが、さすがにどの葉にいたかまでは覚えていない。
幸い探し始めて5分ほどで幼虫を見つけた。
e0167571_2393154.jpg
枯葉の裏にいることもあるということがわかった(赤丸の裏側にいた)。
e0167571_2394737.jpg
しかし1月に見つけたものと大きさがほとんど同じ。どうも別の個体の可能性が高そう。
どうせなら大きく育った幼虫を見たいのだが・・・。更に5分ほど探したろうか。小さな葉から大きな頭が顔を出しているのがちらっと見えたような気がした。撮影しようと周りの枝をよけていたらどこにいたか見失ってしまった。どうも顔を引っ込めたようだ。もう一度見つけるのにまた5分ほどかかった。赤丸の所に幼虫が半分写っている。
e0167571_23101569.jpg

小さな葉にちょうど収まるほどの大きさ。4齢か5齢だろう。うれしいことに黄色と褐色の斑紋のあるタイプだった。
e0167571_23103444.jpg

撮影が終わるころにはあたりはだいぶ暗くなっていた。LEDライトが役に立った。
e0167571_23104816.jpg

ここは人通りも多い賑やかなエリアであるが、撮影中全く声がかからなかった。よっぽど怪しい人物とみなされたに違いない(笑)。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-05 23:15 | チョウ | Comments(2)
37年ぶりの林道
最終日は朝石垣へ飛んで夕方まで歩き回った。
e0167571_2311737.jpg
バンナ公園ではジャコウアゲハ、ベニモンアゲハ、マサキウラナミジャノメなどを見ることができた。
ジャコウアゲハオス。本土産に比べ半月状紋の赤みが強くて美しい(毒々しい)。
e0167571_2313575.jpg

ベニモンアゲハメス。なんと腹端にいくつかの卵を付けている!
e0167571_2315475.jpg

マサキウラナミジャノメ。
e0167571_2321182.jpg

前勢岳林道に入ると急に冷たい風が吹いて来てにわか雨になった。今日はこれまでかと思ったが、途中で昼食をとり、於茂登岳の麓に着くと再び青空が戻った。ここでは学生時代の貧乏旅行以来37年ぶりの林道歩きを楽しんだ。林道は春の黒系アゲハのパラダイスだった。
ベニモンアゲハメス。
e0167571_2323438.jpg

クロアゲハオス。
e0167571_2325772.jpg
本土産に比べて尾状突起がだいぶ短い。ただし個体差がありそう。
赤色斑が発達したクロアゲハメスの美しさは圧巻だった。存在感抜群!
e0167571_2331545.jpg

ヤエヤマカラスアゲハオス。
e0167571_2333225.jpg

ナミエシロチョウも飛来した。
e0167571_2335086.jpg

林道脇の明るい斜面を登ると目の前でヤエヤマイチモンジが日光浴をしていた。
e0167571_2341227.jpg
e0167571_2342422.jpg

もっといい角度で撮りたかったけど飛ばれてしまった。
最後に渓流でクロアゲハの吸水を撮り、流水性のヤゴを掬って遠征は終了。
e0167571_2345149.jpg
ヤゴはできれば後日載せる予定。
気温が低くて思うように種類数は伸びなかったが、八重山初心者としてはうれしい出会いが多かった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-01 23:10 | チョウ | Comments(2)
葉裏で耐える
この季節、ヒカゲチョウの越冬幼虫が観察できるとのことなので、近くの公園に出かけた。ここでは何年か前、ヒカゲチョウの産卵を観察したことがあるので(残念ながら撮影はできてないが)どこかにきっといるはず。
この公園では早くも梅が開花していて、菜の花と一緒に撮ることができた。
e0167571_18522246.jpg
e0167571_18523467.jpg

アズマネザサ(多分)の葉を丹念に裏返していく。食痕が目印らしいが、それらしいものは沢山あって大変だ。途中花の写真を撮ったりしながら1時間ほど探しただろうか。地上15cm程の葉裏でようやくビンゴが出た!こんな環境だった。
e0167571_18524975.jpg
黄色い丸の裏側にいた。
e0167571_1853113.jpg
葉を裏返すと葉より明るい色をしており結構目立つ。
e0167571_18532255.jpg
しかし葉を元の状態にして、低い位置から逆光気味に覗くと色が紛れることがわかる。
e0167571_1853338.jpg

長さは1cmほどだろうか。原色日本蝶類生態図鑑によると越冬幼虫は3-4齢だという。中脈から少しはずれた位置で、葉脈と並行に頭を葉柄側に向けて休んでいた。顔(?)が可愛いらしいけど、頭部をしっかりと葉に密着させていたので、撮るのは遠慮した。寒さにじっと耐える姿は健気だった。
結局この1匹だけだったけど、狙ったものが撮れてよかった。茂みの中まで分け入って探すわけにもいかないし、地上に降りて落ち葉に潜り込んでいるものはちょっと手が出ないので、初挑戦で見つかったのはラッキーというべきか。
途中から雲が広がってとても寒くなった。帰りによく行く店でカツカレーを食べて暖まって帰った。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-01-17 18:56 | チョウ | Comments(2)
中秋の里山
午後から狭山丘陵の里山に行った。
去年に比べ蝶はだいぶ少なかった。メスグロヒョウモンのメスは今年も飛んでいた。
e0167571_21353099.jpg

谷戸ではアオイトトンボが産卵していた。
e0167571_21354559.jpg
このメスはオス型といって、オス同様白粉を纏って複眼も青くなるタイプだ。
今日見たマユタテアカネは赤いというより紅色になっていた。
e0167571_2136789.jpg

案山子の頭にとまったコノシメトンボ。
e0167571_21364716.jpg

ここで見るスジグロシロチョウは多分ヤマトスジグロシロチョウだと思う。
e0167571_2137254.jpg

駐車場の奥にある柿の木の熟した実にヒカゲチョウとアカボシゴマダラが来ていた。
e0167571_2137717.jpg
e0167571_21374166.jpg
e0167571_21375251.jpg
もっと明るいうちに気付くべきだった。
秋も少しずつ深まって来た。
夕方雲の切れ間から見ることができた中秋の名月はきれいだった。
ところで明日はスーパームーンといって月が一年で最も地球に近づくときの満月、すなわち今年最も大きくて明るい満月だそうです。晴れていたら空を見上げましょう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-09-27 21:40 | チョウとトンボ | Comments(6)
舞い降りた崖の上の貴婦人
久しぶりに蝶の話題です(笑)。
日曜日はFさんとHさんをお誘いしてツマジロウラジャノメを探しに山梨の林道に出かけた。メスはぼろぼろの証拠写真、オスもあまり近づけなくて満足度の低い写真しかないのだ。
最初に入った林道では初めは天気が芳しくなくて気温も低めなためか、蝶自体がほとんど見られなかった。車でどんどん奥に行くと白樺が表れて明るい伐採地に出た。キオンやヒヨドリバナ?といった花々が咲き乱れ、アサギマダラがたくさん飛んでいる。残念ながらここは鹿よけの柵が厳重に張り巡らされており、蝶たちに近づくことができない。しかし防護柵の向こうで吸蜜中のギンボシヒョウモンに違和感があった。
e0167571_23493068.jpg
飛び古した個体ではあるが、地色の褐色がやけに白っぽい部分がある。黒点はしっかり残っているので鱗粉がはがれたのではなさそう。
e0167571_23494660.jpg
どうやら白化型のようだ。帰ってから調べるとギンボシヒョウモン、ウラギンヒョウモン、オオウラギンスジヒョウモンの白化型がウェブでもいくつか見つかった。その目で探せばそれほど珍しくはないのかもしれない。裏面を詳しく見たいところだったが、飛んで行ってしまった。
結局目的のツマジロウラには会えなくて、いったん幹線道路に出て隣の林道を探した。こちらは入って間もなくゲートで行き止まるので、あとは延々と歩いて探した。崖は次々と現れるのだが、土っぽかったり、コンクリートが吹きかけられたりしていて理想的なものはなかなか出てこない。1時間は歩いたろうか、帰り道に出るかもしれないし、そろそろ引き返そうか、いや、もう少しだけ行ってみようなどという話が出てきたころ、左手の崖をそれらしい影が。何度か飛んだジャノメチョウより明らかに小さい。コンクリートが吹き付けられた崖の高いところにとまった。オスだ。その後メスも飛んできた。なぜだろう、この崖にだけ複数のツマジロウラが飛来した。隣に草地の斜面があるのでそこで発生しているのだろうか。
しばらくするとオスは何度かストンと下りてきて法面や地面にとまってくれた。
e0167571_2350265.jpg
色は褪せていたが、羽が欠けてはいなかった。
e0167571_23522036.jpg
紫の花びらは崖の上のヤマハギが散ったもの。
メスは飛んでいても白斑がアクセントになって高貴な雰囲気だった。しかしなかなか降りてきてくれない。崖の上のヤマハギで吸蜜するが到底撮影できない。2度ほど我々のいるところに降りてきて、まるで偵察するかのように地面すれすれを飛んでくれたが、高所に戻ってしまう。それでもじっくりと待っていたら女神がやっと微笑んでくれた。
e0167571_23513937.jpg
白い縁取りがすがすがしい。羽には多少擦れた跡がみられるが、ここまで近くで撮れたら満足だ。第3化なのか、それとも遅く羽化した第2化なのだろうか。山梨では標高1000m以下では年3回、2000m以上では年1回発生ということだが。ちなみにここは標高1100m余りである。
ツマジロウラは分布も広く、希種には入らないと思うけれど、なかなかいいチャンスに巡り合えなかった。雄雌とも至近距離から撮影できてよかった。
e0167571_23523580.jpg
次は花との組み合わせで撮りたい。東京から近いので来年第1化を狙っていってみようかな。いい花が咲いているといいが。
Fさん、Hさん、お疲れさまでした。お誘いした立場上、最後になって舞い降りてくれてホッとしました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-09-14 23:52 | チョウ | Comments(2)
| ページトップ |