Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
more...
最新の記事
裏高尾 早春
at 2019-03-21 11:21
早いもので10年
at 2019-03-15 19:55
何年越しだろう
at 2019-03-05 23:01
新生蝶3種
at 2019-02-24 19:43
記憶を頼りに
at 2019-02-17 09:13
大寒の越冬蝶
at 2019-01-25 00:04
近場のフユシャク
at 2019-01-06 17:59
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-01 00:05
都心の公園 小春日和
at 2018-11-25 19:55
いよいよ終盤
at 2018-11-07 22:37
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
banyanさん、コメ..
by dragonbutter at 21:40
ここの吸水ポイントにはミ..
by banyan10 at 19:17
エフさん、コメントありが..
by dragonbutter at 06:01
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 05:59
タグ
(157)
(141)
(129)
(75)
(71)
(64)
(63)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
雨の湿原(新潟)
新潟に出張があった。金、土と仕事で日曜が空いたので近くを回ることにした。
目当ての蝶とトンボがいたのだが、、まずトンボの方は目的の沼へは踏み跡すらなかった。のっけから立ちはだかる壁のような斜面に歯がたたず敗退。蝶の方もここに間違いないというポイントにたどり着いた頃には雨が降り出して全く飛ばない。ヒメシジミがかろうじて活動していた。
e0167571_2336510.jpg
することもなく撮った昆虫、オオオバボタルかな?
e0167571_23362531.jpg

仕方なく第3のポイントのT湿原へ行く。ここは遊歩道も完備されており、傘を差しながらのんびり散策。モートンイトトンボがいっぱいだ。キイトトンボのような天敵がいないからか、木道近くにでのんびり飛んでいてゆっくり観察できる。成熟して緑色になったメスの写真を初めて撮れた。
e0167571_23364639.jpg
この辺りにいる青系のイトトンボはオゼイトと思っていたらよく見るとオオイトトンボだった。
e0167571_2337459.jpg
オスは見た限りではオオイトだけだった。近くにメスがいる。
e0167571_23372495.jpg
当然オオイトのメスと思って撮ったが、帰ってからオゼイトのメスであることがわかった。うーん、メスは難しい。
オレンジの足をしたモノサシトンボもいた。
e0167571_23374356.jpg
ミズギクという名の可憐な菊が咲いていた。
e0167571_2338224.jpg
オオウラギンスジヒョウモンとウラギンヒョウモンがオカトラノオに時々訪れた。
e0167571_23393352.jpg
シモツケソウ、ヒオウギアヤメ、ニッコウキスゲも美しかった。
天気がよければもっといろいろいそうな、感じの良い湿原だった。
Top▲ | by dragonbutter | 2010-07-12 23:42 | チョウとトンボ | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2010-07-13 21:40
オオイトとオゼイトそっくりですね!
どちらも綺麗なので撮影意欲が掻き立てられました。
Commented by dragonbutter at 2010-07-13 22:59
himeooさん、コメントありがとうございます。
青系のイトトンボは鑑別が難しいですがどれもきれいですね。
自然な青を写すのはなかなか難しくて苦労します。
Commented by banyan10 at 2010-07-14 18:30
新潟でしたか。せっかくの機会なのに天気に恵まれずに残念でした。
個人的にはオオイトトンボを探しているので羨ましいですが、新潟まで撮りに行く種類ではないですね。(笑)
Commented by ヘムレン at 2010-07-14 20:25 x
ブログ・・ご指摘いただきありがとうございました!。。
まったく気づいておりませんでした。オオイトは、ムスジにも似ているし、オゼにも・・・う~ん・・もっと注意しないといけませんね。
特に、写真を拝見すると、♀の同定は難しそうです(^^;)。。
初心者の小生にはつらいかも・・・。
また、よろしくお願いいたします。
Commented by dragonbutter at 2010-07-14 22:59
banyanさん、コメントありがとうございます。
天気ばかりはどうにもなりませんね。無理して出かけて何とかなることも多いのですが、今回はうまくいきませんでした。
オオイトトンボはきれいですよね。そういえば近場では2年ほど見ていません。いるところにはいるはずですが。
Commented by dragonbutter at 2010-07-14 23:06
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
トンボは鑑別が難しいので、美的観点から撮った写真とは別に、詳細を写したものをできるだけ撮っておく必要性を再認識させられています。
<< 梅雨明け初日 | ページトップ | 日本の国蝶 >>