Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
最新の記事
梅雨の晴れ間・・のはずが
at 2018-06-19 23:12
絶滅から守る
at 2018-06-11 23:41
ゼフ飛ぶ渓谷
at 2018-06-03 22:06
お休みをとって
at 2018-05-25 19:45
休耕田はハラビロ天国
at 2018-05-12 21:46
黒系アゲハ集団吸水
at 2018-05-06 21:22
癒しの渓流
at 2018-05-04 19:32
シーズン初遠征 –ギフ編-
at 2018-05-02 19:27
シーズン初遠征 –ヒメギフ編-
at 2018-05-01 18:55
真夏の様な週末 -2- 越冬..
at 2018-04-23 18:54
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
ダンダラさんコメントあり..
by dragonbutter at 21:20
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 21:18
ヒョウモンモドキ、撮影で..
by ダンダラ at 09:55
ヒョウモンモドキ、裏翅も..
by yurinBD at 12:06
タグ
(148)
(135)
(123)
(72)
(69)
(62)
(62)
(60)
(56)
(42)
(36)
(33)
(19)
(17)
(12)
(12)
(10)
(10)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
体と財布に優しい週末
週末は雨。体にも財布にも優しい週末(笑)。家の仕事も久しぶりにはかどった。日曜日午後から天気が持ち直したので近くの公園へ。春にカラスアゲハが産卵していたコクサギの枝に蛹が付いていた。
e0167571_23164065.jpg
池にはコフキトンボ。
e0167571_23162526.jpg
メスのオビトンボ型もいる。
e0167571_23184178.jpg
モノサシトンボもよく見かけた。
e0167571_23165938.jpg
e0167571_2317985.jpg

しかしいちばん目に付いたのがこの蛾。
e0167571_23172574.jpg
マイマイガだろうか。いたるところ飛び回っていた。何年か通っているが、こんなに発生したのは初めてだ。マイマイガだとすると、幼虫は広食性で知られ、本種の食害する植物種は100 - 300種余りに及ぶという。東京で大発生しないといいが。
Top▲ | by dragonbutter | 2012-07-08 23:22 | チョウとトンボ | Comments(4)
Commented by hemlenk at 2012-07-09 05:10
貴重な7月の土日が雨だと気が滅入りそうですが、お仕事がはかどってなによりです(^_^)/
オビ型の♀?オビ型のトンボってミヤマアカネくらいしか見たことないです(^=^;
勉強不足でわかりません(T_T)/~~~
でも、綺麗ですね(^_^)/
Commented by dragonbutter at 2012-07-09 22:58
hemlenkさん、コメントありがとうございます。
家の仕事といっても掃除です。
たまには腰をすえてやらないと追い出させそうですから(笑)。
オビトンボ型のコフキメスは都市公園にもいますので捜してみてください。
Commented by himeoo27 at 2012-07-11 21:17
これが翅の模様が面白い
コフキトンボ♀オビトンボ型なんですね!
7月7日にベニイトトンボのポイントで探してみましたが
見つけられませんでした。
Commented by dragonbutter at 2012-07-11 23:14
himeooさん、コメントありがとうございます。
いませんでしたか。
東京周辺ではまあまあの割合でオビトンボ型メスが見られると思いますが、やはりn数の多い場所でないとみつからないこともあるのでしょうね。
<< 山のゼフたち | ページトップ | 会津へ -瑠璃瑠璃の一日- 午後の巻 >>