人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
asamanokemur..
by dragonbutter at 22:11
トンボの羽化シーンがとて..
by asamanokemuri at 08:08
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
森の妖精
今週末は日曜日だけの休みだったが、このところ週末の天気がいいのでうれしい。
どこに行こうか迷ったけどmaximiechanさんのブログでミドリシジミが発生したようだったので朝は埼玉のポイントに行った。現地にはmaximiechanさん、ヘムレンさんbanyanさんyodaさん他、多くの方が見えていた。
森の妖精_e0167571_22545369.jpg
森の妖精_e0167571_2255688.jpg

メスも発生していてO型とB型(A型の斑紋も少し出ている)に会えた。
森の妖精_e0167571_22553066.jpg
森の妖精_e0167571_22554625.jpg

地面から上がって来た羽化直と思われる個体もいた。
森の妖精_e0167571_22574221.jpg

ミドリシジミをこれほどじっくり撮ったのは初めてだった。
皆さんお疲れ様でした。特にほとんどを見つけていただいたmaximiechanさん、お世話になりました。
その後行った場所ではニホンカワトンボ、羽化したてのアオイトトンボがいた。
森の妖精_e0167571_22575616.jpg
森の妖精_e0167571_22581570.jpg

そしてこれはコバネアオイトトンボのヤゴ(ヤゴは初見)。
森の妖精_e0167571_22583235.jpg
短い下唇と腹部の斑点が特徴。ここではまだ成虫を見てないが、まだ発生していることはわかったので、秋時間がとれたらまた来てみたい。
Top▲ | by dragonbutter | 2016-05-29 23:00 | チョウとトンボ | Comments(6)
Commented by HemlenK at 2016-05-30 06:03
昨日はありがとうございました(*^^*)
ミドリシジミはいい日に当たりましたね。数はまだ少なめでしたが、綺麗な個体が嬉しかったです。♀個体の開翅がいいですね。私はひとつも拝めませんでした(^_^;)
トンボに転戦されたのですね。コバネアオイトトンボのヤゴですか。成虫の時期に連れていってくださーい(笑)
Commented by dragonbutter at 2016-05-30 23:47
ヘムレンさん、昨日はお疲れ様でした。
数が少なくても出始めの方が皆新鮮でいいですね。
ちょっと早いとフライングとなるので微妙ですが。
コバネアオイトは4年近く拝んでいませんので、今年あたり出会いたいものです。
Commented by maximiechan at 2016-05-31 06:03
地元で何回も足を運んでいるので・・・このポイントのミドリシジミは復活しつつあるように感じています。例年より発生は少々早目でした。雌雄同じくらい見つかるのは不思議です。また、かつてあまり見たことのない場所で多数見つかったのにも驚きました。
いずれにしても、仲間も沢山集まって楽しい撮影会になりましたね。私の課題はA型AB型の雌の翅表ですが、この日も駄目でした。
その後の遠征お疲れ様でした。
コバネアオイトは未見のトンボ。よかったらヘムレンさんと一緒に誘ってください。
Commented by dragonbutter at 2016-05-31 23:52
maximiechanさん、大変お世話になりました。
きれいなAB型は私も是非撮りたいです。
コバネアオイトは行くときには声をおかけしますが、成虫を見るのは運がいると思います。
私はここでは2打席凡退してます。
Commented by banyan10 at 2016-06-01 12:45
当日は久々にお会いできて良かったです。
しっかりB型の雌も撮影していたのですね。
赤いのも見たかったですが、色があるといいですね。
僕もコバネアオイト希望です。(笑)
Commented by dragonbutter at 2016-06-01 22:32
banyanさん、お久しぶりでした。
髭をそられていてもすぐにわかりましたよ(笑)。
次はAB型を見たいものです。
<< 四国へ | ページトップ | 北アのオレンジと安曇野のブルー >>