Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新の記事
どうしてわざわざそんなところに
at 2018-10-11 19:49
都会の傍で
at 2018-10-03 21:43
秋の訪れはマダラヤンマと共に
at 2018-09-25 22:37
彼岸花咲く河川敷
at 2018-09-17 21:07
身近な蝶2種
at 2018-09-11 23:40
蜂あれこれ
at 2018-09-02 21:23
再会(2)と驚きの出会い
at 2018-08-26 21:59
青い蜂と赤い蜂の楽園
at 2018-08-22 22:04
再会(1)
at 2018-08-19 10:25
神の島へ
at 2018-08-05 14:32
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
fushiginomor..
by dragonbutter at 23:17
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:14
シルビアシジミは見つける..
by fushiginomori at 08:20
短時間でよくポイントを見..
by yurinBD at 07:27
タグ
(154)
(139)
(126)
(75)
(71)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
アオバセセリと四種混合
19日の続き
次は山に入った。とにかくアオバセセリが多かった。こんなにたくさん見たのは初めてだった。クマイチゴだろうか、白い花弁は落下しているものが多かったが次々とやって来た。
e0167571_21504764.jpg
e0167571_21505782.jpg
蜜が少ないようでせわしなく飛び回ったが、葉の裏に止まるとずっと動かなかった。
e0167571_21512989.jpg

スミナガシもいた。
e0167571_2152283.jpg
獣糞は大人気。一時4種の蝶が集まった。このなかではさすがにスミナガシが一番強いみたいで、常に特等席に陣取って他の蝶を威嚇していた。
e0167571_21522125.jpg
e0167571_2152321.jpg
大衆食堂といったところかな??
オナガアゲハを主とする黒系アゲハもミツバウツギに多かった。
e0167571_21525092.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2012-05-20 22:00 | チョウ | Comments(4)
Commented by grassmonblue at 2012-05-21 19:35 x
林道でのスミナガシとアオバセセリ、ばっちり撮られていますね。
同じ日、当方はスミナガシは一度現れたのを、見逃してしまいました。
アオバセセリはウツギにも、ハルジオンにも来ていましたが、ちょっと遠くてすばしこくて良い写真が撮れませんでした。
Commented by maximiechan at 2012-05-21 22:26
アオバセセリ、私も恐らくこれと同じ花での吸蜜を撮影しました。
カラスアゲハ、オナガアゲハ、トラフシジミ、サカハチチョウ、コミスジもやってきていて賑やかでした。
しかし、この蝶に関しては本当に忙しなくて撮影には手を焼きました。
Commented by dragonbutter at 2012-05-21 22:40
grassmonblueさん、コメントありがとうございます。
ここのスミナガシは数は少ないのですが、なぜか小さな「落し物」があって2年連続で撮ることが出来ました。
アオバセセリは数はいくらでもいました。今年は多い印象です。
Commented by dragonbutter at 2012-05-21 22:42
maximiechanさん、コメントありがとうございます。
この花、蝶に人気がありますね。だいぶ棘が刺さって痛かったですが(笑)。
本当にじっとしていてくれない蝶ですね。
<< 日高・十勝遠征(その1 高嶺の... | ページトップ | クロギンの飛翔 >>