Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新の記事
いよいよ終盤
at 2018-11-07 22:37
あちこちに
at 2018-10-30 22:25
「東京から一番近い南国」へ
at 2018-10-23 23:06
どうしてわざわざそんなところに
at 2018-10-11 19:49
都会の傍で
at 2018-10-03 21:43
秋の訪れはマダラヤンマと共に
at 2018-09-25 22:37
彼岸花咲く河川敷
at 2018-09-17 21:07
身近な蝶2種
at 2018-09-11 23:40
蜂あれこれ
at 2018-09-02 21:23
再会(2)と驚きの出会い
at 2018-08-26 21:59
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:41
アキアカネ、マユタテアカ..
by yurinBD at 12:46
fushiginomor..
by dragonbutter at 23:17
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:14
タグ
(155)
(141)
(128)
(75)
(71)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
シーズン初遠征 –ギフ編-
ヒメギフの方が清楚な感じがするが、ギフの方が後翅にオレンジ色が1色加わることで優美さでは勝るようだ。まず飛翔と吸蜜。
e0167571_18222432.jpg
e0167571_18224496.jpg

初日に探し当てたポイントに翌日行ってみると、Mさんが「交尾していますよ」と教えてくれた。ベストタイミングでの到着だ。
e0167571_18232586.jpg
e0167571_1823429.jpg
ギフの交尾は以前2度ほど撮ったことがあるが、このようにすっきりした姿勢で撮れるのは初めて。これはやらせではなく、もっと下にとまった後、この位置に歩いて登って来たという。何とサービス精神旺盛なことか(笑)。
オスがリズミカルに動き始めたのでその様子を動画に撮ろうとしたら、偶然交尾を解くところが撮れた。ほんの4秒の動画ですが(笑)。

帰宅後モニターで見て初めて気づいたが、↓は後翅外縁の斑紋が山吹色である。ヒメギフの血が混じっているのだろうか。
e0167571_18242977.jpg

ピンポイントの情報はないまま行ってみたのだが、最初に辿り着いた場所が絶好のポイントだったようでよかった。theclaさん始め何人かの撮影者にお会いした。特に駒ケ根のMさんにはいろいろ教えていただいた。
「あずさ」の新型車両は乗り心地満点でした。
イエローバンドは次回の宿題。ゼフの頃にも行ってみたいがちょっと遠いな。
おまけは越冬後のシータテハ。とても敏感だった。
e0167571_18264453.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2018-05-02 19:27 | チョウ | Comments(6)
Commented by banyan10 at 2018-05-02 21:02
初めての白馬でヒメギフ、ギフのカタクリ吸蜜にギフの交尾と素晴らしいですね。
イエローバンドは有名ポイントでは何度か観察されているようですが、行かなかったのでしょうか。
僕も3回目でやっとチャンスに恵まれましたが、最近は行く機会もないので2度目の撮影は叶わないままです。
Commented by mikiosu at 2018-05-03 05:04
こんにちは。
白馬のヒメギフチョウ&ギフチョウ、いいですねえ!
昨年栗田貞多男氏の『ギフチョウの里』を読んで行ってみたいなと思っていたので羨ましいです。
7〜8月には3回くらい行ったことがあるのですが、今の時期はいろいろ難しいですね。
私も早く「あずさ」の新型車両に乗ってみたいです(笑)。
Commented by yurinBD at 2018-05-03 17:28
ギフチョウのカタクリでの吸蜜に、そして交尾!
交尾の様子がよく分かるお写真で、素晴らしいですね!
未だ白馬で撮影したことがありませんので、行ってみたいです(数年後になりそうですが、笑)
Commented by dragonbutter at 2018-05-03 21:04
banyanさん、コメントありがとうございます。
ポイントは多分あそこだと思いますが、あまり新鮮でないヒメギフが目立ち、撮影者も多かったので長居せずに撤収しました。
イエローバンド、いずれ撮りたいです。
Commented by dragonbutter at 2018-05-03 21:08
mikiosuさん、こんばんは。
白馬は遠いのがなんですが、ギフとヒメギフ両方撮れるのが魅力ですね。
「あずさ」の新型車両は復路で乗りましたが、新幹線並みの乗り心地でした。電車は寝て帰れるのと、ビールが飲めるのがいいですね(笑)。
Commented by dragonbutter at 2018-05-03 21:10
yurinさん、コメントありがとうございます。
メキシコでは週末はしっかる休めますか。
息抜きしながら頑張ってください。
<< 癒しの渓流 | ページトップ | シーズン初遠征 –ヒメギフ編- >>