Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新の記事
都心の公園 小春日和
at 2018-11-25 19:55
いよいよ終盤
at 2018-11-07 22:37
あちこちに
at 2018-10-30 22:25
「東京から一番近い南国」へ
at 2018-10-23 23:06
どうしてわざわざそんなところに
at 2018-10-11 19:49
都会の傍で
at 2018-10-03 21:43
秋の訪れはマダラヤンマと共に
at 2018-09-25 22:37
彼岸花咲く河川敷
at 2018-09-17 21:07
身近な蝶2種
at 2018-09-11 23:40
蜂あれこれ
at 2018-09-02 21:23
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
鍵コメさん、コメントあり..
by dragonbutter at 12:50
アキアカネはまだ元気なん..
by dragonbutter at 17:18
こちら埼玉県南部ではアキ..
by himeoo27 at 18:59
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:41
タグ
(156)
(141)
(129)
(75)
(71)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
ultramarinusの輝き
Fさんがハヤシを撮りに行くというので、ご一緒させていただいた。
途中で雨が降り出したが、曇りのち晴れの予報を信じてポイントに向かう。
そこではbanyanさん、Kさん、Wさんが雨宿りしていた。既にオスの開翅が撮れた様で、余裕のご様子。ウラミスジシジミとウスイロオナガシジミも出たとのこと。
カシワを叩くとそれなりにハヤシが飛び出すが、低い位置に下りなかったり遠かったりでなかなか証拠写真以上のものが撮れない。
ようやく撮れたのがメス。全開翅の初撮影だった。新鮮できれいだ。
e0167571_23151138.jpg
e0167571_23152353.jpg

オスもようやく何とかなりそうなところに降りてきてくれた。角度が浅いのは残念だが、全開翅なので去年より前進かな。
e0167571_2316452.jpg
e0167571_23165852.jpg
この個体は特に輝きが強くて少し緑っぽかったような気がする。
そろそろ引き上げようかと移動し始めたら、横浜から来られたご夫妻がウラミスジがとまっていると教えてくれた。
e0167571_23171899.jpg
e0167571_23173214.jpg

4人で順番に枝を手繰り寄せて思う存分撮影。開翅の願いはとどかなかった。
現地でお会いした皆様、お疲れ様でした。一人では到底得られない成果でした。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-06-25 23:20 | チョウ
<< 炎天下のイトトンボ | ページトップ | 梅雨の晴れ間・・のはずが >>