人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
asamanokemur..
by dragonbutter at 22:11
トンボの羽化シーンがとて..
by asamanokemuri at 08:08
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ツートンカラーのヤゴ
今週末も雨が降ったり寒くなったりで生憎の日和だった。
それでも今日は懲りずにまたまた渓流に行ってきた。
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_21353361.jpg
初めての沢だがすくったとたんにムカシトンボのヤゴ!
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_213684.jpg
これはすごいぞ、とテンションが上がったがそうは問屋が卸さない。それ以降空振りが続く。それでもクロサナエと思われるヤゴが2匹。
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_21363296.jpg
側方に張り出した肛上片からクロサナエと判断したが. . .。
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_2136509.jpg
もう一度スタート地点付近で捜したらムカシトンボがあと2匹採れた。若齢幼虫はツートンカラーだと聞いていたが、今まで見たものは皆単なる褐色だった。しかし今日は見事な2色のやつが採れた。
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_21372450.jpg
同じ大きさでもツートンカラーとそうでないのといるから不思議だ。
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_2139365.jpg
前回うまく撮れなかったわき腹にある発音やすりを撮った。死んだふりをされると縮こまった足に隠れてしまう。そこで肢をちょっと脇にずらして撮影。
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_214057.jpg
正にやすりだね。
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_21402182.jpg
午後になり小雪がちらつき始めた。もう一箇所チェックしたい沢があったが、前回の体調をくずした経験から無理をせず山を下りた。
帰る途中里山によった。時々日が差したが蝶は飛ばなかった。ここで網を使うのは憚られたので100円ショップで買った取手付きの金属のザルを使って池をすくった。積もっている枯葉ごとすくったらこんな2匹が採れた。
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_21404647.jpg
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_2141887.jpg
上はイモリにしては大きいからひょっとして、と思っていたら鳥撮影の二人連れがやって来た。やはりトウキョウサンショウウオだということ。産卵のため池に下りてきたようだ。もう1匹はホトケドジョウ。絶滅危惧種2種類がひとすくいで採れるなんて感激。ここではイトトンボのヤゴも何匹か採れた。
ツートンカラーのヤゴ_e0167571_21413484.jpg
尾鰓の模様からアジアイトとクロイトと決め打ちしたが全く自信なし(笑)。
遠くでサイレンが鳴った。時計を見ると2時45分をまわったところだった。虫の事は忘れて手を合わせた。帰りのラジオで流れた追悼式典の遺族の言葉には涙をこらえきれなかった。
Top▲ | by dragonbutter | 2012-03-11 21:47 | トンボ | Comments(4)
Commented by yoda-1 at 2012-03-12 12:51
いつもながらのヤゴの造形美に惚れ惚れします。
絶滅危惧種が一気に2種とはこれまた今年の強運を占うかのようですね。
どちらも美味しそうです。(笑)
Commented by dragonbutter at 2012-03-12 22:52
yodaさん、コメントありがとうございます。
ヤゴは成虫と全く異なる形態で楽しく、ついついリピーターになってしまいます。
美味しそうですかー?ヌルヌルしていてあまり食べたくはなりませんでしたが(笑)。ヤゴのほうが佃煮にして食べたら美味しいかも・・・??
Commented by エフ at 2012-03-13 19:21 x
ツートンカラーに発音器官と
ムカシトンボは見所満載ですね。
ほんとうに魅力的な生き物です。
Commented by dragonbutter at 2012-03-14 23:18
エフさん、コメントありがとうございます。
ムカシトンボは長いこと世代を繋いでいるだけあって興味ある形態や習性があります。
これらが今でも生きるうえでプラスにはたらいているのか、それとも大昔の痕跡に過ぎないのかわかりませんが。
<< イトトンボのヤゴと遊ぶ | ページトップ | The king of ヤゴ >>