Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
最新の記事
マダラ詣で
at 2017-09-13 22:33
流水のアカネ
at 2017-09-04 22:52
上北は秋の気配
at 2017-08-27 22:46
普通種でも
at 2017-08-19 18:44
ジャノメチョウ亜科の粋なco..
at 2017-08-14 18:33
北国ならでは
at 2017-08-12 18:33
ジョウザンの2化
at 2017-08-08 22:33
低地の沼にて
at 2017-07-25 23:21
海の日の連休 -後半、山上にて-
at 2017-07-20 23:29
海の日の連休 -前半、近場にて-
at 2017-07-18 23:55
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:57
マダラヤンマの休息時間に..
by himeoo27 at 20:30
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:23
マダラヤンマの眼と腹部の..
by yurinBD at 07:02
タグ
(142)
(127)
(114)
(72)
(62)
(59)
(58)
(57)
(52)
(40)
(36)
(32)
(17)
(16)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:トンボ科 ( 114 ) タグの人気記事
Top▲ |
掃き溜めにヒヌマ 他
都内の公園にて。ここのベニイトトンボは移入ではないらしい。
e0167571_2332239.jpg
今年も交尾、産卵といった行動は観察できなかった。
e0167571_23324659.jpg
メスは1匹見たのみ。まだ少し早いのかな。
コフキトンボは沢山いる。
e0167571_2333110.jpg
肢が4本?いやいや、このトンボはとまる時ほぼ必ず前足を頭の横で折りたたむ。
メスの帯型もいた。
e0167571_23331676.jpg
これも同じとまり方だ。
まだアオヤンマが飛び回っていた。
e0167571_23333685.jpg
このトンボはとまっているところを撮ると食事中のことが多い。
いちばん多かったのはチョウトンボ。未熟個体が草原の上をたくさん飛んでいた。
e0167571_23335148.jpg
e0167571_2334381.jpg

次は東京近郊の葦原。暑苦しくて水も汚い。
e0167571_23342056.jpg
それでもこの小さなイトトンボを見たくて去年に続いて通ってしまった。去年は交尾が撮れたので今年は産卵が見たかったが、性別不明の未熟個体1匹を除いてすべてオスだった。今年も健在を確認できたので良しとしよう。蛍光塗料を塗ったような斑点が魅力的。
e0167571_23345641.jpg

最後は埼玉中部の谷戸。猛暑の中生き残ったアサヒナカワトンボが産卵していた。
e0167571_23351188.jpg
次世代に命を繋ぐために、残り少ない生命力のすべてを出し切っているようで感動した。すぐ近くで無色型オスがずっと警護していた。
e0167571_23353592.jpg
無色型オスは橙色翅型オスのように縄張りを持たず、橙色翅型の隙を見てメスを奪うらしい。しかしこの無色型オスは近づいた橙色翅型を追い散らしていた。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-07-04 23:38 | トンボ | Comments(2)
わずかに残る貴重な自然
千葉県にわずかに残る貴重なキイロサナエを見に行った。林に囲まれた小さな流れに沿って歩き始めるとすぐに現れた。
e0167571_18471554.jpg
縄張りを張っているというよりメスが飛来するのを待っているようだった。
e0167571_18472990.jpg
結構敏感なうえ、手前に草が被ったりして撮影は少し難しかった。何回か飛ぶと高い梢に消えた。朝は沢山目撃されたようだが、日中は気温が高くて、あまり活動的でなかったのかもしれない。
薄暗い流れの上でホバリングしているキイロサナエがいた。
e0167571_18475397.jpg
メスの産卵だった。
e0167571_18481624.jpg
初撮影だったが、この時クリップオンストロボを付けていなかったので内蔵ストロボでは高速シャッターが切れなくて残念。最初からいろんなシーンを見越して態勢を整えておくべきだった。ストロボを付けているうちに終了。キイロサナエにはいろんな産卵形式があるようだが、この個体はホバリング中に腹端に卵を貯め、時々打水産卵をする、という産卵方式だった。
e0167571_18483695.jpg

ここにはオビトンボ型コフキトンボがいて初めて近距離からいい角度で撮影できた。
e0167571_18484926.jpg
肢が足りないのはご愛敬(笑)。
この後6年前にキイロサナエを撮った場所に移動した。流れの両側の草に除草剤がまかれたようで、不自然に枯れていた。そして流れにはたくさんのアメリカザリガニ(泣)。予想はしていたが、2010年のキイロサナエの写真は悲しくも貴重なものとなってしまった。それでも水田では何匹もアキアカネが羽化していたのがせめてもの救いだった。
e0167571_1849498.jpg

最後に立ち寄ったのは北総としては自然度の高い草原。ジャノメチョウが発生していた。
e0167571_18491829.jpg
この蝶も東京近郊では減少しており、2008年に教えていただいた所沢のポイントも消えてしまったという。ここがいつまでもジャノメチョウの楽園でいてほしい。
現地で案内していただいたMさんに感謝申し上げます。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-06-18 18:52 | チョウとトンボ | Comments(4)
春の沼にて
連休最終日の5日はHさんと房総にトラフトンボを撮りに出かけた。
2年ぶりの沼ではトラフトンボの数は極端に少なかった。地元の方は採集者が根こそぎ採ってしまったからだと言っていたが、周囲の草がきれいに刈られ、その一角ではたくさんのソーラーパネルが設置される準備ができていた。僕にはその方がこのトンボに大きな影響を与えたと思えてならない。
Hさんが樹林に囲まれ、トラフがたくさん飛んでいる沼をその近くで見つけたので、以後こちらで観察した。なんか似たような写真を量産(笑)。
e0167571_5591725.jpg
e0167571_5595111.jpg
e0167571_6013.jpg

メスの写真を撮ることが目的であったが、それは叶わなかった。しかしウグイスの声を聴きながら一日のんびりと過ごすことができてよかった。
茂みにアオヤンマがいたが、すぐ飛ばれてしまった。
e0167571_601524.jpg
イトトンボはアオモンイト、クロイト、そしてオオイトがいた。
e0167571_603214.jpg

Hさん、お疲れ様でした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-05-06 06:03 | トンボ | Comments(4)
関東平野北部にて
土曜日は関東平野の北部に行った。日曜日は予報より天気が悪かったので土曜日に出かけて正解だった。水門から流れ出る流れに飛び石状に配置されたブロックでシオカラトンボが羽化していた。
e0167571_1031770.jpg
e0167571_10311967.jpg
別のトンボだと良かったんだけど・・・。
河川敷と池の周りの草原にはすごい数のモンシロチョウとベニシジミが飛び交っていた。白っぽいベニシジミを2匹見つけた。
e0167571_1031409.jpg
e0167571_10315253.jpg
新鮮ではないが、擦れてこうなったというより白化型のようだ。拡大すると鱗粉が白いのがわかる。
e0167571_1032522.jpg
撮った写真を改めて拡大してみると、ここのベニシジミは白い鱗粉が混ざった個体が多いように感じたが、どこでもこんなもんかもしれない。
ヒメウラナミジャノメが交尾していた。
e0167571_10322043.jpg
2度ほど飛んだ後、葉が被らない位置にとまってくれた。
e0167571_10323123.jpg

ギンイチモンジセセリも多かった。
e0167571_10324657.jpg
e0167571_10325863.jpg

ツバメシジミメスはもう少し青い鱗粉がのっていると良かった。
e0167571_10331661.jpg

ずっと探していたミヤマチャバネセセリが最後に1匹だけ現れた。
e0167571_10333283.jpg
e0167571_10334331.jpg
残念ながら飛び古した感じの個体で、後翅中央にあるチャームポイントの白斑もうまく撮れなかった。近場でリベンジかな。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-04-24 10:36 | チョウとトンボ | Comments(0)
かいぼり -その2-
以前井の頭公園のかいぼりについて載せたが、今週末はお茶の水池・ボート池などで水を抜いて魚類等の捕獲作業を行うというので土曜日にまた行ってみた。前回同様曇天の寒い日だった。
e0167571_19312437.jpg

かいぼりステーションを覗くと、ヤゴは前回と同じオオヤマトンボが3匹。
e0167571_19272575.jpg
本当にでかい!
これは再来年以降羽化するであろう若齢ヤゴ。
e0167571_19274083.jpg

今回はコシアキトンボのヤゴも展示されていた。
e0167571_19275634.jpg
このトンボは最普通種であるが、公園の池に発生することが多くて、なかなか堂々とヤゴが掬いができないので、遅まきながら今回初見となった。黒っぽくて黄色の斑点がきれいだ。
結局ヤゴはこれだけで、見たかったウチワヤンマは捕獲できていないようだ。この時期泥に潜っているので捕獲しにくいのではないかとのこと。
これだけでは寂しいので魚の写真を。先ずは悪名高い外来種から。上からブルーギル、オオクチバス。
e0167571_19284730.jpg
e0167571_192942.jpg

外来種には国内外来種といって国内に分布しているが、人によって本来の生息地でない場所に持ち込まれたものがある。上からゲンゴロウブナ、ギギ、ヌマチチブ、ヌマムツ。こちらもかわいそうだが処分の対象になる。
e0167571_19292213.jpg
e0167571_19293921.jpg
e0167571_19295271.jpg
e0167571_1930937.jpg

在来種としては上からタモロコ、モツゴ、ウキゴリ。
e0167571_19303141.jpg
e0167571_19304541.jpg
e0167571_1931347.jpg

外来種の完全除去はとても難しいとは思うけれど、少しでも本来の池に戻ってほしいものだ。

西日本を中心に寒気に包まれ、九州や沖縄で記録的な寒さになっているとか。奄美大島でもなんと115年ぶりの雪が降ったという。天気の神様が今までの暖冬の埋め合わせをしようとしているかのようだ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2016-01-24 19:33 | トンボ | Comments(2)
赤とんぼ終見記録更新
成虫で越冬する種類を除いて、私のトンボの終見記録はアキアカネの2010年12月23日(あまり熱心に観察しているわけではないが)。この年も暖冬だったが、今年はさらに温かい。まだ横浜市での最低気温は4.1℃までしか下がっていない(12月20日)。2010年は12月18日に3.2℃を記録している。
もしかしたら今年は記録を更新できるかもしれない。寒気が関東まで南下する前にいつもの場所(横浜市の里山)に行ってみた。
5年前に観察したのは水田脇の小川の蓋となっているコンクリートだった。しかしそこでは何度か往復したけどいない。やはり無理かな、と思いながら隣の田んぼを覗いてみた。こちらは一部水が残っている。
e0167571_1648168.jpg
すると・・・いた!
e0167571_16482392.jpg
しかも複数。生き残ったアキアカネがこの狭い範囲に集まっているようだ。すべてオス。縄張り意識がまだあるようで、時々追い回す姿も。
e0167571_16493550.jpg

この時期のアカネは意外と敏感だ。何度も飛ばれるが、すぐに近くにとまるのでチャンスは多い。
なんと飛んでいる小さな虫を空中で捕えて食べている。
e0167571_16491130.jpg
すごい生命力だ。
しばらく歩き回ったけど、この場所でしか見られなかった。
関西では年を越してもキトンボやヒメアカネが見られるというが、関東ではどうなんだろう。ここは自宅から30kmあるので今年はこれが最後ですが、今年はこの先まだ見られる可能性もあるのでどこかで見かけた方は教えてくださいね。
このような暖冬が何年も続くと生態系に大きな影響がでそうで、心配ですよね。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-12-26 16:53 | トンボ | Comments(6)
多摩川中流域のヤゴ
多摩川中流域に出かけた。
河川敷ではまだミヤマアカネが飛んでいた。
e0167571_18532180.jpg
これが今年最後の出会いとなりそうだ。
しばらくはヤゴが上がらなかったが、移動しながら探すと、ようやく1匹採れた。そこは良いポイントの様で、この後次々と掬えた。
コオニヤンマはトンボになるのに最低でも2年はかかる種類なので、様々なステージのヤゴが採れる。3兄弟(笑)の写真。
e0167571_18534696.jpg
長男は終齢。
e0167571_1854184.jpg
今まで見た中では最も黒っぽい。
e0167571_18541259.jpg
なかなか迫力あるね。
下はダビドサナエの終齢兄弟。
e0167571_18565723.jpg
クロサナエとの区別は難しいが、中流域なので多分ダビド。
これはオジロサナエ。終齢を見るのは初めて。
e0167571_18573078.jpg
黄色い斑点がきれいだ。三角形の触角が特徴で、斜め前から見るとアヒルのくちばしみたい。
e0167571_18575128.jpg

下の2匹はずんぐりむっくりの方がアサヒナカワトンボで細長い方がハグロトンボ。後者はもしかしたらアオハダトンボかもしれない。
e0167571_1858874.jpg

アオサナエとミヤマサナエのヤゴが見たかったけど採れなかった。
羽化の頃面白そうな場所だ。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-12-06 19:00 | トンボ | Comments(0)
晩秋の公園にて
近場でムラサキツバメの集団越冬を観察したいところだが、今年も安易に有名公園へ出かけた。予報より早く雲が増えて、あまり日が射さなかった。先ずムラサキシジミが飛んでいた。
e0167571_18345863.jpg
まだきれいなメスだった。池ではアキアカネが1匹だけ残っていた。
e0167571_18353182.jpg
時々飛び立っては戻って来た。競い合うオスも、ペアを組むメスもいなくて寂しげだった。
ウラギンシジミは山茶花の周りを何かを見定めるように小刻みに飛んでいた。越冬場所を探しているようだった。
e0167571_18355653.jpg
結局ここに落ち着いた。
ムラサキツバメは時々飛んだが、低い所に降りてくれなかった。それに翅が欠けた個体がほとんどだった。最初に見つけた集団越冬は3匹だった。
e0167571_18363910.jpg
小鳥のように並んでとまっていて可愛い。
暖かい日だったので時々飛び立つようで、時間を空けて覗いてみると少し数や位置が変わり、最終的には4+6+3+2で15匹となった。10mくらいの範囲のカクレミノとマテバシイに集まっていた。
e0167571_183712.jpg
e0167571_18371814.jpg

道標の上にドングリとピラカンサの実がきれいに並んでいるのに帰り道で気がついた。
e0167571_1838199.jpg
きっと並べたであろう子供の優しさが伝わってきてほっこりした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-11-22 18:40 | チョウ | Comments(2)
季節風に運ばれて
いつ載せようかと迷っていたけど、複数の新聞に記事が出たのでもういいかなということで・・・

大陸からオナガアカネが飛来したという情報を頂いた。
オナガアカネは北西の季節風に運ばれてくるので、見られるのは通常日本海側である。
しかし教えていただいたのは太平洋岸の湿地。十分日帰りできる距離なので、文化の日に急遽行ってみることにした。
4時半前に家を出て、半分近く走ったところで太平洋から朝日が射してきた。
現地の天気は快晴に近いが風が強い。初めてとなるこのトンボを自力で見つけることができるのだろうか。多少不安である。
もう11月なので、飛び古したトンボが多い。これは何でしょう。
e0167571_21451219.jpg

これはショウジョウトンボのメス。老熟してすごい色になっている。
顔の白い赤とんぼを探すが、ひょっとして、と思って撮ってみるとみんなマイコアカネだ。
e0167571_21455992.jpg

これはメス。
e0167571_21461263.jpg
こんな季節になっても食欲は旺盛のようだ。
地元の方が一人見えたが、やはり見つからないらしい。
2時間ほど探し回った後、また顔の白いやつがとまった。念のために撮影して拡大してみる。
e0167571_21464280.jpg

上付属器が反り返っていなくて、腹部の第7節が棘のように下方に張り出している。間違いなくオナガアカネだ!
e0167571_21471758.jpg
日本海を超えてきたとは思えないほどきれいな個体だった。改めて見ると、複眼の色もうすいので頭部全体が白っぽくてマイコとは違う雰囲気。
e0167571_2148830.jpg

そのうちに地元の方が増えて総勢4,5名で代わる代わる撮影する。
見られたのはこの狭い範囲だけであった。
オナガという名前はメスの産卵弁が長く突き出しているからだそうだが、見つけることはできなかった。メスは誰も見ていないとのこと。
背の高い抽水植物の葉にとまるため、広角で撮ってもバックがぬけなくていい写真にならなかった。
e0167571_21503163.jpg

実はここではもう1種類の飛来種、スナアカネも来ているらしい。2日前にいたというポイントに行ってみるとすぐに見つけることができた。
e0167571_21505891.jpg

砂の上のスナ(笑)。気温が低いこの時期になるとこんなカットしか撮れなくなるらしい。こちらは6年前に証拠写真を撮って以来だ。
e0167571_21512289.jpg
複眼の下半分が青味がかったグレイで、胸部に黄色い帯があってエキゾチックで美しい赤とんぼだ。こちらもきれいな個体でよかった。
e0167571_21514457.jpg
スナアカネもオスしか見当たらなかった。
遠征は今年はもうしないつもりだったけど、なかなか見ることのできない飛来種の情報に飛びつきました。お名前は控えますが、本当にありがとうございました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-11-05 21:55 | トンボ | Comments(4)
水田と共に生きる その二
日曜日は午後から車検の予約を入れてあるので短時間のフィールド歩き。
稲刈りの終わった泥田では沢山のアキアカネのペアが産卵に飛来した。
e0167571_20354350.jpg
打泥産卵というやつだ。アキアカネは関東周辺ではまだ普通種であるが、西日本では水田で使う農薬のせいで減少が著しいという。
e0167571_20361712.jpg

メスには褐色のメス型とオス同様に赤くなるオス型がある。
e0167571_20363768.jpg
トンボも蝶もメスに多型がある場合がほとんどだ。やはり両方赤いペアの方が写真写りはいいかな。
なぜかまだ稲刈りが済んでいない水田があった。時間的に遅いかなと思ったが、ナツアカネが3ペア産卵していた。
e0167571_2040571.jpg
e0167571_20411274.jpg
こちらは打空産卵といって、飛びながら卵をばら撒くやり方だ。残念ながら落下する卵は写っていなかった(笑)。
最後に蝶の写真を2枚。
e0167571_20415425.jpg
e0167571_2042722.jpg
こんな時期に綺麗なキアゲハが見られるとは思わなかった。第4化だろうか。
本当はヒメアカネの産卵を撮りたかったのだが、オスの静止をかろうじて撮れただけだった。
e0167571_20413078.jpg

もう少し産卵は続きそうであったが、時間切れで後ろ髪を引かれる気持ちで撤収した。
トンボの写真はトリミングしてます。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-11-01 20:47 | チョウとトンボ | Comments(2)
| ページトップ |