Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新の記事
どうしてわざわざそんなところに
at 2018-10-11 19:49
都会の傍で
at 2018-10-03 21:43
秋の訪れはマダラヤンマと共に
at 2018-09-25 22:37
彼岸花咲く河川敷
at 2018-09-17 21:07
身近な蝶2種
at 2018-09-11 23:40
蜂あれこれ
at 2018-09-02 21:23
再会(2)と驚きの出会い
at 2018-08-26 21:59
青い蜂と赤い蜂の楽園
at 2018-08-22 22:04
再会(1)
at 2018-08-19 10:25
神の島へ
at 2018-08-05 14:32
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
fushiginomor..
by dragonbutter at 23:17
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:14
シルビアシジミは見つける..
by fushiginomori at 08:20
短時間でよくポイントを見..
by yurinBD at 07:27
タグ
(154)
(139)
(126)
(75)
(71)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
関西トンボ散策 -番外編-
今回初撮影だったもう1種類がタイワンウチワヤンマ。名前からわかるように南方系の種類だが、地球温暖化の影響か、最近北上著しいトンボだ。蝶で言ったらツマグロヒョウモンやナガサキアゲハのように。
ナニワトンボの池にも数年前から進出し、今ではウチワヤンマと完全に入れ替わったという。腹端の「ウチワ」が黒いのが特徴だ。
e0167571_222862.jpg

更にこの池ではマイコアカネ(ピンボケですが)やマユタテアカネの産卵も見られた。
e0167571_22284926.jpg

e0167571_2229237.jpg
サナエのポイントではオオサカサナエがなかなか現れず、めげて駅近くにある池でオオヤマトンボの飛翔をねらった。
e0167571_22292855.jpg
飛んでいるとオニヤンマを少し小さくしたように見えるけれど、胸に金属光沢がありエゾトンボの仲間であることに納得がいく。
以上で関西トンボ散策はおしまいです。
Top▲ | by dragonbutter | 2010-10-01 22:36 | トンボ | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2010-10-02 08:23
トンボは動きが早くなかなか止まらない種が多いので、良くみる子も殆ど撮影出来ていません。逆に写す楽しみが残っていると考えて、ポツポツ蝶や甲虫の撮影の合間にシャッターを押してみます。
Commented by dragonbutter at 2010-10-02 16:32
himeooさん、コメントありがとうございます。
私もまだうまく撮れていない種類が結構残っています。
ウスバキトンボもろくな写真がありません。まだまだ楽しめそうです。
Commented by ヘムレン at 2010-10-02 21:02 x
タイワンウチワヤンマこちらのウチワヤンマよりも小ぶりなうちわがいいですね(^^)
飛翔・・どれもお見事です。
特にオオヤマトンボ・・こんな風にピシャッと撮ってみたいです。
こう見ると、エゾトンボの仲間であることがよくわかりますね。
↓のサナエも見てみたい種ばかりで素晴らしいです。(^^)
Commented by CLと棒 at 2010-10-02 22:13 x
お使いのlensは、180mmマクロでしたっけ~~。?
飛翔写真見事に撮られていて、感心するばかりです。^^
Commented by dragonbutter at 2010-10-02 23:37
ヘムレンさん、こんばんは。
写真を整理していてわかったのですが、タイワンウチワヤンマとウチワヤンマは最近違う属に分類されたようです。素人に理由は知るよしもありませんが・・・
オオヤマトンボはピントが複眼から微妙に外れていますが、今までのに比べれば大分ましなものが撮れました。
Commented by dragonbutter at 2010-10-02 23:40
CLと棒さん、コメントありがとうございます。
はい、SIGMAの180mmマクロです。トンボの飛翔にはほとんどこれを使っています。大分トリミングしていますが。
しかし不規則に飛ぶチョウの飛翔には向いていないという気がします。
Commented by maximiechan at 2010-10-03 06:57
暫く忙しくしていたので拝見していませんでしたが、関西のシリーズ素晴らしい成果ですね。メガネサナエは白い砂地という環境が素敵です。オオヤマトンボは今頃見られるのですか。飛翔は難しいので、留まっているところを撮りたいけど、それに出会うのが難しいかな。
Commented by dragonbutter at 2010-10-03 22:04
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
メガネサナエは今まで見てきたサナエトンボとは全く違う環境にいました。
オオヤマトンボは結構遅くまで見られますよ。とまっているところは撮りたいですが、出会えていません。一定のルートを飛翔するので、しつこくねらえば撮ることが出来ます。
<< ムラサキツバメの幼虫探し | ページトップ | 関西トンボ散策 -2- >>