人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Top

蝶とトンボを中心に自然を写した記録
by dragonbutter
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
チョウ
トンボ
チョウとトンボ
その他の昆虫

その他の動物
植物

その他
ヤゴ
フユシャク
未分類
以前の記事
2024年 05月
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
more...
最新の記事
初夏の河原にて
at 2024-05-20 21:49
GWの林道と渓流にて
at 2024-05-06 06:00
みちのくのヒメギフ -2-
at 2024-05-02 06:00
みちのくのヒメギフ -1-
at 2024-04-29 17:41
埼玉で春の蝶の撮影
at 2024-04-22 06:00
3年ぶりの越後ギフ
at 2024-04-08 21:45
スギタニルリシジミ集団吸水
at 2024-04-05 06:00
普通種3種の交尾
at 2024-03-31 17:54
スプリングエフェメラルを探しに
at 2024-03-18 19:17
早春のシジミチョウ
at 2024-03-12 06:00
LINK
フォロー中のブログ
蝶の観察記録その2
フィールドノート
四季彩散歩
小畔川日記
探蝶逍遥記
ヘムレン の Natur...
蝶の玉手箱
NATURE DIARY
里山自然観察
風任せ自由人
ヒメオオの寄り道
蝶鳥ウォッチング
たかがヤマト、されどヤマト
秩父の蝶
超蝶
みき♂の虫撮り友人帖
不思議の森の迷い人
オヤヂのご近所仲間日記
Butterfly & ...
里山便り
2023~  浅間暮らし...
最新のコメント
HemlenKさん、コメ..
by dragonbutter at 11:07
やはり今年はおかしいです..
by HemlenK at 22:43
himeooさん、コメン..
by dragonbutter at 08:19
東北地方の「ヒメギフチョ..
by himeoo27 at 12:49
タグ
(255)
(200)
(171)
(102)
(99)
(99)
(94)
(91)
(83)
(61)
(42)
(40)
(36)
(19)
(16)
(15)
(15)
(13)
(11)
(6)
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"SF homes" Skin
by Animal Skin
Blue達と遊ぶ
土曜日はやはり東京都下の林道へ。
数日間寒の戻りがあって、季節の歩みが止まっていたが、この日は暖かくなった。
澄んだ流れにはヤマメの群れ。
Blue達と遊ぶ_e0167571_18545394.jpg

林道に滲みだした水場や渓流には沢山のスギタニルリシジミ。ちょうど最盛期だったようだ。開翅してくれたのは1個体のみ。破れた翅が写らない角度から(笑)。
Blue達と遊ぶ_e0167571_18551012.jpg

花があまり咲いていないのでひたすら飛び立ちを狙う。
Blue達と遊ぶ_e0167571_18553284.jpg
Blue達と遊ぶ_e0167571_1857155.jpg
Blue達と遊ぶ_e0167571_18571224.jpg
Blue達と遊ぶ_e0167571_18572224.jpg
Blue達と遊ぶ_e0167571_18573657.jpg

泥道の轍にできた盛り上がった土に4匹のスギルリが集まっていた。
Blue達と遊ぶ_e0167571_192112.jpg

ルリシジミも何匹か飛来。
Blue達と遊ぶ_e0167571_18575163.jpg
Blue達と遊ぶ_e0167571_1858078.jpg

ルリタテハは何故か車の屋根がお気に入りだった。
Blue達と遊ぶ_e0167571_1904855.jpg

Top▲ | by dragonbutter | 2019-04-07 19:03 | チョウ | Comments(2)
Commented by fushiginomori at 2019-04-09 07:35
スギタニの表翅の渋いブルーはとても魅力的ですね。
ルリシジミと似ているのに、春にしか出てこないところが、人を引き付けるのでしょうか?
今年は埼玉の公園で何度か見られましたが、やはり山間部で出会いたい蝶ですね。
Commented by dragonbutter at 2019-04-11 21:47
fushiginomoriさん、コメントありがとうございます。
青系のシジミチョウは種ごとに色合いが異なり、それぞれ独特の魅力がありますね。
<< 枯野に飛ぶ春の蝶 | ページトップ | 春の蠢き >>