Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
最新の記事
春の蝶初見記録更新2種
at 2017-03-19 21:35
新生蝶@横浜
at 2017-03-12 20:31
越冬幼虫の目覚め
at 2017-03-04 15:21
春を待つ公園
at 2017-02-19 22:59
芽吹き
at 2017-02-12 22:53
大寒でも
at 2017-01-30 23:24
落胆と安堵
at 2017-01-29 19:39
ヤゴ後沖縄気分
at 2017-01-08 16:43
お正月の天体ショー
at 2017-01-03 21:58
あけましておめでとうございます
at 2017-01-01 00:17
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ヒメオオさん、コメントあ..
by dragonbutter at 22:19
春の妖精「コツバメ」やっ..
by himeoo27 at 17:43
ヘムレンさん、コメントあ..
by dragonbutter at 21:46
ダンダラさん、昨日はお会..
by dragonbutter at 21:43
タグ
(135)
(115)
(107)
(68)
(61)
(54)
(53)
(53)
(46)
(37)
(34)
(32)
(17)
(14)
(12)
(11)
(10)
(9)
(8)
(3)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:トンボ科 ( 107 ) タグの人気記事
Top▲ |
梅雨空の奄美探訪 3,4日目
3日目。やはり朝から雨。今日から単独行動だ。天気が悪くてもどうしても見ておきたいトンボポイントがあった。名瀬から1時間足らずで山道に入る。ここが島とは思えない深山の趣のなか登っていく。目的地の池の周りで雨中の散策を開始する。ふと気が付くと足元にたくさんの小さなコフキヒメイトトンボがとまっていた。
e0167571_1094510.jpg
さらに歩くとコシブトトンボを見つけた。
e0167571_1010174.jpg
小エビのような愛嬌ある形のとても小さなトンボだ。奄美が北限である。
ここで雨がますます激しくなり車に避難する。奄美北部には大雨洪水注意報がでている。車の中でラジオの音と共に無為に時間が過ぎていく。
正午を回ったころ空が少し明るくなり気温も上がってきた。雨がやむと一斉にトンボが飛び始めた。大本命で日本中でここにしかいないハネナガチョウトンボを探す。少し広く水面が広がる場所があった。何となくいそうな環境だ。ここではシオカラトンボ、ベニトンボ、アオイビタイトンボ、リュウキュウギンヤンマ、タイリクショウジョウトンボ、ハネビロトンボがすごい勢いで空中戦を演じている。
その時一瞬何かわからないトンボが飛んだ。シオカラトンボくらいの青黒い細身のトンボだ。短いホバリングを狙って何とか見せられる写真を何枚かとる。
e0167571_10104653.jpg
リュウキュウトンボだ。エゾトンボの仲間は緑色の金属光沢をもつが、このトンボは腹部が青っぽく光り、随分雰囲気が違った。
カメラでリュウキュウトンボを追っていたら黒い羽根のトンボが飛ぶのが水面に映った。ハネナガだ!目で追うけどその都度ガマの茂みに消えた。出始めなのだろうか、数はとても少ない。そのうち何とか写せそうな位置にとまってくれた。回り込んで必死に撮るがちょっと位置が高くて体がこちら向きに揺れた瞬間を狙った。
e0167571_10113377.jpg
その後何度か飛んできたが撮影チャンスはこれきりだった。どうせ元々は南方からの飛来種でしょ、と思っていたが、そうではない(つまり土着)という話があるらしい。
近くの林ではオオハラビロトンボ(メス)が茂みの中に止まっていた。ハブは怖いけどそっと近づいて撮影。
e0167571_1015439.jpg
これもとまった位置が高すぎ。
次に近くの滝に立ち寄った。アマミルリモントンボとリュウキュウハグロトンボが観察できた。リュウキュウハグロは本土のアオハダトンボ以上に翅脈が青く輝き、その面積は奄美のものが最も広いらしい。渓流の妖精といったところ。
e0167571_10265464.jpg
川沿いに生える低木にイシガキチョウが集まっていた。近づくと産卵に来ているようだ。ということはこの木はイヌビワということになるかな。
e0167571_10154982.jpg
e0167571_10161098.jpg

駐車場や道路の上空をたくさんのカラスヤンマが摂食飛翔していた。
e0167571_10162690.jpg
これも見たかった風景のひとつ。メスの斑紋は島ごとに異なる。以前はミナミヤンマと言われていたが最近カラスヤンマと同一種となった。トンボの神様が3日目にようやくちょっとだけ微笑んでくれた。
最終日には改めて記事にするほどの成果はなかった。前日と同じポイントでリュウキュウトンボを撮り直し、リュウキュウハグロトンボの広角を撮っておしまい。
e0167571_10212280.jpg
e0167571_1017283.jpg

最後にきれいなタテハモドキがお別れの挨拶をしてくれた。
e0167571_10172143.jpg
e0167571_10173029.jpg

結局4日間梅雨前線がぴったりと奄美に貼りついていた。更に皮肉なことに帰った次の日から奄美に晴天と夏の日が訪れたようだ。天候を考えれば良しとすべき成果だろう。「蝶と蜻蛉の両立は難しい」ということで、宿題もだいぶ残ったけど。SHさんには随分お世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-07-05 10:30 | チョウとトンボ | Comments(6)
ヨツボシトンボ誕生
日曜日に北関東の沼に行った。この時期に行くのは初めてだった。いつもは6月なのでエゾハルゼミの声を聴きながら登るのだが、まだ発生していないようだ。
沼ではエゾイトトンボが発生初期だった(上オス、下メス)。
e0167571_23385382.jpg
e0167571_23391322.jpg
青く成熟したオスはいなかったが、未熟個体を撮るのは初めてかな。
湖面ではまだトンボは見なかったがヨツボシトンボの羽化殻はたくさん見つけた。処女飛行を終えて羽を休めるメスがいた。
e0167571_2339387.jpg
成熟個体とは異なる色で美しい。
引き上げようかと思って歩いていたら濡れたヤゴが湖岸の草むらを足早に歩いていた。だいぶ焦っているようだった。羽化のがまんができないのか、無防備で危険の状況はできるだけ短くしたいのか。もう9時半をまわっていた。写真に撮る間もなく草にしがみついて登りだした。いくつかの葉を抱きかかえて定位した場所は地面から10cmもないところ。
e0167571_2341278.jpg
一度後ろ足を大きく後方に伸ばした。
e0167571_23414795.jpg
まるで背中の後ろに羽化に必要な空間があることを確認しているようであった。おにぎりを1個食べて戻るともう背中が割れていた。
e0167571_23422229.jpg
以下の経過は下の写真の通り。
e0167571_23425563.jpg
逆さになっている時間が長かったが、頭をもたげて腹端を引き抜くのは本当にあっという間で撮りそびれた。
e0167571_23415190.jpg

第二のポイントでは暗い日陰でピッカピカのカラスアゲハのメスの別嬪さんがウツギにとまっていた。しかも全開翅で静止していたのだ。しかしどういうわけかクリップオンストロボが光らない!!おかげで撮れた写真はみなボケている。
e0167571_2343296.jpg
この写真も拡大すると悲惨(泣)。スイッチをいじったりカメラから外して再び取り付けていたらさすがに飛ばれてしまった。時々このトラブルはあったわけで、やはりポイントを移動したら一度はテストしておくべきだった。帰りの道路沿いに見事なツツジがあって多くのアゲハ類が飛来したがほとんどが破損していた。しつこく求愛するオスがいた。
e0167571_23434770.jpg

ヨツボシトンボは普通種だが、羽化の一部始終を観察できてよかった。
yodaさん、第一ポイントでは行き違いになってしまい残念でした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2014-05-19 23:46 | チョウとトンボ | Comments(4)
人工島にて
神戸に出張した。
水曜日、昼休みにちょっとだけ時間をとって近くの公園を散策した。人工島にある公園だ。
良い天気で平年並みの気温。ムラサキシジミに会えた。
e0167571_9401330.jpg
今回はオスだった。オスはムラサキ色の範囲がメスより広いだけでなく、構造色のような光沢がある。
e0167571_9414051.jpg

池は改修工事のため近づけなかったが、人工の小さな流れがあったのでチェックすると大きめのアカトンボがいた。タイリクアカネだった(メスは初撮影)。
e0167571_9332247.jpg
翅が淡く褐色味を帯びるのが特徴のひとつ。
e0167571_9333886.jpg
この時期まで生き残っていてくれてありがたかった。アキアカネそっくりだけれど関東では絶対見られないからね。オスもいたが、12月というのにとても敏感だった。唯一持っていた100mmマクロでは十分近づけなかったため、タイリクアカネと確信できる写真は撮れなかった。
今シーズンのアカトンボもこれが撮り納めとなるのかもしれない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-12-07 09:43 | チョウとトンボ | Comments(7)
3年ぶりのルー様
火曜日は職場の創立記念日で休みだった。元々この連休は家内と旅行の計画を立てていたが、ちょっと事情が生じてしまい中止せざるを得なくなった。そのかわり近場で房総に行くことにした。
3年ぶりにルーミスシジミのポイントに寄った。周りの木が随分伸びて以前のように日が射さなくなっている。ルーミスは高い所をチラチラと飛んでいるがなかなか下りてこなかった。今までと外れた場所を歩いていたら足元から飛ばれてしまい、背より高い所に止まった。
e0167571_2381293.jpg
もう1回低い葉にとまりかけたが、そこにいた赤とんぼに追い払われてしまった(泣)。
e0167571_2384062.jpg
こちらは前翅の先端が欠けた個体だった。
ムラサキシジミとウラギンシジミは見かけたが、ムラサキツバメは見られなかった。
e0167571_23142866.jpg

別の場所で車1台やっと通れる狭い道を進んでいったらよさげな泥沢地があった。イノシシと思われる足跡がたくさん!泥を掬うとびっくりするほど高密度でヤゴが採れた。残念ながらシオカラトンボの仲間とショウジョウトンボのヤゴばかりで、期待したヤンマは見つからなかった。
e0167571_23121162.jpg
上左からシオヤトンボ、ショウジョウトンボ、オオシオカラトンボ。下の小さいやつはたぶんオオシオカラトンボと思うが・・・
この日は前日が雨であたりが濡れており、あまり下りてこない日なのかもしれなかった。また、撮影者が他に誰もいなくて、私と家内だけでは見つける効率も悪かったのだろうが、ルーミスシジミは行く度に撮れる写真のクオリティーが落ちていく(笑)。いいポイントを探さないとダメかな。
家内と行ったので観光もしたが、高い所はどうも苦手だ(野島崎灯台にて、家内がガラケーで撮影)。
e0167571_23123545.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-11-06 23:18 | チョウとトンボ | Comments(6)
台風一過 -晩秋の狭山丘陵-
今年は台風の当たり年だ。既に28号まで発生している。このペースだと30号を軽く超えそうだ。しかし上には上があって1967年にはなんと39個発生しているというから驚きだ。
今回の27、28号は幸い大きな被害を出さずに日本の南東海上を進んだ。その後一時的に冬型の気圧配置となり、今日日曜日は北西の風が強かった。
きれいな秋晴れとなったので狭山丘陵へ行ってみた。赤トンボの季節もそろそろ大詰めのようだ。ヒメアカネは例年より少なめで、産卵シーンは見られなかった。
e0167571_21204092.jpg
きれいなミヤマアカネのオスがいた。
e0167571_21211787.jpg
ここで見るのは初めてかもしれない。
やはりいちばん多いのはアキアカネ。二番穂で交尾中のペアがいた。
e0167571_21214080.jpg
今まで産卵は泥田で行われるものしか撮れていなかったが、今日は水面に産卵するところが撮れた。
e0167571_21252341.jpg
打水でできるさざ波がきれいだ。
e0167571_21253666.jpg
e0167571_21254364.jpg

蝶もまだいろいろ飛んでいた。テングチョウは冬眠に備えて野菊で吸蜜していた。
e0167571_21255769.jpg

少しばかりザルでもってヤゴを掬ってみた。馬鹿でかいクロスジギンヤンマのヤゴが掬えた。
e0167571_21261827.jpg
早くも終齢となって、来春の準備が完了しているようだった。
次に北西の風が吹いたら木枯らし1号となるのかもしれない。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-10-27 21:29 | トンボ | Comments(4)
3年ぶりのカバマダラ
横浜でカバマダラが発生していると聞いて、3年ぶりに会いに行ったので、全くの遅ればせながら掲載します。
現地ではbanyanさん、hemlenさん、theclaさん、初めてお会いする横浜のF-Tさん、他何人も撮影に来られていた。今日は数が少ないようで、訪花はフジバカマしか撮れなかった。
e0167571_22211870.jpg
e0167571_22212623.jpg
e0167571_22213540.jpg
採集者も入ったというのでその影響もあるのかもしれない。
メスも撮れたがボロボロだった。
e0167571_22215054.jpg
F-Tさんにガガイモについている中齢幼虫を教えていただいた。
e0167571_22223456.jpg
近くの葉裏に1齢幼虫もいた。
e0167571_22224879.jpg
越冬は無理としても今いる幼虫は羽化できるといいなと思う。
最後にキタテハ(秋型メス)、ホシホウジャクとコノシメトンボの写真です。
e0167571_22231395.jpg
e0167571_22232532.jpg
e0167571_2223359.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-10-14 22:25 | チョウ | Comments(8)
東信へ
マダラヤンマは日本でいちばん美しいトンボという人もいるほど人気が高い。去年は北関東で再会したが、証拠写真だった。そこで今年はHさんと5年ぶりに東信地方に出かけた。だいぶ早く着いたのでウラギンスジヒョウモンを撮ったりして時間をつぶす。
e0167571_919513.jpg
9時半ころ池に戻ると活動が始まっていた。遠くのホバリングを狙って撮影(トリミングあり)。
e0167571_920547.jpg
前回同様いずれもっと近くでホバってくれるに違いないとたかをくくっていたが、この後は葦の茂みを低く飛びまわることが多く、ほとんどノーチャンスだった。近くにとまってくれたのは3回ほどだったかな。
e0167571_9202725.jpg
e0167571_9204545.jpg
e0167571_9205257.jpg
すべて300mmで撮ったが、マクロレンズでも撮っておくべきだった。二つ上の写真のように水平の体勢でとまるヤンマはマダラヤンマだけではないだろうか。
飛来を待っていると違和感のあるアキアカネの連結がやって来た。3連結だ!一瞬打水産卵の動作を行ったが、逆さになって葦の茎にとまった。
e0167571_9215145.jpg
前方(写真では下方)から♂-♂-♀である。ネイチャーガイド「日本のトンボ」によればこのタイプの3連結はA型と呼ばれるもので比較的よく見られる型らしい。しばらくじっとしていたが、やがて解れて飛び去った。ある意味マダラヤンマより貴重な写真が撮れた。
マダラヤンマは5年前に比べてやや少ない印象だった。交尾、産卵を撮りたかったけど結局叶わず、5年前と比べて進歩無しだった。それでも爽やかな秋晴れのもと、久しぶりに目の前で美しいトンボを観察できてうれしかった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-09-29 09:27 | トンボ | Comments(6)
台風の前に
今週末は日、月が台風で荒れ模様の予報。土曜日は何とかもちそうなので北関東にナゴヤサナエを見に行くことにした。ナゴヤサナエは今まで羽化シーンを見ただけである。サナエトンボの仲間は「早苗」からわかるように、一般的には春から初夏のトンボであるが、主に盛夏から秋口に見られる種類がある。関東ではミヤマサナエとこのナゴヤサナエがそう。
いると思われる川には8時前に着いた。近くの田んぼでは既に稲刈りが始まっている。ここからが問題だ。川に下りる場所を捜さないといけない。こんな場所なのだ(これは川に下りた後撮ったもの)。
e0167571_22434952.jpg
前もって国土地理院の地図やグーグルマップでよさげな場所にチェックを入れていったが、実際見るのとは大分違うので全然役に立たなかった。最初に車を止めた場所はちょっと厳しそう。そこで歩いて捜すことにする。先ず橋の上から眺めるとずっと上流の川岸が開けている。実際空身で偵察するとビンゴ。それらしいトンボも飛んでいる。急いで車を近くに移動させウェイダーを履いて出撃。
水深は膝前後。しばらく雨が降っていないためか、幸い流れも緩やかだ。あちこちで飛んでいるかと思うとピタッといなくなったりを繰り返す。飛翔がなかなか撮れないでいると、しばらくして川岸の枝にとまるところを目撃した。1回目は逃げられたが、よく見ているうちにどのナゴヤサナエも頻回に水面に突き出た枝にとまることがわかった。それも水面から50 cmほどの低い位置だ。お気に入りの場所がいくつかあるようで、しばらくして戻ってくると、またとまっていたりする。
e0167571_22445781.jpg
e0167571_22451119.jpg
うれしいことにあまり人を恐れない。○○湖のメガネサナエよりずっとフレンドリーだ。顔のアップや広角写真もいくらでも撮れる。
e0167571_22494730.jpg
e0167571_22501333.jpg

黄色っぽいやつが飛んできたと思ったら、とまっていたオスがスクランブル発進。あっという間に交尾成立。「近くにとまってくれ」と祈ったが、岸の高木に消えていった(泣)。他にもメスが2-3度産卵に来たが、数回打水するとさっと飛び去った。
十分撮った後もう一回飛翔写真に挑戦。ホバリングはしないのでそう簡単ではないが、ゆっくりと直線状に飛んでいるときがチャンス。他のオスがちょっかいを出すとあっという間に追飛が始まり手が出なくなる。遠いけどピントが合っているものをトリミングして載せておく。
e0167571_22505273.jpg

撮影者も採集者も釣り人もいない。川は音をたてずゆったり流れている。暑いけれど静かな時間を過ごせた。
もう一ヶ所寄ったが空振りだったので省略(笑)。そこではアジアイトトンボ、ノシメトンボ連結のぶら下り、そしてチョウトンボを見ることができた。
e0167571_22513049.jpg
e0167571_22523946.jpg
e0167571_225258.jpg

[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-09-14 23:02 | トンボ | Comments(8)
高標高地のトンボ
高標高にあるこの池はYさんから聞いた場所。池の周りを歩くと次々と未熟なムツアカネが飛び出した。
e0167571_2246244.jpg
e0167571_22463251.jpg
少数であるが成熟した個体もいて交尾していた。
e0167571_22464742.jpg
他にはオオルリボシヤンマ、ルリイトトンボ、エゾイトトンボ、アオイトトンボといったところ。ルリイトトンボの連結、交尾、産卵を撮りたかったがみつからない。
移動しようと車に帰る途中、エゾトンボの仲間が足元に落ちていた。死んでいると思ってよく見ると・・・なんと交尾中である!とても撮影しづらかったが、注意深く周りの草をどけて何とか撮ってみる。
e0167571_22471088.jpg
それにしても死んだようにまったく動こうとしない。さて、このままでは種類の判定が出来そうもない。種類のわからない交尾写真なんて・・・。お取り込み中申し訳ないが手で捕獲。さすがにすぐに暴れて何度か手を噛まれたが、腹端からタカネトンボと判明。
e0167571_22472962.jpg
撮影後は元気に飛び去った。
次のポイントへは林道を反対側へ下ればすぐの筈だった。しかし土砂崩れで通行止めのため大きく迂回する羽目に。途中でおいしい蕎麦をいただき、ようやくやってきた高層湿原は去年ホソミモリトンボをとった場所。ここにはエゾトンボもいるらしいので、今日はそっちの方を撮りたかった。以前青森で超証拠写真を撮っただけなのでね。今年も元気に縄張り飛翔しているエゾ系のトンボに精神を集中して撮り始める(この写真のみノートリ)。
e0167571_2251208.jpg
肉眼ではわからないので、早めにモニターで確認すると撮りたかったエゾトンボだった。
e0167571_22514848.jpg
このトンボもしっかりホバリングしてくれるのでいいショットが撮れた。
e0167571_2252870.jpg
e0167571_22521468.jpg
e0167571_22522056.jpg
時期が遅いのか、時間が早いのか、今回はホソミモリトンボは飛んでいなかった。
マツムシソウでくたびれたアカセセリのオスがあちこちで求愛しており、夏の終わりを感じた。
e0167571_22523954.jpg

富山も東京に劣らず猛暑。夜は二人の甥っ子の相手をして楽しかった。うちの息子にもこんな時期があったなあ。はるか昔のことになったが。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-08-19 23:00 | トンボ | Comments(2)
猛暑の夏
35℃以上になった日を猛暑日というが、最近はあちこちで40℃を超えている。こんな日を何と呼べばいいのだろう。灼熱日、サウナ日・・・??
猛暑の中、出かけてはいるが、本命が撮れていないのでアップするのが億劫になってしまう。
こんな所にも行ったが、撮りたい蝶は何度か飛んだものの採集者のほうが多かった。
e0167571_10373427.jpg
花の他に撮った蝶といえばオオウラギンスジヒョウモンくらい。
e0167571_10374859.jpg

近場ではウラギンシジミの吸汁。角度が悪いがルリシジミもいる。
e0167571_10381348.jpg
暑くて何に飛来したのか確認する気になれなかった。
e0167571_10385694.jpg

自分で見つけたヤンマのぶら下りは初めてかも。実際は飛んできてとまったため撮れたわけだが。
シオカラトンボはホバリングが上手でなく、体が細かくぶれるが、オオシオカラトンボはぴったり止まっているので飛翔力が一枚上手なのだろう。
e0167571_10391357.jpg
しばらく飛びながら交尾する。
e0167571_10392636.jpg
交尾を解くと産卵が始まる。しばらくはすぐ傍でオスが警護飛翔する。
e0167571_10411125.jpg
打水の瞬間水滴を前方に飛ばしているのが分かる。
e0167571_10412219.jpg

明日から家内の実家(富山)に帰省する。途中で道草する予定。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-08-14 10:51 | チョウとトンボ | Comments(6)
| ページトップ |