人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
asamanokemur..
by dragonbutter at 22:11
トンボの羽化シーンがとて..
by asamanokemuri at 08:08
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
山原遠征 その2
2日目だけ昼前から晴れた。今日は渓流沿いの狭い林道をさかのぼる。車を止めて歩き回るとイシガケチョウがとても多い。最近崩されたと思われる切通しで集団吸水を見つけた。
山原遠征 その2_e0167571_21552970.jpg

ちょうど発生時期と重なったようだ。数十匹の蝶の集団は見ごたえがあった。うまく写真で表現できなかったけど。驚かせるとあたり一面紙吹雪が舞うようだった。一緒に汲水していたはモンキアゲハ1匹だけだった。
山原遠征 その2_e0167571_224228.jpg

林道沿いで産卵しているメスがいた。ということはこれがイヌビワかな。独特の食痕のある葉先に若齢幼虫がいた。
山原遠征 その2_e0167571_2242026.jpg
さらに探すと終齢も。
山原遠征 その2_e0167571_2244286.jpg
みつけたとき「いた!」と独り言が出るほどカッコよくて存在感があった。これは時間が前後するが、翌日別の場所で見つけた前蛹。
山原遠征 その2_e0167571_225119.jpg

川に沢山いたトンボはリュウキュウハグロトンボ。
山原遠征 その2_e0167571_2252841.jpg
産卵も見られた。
山原遠征 その2_e0167571_2254598.jpg
淀みにはリュウキュウベニイトトンボとアカナガイトトンボがいた。
山原遠征 その2_e0167571_2261891.jpg
山原遠征 その2_e0167571_2264128.jpg

目的の2種のうちオキナワコヤマトンボは2回ほど飛んだけど撮れず。オキナワサラサヤンマは目撃もできなかった。
この川はこの2日後に豪雨により鉄砲水が発生し、21名が一時対岸に取り残されるという事態となった。僕の行った日は長靴で渡れるほどだったのに。
次はもう少し北上して山岳地帯の核心部へ。すぐにカーナビは暴走しはじめ、枝道も多いので慎重に走る。林道に湧き出る泉で見つけたトンボ。
山原遠征 その2_e0167571_227083.jpg
ヤンバルトゲオトンボだ。地球上で山原にしかいない。トゲオトンボは腹部第9節にある突起に由来する。とがった突起が垂直に近く立ち上がるのがヤンバルトゲオの特徴。
2日目も消化不良の感があるが、単独行でしかも初めての地、おまけに蝶もトンボもと欲張ったのでこんなもんでしょうね。
本日の初撮影は蝶0種、トンボは2種。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-05-11 22:10 | チョウとトンボ | Comments(0)
<< アオバセセリの求愛ショー | ページトップ | ホシミスジ成長日記20170507 >>