Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
未分類
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 11月
2018年 10月
more...
最新の記事
裏高尾 早春
at 2019-03-21 11:21
早いもので10年
at 2019-03-15 19:55
何年越しだろう
at 2019-03-05 23:01
新生蝶3種
at 2019-02-24 19:43
記憶を頼りに
at 2019-02-17 09:13
大寒の越冬蝶
at 2019-01-25 00:04
近場のフユシャク
at 2019-01-06 17:59
あけましておめでとうございま..
at 2019-01-01 00:05
都心の公園 小春日和
at 2018-11-25 19:55
いよいよ終盤
at 2018-11-07 22:37
LINK
フォロー中のブログ
てくてく写日記
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
Butterfly & ...
最新のコメント
banyanさん、コメ..
by dragonbutter at 21:40
ここの吸水ポイントにはミ..
by banyan10 at 19:17
エフさん、コメントありが..
by dragonbutter at 06:01
mikiosuさん、コメ..
by dragonbutter at 05:59
タグ
(157)
(141)
(129)
(75)
(71)
(64)
(63)
(62)
(58)
(42)
(37)
(35)
(19)
(17)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)
(5)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
都会の傍で
関西に行く機会があったので、午前中に短時間シルビアシジミを見に行った。房総半島の一部でも知られているが、ここのシルビアも食草転換の結果、シロツメクサやヤハズソウを食べて育つという。
歩き始めて20分ほどで運よくいいポイントを見つけたのだが、ほかの場所を探して無駄に時間を費やしてしまったのがまずかった。初めの場所に固執すればよかった。
その場所は河川敷の土手。本来の自然など全く残っていない。やや背の高い草の中にシロツメクサが生えている。ここではシルビアが最優先種で、ヤマトシジミやツバメシジミよりずっと多い。しかし範囲はとても狭く、数十メートル歩くと全くいなくなる。少し離れたシロツメクサやヤハズソウの密度が高い場所で全くいなかったのが不思議だ。もちろん本来の食草であるミヤコグサは全然生えていない。
気温が上がる前には盛んに開翅してくれたが、日が高くなってから戻ると、開翅どころかほとんどとまらなくなった。
e0167571_214113.jpg
e0167571_21412841.jpg
e0167571_21414148.jpg

これがいちばん新鮮だった個体かな。
e0167571_21415266.jpg

この場所ならではの広角写真やシロツメクサへの産卵、そして卵や幼虫も撮りたかったが、とにかく時間がなくて後ろ髪を引かれる思いで切り上げた。ふらっと行ってポイントが見つかっただけでもラッキーだったのかもしれない。ここならまたいつか訪れる機会があるかもしれない。
Top▲ | by dragonbutter | 2018-10-03 21:43 | チョウ | Comments(4)
Commented by yurinBD at 2018-10-07 07:27
短時間でよくポイントを見つけられ、シルビアシジミを撮影されましたね、凄いです。
開翅シーンがとても綺麗ですし、新鮮な個体の裏翅も美しいです。
是非、次回はシロツメクサでの産卵シーンを!
Commented by fushiginomori at 2018-10-07 08:20
シルビアシジミは見つけるのも難しそうですが、深いブルーが美しいですね。
閉翅の姿も魅力的です。特に最後の一枚がとても気に入りました。
縁毛の輝きが素晴らしいですね。
Commented by dragonbutter at 2018-10-07 23:14
yurinさん、コメントありがとうございます。
開翅は今までで最もきれいに撮れました。
漠然とした情報はありましたが、見られる場所は思ったより限定的のようです。
今度はゆっくり訪れたいです。
Commented by dragonbutter at 2018-10-07 23:17
fushiginomoriさん、コメントありがとうございます。
翅表は確かに深いブルーと幅広い黒帯が魅力ですね。
最後の写真は逆光ですが補助光なしで撮りました。
<< どうしてわざわざそんなところに | ページトップ | 秋の訪れはマダラヤンマと共に >>