Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
最新の記事
彼岸花咲く河川敷
at 2018-09-17 21:07
身近な蝶2種
at 2018-09-11 23:40
蜂あれこれ
at 2018-09-02 21:23
再会(2)と驚きの出会い
at 2018-08-26 21:59
青い蜂と赤い蜂の楽園
at 2018-08-22 22:04
再会(1)
at 2018-08-19 10:25
神の島へ
at 2018-08-05 14:32
8年ぶりの雪辱
at 2018-07-31 23:30
シーズン後半へ
at 2018-07-22 17:32
連休中のその他いろいろ
at 2018-07-20 20:04
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさん、コメントあ..
by dragonbutter at 11:39
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 11:35
広々とした土手に彼岸花が..
by ダンダラ at 16:13
とても良い場所ですね。 ..
by yurinBD at 14:55
タグ
(153)
(139)
(126)
(73)
(71)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
彼岸花咲く河川敷
3連休は月曜日に時間がとれたが、天気予報が良くないので遠出は諦めた。しかし起きてみると青空が広がっている。
そこで朝食をゆっくり食べてヒガンバナを見に行くことにした。この河川敷は初めての場所である。
e0167571_2132819.jpg
ヒガンバナは5分咲きほどだったが、萎れて色褪せた花がないので清々しい。土手一面に咲いているが、人は少なく、ほとんど地元の方たちの様だった。
柑橘系の樹はないので黒系アゲハは最初から期待していなかった。キアゲハとアゲハが飛び回っていた。
e0167571_2135765.jpg
e0167571_214949.jpg
e0167571_2142669.jpg
e0167571_2143511.jpg
ジャコウアゲハが産卵に訪れた。
e0167571_2145287.jpg
草の間に潜り込んで30秒ほどの間に5卵産んだ。
e0167571_2151186.jpg
e0167571_2152337.jpg

コムラサキとギンイチモンジセセリもいたけど撮れなくて残念だった。
e0167571_2153839.jpg

Top▲ | # by dragonbutter | 2018-09-17 21:07 | チョウ | Comments(4)
身近な蝶2種
今回も身近な蝶です。
キバナコスモスに来たアゲハ。
e0167571_23375959.jpg
e0167571_23381272.jpg

夏型のメスなのでかなり黒っぽかった。
e0167571_23382353.jpg

寺に咲き始めたシラハギにツバメシジミとルリシジミが飛んでいた。
ルリシジミは蕾の根元に産卵していた。
唯一何とかピントが合った産卵シーンでは腹端が少し離れている(泣)。
e0167571_23383555.jpg

卵は小さいけど拡大するとかなり美しい。
e0167571_23384714.jpg

ルリシジミの仲間では網状の模様が最も細かいらしい。
早くもヒガンバナが咲き始めていた。
Top▲ | # by dragonbutter | 2018-09-11 23:40 | チョウ | Comments(2)
蜂あれこれ
このところ近場に出かけてもこれといった成果はないので、蜂の画像をアップします。素人なので同定に間違いがあればご指摘ください。場所と日付はバラバラです。
ヒメスズメバチ。ヒメといってもかなり大型。アシナガバチの巣を襲う。人に対する攻撃性は強くないそうだ。
e0167571_2113175.jpg

ムモンホソアシナガバチ。攻撃的なため要注意らしい。
e0167571_21133957.jpg

スズバチ。
e0167571_21151551.jpg

ミカドトックリバチ。
e0167571_21154281.jpg

キオビツチバチ。
e0167571_2116780.jpg

ヤドリコハナバチの仲間。類似種が複数いるらしい。
e0167571_21163512.jpg

おまけはコシロシタバ。新鮮な個体だった。
e0167571_21165880.jpg

Top▲ | # by dragonbutter | 2018-09-02 21:23 | その他の昆虫 | Comments(0)
再会(2)と驚きの出会い
宿の近くの湿原でトンボを探す。前回見られなかったホソミモリトンボがいた。
e0167571_2152253.jpg
e0167571_21524024.jpg
この場所では6年ぶりの再会。今回はホバリングが短くてあまりいい飛翔写真は撮れなかった。まだいることがわかってよかった。しかし湿原は乾燥化が進んでおり、いつまで見られるかは心細い。
e0167571_21525760.jpg

これ、やらせではないです。釘抜き状の上付属器がホソミモリの特徴。
大きなエゾトンボの仲間が飛んで来た。湿地に入って産卵を始めた。残念ながらホソミモリではなくてエゾトンボだった。
e0167571_21533017.jpg
e0167571_21534378.jpg
茂みに潜り込んで産卵するため草被りの写真しか撮れない。
あとで確認するとエゾトンボのオスも少しだけ撮れていた。
e0167571_2154442.jpg

ヒメアカネの羽化も始まっていた。
e0167571_21542248.jpg

この湿原で全く予想外のトンボを見つけた。遠くで白っぽいトンボが弱々しく飛んでいた。
e0167571_2284413.jpg
ファインダーでのぞくと・・なんとスナアカネ!?
何度もそんなはずはないと思って、ウスバキトンボやショウジョウトンボではないかと見直すがやっぱりスナ。背面が少し赤くなり始めているまだ未熟なオスだ。
e0167571_21562362.jpg

近くには複数のメスも見つけた。
e0167571_21564181.jpg

スナアカネといえば普通は大陸からの飛来種。しかし未熟であることから日本で一時的に発生した可能性が高い。この湿原で発生したとは考えにくいので、アキアカネのように未熟な個体は高標高の場所で過ごす習性があるのかもしれない。今年は秋にかけて各地で撮影されそうな予感。
近くの池で少数のムツアカネが羽化していた。
e0167571_21565949.jpg

なんだかんだで時間が無くなって、もう何カ所か回りたい場所があったが行けなかった。
Top▲ | # by dragonbutter | 2018-08-26 21:59 | トンボ | Comments(2)
青い蜂と赤い蜂の楽園
信州シリーズ後半を後回しにして近場の記録。
いつもお盆の頃行く横浜の森へ。
ここでは汗だくになって歩き回った記憶しかないが、この日は秋の高気圧に覆われて、最高気温が29℃程の過ごしやすい一日だった。
涼しかったせいかコシボソヤンマは全く飛ばない。
キツネノマゴの咲いている原っぱで、すごい数のルリモンハナバチが飛び回っていた。
e0167571_21594646.jpg
e0167571_21595617.jpg
こんな数を見たのは初めてだった。ルリモンハナバチに混じって、腹部がオレンジのハラアカヤドリハキリバチも飛来した。
e0167571_2202191.jpg
正に蜂の楽園といった感じだった。
高い位置のフジの枝先でウラギンシジミが産卵態勢をとっていた。
e0167571_2204382.jpg
後でよく見ると、枝先にいる幼虫の背中に産もうとしているみたい(笑)。遠いので不鮮明であるが、幼虫は嫌がって(?)尾端にある突起から伸縮突起を線香花火のように出している。
引き返す途中、暗い木の枝でコシボソヤンマのぶら下がりを教えていただいた。この樹でよく見られるそうだ。さすがに通っている方だけのことはある。三脚を持っていなかったのでストロボを使うしかなかった。運がいいことにオスとメスがすぐ近くにぶら下がっていた。
e0167571_2211312.jpg
e0167571_2212786.jpg
今まで飛翔写真しか撮れていなかったのでうれしかった。
Top▲ | # by dragonbutter | 2018-08-22 22:04 | その他の昆虫 | Comments(2)
| ページトップ |