Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新の記事
いよいよ終盤
at 2018-11-07 22:37
あちこちに
at 2018-10-30 22:25
「東京から一番近い南国」へ
at 2018-10-23 23:06
どうしてわざわざそんなところに
at 2018-10-11 19:49
都会の傍で
at 2018-10-03 21:43
秋の訪れはマダラヤンマと共に
at 2018-09-25 22:37
彼岸花咲く河川敷
at 2018-09-17 21:07
身近な蝶2種
at 2018-09-11 23:40
蜂あれこれ
at 2018-09-02 21:23
再会(2)と驚きの出会い
at 2018-08-26 21:59
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:41
アキアカネ、マユタテアカ..
by yurinBD at 12:46
fushiginomor..
by dragonbutter at 23:17
yurinさん、コメント..
by dragonbutter at 23:14
タグ
(155)
(141)
(128)
(75)
(71)
(64)
(62)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
再会(2)と驚きの出会い
宿の近くの湿原でトンボを探す。前回見られなかったホソミモリトンボがいた。
e0167571_2152253.jpg
e0167571_21524024.jpg
この場所では6年ぶりの再会。今回はホバリングが短くてあまりいい飛翔写真は撮れなかった。まだいることがわかってよかった。しかし湿原は乾燥化が進んでおり、いつまで見られるかは心細い。
e0167571_21525760.jpg

これ、やらせではないです。釘抜き状の上付属器がホソミモリの特徴。
大きなエゾトンボの仲間が飛んで来た。湿地に入って産卵を始めた。残念ながらホソミモリではなくてエゾトンボだった。
e0167571_21533017.jpg
e0167571_21534378.jpg
茂みに潜り込んで産卵するため草被りの写真しか撮れない。
あとで確認するとエゾトンボのオスも少しだけ撮れていた。
e0167571_2154442.jpg

ヒメアカネの羽化も始まっていた。
e0167571_21542248.jpg

この湿原で全く予想外のトンボを見つけた。遠くで白っぽいトンボが弱々しく飛んでいた。
e0167571_2284413.jpg
ファインダーでのぞくと・・なんとスナアカネ!?
何度もそんなはずはないと思って、ウスバキトンボやショウジョウトンボではないかと見直すがやっぱりスナ。背面が少し赤くなり始めているまだ未熟なオスだ。
e0167571_21562362.jpg

近くには複数のメスも見つけた。
e0167571_21564181.jpg

スナアカネといえば普通は大陸からの飛来種。しかし未熟であることから日本で一時的に発生した可能性が高い。この湿原で発生したとは考えにくいので、アキアカネのように未熟な個体は高標高の場所で過ごす習性があるのかもしれない。今年は秋にかけて各地で撮影されそうな予感。
近くの池で少数のムツアカネが羽化していた。
e0167571_21565949.jpg

なんだかんだで時間が無くなって、もう何カ所か回りたい場所があったが行けなかった。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-08-26 21:59 | トンボ | Comments(2)
Commented by yurinBD at 2018-09-01 12:55
ホソミモリトンボは初めて見ました。
胸の緑色だけでなく、茶の部分にも金属光沢がありますね。
釘抜き状の上付属器、凄いですね!
エゾトンボも含め、飛翔シーンを捉えられ、お見事ですね~♪
Commented by dragonbutter at 2018-09-02 09:38
yurinさん、コメントありがとうございます。
エゾトンボの仲間は金属光沢があってどれもきれいですね。
この仲間はホバリングをするので、飛翔写真は比較的容易ですが、今回はあまり落ち着きがありませんでした。
<< 蜂あれこれ | ページトップ | 青い蜂と赤い蜂の楽園 >>