Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
山原遠征 その1
at 2017-05-07 20:04
チャマの里再訪
at 2017-05-02 16:32
潜水産卵、他
at 2017-04-30 17:53
旅立ちまでは長かった
at 2017-04-25 05:57
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-04-20 23:27
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:52
アオバセセリの求愛が見事..
by ダンダラ at 06:09
ヘムレンさん、こんばんは..
by dragonbutter at 23:28
交尾拒否?そうなんですか..
by HemlenK at 05:26
タグ
(138)
(122)
(108)
(69)
(62)
(55)
(55)
(54)
(51)
(37)
(34)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(9)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:タテハチョウ科 ( 122 ) タグの人気記事
Top▲ |
芽吹き
フィールドに出られない週末が続いた。
その間も季節は確実に進んでおり、玄関先のユキヤナギは一部の枝で芽吹きが始まった。
e0167571_22512462.jpg

ホシミスジの2匹の越冬幼虫はそのままであるが、巣から出てくるのも遠くなさそうだ。
e0167571_22522098.jpg
e0167571_2252347.jpg

次の週末は久しぶりに散策に出られそう。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-02-12 22:53 | チョウ | Comments(0)
貫禄あるヤゴ
今年はトンボの成虫の初見はシコクトゲオトンボ1種類だけだった。来年も忙しそうなのであまり増えそうにない。
しかし幼虫(ヤゴ)はそこそこ見ることができた。そんな中から今年見た最も存在感のあるヤゴのひとつ。
e0167571_233551.jpg

エゾトンボのヤゴだ。真っ黒で、捕まっても慌てず堂々とした動きだ。長い脚をいつも左右対称に伸ばして礼儀正しい。
e0167571_2332464.jpg

背棘でタカネトンボやハネビロエゾトンボと鑑別できる。3種類とも撮影の機会があったが、エゾトンボが圧倒的に貫禄があった。
最後にまたホシミスジの越冬巣。
e0167571_2334849.jpg
我が家で2匹目だ。こちらの枝は完全に葉が枯れていた。小さいし、とても低くて見にくい位置にあったので、中に幼虫がいるかわからなかったが、写真を拡大すると幼虫の一部が写っていた。
e0167571_234549.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-11-27 23:05 | チョウとトンボ | Comments(0)
続・ついに玄関先で!
しばらくは多忙でフィールドにはでられない。
そこで今年撮った赤とんぼの写真。
ヒメアカネ。多摩南部のポイントで今年も少数見られた。
e0167571_23205333.jpg

アキアカネの産卵
e0167571_2321597.jpg

ナツアカネ交尾と産卵
e0167571_23213211.jpg
e0167571_23214374.jpg

マユタテアカネ産卵(ピント合っていません)
e0167571_23215485.jpg

そして先日、ついに玄関先のユキヤナギでホシミスジの越冬巣を見つけた!いつの間にか産卵していたのだ。
e0167571_2329338.jpg
中にはちゃんと幼虫がいるようだ。
e0167571_23295445.jpg

シモツケも一株あるので、時間がある時ゆっくり越冬巣があるか探してみたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-11-14 23:30 | チョウとトンボ | Comments(4)
杉並公園日記 晩秋編
土曜日は近くの公園へ出かけた。陽だまりの百日草と千日紅の花壇には思いのほかたくさんの蝶が集まっていた。ホシミスジはまだ健在。ヒカゲチョウにもびっくり。晩秋の午前中だけで一つの公園で17種の蝶を確認できた。
e0167571_2057521.jpg

キタキチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ベニシジミ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、ツマグロヒョウモン、コミスジ、ホシミスジ、キタテハ、ルリタテハ、アカタテハ、ヒメアカタテハ、ヒカゲチョウ、キマダラセセリ(幼虫)、チャバネセセリ
その中でもススキに巣をつくっていたセセリの幼虫を見つけることができてうれしかった。最初の写真は巣を一部開いたところ。左端に幼虫の頭が見えている。
e0167571_2124826.jpg
e0167571_20584698.jpg
e0167571_2059087.jpg
幼虫には詳しくないけど、この顔からはキマダラセセリだと思う。
e0167571_20591013.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-11-06 21:04 | チョウ | Comments(2)
ついに玄関先で!
晴れの特異日なんて僕は信じていないが、11月3日をそうだという説もあるそうだ。確かに今日は今年初めてというほどの秋晴れだった。午後仕事があるので、短時間限定で初めてのあまり遠くない公園へ行った。ムラサキツバメは複数飛んでいたが、載せるほどのものは撮れなかった。帰宅すると植栽にミスジ系の蝶がひらひら飛んでいた。いそいで駐車して近づくと思った通りホシミスジだった。
e0167571_21403850.jpg

実は今年(何月かは忘れた)庭先でこれっぽい蝶は目撃したが、一瞬だったので確認はできていなかった。
e0167571_21405140.jpg

多摩東部(小金井市、調布市、三鷹市、府中市、西東京市)に加えて、杉並区、練馬区でも分布を拡大しているようだ。食樹のユキヤナギやコテマリは植栽として人気があるので、都区部でも普通に見られる蝶となるのだろうか。
実は我が家の花壇にはユキヤナギが植えてある。建売住宅の花壇では定番のようだ。これで無造作に枝の剪定ができなくなってしまった(笑)。移入種は積極的に駆除すべきとの考えもあるかも知れないが。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-11-03 21:43 | チョウ | Comments(2)
越冬間近
9月下旬に近くの公園でホシミスジの産卵を観察したので、その後どうなっているかを見に行った。
産卵を確認したユキヤナギの株では5匹の幼虫が営巣していた。背丈よりずっと低いあまり大きくない株なので、ざっと見て5匹とはかなりの密度である。産卵に選ばれる理由はどこにあるのだろうか。
巣1
e0167571_2281184.jpg

巣2
e0167571_2285613.jpg

巣3
e0167571_2293120.jpg

巣4
e0167571_2295871.jpg
これだけは既に葉が枯れていたが、ここにも幼虫はいると思われた。
この巣はいちばんいい加減で、幼虫が丸見えだった(手前に見えるのが上の写真の巣4)。
e0167571_22102833.jpg
糸を外して幼虫を撮らせていただいた。
e0167571_22104467.jpg

全ての巣には中に幼虫がいるようで、外に出て活動しているものは確認できなかった。このまま越冬するのだろうか。
まだ卵が見つかったのには驚いた。
e0167571_2211587.jpg
越冬に間に合えばいいが。
来年終齢幼虫を観察するのが楽しみだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-11-01 22:07 | チョウ | Comments(2)
秋本番
3連休の最終日は唯一フィールドに出られる日だった。晴れるかもしれないと思って狭山丘陵に行ったのだが、天気予報が外れて全く日が射さなかった。
今年の冬イチモンジチョウの越冬幼虫を見つけた場所から200mほど離れたウグイスカグラでこんな食痕を見つけた。これはひょっとしてと思ってよくみると、中脈上に頭を葉の先端に向けて2齢?と思われるイチモンジチョウの幼虫が見つかった。
e0167571_21523543.jpg
e0167571_21463068.jpg

探し始めてすぐに見つけたので、いくらでも見つかるかと思ったが、結局これだけだった。
これはオオニガナだと思う。
e0167571_21464527.jpg
東京都の絶滅危惧種になっている。キタキチョウとツマグロヒョウモンが飛来した。
e0167571_2147677.jpg
e0167571_21551020.jpg

近くではヤマトシジミメスにツバメシジミオスが求愛していた。
e0167571_21552623.jpg

タカアザミに来たキタキチョウ。
e0167571_21553888.jpg

ウグイスカグラを探して林に入るとクロコノマチョウが飛び出した。
e0167571_2156126.jpg

涼しくなってやっと本格的な秋がやって来た。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-10-10 21:57 | チョウ | Comments(2)
杉並公園日記
100mmマクロレンズは使い始めて40年になる。3代目のフォーカスリングが大分ギスギスしてきた。随分前にサービスセンターに見せたら「これは重症ですね」と言われた。写りは悪くないので使い続けていたが、下取りに出すと新型の新品がYカメラよりだいぶ安く手に入るので、思い切って新調した。もう1月も前になるだろうか。忙しいうえに天候不順でそのままになっていた。
今日は曇りのち雨という予報であったので朝ゆっくり起きると思ったより明るいので、近場の公園に100mmマクロをもって散歩がてら自転車で行ってみることにした。
ヒガンバナが所々に数株ずつ咲いていた。遠くの株に黒っぽいアゲハが来ていたので慌てて近づくとカラスアゲハのメスだった。
e0167571_13195829.jpg
e0167571_13251511.jpg
e0167571_13204419.jpg
きれいな第3化だった。
ヤマトシジミはLEDライトに反応して開翅してくれた。
e0167571_1321133.jpg

芙蓉の花にチャバネセセリが入り込んでいた。
e0167571_13211738.jpg

ホシミスジもいた。
e0167571_1321327.jpg
e0167571_13214389.jpg
多摩東部では2010年頃から移入個体が増えている。この公園にもいるとは聞いていたが、個人的には東京都区部初撮影となった(じつは我が家の玄関先でそれらしい個体を目撃済みだ)。
少し飛んでユキヤナギで産卵した。
e0167571_1322242.jpg
葉の裏には小さな卵があった。
e0167571_13221899.jpg
いずれも初撮影。
100mmマクロは近づかないと撮れないので、じっくり撮れる相手に限られるが、さすがにシャープだし、現行品は防滴構造なので雨が降りそうでも安心して使える。
2時間ほどの散歩だったが予想外のシーンが撮れてよかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-09-24 13:28 | チョウ | Comments(2)
里の蝶しかいなかった山のお花畑
土曜日の写真から。
去年と同じ山梨の林道で撮影したツマジロウラジャノメのメス。
e0167571_2312232.jpg
e0167571_23123882.jpg
ゲートから入って間もなくの地点。今年は随分翅が破れていた。
ヤマハギに来た蝶達。
e0167571_2313268.jpg
e0167571_23131485.jpg

この後標高を上げて峠のお花畑に行ってみた。まだタチフウロやノアザミなど少し花が残っていた。
e0167571_23132838.jpg
曇ってしまったせいもあるかもしれないが、蝶はとても少なかった。シータテハと思って近づいたがキタテハ。
e0167571_23134141.jpg

きれいなツマグロヒョウモンとアカタテハがいた。
e0167571_23135647.jpg
e0167571_2314724.jpg

お会いした撮影者もクジャクを1匹見たがキベリは皆無と言っていた。成果はあまりなかったけど心身ともにリフレッシュできた。歩数は2万1千歩を超えていた。帰りには足を痛めた方のいる山歩きのご一行を麓まで乗せてあげるというおまけがついた。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-09-11 23:16 | チョウ | Comments(4)
猛暑を避けてベニと遊ぶ
金沢に出張があった。家内の実家が富山なので、そこに泊まって日曜日は二人で弥陀ヶ原を歩いた。
e0167571_2345991.jpg

今年は雪が少なかったので周りの山々の残雪もほとんど消えていた。
当然開花も早めに進んでいるようで、少ない花は主として秋の花であった。
e0167571_2352933.jpg

ここの蝶はミヤマモンキチョウ、ベニヒカゲ、コヒョウモンが代表とされるが、ミヤマモンキは減少が著しいようで、時期も遅かったせいか見られなかった。ベニヒカゲはオスの最盛期といった感じ。
e0167571_2354871.jpg
e0167571_2355840.jpg

飛翔でピントが合った個体はベニの帯の中の黒点が退化していた。
e0167571_2361445.jpg
e0167571_2362363.jpg

花には目もくれず、しきりと我々にまとわりついた。
e0167571_2364059.jpg
e0167571_2364928.jpg

コヒョウモンは飛び古したものが多かった。
e0167571_237144.jpg

山に登りたくなったけど、今年は無理かもしれない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-08-08 23:08 | チョウ | Comments(0)
| ページトップ |