Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
最新の記事
再会(1)
at 2018-08-19 10:25
神の島へ
at 2018-08-05 14:32
8年ぶりの雪辱
at 2018-07-31 23:30
シーズン後半へ
at 2018-07-22 17:32
連休中のその他いろいろ
at 2018-07-20 20:04
ホシチャと遊ぶ
at 2018-07-16 20:47
炎天下のイトトンボ
at 2018-07-08 18:19
ultramarinusの輝き
at 2018-06-25 23:20
梅雨の晴れ間・・のはずが
at 2018-06-19 23:12
絶滅から守る
at 2018-06-11 23:41
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
背景に高原の緑を撮りこん..
by yurinBD at 11:59
yurinBDさん、こ..
by dragonbutter at 23:00
Akakkokoさん、..
by dragonbutter at 22:56
希少なミヤジマトンボを撮..
by yurinBD at 13:54
タグ
(152)
(138)
(125)
(72)
(69)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(34)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
今年も出遅れ、ウラゴマダラ
土曜日は午後から仕事が入ったので午前限定でウラゴマダラシジミを見に行った。
現地で先ず見つけたのは蝶ではなくて四足だった。
e0167571_23155727.jpg
このタヌキは若いからか、警戒心が薄く、結構近寄れた。
今年は新鮮個体の写真を撮りたかったが5月に機会がなかった。
e0167571_23164044.jpg
e0167571_23164996.jpg
去年より10日早いにもかかわらず既にすれたものがほとんどだった。しかし表をチラッと撮れたので少しは進歩した。
e0167571_2317680.jpg
飛翔も狙ったがこれ以上のトリミングには耐えられない。
e0167571_23172249.jpg
e0167571_23173386.jpg
きれいなキタテハがいた。
e0167571_23174753.jpg
イチモンジチョウも新鮮だったが、アサマイチモンジも少数飛んでいた。
e0167571_2318244.jpg

ここの川は大分汚かったけれどアオハダトンボがいたのでびっくりした。
e0167571_23181638.jpg
近づけなかったが記録として証拠写真を撮っておいた。
Top▲ | by dragonbutter | 2012-06-04 23:22 | チョウとトンボ | Comments(6)
Commented by ダンダラ at 2012-06-05 09:00 x
サラリーマンの身では、ゼフの発生にぴたりと休みを合わせるのは難しいですね。
それでもきれいな開翅を撮られていてえらやましいです。
あそこでシカを見たことはありますが、タヌキは見たことないです。
Commented by 虫林 at 2012-06-05 17:34 x
ウラゴの開翅は意外にタイミングが合わないとなかなか難しいですね。シャープに撮影されていますね。
アオハダトンボは驚きです。
Commented by dragonbutter at 2012-06-05 23:12
ダンダラさん、コメントありがとうございます。
来年は是非とも5月中に行ってみようと思います。
タヌキはいてもおかしくない場所ですよね。
シカは一時的に迷い込んだのでしょうか。
Commented by dragonbutter at 2012-06-05 23:14
虫林さん、コメントありがとうございます。
確かにシャッターを押そうとすると翅を閉じてしまうことが何度かありました。
アオハダトンボは多少の水質悪化には耐えられるようですね。
Commented by himeoo27 at 2012-06-06 20:43
ウラゴマダラシジミの表翅肉眼でじっくり観察した
ことがありませんが、
画像を見るだけで、その美しさが実感出来ました。
Commented by dragonbutter at 2012-06-06 22:51
himeooさん、コメントありがとうございます。
私も肉眼でしっかりとは観察できませんでした。
来年は新鮮個体の開翅が目標です。
<< 日高・十勝遠征(その3 やっぱ... | ページトップ | ふるさとの珍蝶 >>