Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
最新の記事
ホシチャと遊ぶ
at 2018-07-16 20:47
炎天下のイトトンボ
at 2018-07-08 18:19
ultramarinusの輝き
at 2018-06-25 23:20
梅雨の晴れ間・・のはずが
at 2018-06-19 23:12
絶滅から守る
at 2018-06-11 23:41
ゼフ飛ぶ渓谷
at 2018-06-03 22:06
お休みをとって
at 2018-05-25 19:45
休耕田はハラビロ天国
at 2018-05-12 21:46
黒系アゲハ集団吸水
at 2018-05-06 21:22
癒しの渓流
at 2018-05-04 19:32
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
Butterfly & ...
最新のコメント
悠凜さん、コメントありが..
by dragonbutter at 21:57
banyanさん、コメン..
by dragonbutter at 21:54
ジョウザンミドリシジミの..
by yurinBD at 12:59
今年はゼフも発生が早くて..
by banyan10 at 19:58
タグ
(150)
(135)
(123)
(72)
(69)
(63)
(62)
(61)
(57)
(42)
(37)
(33)
(19)
(17)
(12)
(12)
(10)
(10)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
流水のアカネ
赤とんぼの仲間のヤゴは、ほとんどが水田、池、湿地といった止水域で育つ。しかしミヤマアカネだけは主として流水で育つという。しかしこの目で確認したことはない。以前産卵を撮影したのは小規模な池だった。
夏のサナエを観察しようと7月中旬に多摩西部の中規模河川に行った。河川敷の草むらに未熟なミヤマアカネを沢山見つけた。
e0167571_22463331.jpg
どこで発生したのだろう。河川敷のどこかかもしれないが、河川に沿って走る道路の反対側に感じのいい水田があったので行ってみると、灌漑用の用水路があった。
e0167571_22465154.jpg
持っていたザルで掬うとミヤマアカネのヤゴが複数入った(1匹を羽化させて確認)。
e0167571_22504643.jpg
一跨ぎできるほどの小さな水路であるが流れは結構早い。こんなところで産卵するのか、それとも上流から下って来たのか。
9月になってそろそろ生殖活動も始まっていると思い日曜日に再訪した。河川敷ではミヤマアカネは全く見つからなかった。用水路に行くと真っ赤に成熟したオスが流れでテリ張りしていた。
e0167571_22471576.jpg
そして連結ペアが何度かやってきて産卵していた。
e0167571_22474742.jpg
e0167571_22475915.jpg

卵から成虫までここを住み家としているようだ。もう少し季節が進めば産卵ペアの数も増えるのかもしれない。
Top▲ | by dragonbutter | 2017-09-04 22:52 | トンボ | Comments(0)
<< マダラ詣で | ページトップ | 上北は秋の気配 >>