Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...
最新の記事
再会(1)
at 2018-08-19 10:25
神の島へ
at 2018-08-05 14:32
8年ぶりの雪辱
at 2018-07-31 23:30
シーズン後半へ
at 2018-07-22 17:32
連休中のその他いろいろ
at 2018-07-20 20:04
ホシチャと遊ぶ
at 2018-07-16 20:47
炎天下のイトトンボ
at 2018-07-08 18:19
ultramarinusの輝き
at 2018-06-25 23:20
梅雨の晴れ間・・のはずが
at 2018-06-19 23:12
絶滅から守る
at 2018-06-11 23:41
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
背景に高原の緑を撮りこん..
by yurinBD at 11:59
yurinBDさん、こ..
by dragonbutter at 23:00
Akakkokoさん、..
by dragonbutter at 22:56
希少なミヤジマトンボを撮..
by yurinBD at 13:54
タグ
(152)
(138)
(125)
(72)
(69)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(34)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(10)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
生き延びた越冬幼虫
土日とも休みだったが天気がいまいちで雲が多かった。
日曜日は家内と多摩西部に出向いた。いくつか目的があったが、その一つがミスジチョウの越冬幼虫。冬に一度探したけど見つからなかった。冬の初めはまだ枯れた葉がたくさん付いていて探しにくかった。今頃は落葉が進んで前回よりは見つけやすいはず。
車を止めて歩き始めて間もなく家内がイロハカエデを見つけてくれた。先ずは1頭目をゲット。
e0167571_2121553.jpg
株を見つけて1分以内。枝を手繰り寄せてもらって初撮影。
e0167571_21211725.jpg
その後別の株でもう1匹みつけた。
e0167571_21213319.jpg
ここはあまり成長してないイロハカエデが多いので撮影には好都合。
e0167571_2122529.jpg
もちろん撮影できない高さで怪しい葉もあったし、どう見ても越冬巣と思われても住人がいないこともあった。
少ないながらマンサクも咲いていた。
e0167571_2122209.jpg
ということは夏来ればあの蝶が見られるかも?
温泉にゆっくり浸かって帰宅した。
おまけは平地ではそろそろ見納めのルリビタキ。
e0167571_21223445.jpg

そして馬酔木の蜜を吸うメジロ。
e0167571_21224586.jpg

マンサクと鳥は別の場所です。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-03-11 21:28 | チョウ | Comments(2)
Commented by banyan10 at 2018-03-12 18:26
ミスジチョウの幼虫は今頃が探しやすいのですね。見つかって良かったですね。
僕は何度か秋に見ていますが、葉が多いので苦労しましたが、個体数が多い場所なので良かったのだと思います。
ルリビタキの青も綺麗ですね。
Commented by dragonbutter at 2018-03-12 23:05
banyanさん、コメントありがとうございます。
ここはあまり高くない樹が多くて、個体数も多そうでした。
ルリビタキの雄をまともに撮ったのは初めてかもしれません。
上品ですね。
<< 早春の妖精たち | ページトップ | 菜の花にモンキ@横浜 >>