Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
最新の記事
SF映画にでも
at 2017-06-18 21:28
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-06-13 23:15
湖のホンサナエなど
at 2017-06-11 18:04
ひよっこの里にて
at 2017-06-06 23:29
山原遠征 その4
at 2017-05-28 21:05
後ろ髪
at 2017-05-25 23:13
山原遠征 その3
at 2017-05-20 21:25
アオバセセリの求愛ショー
at 2017-05-15 23:13
山原遠征 その2
at 2017-05-11 22:10
ホシミスジ成長日記20170..
at 2017-05-09 22:37
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
これでも蜻蛉好きさん、ご..
by dragonbutter at 22:29
フィールドではお邪魔をし..
by これでも蜻蛉好き at 22:15
yurinBDさん、コメ..
by dragonbutter at 22:56
ベニトンボの飛翔中の交尾..
by yurinBD at 20:06
タグ
(138)
(124)
(110)
(69)
(62)
(57)
(56)
(55)
(52)
(37)
(36)
(32)
(17)
(15)
(12)
(11)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
タグ:ヤンマ科 ( 69 ) タグの人気記事
Top▲ |
南信で五目撮り
山に入る最終バスまで時間があったので山の湖に寄った。
ここを訪れるのは2回目。前回と同じくオオルリボシヤンマが産卵していた。
e0167571_21523590.jpg
ここは水辺へのアプローチが容易で産卵場面は撮りやすいのだが、青色型のメスがいないのが残念だ。真っ赤なネキトンボもまだまだ元気だった。
e0167571_21531740.jpg
バス乗り場にある大きな駐車場はほぼ満車。あたりにはブットレアが野生化して溢れており、蝶が集まっていた。一番多かったのはミドリヒョウモン。
e0167571_21553935.jpg
このメスはかなり暗化が顕著なようだが、新鮮なものを撮りたいものだ。
山から下りた翌日はトンボの新ポイントを探索したが、目当ての大物は発見できず。河川敷の堤防を歩いていると中型のサナエが飛び立った。ミヤマサナエだ。数はかなり多く、歩くと次々と舞い上がった。このトンボは人の気配にとても敏感で近づくのが難しい。しかし慣れてくると気配を消しながら近づくコツがなんとなくつかめてくる。
e0167571_21562485.jpg
最後はもっと接近して広角撮影もできた。
e0167571_21564434.jpg
中信にミヤマサナエが多いポイントがあることは知っていたが、南信にもこんな良いポイントがあるとは知らなかった。
最後に地元研究者から教えていただいたミヤマシジミの里へ。ミヤマシジミはまだ各所で見られるが、そのほとんどが河川敷であり、農耕地に残る産地はとても貴重である。以前(といっても50年以上前だろうが)は採集する気もおこらなくなるほどヒョウモンモドキがいた場所らしい。
e0167571_21572748.jpg
環境写真は自粛するが、農耕地である証拠に稲穂の脇を飛ぶ雄の写真を載せておこう。
e0167571_21574985.jpg
草刈りが適度に行われてコマツナギもよく残っている。いつまでもミヤマシジミの飛び交う里であって欲しい。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-09-26 22:04 | チョウとトンボ | Comments(2)
スリムなヤンマヤゴ
先週末は近場の公園にでも行こうと思っていた日曜日が雨となったのでヤゴねたです。
東京周辺ではなかなかお目にかかれなくなったカトリヤンマ。湿地と池の中間といった感じの帯水域で7月に亜終齢を見つけた。
e0167571_23261556.jpg
e0167571_23262225.jpg
典型的なヤンマ型のヤゴであるが、スリムであること、背面に黒条があることが特徴。大きな図鑑には顕微鏡で見ないとわからないような特徴が載っているが、慣れれば全体の雰囲気ですぐ判るのだろう。終齢になって翅芽も大きくなった。
e0167571_23264756.jpg
e0167571_23265394.jpg
冷凍アカ虫をあげていたが、底なしの食欲だったものが、終齢になると食欲にむらが出てきた。ついにほとんど食べなくなった後、剣山に刺した割り箸にちょっとだけ登って下を向いている。2-3日するとつついても全く動かなくなってしまった。残念ながら羽化直前で息を引き取ったかと諦めかけた朝、割り箸の先端で見事に羽化していた。オスだった。
e0167571_23271254.jpg
e0167571_23271892.jpg

トンボは蝶のように蛹を経ないで成虫になる不完全変態をする。しかし生きる場所が水中から大空に変わるという点では蝶以上に劇的な変化である。だからこの変化に対応するのに数日かかる種類があっても不思議ではない。きっとこのヤゴも水面からちょっとだけ這い上がってその準備をしていたに違いない。蝶でいえば蛹にあたる時期と言えなくもない。極端な例を挙げれば、ヤゴで5-6年過ごすムカシトンボに至っては羽化の1月も前に陸に上がって羽化に備える。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-08-27 23:31 | トンボ | Comments(2)
猛暑の夏
35℃以上になった日を猛暑日というが、最近はあちこちで40℃を超えている。こんな日を何と呼べばいいのだろう。灼熱日、サウナ日・・・??
猛暑の中、出かけてはいるが、本命が撮れていないのでアップするのが億劫になってしまう。
こんな所にも行ったが、撮りたい蝶は何度か飛んだものの採集者のほうが多かった。
e0167571_10373427.jpg
花の他に撮った蝶といえばオオウラギンスジヒョウモンくらい。
e0167571_10374859.jpg

近場ではウラギンシジミの吸汁。角度が悪いがルリシジミもいる。
e0167571_10381348.jpg
暑くて何に飛来したのか確認する気になれなかった。
e0167571_10385694.jpg

自分で見つけたヤンマのぶら下りは初めてかも。実際は飛んできてとまったため撮れたわけだが。
シオカラトンボはホバリングが上手でなく、体が細かくぶれるが、オオシオカラトンボはぴったり止まっているので飛翔力が一枚上手なのだろう。
e0167571_10391357.jpg
しばらく飛びながら交尾する。
e0167571_10392636.jpg
交尾を解くと産卵が始まる。しばらくはすぐ傍でオスが警護飛翔する。
e0167571_10411125.jpg
打水の瞬間水滴を前方に飛ばしているのが分かる。
e0167571_10412219.jpg

明日から家内の実家(富山)に帰省する。途中で道草する予定。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-08-14 10:51 | チョウとトンボ | Comments(6)
初夏のトンボ(止水編)
行った場所は狭くてかなり人手の入った池であまり期待できそうになかった。最初に撮ったのはクロヒカゲ。
e0167571_19312476.jpg
新鮮な個体は翅を開きやすい印象があるがいかがでしょう。[なんて書いておきながら、投稿直前にヒカゲチョウであることがわかる。その証拠は後翅の基部にある黒い毛束。それにしても黒いヒカゲチョウだ。]
クロスジギンヤンマが巡回しているが後回しにして水面をチェックする。クロイトトンボがいちばん多くて連結や交尾がちらほら見られる。青いイトトンボはオオイトトンボ。東京周辺では減っているようだが。
e0167571_19315043.jpg
オオイトは時期が早いのか連結を1ペア見ただけ。水際の草むらにも青いイトトンボ。
e0167571_1932986.jpg
うん?これってひょっとして?オゼイトトンボだ。
e0167571_19322245.jpg
もしかしたらいるかも、とは思っていたが予想的中。分布の南限に近いと思う。
最後にクロギンの飛翔に挑戦。1回だけ珍しく2-3秒ホバリングしてくれた。
e0167571_19324767.jpg
満点ではないけど今まででいちばんの出来。
マムシはいたかって?幸い遭遇しませんでした。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-06-02 19:41 | トンボ | Comments(4)
春のトンボが続々と
ムカシトンボの羽化を撮るラストチャンスと思い出かけた。羽化殻は何個か見つかったがトンボはいなかった。
e0167571_2153024.jpg
予想通り少し遅かったようだ。先週末悪天候だったのが痛かったな。途中蝶の玉手箱のcactussさんご一行にお会いした。見つけた羽化不全のメスを撮らせていただいたが、痛々しいので載せません。cactussさん達はこのあと1匹見つけられたようだ。
この後少し場所を移動。ウスバシロチョウが飛び始めていた。
e0167571_21533116.jpg

小さな整備された池でクロスジギンヤンマの羽化が始まっていた。既に羽化殻が多数見つかる中、翅を伸ばしているオスがいた。
e0167571_21535775.jpg
自由に入れない池なのでいい角度では撮れず、いつもなら没写真だが、後でよく見ると背後に翌日羽化すると思われる順番待ち(?)のヤゴが写っていた(笑)。
近くにいい感じの休耕田があったので寄ってみた。シオヤトンボが産卵している。
e0167571_2154559.jpg
e0167571_2155348.jpg
e0167571_21551849.jpg
ホバリングは容易に撮れるが、打水の瞬間を捉えるのは難しい。打水する場所に見当をつけて数多くシャッターを押すがピントの見当がつけづらく、2000/1でもぶれてしまう(泣)。
e0167571_21553871.jpg

茂みの中にトンボを見つけた。当然シオヤと思ってファインダーを覗くと胸に太くて黒い筋がない。
e0167571_2156293.jpg
ハラビロトンボだ。うかうかしてたらもうこんな季節になってしまった。
最後にもう一回クロギンの羽化(メス)をみつけた。
e0167571_21562267.jpg
既に午後1時近くになっており、撮影後すぐに処女飛行に飛び立った。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2013-04-28 22:02 | チョウとトンボ | Comments(6)
これは大きい!
今年もあと1週間あまり。年齢を重ねるにつれて1年経つのが恐ろしく早くなってきた。この調子でいくと残りの人生あっという間に終わってしまいそうであるが、こればかりは開き直るしかないだろうね(笑)。誰にも平等に時は過ぎていくわけだから。
まだ暮れの大掃除に手をつけていないし年賀状もこれから。だからフィールドにでるのもこれで今年の最後とする。日曜日は日は射さずとても寒かった。何も出てきそうもないが、それでいいのだ。今日はヤゴ探しだから。今まで止水性のヤゴはあまり見てこなかったので今日は休耕田に出来たと思われる小さな池に行った。清流でがさ入れするのは気分いいものだが、泥田はどうも気分が乗らない。しかしここのヤゴ密度は半端でなかった。小さな金属のざる(調理で使うやつ)ですくうたびにヤゴが採れた。特にまだ小さいイトトンボのヤゴはいやというほど採れる。そんななか驚くほど大きいヤゴが2匹採れた。
e0167571_947346.jpg
何度ヤゴをすくっても泥や砂の中にヤゴを見つけたときのどっきり感がたまらないんだよなこれが(特にサイズが大きいときは)。
シーズン中の観察から判断してクロスジギンヤンマ(クロギン)のヤゴだろう。クロギンは春のトンボなので、越冬するときは既に終齢になっている。だからこんなに大きいのだ。
e0167571_9473026.jpg
e0167571_9473979.jpg
流水性のミルンヤンマやコシボソヤンマは反っくり返って死んだふりをするが、クロギンの1匹は実に堂々としていた。つかんでも死んだふりをして硬直したりしないし、暴れもしない。プラケースに移してもちょこまかとは動き回らずじっと構えている。もう1匹は体をだらんとしたままで動かない。いっしょに来てくれた家内はこれを見て死んでいるんじゃないの、と言ったが、そんな筈はないと様子を見ていたらやはり生きていた。同じヤゴでも性格の違いがあるんだろうかね。生息地から言ってギンヤンマの可能性は低いが、とても似ているという。慣れた人は体型から区別がつくようであるが、私は自信がない。そこで嫌がる家内に頼み込んで手でつかんだヤゴの下唇(下顎のようなもの)を前方にずらしてもらって腹側から写真を撮る。
e0167571_9483874.jpg
ヤゴの下唇は普段大きく折り畳まれている。獲物が近づくと電光石火の早業で下唇を伸ばして捕獲するのだ。その下唇にある側片(赤丸)の先端が斜めに曲がっていればクロギン。ギンヤンマは直角に鋭くカーブしている。ということで2匹ともクロギンに間違いない。さすがにこれには怒って先端の鉤のような動鉤を時々パクっと開いた。
e0167571_949339.jpg
このほかにもトンボ科やイトトンボ科のヤゴが採れたが、また折を見てアップする。こいつらはすぐに同定できないので家で飼うことにした。
さて、今年最後というのにあまり趣味のよくない写真ばかりで失礼しました。今年も拙いブログを訪問頂きありがとうございました。来年もマイペースで蝶とトンボを中心に写真を撮っていきたいと思います。お暇なときには開けてみてください。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-12-24 10:01 | トンボ | Comments(4)
しまなみを超えて その2
ラーメンを食べて戻るとすっかり役者が入れ替わっていた。水面に近い土手にたくさんのノシメトンボが連結して漂っている。よく見ると漂っているのではなくて産卵しているのだ。
e0167571_22511587.jpg
ノシメはどこにでもいる赤とんぼであるが、まとまって産卵しているのを見るのは初めてだ。オオキトンボが水際に産卵するのに対し、ほとんどのノシメトンボは周囲の草むらに産卵している。
e0167571_22513753.jpg
この溜池は今少し水が引いているが、産卵場所まで水位が上がる時もありそうである。親達はそのあたりをちゃんと知っているのだろうか。浮かぶように飛びながら小さく上下動して卵を落としている。打空産卵というやつだ。時々少し色合いが異なるペアが混じっている。
e0167571_22521498.jpg
リスアカネだ。そしてよく見ると低い位置で小さなペアが産卵している。
e0167571_22523420.jpg
こちらはナニワトンボ。
e0167571_22524971.jpg
望遠マクロの後は広角撮影にチャレンジ。オオキトンボは敏感で広角で撮れるほどは決して近かせてもらえなかったが、第2幕のトンボたちは置きピンでカメラをそっとすぐ近くまでもって行き何枚か撮れた(リスアカネは置きピンの位置を間違えて全敗)。どのトンボもしばらく連結産卵した後で、ペアを解消してメスだけの単独産卵に移行した。その際しばらくオスは近くを飛んで警護していた。
e0167571_22544512.jpg
e0167571_22545765.jpg

打空産卵の撮影で狙いたいのが落下する卵の撮影だ(笑)。もちろん狙って撮れるものではないが、少しだけ偶然それに成功したものがあった。
e0167571_22552221.jpg
e0167571_22552947.jpg

帰りは、来る時すっ飛ばした途中の島に寄ってみた。
e0167571_22555166.jpg
大島(住所は愛媛県今治市)の亀老山からの眺望を楽しんだ後、何か蝶はいないかと麓で探していたらガサガサという音が聞こえる。この種の音はたいてい茂みの中のヤンマの産卵だ。近づくとカトリヤンマが飛び去った。近くを探していたらもう1匹(もしかして同じ個体)みつけた。
e0167571_22563189.jpg
草むらに沈みこんでの産卵はとても撮りにくい。瀬戸内の島にもちゃんとカトリヤンマは分布していた。
最後に向島(住所は広島県尾道市)の高見山で沈む夕日を見て長い一日が終了。
e0167571_22565318.jpg
楽しい休日だった。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-10-12 23:06 | トンボ | Comments(4)
栃木の秋蝶とトンボ
土曜日は栃木まで出かけた。
最初のポイントでぼろぼろのシルビアシジミを撮影。
e0167571_216519.jpg
一応栃木では初撮影となる。ここで偶然お会いしたbanyanさんとポイントを移動してシルビアを捜すが不発。ミヤコグサにシルビアの代わりにきれいなツバメシジミメスが来ていた。
e0167571_2163738.jpg
ヨモギに産まれたヒメアカタテハの卵と幼虫を教えていただいた。
e0167571_2165460.jpg
e0167571_217636.jpg
banyanさんと別れて最後にトンボを見に第3のポイントへ。4年前には何匹か撮れた大物は今年は誰も見ていないらしい。成熟したマイコアカネが多かった。
e0167571_2172882.jpg
アサマイチモンジのメスもいた。
e0167571_21194279.jpg
マダラヤンマは例年よりは多いらしい。マダラを見るのは4年ぶり。傾いた日を浴びながら縄張り飛翔していたが、近くで飛んでくれなかったので小さな組写真でごまかそう(笑)。
e0167571_2175248.jpg
唯一ヨシにとまった写真は背後からだったので没。何度か通えばいい場面に当たりそうだが遠いので今年はパスかな。
banyanさんお世話になりました。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-09-30 21:27 | チョウとトンボ | Comments(2)
三年越し
「このトンボとの出会いは、昭和41年6月12日のこと、この日ぶらぶらと高知県高岡郡日高村にある大きな沼に出かけ、大変なものを見た。図鑑や幼虫の本では見て知っていたが、日本中から次第に少なくなり、もしかしたらいなくなるのではないかと心配されている本種のぬけ殻を発見したのだ。」これは私がトンボの美しさを知り、撮影を始めるきっかけとなった本のひとつ「山渓カラーガイド日本のトンボ」(石田昇三、浜田康共著)のネアカヨシヤンマの記述の一節である。
それ以来このトンボは私にとってずっと憧れであった。愛好家も増えて、このトンボ、それほどの希少種ではないこともわかってきた。2年前にぶら下りの証拠写真が撮れた。その近くにヤンマの好きそうな湿地を見つけた。その年は産卵するメスが遠くに見えたが近づく前に飛ばれた。2年目は1匹舞い降りたが産卵体勢に入ることなく飛び去った。3年目、その湿地は今までになく乾燥していた。水面がないばかりか、長靴で歩いても少し足が沈む程度。長靴には「ヒル下がりのジョニー」を塗り、手には虫除けを塗ってしばらく待つが、去年いたオオシオカラトンボすら現れない。こんな水もない所に産卵する間抜けなメスはいないよな、と思って移動しようとしたとき、いつ飛んできたのか足元を黒っぽいヤンマが飛んだ。間抜けな(?)、しかしありがたいメス。3年目でようやく夢に見た産卵を撮影できた瞬間だった。
e0167571_2138288.jpg
e0167571_213812100.jpg
このうれしい出合いも一瞬だった。場所を変えてもう一回、今度は茂みの中に産卵したあと、私の気配を警戒したのか飛び去った。
e0167571_21384132.jpg
このあとはオスが時々メスを探してやって来たが、10秒ほど草むらを捜してサーっと飛び去った。私の経験値があがったからかも知れないが、今年は今までになくネアカが上空をたくさん飛んでいた。
e0167571_2139374.jpg
今後この遷移の進む湿地で再び産卵を観察する機会はあるのだろうか。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-08-19 21:43 | トンボ | Comments(8)
真夏日の2時間
連休最後の日は暑くなった。我が家にいちばん近い気象庁のアメダスは「練馬」。武蔵高校・中学校構内にある。この日の練馬の最高気温は34.6度。今年最高で猛暑日寸前。午前中2時間だけ時間が出来た。こんな暑い日にうってつけはぶら下りヤンマの観察だ。ヤンマが産卵に来そうで全くかすりもしないポイントではヤンマのかわりにナガサキアゲハが吸水に来ていた。
e0167571_22271933.jpg
15年前には想像も出来なかった光景だ。
そしてマルタンヤンマメス。
e0167571_22273589.jpg
時間が限られていたが何とか1匹撮れた。オスは文句なく美しいが、メスも褐色と黄色の取り合わせが何とも言えず魅力的だ。撮りにくい場所であったとはいえ、今年もこの程度の写真どまりだった。時間切れでじっくり撮影条件を検討できなかった。
帰りに炎天下でのながーい踏み切り待ちがきつかった(汗)。
[追記]マルタンの写真に何となく違和感を感じていました。メスのくせに翅が全く透明です。オスの未熟個体かとも思いましたがメスです。多分かなり未熟なメスだろうと思います。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2012-07-18 22:31 | チョウとトンボ | Comments(4)
| ページトップ |