Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
親子そろって美しい
at 2017-10-23 22:54
赤とんぼいろいろ
at 2017-10-12 20:47
ネキとコノシメの産卵ショー
at 2017-10-01 21:24
コバネの秋
at 2017-09-26 22:19
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 22:46
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:44
maximiechanさ..
by dragonbutter at 22:44
すごいサプライズですね\..
by ヘムレン at 16:46
タグ
(142)
(127)
(118)
(72)
(62)
(60)
(59)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(18)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:トンボ科 ( 118 ) タグの人気記事
Top▲ |
後ろ髪
休めない日が続く。土曜だけは午後からの用事だったので、午前中現地での2時間を限度で区内の公園へ。
目的のアオヤンマはそこそこ飛んでいた。池に隣接する開けた場所を中心に摂食飛翔の様だった。ホバリングしないのでせいぜいこんな写真しか撮れない。
e0167571_2395977.jpg

静止の撮影チャンスは3度あって一応オス・メス撮れたが、今までに比べて進歩はなかった(上がオス)。
e0167571_23103325.jpg
e0167571_23105280.jpg
それにしてもこのトンボは食欲旺盛だ。今回も3回中2回は何かを食べていた。それとも餌を捕まえた時だけとまるのかも。
途中飛ばない時間帯があったのが悔しかった。再び飛び始めたのを眺めながら後ろ髪を引かれる思いで撤収。
ついでにヨツボシトンボ。
e0167571_23111255.jpg
こんな場所にいるヨツボシの方がアオヤンマよりよっぽど貴重かもしれない。
おまけはダイコンの葉上で交尾するモンシロチョウ。
e0167571_23112792.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2017-05-25 23:13 | トンボ | Comments(0)
変わらないでほしいもの
風邪で喉をやられてしまった。この年になると風邪が治りにくくなってきた。
24日は天気もいいし、体調も少し回復したので、南関東ではなかなか見ることが難しいヨツボシトンボのヤゴでも探そうかと午前限定で出かけた。
この小さな池は人工的なものらしいが、長い年月でヨシが茂っていい感じだ。浅いのである程度長靴でも入れる。
ヤゴの数も多い。中でもマルタンヤンマのヤゴがいっぱいいた。
e0167571_1831023.jpg
他にはシオカラトンボ属、ショウジョウトンボ、モノサシトンボが掬えた。シオカラとはちょっと違う雰囲気のヤゴが採れた。
e0167571_18315268.jpg
脚は細めで頭部が台形。複眼も少し大きめ。よく見ると3-8節に背棘があるので目的のヨツボシトンボだ。
e0167571_18321396.jpg
羽化は観察したことがあるがヤゴを掬ったのは初めて。
コオイムシも掬えた。
e0167571_18322952.jpg
春になれば赤とんぼも何種類か発生するに違いない。
ここはアメリカザリガニもブルーギルもいなくて水生昆虫にとっては楽園なのだろう。そんな意味でもいつまでもこのままの状態で残ってほしい池である。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-12-25 18:35 | ヤゴ | Comments(4)
続・ついに玄関先で!
しばらくは多忙でフィールドにはでられない。
そこで今年撮った赤とんぼの写真。
ヒメアカネ。多摩南部のポイントで今年も少数見られた。
e0167571_23205333.jpg

アキアカネの産卵
e0167571_2321597.jpg

ナツアカネ交尾と産卵
e0167571_23213211.jpg
e0167571_23214374.jpg

マユタテアカネ産卵(ピント合っていません)
e0167571_23215485.jpg

そして先日、ついに玄関先のユキヤナギでホシミスジの越冬巣を見つけた!いつの間にか産卵していたのだ。
e0167571_2329338.jpg
中にはちゃんと幼虫がいるようだ。
e0167571_23295445.jpg

シモツケも一株あるので、時間がある時ゆっくり越冬巣があるか探してみたい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-11-14 23:30 | チョウとトンボ | Comments(4)
黒いヤゴ
週末も仕事が入りがちで、せっかくとれた休日も天気が悪かったりする。
そこで3月の八重山から。まず与那国島。初日は予報通り雨。気温も低くて風も強い。こんな日にはヤゴでも探すしかない。
レンタカーを走らせながらこれといった場所を見つけるとガサってみる。与那国にはハブがいないので安心だ。しかしザックに忍ばせた台所用のザルでは効率も悪く、なかなかヤゴが上がらない。
やっとヤゴが多い場所を見つけた。これで最後にしようと思った湿地だった。
e0167571_21391283.jpg
アヤミハビル館のMさんと午前中話していたら、アカスジベッコウトンボのヤゴは黒いからすぐわかると教えてくれた。たしかに真っ黒なヤゴだ。
e0167571_21393624.jpg
様々な成長段階のものがいた。
e0167571_21402729.jpg
横から見ると愛嬌たっぷり。
e0167571_21405110.jpg

下はシオカラトンボ属であることはわかるがオオシオカラかホソミシオカラかわからない。
e0167571_21412156.jpg
持ち帰って羽化させたら想定外のハラボソトンボだった。そうか、あそこではハラボソも普通種だった。
近くの川でこれまた黒いヤゴが採れた。
e0167571_21414979.jpg
アカナガイトトンボだ。尾鰓に綺麗な斑紋がある。ここでは小学生たちが元気に遊んでいた。崖に登ったり水に飛び込んだり。都会だったら親が慌ててやめさせるだろう。ヤゴを見せたら興味津々で、赤いトンボのいる場所に連れて行ってあげるという。子供たちが自転車を連ねて走る後をレンタカーでついていく。1kmほどのところにあるきれいな流れの場所に着いた。結局この日は天気が悪くてトンボにはありつけなかったけど、翌日その近くで蝶の多い場所が見つかったのでありがたかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-09-04 21:45 | トンボ | Comments(0)
掃き溜めにヒヌマ 他
都内の公園にて。ここのベニイトトンボは移入ではないらしい。
e0167571_2332239.jpg
今年も交尾、産卵といった行動は観察できなかった。
e0167571_23324659.jpg
メスは1匹見たのみ。まだ少し早いのかな。
コフキトンボは沢山いる。
e0167571_2333110.jpg
肢が4本?いやいや、このトンボはとまる時ほぼ必ず前足を頭の横で折りたたむ。
メスの帯型もいた。
e0167571_23331676.jpg
これも同じとまり方だ。
まだアオヤンマが飛び回っていた。
e0167571_23333685.jpg
このトンボはとまっているところを撮ると食事中のことが多い。
いちばん多かったのはチョウトンボ。未熟個体が草原の上をたくさん飛んでいた。
e0167571_23335148.jpg
e0167571_2334381.jpg

次は東京近郊の葦原。暑苦しくて水も汚い。
e0167571_23342056.jpg
それでもこの小さなイトトンボを見たくて去年に続いて通ってしまった。去年は交尾が撮れたので今年は産卵が見たかったが、性別不明の未熟個体1匹を除いてすべてオスだった。今年も健在を確認できたので良しとしよう。蛍光塗料を塗ったような斑点が魅力的。
e0167571_23345641.jpg

最後は埼玉中部の谷戸。猛暑の中生き残ったアサヒナカワトンボが産卵していた。
e0167571_23351188.jpg
次世代に命を繋ぐために、残り少ない生命力のすべてを出し切っているようで感動した。すぐ近くで無色型オスがずっと警護していた。
e0167571_23353592.jpg
無色型オスは橙色翅型オスのように縄張りを持たず、橙色翅型の隙を見てメスを奪うらしい。しかしこの無色型オスは近づいた橙色翅型を追い散らしていた。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-07-04 23:38 | トンボ | Comments(2)
わずかに残る貴重な自然
千葉県にわずかに残る貴重なキイロサナエを見に行った。林に囲まれた小さな流れに沿って歩き始めるとすぐに現れた。
e0167571_18471554.jpg
縄張りを張っているというよりメスが飛来するのを待っているようだった。
e0167571_18472990.jpg
結構敏感なうえ、手前に草が被ったりして撮影は少し難しかった。何回か飛ぶと高い梢に消えた。朝は沢山目撃されたようだが、日中は気温が高くて、あまり活動的でなかったのかもしれない。
薄暗い流れの上でホバリングしているキイロサナエがいた。
e0167571_18475397.jpg
メスの産卵だった。
e0167571_18481624.jpg
初撮影だったが、この時クリップオンストロボを付けていなかったので内蔵ストロボでは高速シャッターが切れなくて残念。最初からいろんなシーンを見越して態勢を整えておくべきだった。ストロボを付けているうちに終了。キイロサナエにはいろんな産卵形式があるようだが、この個体はホバリング中に腹端に卵を貯め、時々打水産卵をする、という産卵方式だった。
e0167571_18483695.jpg

ここにはオビトンボ型コフキトンボがいて初めて近距離からいい角度で撮影できた。
e0167571_18484926.jpg
肢が足りないのはご愛敬(笑)。
この後6年前にキイロサナエを撮った場所に移動した。流れの両側の草に除草剤がまかれたようで、不自然に枯れていた。そして流れにはたくさんのアメリカザリガニ(泣)。予想はしていたが、2010年のキイロサナエの写真は悲しくも貴重なものとなってしまった。それでも水田では何匹もアキアカネが羽化していたのがせめてもの救いだった。
e0167571_1849498.jpg

最後に立ち寄ったのは北総としては自然度の高い草原。ジャノメチョウが発生していた。
e0167571_18491829.jpg
この蝶も東京近郊では減少しており、2008年に教えていただいた所沢のポイントも消えてしまったという。ここがいつまでもジャノメチョウの楽園でいてほしい。
現地で案内していただいたMさんに感謝申し上げます。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-18 18:52 | チョウとトンボ | Comments(4)
春の沼にて
連休最終日の5日はHさんと房総にトラフトンボを撮りに出かけた。
2年ぶりの沼ではトラフトンボの数は極端に少なかった。地元の方は採集者が根こそぎ採ってしまったからだと言っていたが、周囲の草がきれいに刈られ、その一角ではたくさんのソーラーパネルが設置される準備ができていた。僕にはその方がこのトンボに大きな影響を与えたと思えてならない。
Hさんが樹林に囲まれ、トラフがたくさん飛んでいる沼をその近くで見つけたので、以後こちらで観察した。なんか似たような写真を量産(笑)。
e0167571_5591725.jpg
e0167571_5595111.jpg
e0167571_6013.jpg

メスの写真を撮ることが目的であったが、それは叶わなかった。しかしウグイスの声を聴きながら一日のんびりと過ごすことができてよかった。
茂みにアオヤンマがいたが、すぐ飛ばれてしまった。
e0167571_601524.jpg
イトトンボはアオモンイト、クロイト、そしてオオイトがいた。
e0167571_603214.jpg

Hさん、お疲れ様でした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-05-06 06:03 | トンボ | Comments(4)
関東平野北部にて
土曜日は関東平野の北部に行った。日曜日は予報より天気が悪かったので土曜日に出かけて正解だった。水門から流れ出る流れに飛び石状に配置されたブロックでシオカラトンボが羽化していた。
e0167571_1031770.jpg
e0167571_10311967.jpg
別のトンボだと良かったんだけど・・・。
河川敷と池の周りの草原にはすごい数のモンシロチョウとベニシジミが飛び交っていた。白っぽいベニシジミを2匹見つけた。
e0167571_1031409.jpg
e0167571_10315253.jpg
新鮮ではないが、擦れてこうなったというより白化型のようだ。拡大すると鱗粉が白いのがわかる。
e0167571_1032522.jpg
撮った写真を改めて拡大してみると、ここのベニシジミは白い鱗粉が混ざった個体が多いように感じたが、どこでもこんなもんかもしれない。
ヒメウラナミジャノメが交尾していた。
e0167571_10322043.jpg
2度ほど飛んだ後、葉が被らない位置にとまってくれた。
e0167571_10323123.jpg

ギンイチモンジセセリも多かった。
e0167571_10324657.jpg
e0167571_10325863.jpg

ツバメシジミメスはもう少し青い鱗粉がのっていると良かった。
e0167571_10331661.jpg

ずっと探していたミヤマチャバネセセリが最後に1匹だけ現れた。
e0167571_10333283.jpg
e0167571_10334331.jpg
残念ながら飛び古した感じの個体で、後翅中央にあるチャームポイントの白斑もうまく撮れなかった。近場でリベンジかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-24 10:36 | チョウとトンボ | Comments(0)
かいぼり -その2-
以前井の頭公園のかいぼりについて載せたが、今週末はお茶の水池・ボート池などで水を抜いて魚類等の捕獲作業を行うというので土曜日にまた行ってみた。前回同様曇天の寒い日だった。
e0167571_19312437.jpg

かいぼりステーションを覗くと、ヤゴは前回と同じオオヤマトンボが3匹。
e0167571_19272575.jpg
本当にでかい!
これは再来年以降羽化するであろう若齢ヤゴ。
e0167571_19274083.jpg

今回はコシアキトンボのヤゴも展示されていた。
e0167571_19275634.jpg
このトンボは最普通種であるが、公園の池に発生することが多くて、なかなか堂々とヤゴが掬いができないので、遅まきながら今回初見となった。黒っぽくて黄色の斑点がきれいだ。
結局ヤゴはこれだけで、見たかったウチワヤンマは捕獲できていないようだ。この時期泥に潜っているので捕獲しにくいのではないかとのこと。
これだけでは寂しいので魚の写真を。先ずは悪名高い外来種から。上からブルーギル、オオクチバス。
e0167571_19284730.jpg
e0167571_192942.jpg

外来種には国内外来種といって国内に分布しているが、人によって本来の生息地でない場所に持ち込まれたものがある。上からゲンゴロウブナ、ギギ、ヌマチチブ、ヌマムツ。こちらもかわいそうだが処分の対象になる。
e0167571_19292213.jpg
e0167571_19293921.jpg
e0167571_19295271.jpg
e0167571_1930937.jpg

在来種としては上からタモロコ、モツゴ、ウキゴリ。
e0167571_19303141.jpg
e0167571_19304541.jpg
e0167571_1931347.jpg

外来種の完全除去はとても難しいとは思うけれど、少しでも本来の池に戻ってほしいものだ。

西日本を中心に寒気に包まれ、九州や沖縄で記録的な寒さになっているとか。奄美大島でもなんと115年ぶりの雪が降ったという。天気の神様が今までの暖冬の埋め合わせをしようとしているかのようだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-01-24 19:33 | トンボ | Comments(2)
赤とんぼ終見記録更新
成虫で越冬する種類を除いて、私のトンボの終見記録はアキアカネの2010年12月23日(あまり熱心に観察しているわけではないが)。この年も暖冬だったが、今年はさらに温かい。まだ横浜市での最低気温は4.1℃までしか下がっていない(12月20日)。2010年は12月18日に3.2℃を記録している。
もしかしたら今年は記録を更新できるかもしれない。寒気が関東まで南下する前にいつもの場所(横浜市の里山)に行ってみた。
5年前に観察したのは水田脇の小川の蓋となっているコンクリートだった。しかしそこでは何度か往復したけどいない。やはり無理かな、と思いながら隣の田んぼを覗いてみた。こちらは一部水が残っている。
e0167571_1648168.jpg
すると・・・いた!
e0167571_16482392.jpg
しかも複数。生き残ったアキアカネがこの狭い範囲に集まっているようだ。すべてオス。縄張り意識がまだあるようで、時々追い回す姿も。
e0167571_16493550.jpg

この時期のアカネは意外と敏感だ。何度も飛ばれるが、すぐに近くにとまるのでチャンスは多い。
なんと飛んでいる小さな虫を空中で捕えて食べている。
e0167571_16491130.jpg
すごい生命力だ。
しばらく歩き回ったけど、この場所でしか見られなかった。
関西では年を越してもキトンボやヒメアカネが見られるというが、関東ではどうなんだろう。ここは自宅から30kmあるので今年はこれが最後ですが、今年はこの先まだ見られる可能性もあるのでどこかで見かけた方は教えてくださいね。
このような暖冬が何年も続くと生態系に大きな影響がでそうで、心配ですよね。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-12-26 16:53 | トンボ | Comments(6)
| ページトップ |