Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新の記事
ホシチャと遊ぶ
at 2018-07-16 20:47
炎天下のイトトンボ
at 2018-07-08 18:19
ultramarinusの輝き
at 2018-06-25 23:20
梅雨の晴れ間・・のはずが
at 2018-06-19 23:12
絶滅から守る
at 2018-06-11 23:41
ゼフ飛ぶ渓谷
at 2018-06-03 22:06
お休みをとって
at 2018-05-25 19:45
休耕田はハラビロ天国
at 2018-05-12 21:46
黒系アゲハ集団吸水
at 2018-05-06 21:22
癒しの渓流
at 2018-05-04 19:32
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
悠凜さん、コメントありが..
by dragonbutter at 23:35
モートンイトトンボ、美し..
by yurinBD at 22:58
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 00:08
悠凜さん、コメントありが..
by dragonbutter at 00:04
タグ
(150)
(135)
(123)
(72)
(69)
(63)
(62)
(61)
(57)
(42)
(37)
(33)
(19)
(17)
(12)
(12)
(10)
(10)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ホシチャと遊ぶ
海の日の3連休は初日だけ北関東に遠出した。
最初の林は初めての場所で、何がいるかは事前情報なし。
ジョウザンミドリシジミ?と思われるゼフが活動していた。
e0167571_20394776.jpg
e0167571_2040247.jpg

ここではアイノミドリシジミもいてこちらの方が新鮮だった。
e0167571_20402389.jpg

いずれも開翅のいいものは撮れなかったけど、数が多そうなので機会があれば来年また訪れたい。
場所を変えた高原に着いたのは正午過ぎ。カシワやナラガシワを叩いて回ってもゼフはほとんど飛び出さない。前回とはえらい違いだ(泣)。
夕刻になってボロボロのメスアカミドリシジミとエゾミドリシジミが活動を開始した。
e0167571_20405364.jpg
e0167571_2041710.jpg

ゼフの収穫は乏しかったが、他に期待していた蝶がこれ。
e0167571_20412818.jpg

4年ぶりの撮影(関東では初)。いつもは飛び出さないと気付かないのだが、今回はススキにちょこんととまっているのを運よく見つけた。ホシチャバネセセリは極小なので飛ばれると見失うことが多いが、時期があたったのか、何回も見つけるチャンスがあった。オス同士の卍飛翔をすることもあった(数秒間ですが)。ほかに誰もいないので、見つけると独り占めでゆっくり撮影できた。
e0167571_20414957.jpg
e0167571_20415827.jpg

平地では内陸は体温を超える猛暑だったようだが、高原は爽やかだった。
Top▲ | # by dragonbutter | 2018-07-16 20:47 | チョウ | Comments(0)
炎天下のイトトンボ
西日本の豪雨で被災された方々にお見舞い申し上げますとともに、1日も早い復興をお祈りします。
2箇所で撮ったイトトンボ達。どれも猛暑の中での撮影となり、撮り終える頃は熱中症寸前。体が暑さに慣れてないせいもあるかもしれない。
先ずモートンイトトンボ。上からオス、未熟メス、成熟メス。
e0167571_1875880.jpg
e0167571_1882420.jpg
e0167571_1893150.jpg

オゼイトトンボの連結と交尾。交尾は今までよりいい感じで撮れた。
e0167571_18105852.jpg
e0167571_18111528.jpg

あっ、モートンの産卵だ!と思って必死に撮ったらオゼイトだった。
e0167571_18113450.jpg
オゼイトは普通連結産卵なので、単独産卵は初撮影。潜り込んでこっそり産卵するので見つけにくいだけかも。
次はベニイトトンボ。
e0167571_1812783.jpg
交尾、産卵は初撮影。
e0167571_18122755.jpg
e0167571_18124054.jpg
e0167571_18125371.jpg
敏感で足場も悪く、撮りにくかった。最後のカットのようにストロボを使わずに撮れるといい色がでるが、光線の具合でそれができないことが多かった。
最後はおまけ。
e0167571_1817930.jpg
e0167571_18172228.jpg

Top▲ | # by dragonbutter | 2018-07-08 18:19 | トンボ | Comments(2)
ultramarinusの輝き
Fさんがハヤシを撮りに行くというので、ご一緒させていただいた。
途中で雨が降り出したが、曇りのち晴れの予報を信じてポイントに向かう。
そこではbanyanさん、Kさん、Wさんが雨宿りしていた。既にオスの開翅が撮れた様で、余裕のご様子。ウラミスジシジミとウスイロオナガシジミも出たとのこと。
カシワを叩くとそれなりにハヤシが飛び出すが、低い位置に下りなかったり遠かったりでなかなか証拠写真以上のものが撮れない。
ようやく撮れたのがメス。全開翅の初撮影だった。新鮮できれいだ。
e0167571_23151138.jpg
e0167571_23152353.jpg

オスもようやく何とかなりそうなところに降りてきてくれた。角度が浅いのは残念だが、全開翅なので去年より前進かな。
e0167571_2316452.jpg
e0167571_23165852.jpg
この個体は特に輝きが強くて少し緑っぽかったような気がする。
そろそろ引き上げようかと移動し始めたら、横浜から来られたご夫妻がウラミスジがとまっていると教えてくれた。
e0167571_23171899.jpg
e0167571_23173214.jpg

4人で順番に枝を手繰り寄せて思う存分撮影。開翅の願いはとどかなかった。
現地でお会いした皆様、お疲れ様でした。一人では到底得られない成果でした。
Top▲ | # by dragonbutter | 2018-06-25 23:20 | チョウ | Comments(4)
梅雨の晴れ間・・のはずが
日曜日はフリーとなった。雨マークが続く予報の中で、うまいことぽっかりとお日様マークが見えた。
しかし北関東は行ってみると、ずっと曇天で全く日が射さなかった。気温も20℃前後までしか上がらなかった。
グンバイトンボはいるにはいたけれど、この天候では生殖行動は見るのは無理の様だった。
e0167571_2353121.jpg

後にもう1匹オスがぼんやり写っている。
ヒメジャノメとコラボ。
e0167571_2355796.jpg
e0167571_2371139.jpg
メスには軍配がない。
e0167571_238297.jpg

思いがけずオジロサナエの羽化を観察することができた。
e0167571_2384552.jpg
今年はもうサナエトンボの羽化は諦めていたのでうれしかった。パカッと翅を開くと数分後に処女飛行に飛び立った。
e0167571_2385855.jpg

その後場所を変えてオオヒカゲを探した。しばらくは全く見つけることができなかったが、狭い範囲にすごい密度で発生していた。大げさに言えば、1m進むごとに新鮮個体が次々に飛び出した。一度に3匹飛びあがることも!。発生初期は羽化場所付近にかたまっているようだ。あとで点検するとオスメスほぼ半数撮影していた(上2枚がオス、下がメス)。
e0167571_2393174.jpg
e0167571_2394389.jpg
e0167571_2395678.jpg
機会があれば幼虫を撮りに行きたい。
Top▲ | # by dragonbutter | 2018-06-19 23:12 | チョウとトンボ | Comments(4)
絶滅から守る
西日本に行く機会があったので、ヒョウモンモドキの生息域外保全の様子を見せていただくことにした。
飼育ケージの中には食草のキセルアザミ、そして吸蜜源のノアザミのプランターが置かれ、数多くのヒョウモンモドキがノアザミの花にとまっていた。ケージは遺伝子の多様性に配慮して、生息地ごとに仕切りがされていた。保全の詳細はここで説明するより、今年できたパンフレットをご覧ください。
最初の3枚がオス、その後の2枚がメス、一番下の1枚は左がオスで右がメスだと思います。
e0167571_23331999.jpg
e0167571_23333624.jpg
e0167571_23334888.jpg
e0167571_2334164.jpg
e0167571_23341091.jpg
e0167571_23391818.jpg

キセルアザミの葉裏に産まれた卵も教えていただいた。ざっと280卵ほどある。時間をかけて産むのでしょうね。
e0167571_23343499.jpg

まだ蛹も見られた。
e0167571_2335913.jpg

天気が良ければ交尾、産卵も見られるようだが、ケージの中とはいえ多少は雨も入ってくるし、あの天気では仕方なかった。天候のせいか、ノアザミにとまっていてもストローは伸ばしていない。
この施設はいつ行っても中が見学できるわけではありません。また、原則、少しでも保全のお手伝いをすることが条件のようです。だた、この日は荒天のため免除されましたが。
ご案内していただいて、詳しくお話を聞かせてくださったN安さんに感謝いたします。
隣り合う湿地にはすごい数のハッチョウトンボがいた。
e0167571_23352651.jpg
e0167571_23354235.jpg
こちらも雨のため生殖行動が見られなくて残念だった。
雨の中でもノアザミで吸蜜するウラギンヒョウモンがいた。
e0167571_2336125.jpg

保全が順調に進んで、いつの日か野外を飛び交うヒョウモンモドキを見られる日が楽しみです。
Top▲ | # by dragonbutter | 2018-06-11 23:41 | チョウとトンボ | Comments(8)
| ページトップ |