人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
himeooさん、コメン..
by dragonbutter at 08:19
東北地方の「ヒメギフチョ..
by himeoo27 at 12:49
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
蝶の切手
今はもう郵便局に行くことはほとんどないが、以前はそんな折、きれいな切手が売られているとよく買っていた。昭和61年~昭和62年にかけて昆虫シリーズが発売されたのは記憶にある方も多いだろう。
先日我が家のガラクタから捜し物をする必要があった。その際みつけた古い切手たち。幸い昆虫シリーズは全て買ってあったようだ。それに加えて昆虫シリーズ切手スタンプ帳という小冊子も見つけた。
蝶の切手_e0167571_18554036.jpg
そこには発行の経緯が記されている。
蝶の切手_e0167571_185678.jpg
蝶の切手_e0167571_18561732.jpg
また載っている全ての種類に簡単かつ的確な解説がされている。
蝶の切手_e0167571_18571967.jpg

第5集では上の表の他に小型シートとして4種類の蝶が発行され、そのうちクモマツマキチョウとオオムラサキは小型シートのみの発行である。
蝶の切手_e0167571_18574562.jpg

蝶の切手はこの他のシリーズで、また通常切手として、ミカドアゲハ他もう数種類発行されている。以下のサイトで日本を含む世界の昆虫切手の詳細が楽しめる。
http://www.asahi-net.or.jp/~ch2m-nitu/index.htm
最も貴重なのが1956年発行のオオムラサキの75円切手。これは消印の押されたものがあるが、質がよくないのでここでは掲載はしない。通常切手で手許に残っていたのはモンシロチョウの40円切手。
蝶の切手_e0167571_1902639.jpg
この頃はインフレで郵便料金も頻回に値上がりし、通常切手も次々と発売された時代だった。今でも30円切手にはベニシジミが描かれており、どの郵便局でも売っている。でも最近では宅急便が発達し、メールも普及したため、切手を使う機会も随分減ったように感じる。

追記
公益財団法人日本郵趣協会のサイトでは、切手画像については下記のように述べられています。
「各切手のページに掲載されている切手画像をプリンター等で印刷する場合、切手画像の印刷サイズによっては郵便切手類の製造、偽造、変造等の取り締まりに関する法令等に抵触する場合がありますので扱いには十分注意してください。電子情報(コンピュータ上でのやりとり)のままでは現在のところ法律等に抵触することはありません。」
しかしそうはいうものの、そこに載っている切手画像の一部は料金と「日本郵便」に線を入れてありますので、それに倣いました。
Top▲ | by dragonbutter | 2013-02-02 19:14 | チョウ | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2013-02-02 20:01
子供の頃(今から45年以上前)切手を収集
していたので懐かしく拝見しました。
切手帳を探すと上記6種(コノハ、アサギマダラ、ミドリシジミ
、ウスバキ、クモツキ、オオムラサキ)の切手が保管されて
いました。
最近では
1990年にヒョウモンチョウ?の仲間(切手の絵から判別できず・・・)
1~2年前に、「オオルリシジミ」
が出ていると思います。

Commented by dragonbutter at 2013-02-03 20:52
himeooさん、コメントありがとうございます。
himeooさんも保管されてたんですね。
ヒョウモンチョウとオオルリシジミはウェブで見ましたが、個人的には、出来はやはり昆虫シリーズ6種の方が上かなという感じです。
Commented by hemlenk at 2013-02-03 21:31
キリシマミドリやクモマツマキの切手!あったんですねー(=^・^=)
そんなので送ってこられたら喜んじゃいますー。
そうなんですね。写真を載せるときの注意!気をつけないといけないですね。なにも考えずに載せてしまいそうです(^_^;)
いいことを聞きました。
Commented by dragonbutter at 2013-02-04 23:38
ヘムレンさん、コメントありがとうございます。
昆虫シリーズの蝶はなかなかきれいですよ。
お便りする機会がありましたら貼って出しますよ(笑)。
<< 同窓会のついでに | ページトップ | 雪と小鳥 >>