Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新の記事
今年もモンキでシーズン始動
at 2018-02-12 18:29
人生最後の(?)ブルームーン..
at 2018-02-01 00:24
草津白根
at 2018-01-28 21:28
かいぼり2018
at 2018-01-14 23:16
あけましておめでとうございます
at 2018-01-01 00:00
年末の公園にて
at 2017-12-24 21:18
スーパーマクロレンズ
at 2017-12-14 07:00
初冬のルーミス
at 2017-12-04 23:09
冬間近
at 2017-11-15 22:37
体育の日のサプライズ
at 2017-11-05 21:30
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
霧島緑さん、先日は楽しい..
by dragonbutter at 23:46
先日はお世話になりました..
by 霧島緑 at 01:35
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 23:54
お疲れさまでした。 吸..
by banyan10 at 16:17
タグ
(144)
(128)
(118)
(72)
(62)
(61)
(59)
(59)
(52)
(40)
(36)
(33)
(18)
(16)
(12)
(12)
(10)
(10)
(9)
(5)
ブログパーツ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
早春の蝶と遊ぶ
土曜日は仕事で日曜日の予報は雨、ということで、今週末はおとなしくしていようと思ったが、日曜の午前中は晴れるかもしれないという予報となったので、午前限定で埼玉県中部に出かけた。このところの陽気で桜の開花がぐっと進んでいた。ホトケノザでピンクに染まったのどかな田園風景を見ていると子供の頃歩いた田舎を思い出した。
e0167571_22335178.jpg

8時前に着いてしまってまだ少し肌寒かったが、気温はぐんぐん上昇した。最初に飛び出したのがミヤマセセリで8時24分だった。この子はヒメオドリコソウが大好きで、近くに咲いているムラサキハナナやカントウタンポポには目もくれず、この花だけにとまった。
e0167571_22342311.jpg
e0167571_22344442.jpg
e0167571_2235084.jpg
花が小さいので吸蜜しているのがわかる写真は撮りづらかった。
ベニシジミも今年の初見となった。
e0167571_22353324.jpg
e0167571_22354245.jpg

アセビにはミヤマセセリとムラサキシジミが来ていた。
e0167571_22362975.jpg
隣に咲いたレンギョウにはトラフシジミがやって来たが、吸蜜はしてくれなかった。
e0167571_2240847.jpg
e0167571_22365343.jpg

今日はこの他にモンシロチョウ、キタキチョウ、スジグロシロチョウ、テングチョウ、キタテハが飛んでいた。正午前に雲が多くなったので撤収した。
[PR]
Top▲ | by dragonbutter | 2015-03-29 22:44 | チョウ | Comments(2)
Commented by yurinBD at 2015-03-31 20:11
背景が写しこまれたトラフシジミのお写真、
春らしさが出ていて素敵ですね!
とても会いたい蝶ですが、なかなか実現しないので、
こちらで拝見でき嬉しいです。
ミヤマセセリも吸蜜が撮影できて良かったですね!
Commented by dragonbutter at 2015-04-01 22:08
yurinBDさん、コメントありがとうございます。
このトラフシジミはなぜかとてもおとなしくて、広角でいくらでも撮影させてくれました。
手乗り写真を撮ろうとするとさすがに逃げましたが、それでもすぐ近くの花びらに移動するだけでした。
yurinBDさんも近いうちにきっと会えると思いますよ。
<< 北陸のギフチョウ(加賀編) | ページトップ | 早春の植物園 >>